ガチンコ ファイト クラブ 竹原。 ガチンコ!

ガチンコファイトクラブのやらせ証拠&卒業生のその後・現在まとめ

ガチンコ ファイト クラブ 竹原

ガチンコファイトクラブ4期生、梅宮哲 梅宮成哲 の現在まで ガチンコファイトクラブ時代の梅宮哲 (C)TBS 「俺キックボクシングやってたんで」 「俺、強いっすよ」 「1か月もあれば楽勝でしょ」 「3ヵ月でプロになれない奴なんて辞めさせた方がいでしょ」 などなど色んな名言を生み出したイケメン。 日本文化大学卒(偏差値35) ガチンコファイトクラブに参加時点ですでに役者だったので、梅宮の最初の暴言は演出であるといえる。 なぜなら、 役者を志している人間が、テレビ業界の人間たちを相手に、あんな横柄にできるわけないからだ。 僕なら全力で好かれに動く。 よって梅宮哲のあの態度は、全力でテレビ側の要求にこたえた結果と言えるだろう 名前を良く知っている人間たちと一緒に出演する、梅宮哲。 やっぱりイケメンだな。 飲食店に興味があった梅宮哲なので、韓国料理屋「豚とこ豚」を始めることにした。 評判は良かった。 うまいので行きつけの店にする客も少なくなかったらしい。 当時名前が売れていたこともあり、一見さんが人に伝えてくれることもあった。 (店に訪れたガチンコファイトクラブ視聴者の写真撮影に応じる梅宮哲。 良いやつそう) しかし当時は特に韓国料理が流行っていたわけでもない。 梅宮哲のサムギョプサルはおいしいのに、時代が追い付いていなかったわけ。 今よりも集客手段の少ない当時は、今以上に飲食店は難しかった。 結果、梅宮哲の飲食店は2年以内の閉店となった 梅宮哲、ガチンコファイトクラブ参加は失敗だったか 飲食店が終わっても俳優をしていた梅宮哲だったが、それも数年後にはなくなった。 梅宮哲は、この先自分が俳優として成功するのは無理だろうなと思った。 俳優の道を諦めてしまったのだ。 梅宮哲がガチンコファイトクラブに参加した時点で、梅宮哲の道は決まってしまったのかもしれない 要するに、梅宮哲は、ガチンコファイトクラブに参加したことによって、「不良役」のレッテルが貼られて、「不良役」ばっかり来るようになってしまった。 しかも不良としての印象がついた梅宮哲は、名前が売れたとしても、他のドラマに出るのに必要な、高い好感度の売れ方ではなかった。 さらにさらに、ガチンコファイトクラブも「梅宮哲の性格は演出ですよ。 本当の彼はとても好青年です」なんて言わないので、世間からのイメージはやっぱりド不良である。 結果、梅宮哲は、役者として埋もれることになってしまった。 どんな方法にしろ名前が売れたのだから、チャンスをつかめなかった梅宮哲の実力不足と言われたらそれまでであるが。 梅宮哲を使い潰されてしまった役者として見ると、なんとも世知辛い世の中である。 ま、TBSは何にも悪いとは思わないけどね。 梅宮哲だって参加時点で大人だったし、仕事を受けたのは彼自身だし。 梅宮哲のブログは、非常に読みやすいうえに、一瞬ですべて読める。 なぜなら1行、2行しかないうえに、14投稿しかないからだ。 「夏だからこれだね(昔の携帯で撮ったしょぼい花火の写真)!みんな夏を楽しみましょう」おわり。 こういう投稿が14だけ。 梅宮哲はあきっぽいし、活字も苦手なのかもしれない。 この記事1つ分よりも、文字数が少ないブログだった。 しかしながら梅宮哲が俳優をあきらめたあとの続きは、おおよそ見当がつく。 俳優をやめたあと、女で美人だったらクラブスナックのママやったり、男だったらタクシーとか一般企業に勤めたりする。 梅宮哲の場合は、「不良」というイメージが強すぎるので、企業に勤めるのも一苦労しそうだ。 しかしそういうのが好きな人情系の社長に雇われたりすることもある。 可能性が高いものが3つあって、1つはアルバイトして楽しく過ごしている。 2つめは可愛いギャル嫁を手に入れて子供と貧乏ながら幸せに暮らしてる。 3つめは、イケメンなので、オッサンの玩具だ。 梅宮哲はホモビ出てたって話があるしな。 梅宮哲の現在の年齢 1978年11月13日生まれなので、40を超えた梅宮哲。 現在の写真はない。 が、イケメンなオヤジになっているだろう。 筋肉もあったし これはイケメン筋肉、モテる。 オジサン好きのギャルにモテモテだろうな。 ガチンコファイトクラブ裏話。 梅宮哲が語る、竹原慎二 ガチンコファイトクラブが終わってから、竹原慎二について、梅宮哲が語ることがあった。 梅宮哲曰く、竹原慎二は期待外れだったらしい。 そこそこ強い程度だと期待していたのに、信じられないぐらい強かったのだ。 最初から強そうだなーと思っていたが、想像の10倍どころでなかったとか。 竹原慎二とのスパーリングは地獄だった。 グローブを付けてるのに、岩に殴られてんのかってぐらいすべてがめちゃくちゃ重いし痛いし、そしてなぜか硬い。 同じグローブなのに。 そうであるから、梅宮哲も必死になって竹原信二に食い下がったそうな。 本気でやらないと泣きそうになるし無我夢中だ。 だからたまに梅宮パンチが竹原慎二に入ったりする。 パンチ入れちゃったらもう終わりらしい。 竹原慎二が、(このやろう・・・)となって、「ワン、ワン、ワンツー」ぐらいだった竹中パンチが、「ダン!ダンダンダンツー!ダンダンダン!ダダダダダン!」になるとか。 竹原慎二は、危なくて恐い人たちを率いてたボスであるし、もうほとんど本能的なんだろうな。 さすがすぎる。 裏話、続く.

