焼き豚 レシピ。 豚モモ肉で激うま焼き豚のレシピ

フライパンひとつで作る柔らかい焼豚(チャーシュー)のレシピ

焼き豚 レシピ

やわらかくてジューシーな焼き豚づくりには、コツが必要です。 こちらでは、簡単に焼き豚を作るためのレシピや、硬くならないコツなどを見ていきます。 これさえ覚えてしまえば、自宅で簡単に美味しいチャーシューが食べられます。 豪華!簡単焼き豚 家にお客さんが来る時には用意しておきたいおもてなし料理。 少しずつたくさんの種類を作るのは大変ですが、メイン料理をたっぷり用意してあとは少しずつならボリューム感もあって豪華なメニューになります。 そんな時には豪華さが出せて簡単に一度にたくさん作ることのできる焼き豚がぴったり。 しっかりした味付けでお肉がたっぷり食べられるため男性にも喜ばれます。 そんな簡単に作れる焼き豚レシピのご紹介です。 用意する道具は、フライパン・鍋・フォーク・たこ糸・竹串。 必要な食材は豚かたまり肉を1かたまりで、種類をこだわらず特売になっている物でOKです。 タレ用の調味料は砂糖100cc・しょうゆ100cc・酒100cc。 甘めの味付けが好きな場合は酒100ccの代わりに酒とみりんを50ccずつにしても構いません。 また、野菜を一緒に煮るとさらにおかずが増やせて便利なので、じゃがいもやにんじん、玉ねぎなどを入れても。 ニンニクやしょうがも適量入れると臭み消しになります。 では作り方ですが、初めに豚かたまり肉をたこ糸でぐるぐる巻き、ギュッと縛っておきますがこの工程を飛ばしてもOK。 次に豚肉にフォークで全体をまんべんなく刺し穴をあけます。 こうすることで火が通りやすくなり味がよくしみるだけでなく、お肉がより柔らかくなるので念入りに行いましょう。 終わったら熱したフライパンでお肉の表面を強火で焼き、焦げ目をつけます。 フライパンを使わず煮込む用の鍋で焼いても。 この時芯まで火を通しておく必要はないので焦げ目をつけることに集中しましょう。 全体に焦げ目がついたら鍋にお肉と野菜、タレ用調味料を全て入れて混ぜ、蓋をして30分間中火で煮込み続けます。 野菜は特に入れなくても良いですが、いれるとタレがさらにおいしくなりお肉もおいしさアップするため、あれば入れた方が良いです。 もし煮込んでいて火の通りが悪い時や野菜を入れない時は、水70ccを足して煮込みましょう。 煮込み時間が過ぎてお肉を竹串でさしても赤い肉汁が出てこなければできあがりです。 あとはお肉をお好みの厚さにスライスして盛り付けるだけ。 一緒に煮込んだ野菜も盛り付けに使いましょう。 タレも大変おいしいので、丼にごはんをよそい千切りキャベツをのせてその上にできあがった焼き豚をのせてからタレをぐるっとかけてチャーシュー丼に。 マヨネーズや七味もプラスするとさらにごはんが進みます。 むしろこのタレだけでもご飯が食べられるというほどのうまみがつまったタレもできあがります。 レンジでかんたん焼き豚 ラーメンやチャーハンに使われている焼豚はとても手間と時間のかかる料理のひとつ。 でも前日に準備さえしておけば、焼き豚が欲しい時には10分程度でササッと作れてしまううれしいレシピがあります。 電子レンジを使って手軽に手早く作る簡単焼き豚レシピを紹介します。 調理時間の短縮ができるので、忙しい朝のお弁当作りにもお客さんが来る時のあわただしい準備にも慌てることなく焼き豚を作れるのが大きな魅力です。 このレシピで必要な道具は、電子レンジ・食品保存用ポリ袋またはしっかりしたビニール袋・クッキングシート・電子レンジ対応のお皿。 必要な食材は、豚肩ロース肉200gほどとタレ用調味料として味噌大さじ1・しょうゆ大さじ2・酒大さじ1・砂糖小さじ1・みりん大さじ1・ごま油小さじ0. 調理時間は10分程度ととても短いですが、その前に下ごしらえに少し時間を使います。 ここでしっかり漬け込んでおくと簡単な調理でもとてもおいしい焼き豚に仕上がるので重要です。 