えきねっと 新幹線 e チケット。 「新幹線eチケット」の使い方、チケットの買い方|新幹線旅行研究所

「eチケット早特」の使い方、予約、受取、変更|新幹線旅行研究所

えきねっと 新幹線 e チケット

サービスをご利用可能なICカード 新幹線eチケットサービスでは、全国相互利用対象の下記10種類の交通系ICカードがご利用可能です。 Suica• Kitaca• ICOCA• PASMO• TOICA• manaca• PiTaPa• nimoca• SUGOCA• 引き続き大人用としてご利用になる場合は、大人用に変更する手続きを行ってください。

次の

新幹線eチケットを利用してみて気付いたデメリット

えきねっと 新幹線 e チケット

「eチケット早特」の購入方法 1 「J-WESTネット会員」の会員登録 JR西日本の「JRおでかけネット」で「J-WESTネット会員」に登録します(無料)。 2 予約 「e5489」で「空席照会」をし、eチケット早特の残席があれば、画面の案内に沿って申込みをします。 残席がない場合は、設定がないか、売り切れなので申込みできません。 3 受取 「eチケット早特」は、北陸新幹線eチケットの商品ですので、交通系ICカードでチケットレス乗車ができます。 紙のきっぷを受け取って利用することもできます。 きっぷの受け取りは、JR西日本、JR東日本の北陸新幹線と首都圏の駅の窓口または指定席自券売機で行います。 その際、「予約番号」と、会員登録されている「クレジットカード」が必要です。 きっぷを受け取るまでは、指定席の変更などは自由に行えますが、受取後は一切不可になります。 4 乗車 チケットレスまたは、紙のきっぷで改札口を通って列車に乗ります。 乗車できるのは対象列車のみで、乗り遅れた場合に後続の新幹線の自由席に乗ったりすることはできません。 また、途中下車は前途無効です。 「eチケット早特」で自由席に乗れる? 「eチケット早特」は指定席の割引きっぷですので、自由席版はありません。 また、「eチケット早特」で購入した切符で自由席に乗ることはできません。 指定された列車の指定された席でのみ有効です。 広告 「eチケット早特」に往復割引はある? eチケット早特は片道ずつの発売です。 往復する場合は、別々に購入します。 したがって往復割引もありません。 「eチケット早特」と学割はどちらがお得? eチケット早特と学割を比較するとどちらが安いのでしょうか。 ただ、学割の割引対象は乗車券だけで、新幹線特急料金は割引になりません。 そうすると、特急料金を含めた割引では大きな差はなくなります。 ケースバイケースなので、比較検討したらいいでしょう。 学割は途中下車が可能だったり、往復割引もありますので、それらも考慮に入れましょう。 「eチケット早特」に区間外を乗る場合はどうする? eチケット早特は、たとえば「金沢-東京」などの設定になっています。 では、千葉や横浜など区間外で乗車または下車する場合はどうすればいいのでしょうか。 これは、区間外になる部分を別売りで買うことになります。 広告 「eチケット早特」のキャンセル eチケット早特で申しこんだ後、キャンセルは可能です。 ただし、指定列車の発車前で未使用の場合に限ります。 チケットレスで利用する場合、払い戻しは発車4分前までです。 チケットレス利用またはきっぷ受け取り前で乗車日当日までに払戻す場合、座席1席につき320円の手数料がかかります。 自由席は手数料無料です。 ただし座席1席につき最低320円の手数料がかかります。 「eチケット早特」の変更 eチケット早特の変更は、きっぷの受取り前に限り、インターネット上のみで可能です。 人数の変更はできません。 この場合、手数料などは無料です。 きっぷ受け取り後の変更はできませんが、駅の窓口で新たに無割引できっぷを買い直す場合、無手数料で払い戻せます。 「eチケット早特」で乗り遅れた場合 指定列車に乗り遅れた場合、きっぷは無効です。 後続列車の自由席・立席などに乗ることはできません。 払い戻しもありません。 「えきねっとトクだ値」まとめ 「えきねっとトクだ値」は2020年3月より「新幹線eチケット」の専用商品となりました。 新幹線eチケットのウェブサイトには少し使いにくい点があり、説明もわかりにくいという声もあります。 そのためか、「えきねっとトクだ値」はちょっと面倒で敷居が高いと思われている方も多いようです。 ただ、慣れれば操作は簡単ですし、値段も季節変動がややあるほかは、おおむね一定です。 会員登録も無料ですし、利用する価値はあるでしょう。 価格は他の割引きっぷに比べても安く、会員になれば誰でも購入可能です。 乗り遅れは問答無用で無効、途中下車前途無効など、普通のきっぷに比べれば制限が厳しい点があるので、そこだけ注意して使うと良いでしょう。