次の

ガチンコ!

ガチンコ ファイト クラブ 竹原

yimg. 不良たちを育成しながらプロボクサーを育てる企画で、竹原慎二がコーチとして沖ジム(悪評のため2004年に閉鎖)にて5シーズンに渡り育成を続けた。 国分太一や長瀬智也がサポートを務め、高視聴率を連発していたが、ヤラセ疑惑が常に付きまとい、惜しまれながら終了。 実際に生徒として出演していたメンバーは、その後逮捕者が続出していたり、総合格闘家に転身していたり、ヤラセであったとしても本物の不良や暴れん坊が出演していた。 番組の中では、畑山隆則、佐藤修、辰吉丈一郎、坂本博之など有名プロボクサーも幾度となく登場した。 yahoo. 一匹狼のように誰かとつるむことなく反抗的であったものの真面目にボクシングに取り組んでました。 しかし、実際の竹中は、過去にいじめられたという経験はナシ。 番組を面白くするための設定だったと思われます。 番組ではボクシングはかなり強いイメージ。 実際に狂犬という異名を持つほど、粗暴な性格で強かったです。 そりゃガチンコファイトクラブに入る前からボクシングもしてたみたいだし、強いはず。 凶暴そうな加藤兄を2発で沈めてましたし。 そして、プロテストも一発合格! 関西・淡路島近くの坊勢という島の出身。 【ガチンコ終了後の現在の竹中】 ガチンコが終了してからはプロボクサーとして活躍。 デビュー戦は畑山隆則の世界戦(ロルシー戦)の前座で、TKO勝利! 3期生の中心人物に相応しい活躍をしてくれました。 私生活では ちりめん工場に勤務しているようです。 もちろん、プロボクサーも私生活のために仕事をするのが普通で、日本チャンピョンでもアルバイトをしなければ、生活費とトレーニング費まで捻出できないと言われています。 家族はお子さんが2人いる模様。 そしてガチンコのファンとしては嬉しいことに、 お子さんの竹中一冴くんもお父さんの竹中哲太が通っていた姫路のボクシングジムに通っているとのこと。 威圧感は3期生の中でも最もあった山中司。 両親に捨てられたから、見返すためにボクシングを始めると言っていましたが、ガチンコが終了したその後、インタビューで「俳優になりたかった」と語っています。 もともと未経験者ながらボクシングの素質は充分! そして真面目にボクシングの練習に取り組んだおかげで見事プロボクサーに! 徳島県出身。 【プロになってから、その後の山中司】 ・2003年3月31日・・・ライト級でプロデビュー。 残念ながら敗戦。 ちなみに2戦目以降はフェザー級に。 ・2008年5月・・・野口ボクシングジムから高砂ボクシングジムに移籍。 ・2012年9月・・・青森県で5年ぶりにボクシングの大会に出場。 ・2013年3月・・・ブログを開始。 また、竹原慎二も山中司に対して 「初めは今にも飛びかかって来そうなほど荒れてましたけど、真面目にボクシングを練習する姿を見て可愛がるようになった。 デビュー戦では珍しく自分が少し緊張してましたね」 と特別な思いを語っています。 結婚もしていて、お子さんもいらっしゃるようです。 デビュー戦では負けてしまったけど、7戦5勝という立派な成績を残しています。 ボクサーとしてガチンコで成功したひとりですね! wikipediaにも名前が載っているくらいなので、ちょっとした有名人です。 実は筋金入りのワルで、宮城県仙台市の宮城狂走連盟夢天鬼の初代総長を務めたほどの本物。 野球の名門「仙台育英高校」の出身者です。 元世界チャンピオンの竹原慎二に向かって「上等だ、コラ」と言っていましたが、多分、台本や周りの雰囲気があったせいで、「ジョトダコラ」と可愛く言ってしまいました。 そんな可愛い暴走族総長ですが、ガチンコ! ファイトクラブの出演がきっかけで、過去に犯した犯罪の容疑で逮捕されてしまいます。 出演時は仙台から板橋区に引っ越していたのに、過去の傷害容疑で被害者に顔を覚えられていたため、宮城県警から逮捕されてしまったのです。 もちろん、番組は降板。 そして、驚くべき現在をご覧ください。 みなさん、若気の至りで本当に不良でしたが、大人になると更生して活躍していてホッコリしました。 情報が入り次第、ガチンコファイトクラブ生の現在を更新します!.