まず、食品保存用ポリ袋かしっかりしたビニール袋にタレ用調味料をすべて入れてよく混ぜ、そこへ豚肉をいれて1時間ほど漬け込みます。 寝る前に作って翌朝まで冷蔵庫で寝かせておいてもしっかりした味付けに。 ただし何日も漬け込んでしまうと味付けが濃くなりすぎるので注意しましょう。 もし漬け込み時間が1時間もとることができなければ、タレをよくお肉にすりこみます。 袋の外側からよくもみこむなどして味をお肉になじませていきましょう。 漬け込みが終わったお肉を袋から取り出し、クッキングシートを敷いたお皿の上においてラップはかけずに電子レンジで9~10分ほど加熱します。 芯まで火が通ったらできあがりです。 あとはお好みの厚さにスライスしたり細かく刻んでチャーハンに混ぜたり。 そぎ切りにしてラーメンにのせてもステキです。 残ったタレもおいしいので焼き豚にかけて食べてもOK。 このレシピはタレに味噌を使ってあるので、他の焼き豚レシピとはちょっと違った味わいが楽しめるのも魅力のひとつ。 ちなみに電子レンジで作る簡単焼き豚を使った時おいしいメニューは「チャーハン」。 用意する食材は作った焼き豚2切れほど・卵1個・ネギ1本・ごはん丼1杯・塩と醤油はお好みで。 作り方は先にフライパンで焼き豚と刻んだネギをいため、そこへとき卵をおとします。 すぐにご飯をたしてとき卵とからめ、まんべんなく具材が混ざるように木べらでまぜましょう。 チャーシューが硬くならないコツ ふわふわやわらかくて、お箸でつまむとほろっと崩れてしまうようなおいしいチャーシューには憧れるもの。 でも家で作るとなかなかお肉がうまく柔らかくならず、硬くなってしまったりボソボソした状態になったりということがあります。 しかし、チャーシューをつくる上でのコツをマスターしていれば、失敗なく脂身がとろとろにとろけるやわらかい焼き豚を自宅でも作ることが可能です。 たとえ圧力鍋がなくても成功するポイントをマスターして、次の焼き豚作りに生かしましょう。 まず使うお肉は豚バラかたまり肉を選びましょう。 脂身の部分がとろける柔らかさになりとてもおいしい仕上がりを狙うのなら、豚バラかたまり肉です。 また、豚肩ロースを使う場合でもコツを知っていれば硬くならないで柔らかい焼き豚に仕上がります。 使うお肉を選ぶとき、脂身が少なすぎないものを選ぶこともコツのひとつです。 豚肩ロースを使う時の下ごしらえとして、初めにフォークでお肉の表面にたくさん穴をあけておきましょう。 火をよく通したり味をしみこませたりする役割もありますが、多くの穴をあけることでお肉を柔らかくする役目もあります。 そして、煮込む前にはお肉の表面をしっかりと強火で焼いて肉汁を中に閉じ込めるようにします。 この時、芯まで火が通らないように気を付けて、あくまで表面だけに焦げ目をつけてましょう。 それからタレに使う調味料にも気配りをしましょう。 焼き豚作りに欠かせない工程が煮込みですが、煮込み始めは水と砂糖・酒・ネギなど香味野菜だけでお肉を煮ます。 最初からしょうゆをいれてしまうと、含まれている塩分がお肉を硬くしてしまい砂糖などの甘味が入らなくなるためです。 しょうゆをいれるタイミングは煮込み始めてから30~40分たったときにします。 ちなみに火加減は弱火~中火にして落し蓋をするのがポイント。 落し蓋は木蓋でなくてもアルミホイルやクッキングペーパーなどで代用すれば十分です。 煮込みが終わってからはお肉を煮汁と分けてしまわず、冷ましながら煮汁をしみこませていきます。 温度が下がっていく時にお肉へ味がしみ込んでいくので、その時に煮汁の水分も一緒にしみこむためです。 粗熱を取るために1時間30分~2時間はそのままさましておきましょう。 煮込んだ後そのまま放置することでゆっくりと冷めていきますが、冷蔵庫などへすぐに入れて急に冷やすと煮汁があまりしみこまず味も柔らかさも出しづらくなってしまうので注意しましょう。

