そうめん 電子 レンジ。 【徹底比較】電子レンジパスタ調理器のおすすめ人気ランキング9選【そうめんや温野菜も!】

電子レンジだけで作る!そうめんの簡単アレンジレシピ5選

そうめん 電子 レンジ

拭きこぼれや熱気の心配不要の電子レンジでそうめんをゆでる方法とは? まず結論から言ってしまうと、「レンジでそうめんを茹でることはできます!」 市販品でレンジでパスタを茹でられるタッパーもあるくらいですから、そうめんを茹でることが出来ても全然不思議ではありませんね。 さて、肝心の方法ですが、市販されているパスタをレンジでゆでられるタッパーがあるととても簡単です。 専用容器を使う方法 これに熱湯とそうめんを入れて、蓋をせずにレンジで加熱します。 加熱時間は大体、基本のそうめんのゆで時間+1~2分ほどです。 加熱が終わったら、普通のそうめんの同じように水で洗って出来上がです。 ただし、蓋をして加熱すると爆発する恐れがあるので要注意!です。 耐熱ボウルを使う方法 パスタ茹で容器がなくても、レンジでそうめんをゆでることはできます。 その時はなるべく大きめなを使って、熱湯とそうめんを入れた時、そうめんがお湯から出ないようにしてあげればあとは通常のゆで時間+1~2分で茹でることが出来ます。 この方法では、そうめんを1~2人分程度しか茹でることはできませんが、一人でお昼ごはんにそうめんを食べたい時は便利な方法ですよ。 レンジでゆでた場合の味は? さて、肝心の味は・・・賛否両論あるみたいです。 「一人で食べるときはこの方法が楽!」 「レンジで加熱している間に薬味を切ってしまうと、とても楽です」 という声や 「熱湯を作る手間もあるから、その時そうめんを茹でちゃってもいいんじゃないの?」 「食感はやっぱり、鍋でゆでたそうめんの方が美味しい」 など、様々な意見がありました。 個人的には、熱湯については、やかんで沸かせば熱効率も良いし、ポットのお湯でも十分だと思います。 また、そうめんをゆでている間、コンロは一つ埋まってしまいますよね? レンジでゆでることができれば、コンロを使った調理をレンジでゆでている間に行えますので、時間効率がとてもよくなります。 常に使うかどうかは別にしても、知っていると便利な方法であることは間違いありません! 余ったそうめんの簡単アレンジ。 レンジならちょっとした料理にもそうめんが使いやすい! さて、夏の終わりになると、そうめんが中途半端に残ってしまう事ってありませんか? 食べるにはちょっと少ないけれど、残ったままにしておくともったいない。 そこで、料理の最大手「COOKPAD」のレシピから、余ったそうめんを消費するレシピをご紹介します。 おかずとしてもおつまみとしても美味しくいただけますね。 他にも、チーズやニンジン、ニラを入れて焼いたり、キャベツや卵を入れたお好み焼き風のチヂミなど、バラエティーも豊富です。 とにかく炒める、そうめんチャンプルー 冷蔵庫の余り物で!そうめんチャンプルー これは、一番簡単な「そうめん消費方法」だと思っています。 そうめんと、野菜やハムを一緒に炒めるだけなので、とても簡単ですよね。 野菜で「かさ増し」できるので夕食のメインにもなります。 スイーツにもなる?そうめん団子 おかずだけではなく、スイーツとして消費することもできます。 その中でもちょっと「変わったレシピ」をご紹介します。 さつま芋のいがぐり団子 これは、夏に残ったそうめんを秋の味覚でもある「さつまいも」を使って消費する、というちょっとユニークな発想。 「いがぐり団子」以外は、どれも茹でたそうめんを使いますので、乾麺が半端に残っている場合は、ぜひ「レンジでゆでて」みてはいかがでしょうか? お吸い物やお味噌汁に入れても・・・ 残ったそうめんを、お吸い物やお味噌汁にいれても美味しく食べられますね。 特に夕食の支度の時は、コンロが全部使っていてそうめんを茹でられない・・・という事になりがち。 そんなときにこそ、レンジでそうめんを茹でてはいかがでしょうか? まとめ いかがでしたか? レンジでそうめんを茹でる・・・一瞬とても意外に感じますが、やってみるととても便利。 料理に少しだけそうめんを使いたい時や、余ったそうめんを消費するために少しだけ茹でたい時。 とても重宝する方法ですよね? 「味が落ちる」という口コミも確かにありますが、今回のようなアレンジレシピであれば、味が落ちていることなど全く気になりません。 「そうめん」以外のものとして食べるのであれば問題がないレベルですので、是非この方法は活用してみてください。