次の

ガチンコファイトクラブのやらせ証拠&卒業生のその後・現在まとめ

ガチンコ ファイト クラブ 竹原

来歴 [ ] プロデビュー前 [ ] 中学時代は柔道部に在籍し、団体戦で県大会優勝を経験。 その一方でにも明け暮れ、にも入る時代を過ごし、あまりの素行不良から地元では「広島の粗大ゴミ」と呼ばれていた。 中学卒業後、就職するも仕事は長続きせず、様々な職業を転々とした。 9月9日にプロボクサーを目指して上京。 当時、に間借りしていたに入門する。 上京後は内装の会社に就職。 ボクシングで生計が立つまで同社で働いた。 同社社長には非常に感謝しており、世界チャンピオン獲得時には社長をリング内に上げている。 プロボクサー時代 [ ] 5月15日の但野正雄戦でプロデビュー。 4回KO勝ちを収め、デビュー戦を白星で飾る。 平山起代治に2度連続でKO勝ちし、北田義治を1RKOで下すと、同年12月23日の東日本新人王決定戦に出場。 ビニー・マーチンを6R判定で下し、第46代東日本ミドル級新人王になる。 翌1990年2月18日に、徳田晴久を2RKOで下し第36代になる。 同年11月26日には朴健洙()を相手に初国際戦を経験し、1RKO勝ちする。 日本王座獲得 [ ] 10月28日、王者・西條岳人に7RKO勝ちし第41代日本ミドル級王者になる。 後に東洋太平洋王者になるを2RKOで下し初防衛を果たすと、(西澤ヨシノリ)とビニー・マーチンそれぞれを10R判定で下し、3度の防衛を果たして王座を返上した。 東洋太平洋王座獲得 [ ] 5月24日、李成天(韓国)に12RKO勝ちし東洋太平洋ミドル級王座を獲得。 同年11月22日にニコ・トリリ()を6RTKOで倒して初防衛を果たしたのを皮切りに、1度のノンタイトル戦を挟んで6度王座を防衛した。 95年9月12日に6度目の防衛戦で李成天と再戦を行った。 8Rに左フックの相打ちでダブルノックダウンがあったが竹原が3-0の判定で防衛した。 世界王座獲得 [ ] 12月19日、無敗のまま24戦目で世界初挑戦。 でWBA世界ミドル級王者()に挑んだ。 前評判では100戦を超える王者が圧倒的有利。 竹原の王座奪取の期待が薄かった事情もあり、テレビ中継もそれまで竹原を支援してきたではなくが関東ローカルで深夜に録画放映。 試合は3回、竹原が左でこれまでダウン経験のない王者からダウンを奪う。 ダウンから立ち上がった後は一進一退の攻防が続き、終始打ちつ打たれつの激戦が展開されたまま試合は終了。 判定の結果、3-0で竹原が勝利し、日本人初の世界ミドル級王者となった。 世界王座初防衛戦 [ ] 6月24日、初防衛戦。 でランキング1位()とのに臨む。 この興行ではジョッピーと契約する世界的プロモーターも会場を訪れた。 テレビ中継もテレビ東京がに全国ネットで生中継。 試合は初回から竹原の力み過ぎが目立ち、挑戦者の右をまともに浴びた王者が手をキャンバスに付くダウン。 その後も出色のスピードを誇るジョッピーに終始ペースを握られる。 迎えた9回、挑戦者が連打で王者をコーナーに追い詰めたところでレフェリーストップ。 6か月で世界王座から陥落した。 試合後、一時は再起に向け練習を再開するも、その後が判明。 を余儀なくされた。 引退後 [ ] 協栄ジム初代会長には同郷のよしみで可愛がられ、引退後も金平からやでの再起を打診されたが悩んだ末に辞退。 引退後芸能界入りし、タレント活動を始めるが初めの頃は仕事に恵まれず、などのアルバイトで生計を立てていた。 