次の

煮込まない!オーブンで簡単につくる焼き豚のレシピ

焼き豚 レシピ

家で再現したいと思って焼き豚が入ってるパックを見てみたんですが、どこの部位を使ってるのかわかりませんでした。 それで店員さんに聞いてみたら豚の肩ロースを使ってるとのこと。 スーパーに豚の肩ロースがなかったので代わりに 豚モモのかたまり肉を買って作ってみました。 このレシピはクックパッドを参考にして作りました。 豚モモ肉 1かたまり• 砂糖 100cc• 醤油 100cc• 料理酒 50cc• みりん 50cc• 水 50cc 1. 豚肉を両面フォークを使って穴を開けます。 見た目は穴ばかりでイマイチですが、焼くと全然気にならなくなります。 フライパンで両面をこんがり焼き色が付くまで焼きます。 調味料を全部入れて蓋をしたら中火で15分ほど煮ます。 ひっくり返して裏側も中火で15分ほど煮ます。 包丁で食べやすい大きさにスライスしたら完成です。 このレシピはお肉に穴を開ける事によって、柔らかくなりとってもおいしくて食べやすいです。 なんと言っても出来立てが一番おいしいですが、冷めてもとってもおいしかったです。 我が家ではまず出来立てを食べて、次の日にラーメンに載せて、残りは刻んで炒飯に入れて、食べました。 余ったタレを使った簡単レシピ タレがたくさん余るし、とってもおいしいので捨てるのはもったいない!そう思ってタレを使って作れる料理を考えてみました。 白髪ネギをかけておいしさupです。 最後に 今回作った焼き豚は良く行くスーパーで買うのとはまた違うけど、とってもおいしかったです。 このレシピは安いお肉でもとってもおいしくなるのでおすすめです。 今回は入れてないですが生姜やにんにくを入れてもおいしそうですね。 次作る時は豚モモかたまり肉じゃなく、参考にしたレシピ通り豚の肩ロースで作りたいと思います。