次の

そうめん をレンジで簡単にゆでる方法!茹で方レシピもご紹介

そうめん 電子 レンジ

鍋と違って目を離したすきにふきこぼれてガスコンロを汚してしまう心配がいらない!そしてタイマーを使って時間を計らなくても茹ですぎて失敗する事がない。 使用したメーカーのタッパー 商品は名前通りで見れば一目で何か分かる。 メーカーはエビス株式会社「レンジでそうめん」 日本製。 赤丸に注目! ひやむき、蕎麦、うどん、つけめん。 これ一個あれば5通りが手軽に出来上がる暑い日の真夏に汗をかきながら火の前に立つ必要がなく食卓に出せる。 裏面にも注目。 一番ポイントが高いとこ。 お湯を捨てたらそのままぬめり取りもできるから粉っぽくならない。 鍋だと毎回ざるに移動させて水道水でさらして火傷しそうな麺と悪戦苦闘するので対策に何かキッチン用品を買おうと考えてたけど必要ない。 うちは熱がこもりやすくて窓あけても夏場は暑くてうんざりしてたから解放された。 パスタと同じ方法ではダメ! 鍋を使う場合を想像すると理由が分かった。 ボコボコと沸騰してるとこににパラパラと広げながらふきこぼれないように菜箸でかき混ぜる。 大事なのはボコボコの部分!いわば 沸点温度100度で入れることが重要。 水からゆでる目安時間 始め夏は場は電気ポットで沸いてないから微妙かもとガッカリしたけど、このタッパーは レンチンすれば沸騰も可能。 凝ったアレンジレシピができない私でもがつくれたから大丈夫のはず! こちらが茹で時間の目安。 ごちゃごちゃあってサッパリわからんって感じだったが、よく読むとわかった。 水からレンジのみで素麺一人分作ってみた。 本体に水を入れレンジで約9分加熱• 乾麺を入れて+2分さらに加熱• あらう 加熱500wで合計時間11分でできた。 熱湯も500mlだけ。 水道代の節約にもなるかな? 水でなく沸かしたのを使う時は2番目からすればいいので時短になる。 これに使うのは目で分かるぐらい十分に沸いてるのが大事! できあがった状態がこれ。 束になっている紙を外したらパラパラとせずに そのままドバァーと容器に放り込んだだけ。 入れるって感じより放り込む。 束を入れたらシュッワと音がした。 箸でほぐす必要もない! いうか箸は食べる時だけしか持たなかった。 ちゃんと対流のあとがハッキリとでてる。 普段は麺をこぼさないように気を付けながら悪戦苦闘してたのに ザルもいらずに傾けるだけでこぼれていく。 水道水でながしながらぬめりも取れて湯切りも完璧。

次の

8月6日めざましテレビで紹介!電子レンジでそうめんを茹でる方法。つくりおき食堂まりえ

そうめん 電子 レンジ

ツルッとしたのどごしの「そうめん」や、しっかり冷やした「ざる蕎麦」は、暑い季節にぴったりですが、いざ自分で茹でようとすると意外に手間と時間がかかり、また、鍋からの湯気が暑く、食べる前にぐったりしそうですよね。 『 電子レンジ そうめんメーカー』を使えば、 茹でている時の暑さから開放され、 時間短縮にもつながります。 『 電子レンジ そうめんメーカー』での茹で方のコツは、 容器に熱湯を入れてから、乾麺を入れるという順番を守ることと、 加熱する出力 W数 と時間を守ることの2点です。 この容器で水を沸騰させることも可能ですが、一人分の麺を茹でるための量800mlを沸かすのに10分近くかかってしまうので、 お湯はヤカンなどで沸かしたほうが時間短縮になるでしょう。 肝心の茹で時間ですが、まずは 表記の通りに加熱をしてみてください。 冷水でしっかり冷やすと、麺が締まり思ったほど「茹で過ぎ」という感じではなくなります。 2回め以降は、 加熱時間の長さを調整して、 お好みの麺の硬さを見つけてみてください。 そうめんや、蕎麦などの乾麺はコストパフォーマンスが高く、日持ちのする便利な食材です。 茹でる手間が軽減されれば、調理にかかる光熱費や食費の節約にもつながります。 まだまだ暑くて食欲の落ちる日が続きそうです。 のどごしの良い麺類を手軽に茹でて、この残暑を乗り切りましょう。 * 茹で上がり時、容器は大変熱くなっています。 鍋つかみ等を使い、火傷には十分ご注意ください。 :スケーター株式会社 (藤加祐子) 藤加祐子.

次の