、の『』のメイン企画『 ファイトクラブ』にコーチとして参加した。 同企画はと言われる若者をボクシングを通じて更生させ、プロボクサーに育て上げるというもので、約3年間続いた。 竹原は彼らにを行い、その間に12人の参加者がプロテストに合格。 その中の一人、は後に俳優になった。 同年に、『ガチンコ! 』での発言「 お前ら弱い世界じゃ強いじゃろうが、強い世界じゃ下の下じゃ(ゲのゲじゃ)」を歌詞に入れたラップCD『下の下のゲットー』を通信販売。 2月にて当時の日本ミドル級王者と含む引退セレモニーを行った。 2002年、健康と美容のコンセプトブランド「30upDIET」を立ち上げサプリメントを発表。 その後、2004年のサウナスーツ、2005年の付加価値ウォーキングシューズ「マッスルトレーナー」がTVの通販番組を中心に大ヒット商品となっている。 同時にボクサフィットネスの動きを採用したダイエットエクササイズのビデオ、DVDを発行し、元アスリートとしてのノウハウも提供。 また、地元広島名物つけめん店「みんみん」とコラボレートし、こんにゃくを利用したダイエット用食品『激辛つけ麺』の開発にも携わるなど、経験を活かした商品開発でビジネスマンとしても活躍している。 1月21日、テレビドラマ『』にヤクザ役でゲスト出演。 主役の只野役のと1対1の対決シーンを演じた。 同年3月には、通信課程を卒業。 現在は存在しないが、2006年1月31日まで大田区池上通りでイタリアンレストラン『カンピオーネ』を経営していた。 同年、内のウェブマガジン「」に『竹原慎二のボコボコ相談室』の連載を開始。 50 - 60万アクセスを記録する。 相談室の名に似つかわしくない極めて辛辣な回答が人気を集める一方でなどに関して過激な発言もあり 、掲示板などで度々物議を醸していた。 2006年10月から2007年3月までで放送された『VIVA! 温故知新』でパーソナリティを務めた。 また『』で連載された「タナトス 〜むしけらの拳〜」(作画:)の原案を手がけ、後に映画化される。 映画「」には俳優も出演している。 3月29日から、竹原慎二オフィシャルブログを開始。 の有名人アクセスランキングでは開始5日目にしてTOP10入りを果たした。 締めの語句に「じゃあの。 」と付けるのが定例となっており、一時などの電子掲示板を中心に「じゃあの。 」がとして流行した。 、前年からなどの体調不良があり精密検査を受けた結果、が判明。 へのも見付かるほど病状が悪化していたが、・などの治療を経て、現在は通院を続けながら経過観察中。 その様子が11月21日・TBS系で放送の「」で紹介された。 よりジム運営・タレント活動を本格的に再開し、現在に至る。 戦績 [ ]• プロボクシング: 25戦 24勝 18KO 1敗 戦 日付 勝敗 時間 内容 対戦相手 国籍 備考 1 1989年5月15日 勝利 4R KO 但野正雄 (宮田) プロデビュー戦 2 1989年7月17日 勝利 2R KO 平山起代治 (金子) 1989年東日本ミドル級新人トーナメント予選 3 1989年9月18日 勝利 1R KO 平山起代治 (金子) 4 1989年11月10日 勝利 1R KO 北田義浩 (ヨネクラ) 〃 5 1989年12月23日 勝利 6R 判定 ビニー・マーチン (角海老宝石) 1989年東日本ミドル級新人トーナメント決勝戦 6 1990年2月18日 