次の

JR東、新幹線「eチケット」で使い勝手よくなるか

えきねっと 新幹線 e チケット

新幹線eチケットの予約は えきねっとから• 新幹線eチケットでの乗り降りは Suicaなどで• 新幹線eチケットだと指定席料金が 200円引き• えきねっと会員限定 割引きっぷ「 えきねっとトクだ値」が使える• 新幹線eチケットは何度でも予約変更可能(3か月以内)• 「えきねっと」で1度に最大6人まで予約が可能 それそれ詳しくみていきますね。 新幹線eチケットの予約はえきねっとから 「新幹線 eチケット」はJR東日本のインターネット予約サービス「」から予約が可能です。 「新幹線eチケット」は指定席だけでなく、 自由席、グリーン車、グランクラスも申し込めます。 変更やキャンセルをする場合でも「えきねっと」上で手続きができますので、みどりの窓口などに行く必要はありません。 「えきねっと」は入会金・年会費無料ですが、クレジットカードの登録が必要です。 Suica(JR東日本)• モバイルSuica• PASMO(関東私鉄)• Kitaca(JR北海道)• ICOCA(JR西日本)• TOICA(JR東海)• manaca(名鉄・名古屋市交通局など)• PiTaPa(関西私鉄)• nimoca(西鉄など)• SUGOCA(JR九州)• はやかけん(福岡市地下鉄) 新幹線eチケットだと指定席料金が200円引き 「新幹線eチケット」なら指定席の場合、所定の運賃・料金の合計額から一律 200円引きになります。 繁忙期・通常期・閑散期の設定があります。 >>詳しくは 自由席の場合、割引はありません 「新幹線eチケット」で自由席を利用すると、紙のきっぷで自由席で乗る場合と同額で割引はありません。 新幹線eチケットで「えきねっとトクだ値」が使える 「新幹線eチケット」で申し込むと、えきねっと限定の割引きっぷ「 えきねっとトクだ値」が使えます。 今まで紙のチケットでの発売でしたが、「新幹線eチケット」が導入されることでSuicaなどのICカードできるようになり、 きっぷを出す手間が省けます。 新幹線の乗車駅までと下車駅から到着駅までの運賃が 別にかかる• 予約変更・払戻は 列車出発4分前まで 新幹線の乗車駅までと下車駅から到着駅までの運賃が別にかかる 「新幹線eチケット」の乗車券は新幹線の乗車駅から下車駅までの区間です。 出発駅から新幹線の乗車駅まで新幹線の下車駅からの運賃が別にかかります。 つまり乗車券は出発駅から到着駅まで通しで購入できないので、 「紙のきっぷ」よりも高くなることもあります。 新幹線eチケット」と「紙のきっぷ」の料金を比較 「新幹線eチケット」と「紙のきっぷ」の料金を2つのケースで比較してみましょう。 【ケース1】浦和~京浜東北線~大宮~東北新幹線~仙台 今までは浦和駅から仙台駅の通しの乗車券と大宮駅から仙台駅の新幹線特急券の2枚ですが、浦和駅から大宮駅の普通運賃と大宮駅から仙台駅の「新幹線eチケット」の2本立てになります。 指定席利用 運賃 浦和~仙台市内 新幹線特急券 大宮~仙台 合計 はやぶさ号 5,720円 5,150円 10,870円 やまびこ号 5,720円 4,830円 10,550円 指定席利用 運賃 浦和~大宮 新幹線eチケット 大宮~仙台 合計 はやぶさ号 168円 10,670円 10,838円 やまびこ号 168円 10,350円 10,518円 この場合は新幹線eチケットを利用した方が少し安いです。 【ケース2】中野~中央線~東京~東北新幹線~仙台 中野駅は東京都区内の駅なので、東京駅と同じ料金で計算されます。 指定席利用 運賃 東京都区内~仙台市内 新幹線特急券 東京~仙台 合計 はやぶさ号 6,050円 5,360円 11,410円 やまびこ号 6,050円 5,040円 11,090円 指定席利用 運賃 中野~東京 新幹線eチケット 東京~仙台 合計 はやぶさ号 220円 11,210円 11,430円 やまびこ号 220円 10,890円 11,110円 この場合、 従来の乗車券と新幹線特急券の組み合わせの方が若干安いです。 必ずしも「新幹線eチケット」が安いとは言えないですね。 新幹線eチケットの予約変更・払戻は列車出発4分前まで 先ほども少し触れましたが、「新幹線eチケット」の予約変更・払戻は出発4分前までできます。 直前まで乗る列車が変更できて便利ですね! 払戻の場合は指定席と自由席で手数料が異なります。

次の