次の

豚モモ肉で激うま焼き豚のレシピ

焼き豚 レシピ

焼き豚は鍋やフライパンで作るレシピも多いですが、なかなか時間がかかるものです。 そこでオーブンを使えば時間を短縮して作ることができます。 オーブンを使った焼き豚のレシピを紹介します。 オーブンのメリットについても紹介しています。 レシピ・作り方 ラーメン店で食べるおいしい焼き豚。 自宅でも簡単に作れると言われていますね。 それなら一度作ってみようとレシピを見ると、1時間煮込む、2~3時間煮込む、など時間がかかるもの。 作り方は簡単ですが、時間もかかるし面倒、と思ってしまう人もいるでしょう。 そこでオススメなのがオーブンを使って作る焼き豚です。 オーブンを使って作る焼き豚のレシピを紹介しましょう。 材料は、豚肩ロースブロック、しょうゆ、酒、砂糖、オイスターソース、しょうが、にんにくを用意します。 しょうがとにんにくはすりおろします。 チューブを使うとより簡単ですね。 レシピは次の通りです。 まずは豚肉全体にフォークで穴を開けるように刺していきます。 こうすることで味を染み込みやすくできますよ。 密閉容器や袋に、しょうゆ、酒、砂糖、オイスターソース、しょうが、にんにくを入れて混ぜておきます。 その袋に先ほどの豚肉を入れてフタをします。 冷蔵庫に一晩置いておくと、味がぐっとしみこみますよ。 ときどき裏返してあげてくださいね。 豚肉を容器から取り出し、クッキングペーパーで水分を取り除きます。 タレは鍋などに移しておきましょう。 そこまでできたらあと少し。 ここでオーブン登場です。 オーブン用ペーパーを天板に敷き、豚肉を乗せて焼きます。 温度は220度で50分くらいです。 焦げそうかな、と思ったらアルミホイルをかぶせて焼きましょう。 焼いている間に鍋にタレを入れて煮込みます。 アクは取り除きながら煮込むようにしましょう。 50分後、豚肉が焼けたらオーブンあら取り出してアルミホイルでくるみ、冷まします。 お肉が冷める時に味がしみこむので、しっかり冷ますことが大事ですよ。 冷めたらお好みの厚さにカットして、お皿に盛りつけてできあがりです。 オーブンを使うと時間も短縮できますし、簡単です。 次の日にお客様がくる、という時でも前の晩に豚肉をタレに漬けておけば、当日オーブンで焼くだけでできあがりますね。 おいしい焼き豚でさまざまな料理を作りましょう。 からしなどをつけたり、ネギを乗せたりするだけでおいしいおつまみにもなりますね。 ご飯に乗せて食べるのもオススメです。 いろいろなレシピがありますので、料理のレパートリーも広がりますね。 一度にたくさんの量が作れるのも助かります。 オーブンの温度や時間はあくまでも目安なので、ご自宅にあるものでちょうどいい温度と時間を見つけてくださいね。 時々豚肉の状態を確認しながら焼いていくと失敗しないですみますよ。 レシピのアドバイスとミニ情報 鍋やフライパンを使い自宅で作ることのできる焼き豚ですが、けっこう時間がかかるものです。 じっくりコトコトと煮込んだり、焼いたりしながら作る焼き豚はやわらかくておいしいのですが、時間がかかるとちょっと作るのが大変なもの。 しかし、オーブンを使えば時間を短縮してできます。 オーブンを上手に利用して、簡単においしい焼き豚を作れますよ。 オーブンを使うと楽に調理ができますね。 天版を2枚使えば、主菜と副菜を一度に調理することができます。 オーブンが調理をしてくれる間に、お皿の準備をしたり、サラダを作ったり、鍋やフライパンで他の料理を作ることもできます。 お洗濯など他の家事をすることもできますね。 時間を有効に使えるのも、オーブンの魅力です。 ご飯を手早く作ることができるのもメリットですね。 オーブンを使うメリットは他にもあります。 天版に食材をたくさん乗せることができるので、一度にたくさんの量を作ることができるのもメリットです。 火加減を気にしないでお任せできるのも楽ですね。 焼き豚のような大きなサイズの豚肉や、一匹丸ごとの魚などもじっくりと焼けるのもメリット。 鍋やフライパンだと限界がありますので、カットしたり、裏返す際に崩れてしまったりしますが、オーブンならそのような心配がありません。 失敗も少ないですよ。 さらに、ダイエットにもなるのです。 揚げ物はカロリーが高くなりがちですが、オーブンを使えば油の量を控えることができるので低カロリー。 フライドポテトやコロッケ、とんかつなどもできますよ。 オーブンにもいろいろな種類がありますが、最近ではスチームオーブンレンジが人気のようです。 中に蒸気を充満させて蒸し焼きにします。 表面はパリパリに、中はふっくらと焼き上げるのが特徴です。 焼き豚も外は香ばしく、中はジューシーにできますね。 外が焦げすぎるということもありません。 食材を温めるときにも、ラップが必要ないくらいスチームがしっかり出てくれてしっとりと温めてくれるのですよ。 中には油分カット、塩分カットの効果があるものも出ているようです。 また、フラットタイプのオーブンレンジはお皿が回転しないので、大きなお皿を入れることができますね。 焼き豚用の豚肉も大きなサイズでも大丈夫ということです。 均一に熱が加わるので、ムラなく焼き上げてくれるのもうれしいです。 フラットなのでお手入れも楽にできますよ。 オーブンレンジを始めて買う、買い替える、という際にはいろいろな機能を比べてみてくださいね。

次の