勝利 2R KO 徳田晴久 (JA加古川) 1989年全日本ミドル級新人王決定戦 7 1990年7月30日 勝利 10R TKO 横崎哲 (オサム) 8 1990年11月26日 勝利 1R KO 朴健洙 9 1991年2月18日 勝利 1R TKO 鈴木智男 (宇都宮) 10 1991年7月15日 勝利 4R KO 柏原二郎 (姫路木下) 11 1991年10月28日 勝利 7R KO 西條岳人 (サカエ) 日本ミドル級タイトルマッチ 12 1992年2月17日 勝利 2R 2:47 KO (陽光アダチ) 日本王座防衛1 13 1992年5月17日 勝利 10R 判定 (ヨネクラ) 日本王座防衛2 14 1992年8月17日 勝利 10R 判定3-0 ビニー・マーチン (角海老宝石) 日本王座防衛3 15 1993年2月15日 勝利 5R KO 横崎哲角 (オサム) 16 1993年5月24日 勝利 12R 2:38 KO 李成天 OPBF東洋太平洋ミドル級王座決定戦 17 1993年11月22日 勝利 6R TKO ニコ・トリリ OPBF防衛1 18 1994年2月21日 勝利 1R 1:52 KO ノリ・デ・グイア 19 1994年6月12日 勝利 7R TKO アレックス・トゥイ OPBF防衛2 20 1994年9月18日 勝利 12R 判定 李鉉植 OPBF防衛3 21 1994年12月19日 勝利 7R KO クレイグ・トロッター OPBF防衛4 22 1995年4月17日 勝利 1R KO 朴永基 OPBF防衛5 23 1995年9月12日 勝利 12R 判定 李成天 OPBF防衛6 24 1995年12月19日 勝利 12R 判定3-0 WBA世界ミドル級タイトルマッチ 25 1996年6月24日 敗北 9R 2:29 TKO WBA王座陥落 逸話 [ ]• ボクシングを始めた理由は、最初からボクシングをやりたかった訳では無く、ボクシングジムを経営している元ボクサーの父が当時札付きの不良と呼ばれていた竹原の素行に見兼ねて無理矢理ボクシングを始めさせた事である。 上京するにあたり、当時所属していた暴走族の集会で「今日で抜ける」「ボクシングのために上京する」と宣言し筋を通した。 引退後の25歳で結婚。 現在は2人の子を持つ父親でもある。 実父の竹原三郎は広島でボクシングジムを、実母は焼肉店を経営している。 通った府中小学校は(2年まで)、の出身校でもある。 小・中学校と柔道部に所属。 喧嘩では柔道技をかなり使ったと語っている。 プロデビュー前、後に世界王座初防衛戦を戦うの内装工事に携わったことがあった。 広島出身ということもあり、のファンである。 大の犬好きで、現役時代はペットショップで犬を見てから試合会場に向かっていた。 現在も犬を2匹飼っている。 竹原からタイトルを奪ったは戦前に、「竹原のパンチがこれまで一番強かった。 竹原に勝ってトリニダードに負けるはずがない」と語っている。 『』のプロデューサー、合田隆信はボクサー時代の竹原を知らなかった。 『ガチンコ! 』は、演出の過剰さから「ではないか?」と指摘され、週刊誌が竹原の尻ポケットに台本が入っている写真を掲載し、番組内でボクシングを習っていた一部の生徒がやらせであると証言している。 しかし、竹原および制作者側は「やらせは一切なかった」と口頭で反論している。 のことをアニキと呼んでいる。 自らプロデュースしている商品ブランド「30upDIET」の通販で1日にして20,000個以上の販売を記録。 中学校の頃から名字の竹原にちなんで「竹バカ(たけばか)」と呼ばれていた。 現役時代はの96段の階段を駆け上がるなどの練習も行った。 また、現在は毎年節分の日に池上本門寺で豆まきを行っている。 で見られる千葉ローカルの地元の不動産店「かまとり住宅」の出演をしている。 現在で不定期に放送されているガチンコAKBクラブ(ガチンコファイトクラブのパロディ)でコーチを演じている。 のファン。 出演 [ ] ウェブテレビ [ ]• (2017年5月7日、) - 解説 CM [ ]• 復興 応援メッセージ 政府広報(2019年)• 竹原慎二(広島県)単独バージョン• (岡山県)、(愛媛県)と共演バージョン 脚注 [ ]• [ ]• 2014年11月21日. 竹原慎二オフィシャルブログ 2010年1月24日. 2014年5月24日閲覧。 ナリナリドットコム 2017年5月2日. 2017年5月7日閲覧。 関連項目 [ ]• (現役時代の入場曲「熱いバイブレーション」を提供)• 外部リンク [ ]• - (英語)• - (2014年2月9日アーカイブ分)• - チャンネル• 前王者 世界王者 1995年12月19日 - 1996年6月24日 次王者• 田島直弥、見浦彰彦• 上村典弘、榎本淳、仮屋想• 青木悠真• あしとみしんご• 荒澤守• 平子祐希、酒井健太• 黒川忠文、山本栄治• イノセントキラー• 岸井拓哉、小田桐雄磨• イルカキング• 大平かずき、渡辺浩平• じゃい、すぎ。 、ゆうぞう• ヴァンビ、• うっちゃり• 遠藤祐輔、義江和也• エールタワー• 石井裕二、齋藤宏和• 太田唯• 大西けんけん• 大森麻里• 大矢剛康• オールドパー• 大嶋友也、河野圭介• 小川のブンちゃん• 鬼ダンサー• 寺田一馬、吉川黎• 藤本淳一、小嶋宏太郎• オレンジセレナーデ• 永井康平、梅木航平 か行• カイジルポテト• 加納慎也、近藤大志• かがわの水割• 小林知之、高松信太郎• 大久保薫、前河キヨトシ• ガッチキール• 中村一馬、穴井雄大• 上谷沙弥• ガルボ• 原田勇輝、西隆志• ガレット• 松井拓真、坂井宣大、宮本和明• Not yet• キャラメルポップコーン• あすか、ゆう• 戦艦蓮見。 、手塚ジャスティス、ベーグル吉村• クウぃーんず。 田邊哲平、芝原奨真• クックロビン• 武田孝平、大井総一郎• 熊澤洋幸• グリーンバンバン• 野瀬翔大、翁長一貴• 栗山英宜• 牧野大祐、落合隆治• 岡本美樹、能崎弥生• こうチャンネル• 小関悠佳• 後藤千裕• 村田千鶴、補陀知子• ごりあて• 柿本太煕、岩本浩幸• 近野千里 さ行• サイトウズ• 佐藤尚輝、伊藤亮• Not yet• 宇野慎太郎、中田和伸• 佐藤弘基• 36号線• ササキサキ、大田黒ヒロタカ• 三手観音• 加藤哲史、はっしー• シノノメ• 伊藤大貴、宮下仁志• 下村尚輝• 冨山麗璃、勝呂祐介• しょんたむ• しらすのこうげき! 糟谷僚一、ひより• 神宮寺しし丸• 石沢勤、かねきよ勝則• スカベンジャー• 大熊明日馬、三浦裕太• 鈴木アキノフ• 鈴木メトロ• ストレッチーズ• 福島敏貴、高木貫太• スピードスター萩原• スペードの3• 栗林弘典、• 関口ジョニーズ• 絶対すのはら• センチメンタル• 今里拓登、伊藤祐輔• 園部琴子• それもまた一興• 松岡仁、五十嵐遊楽 た行.

次の