個別指導 大阪。 淀川区東三国・三国・新大阪の個別指導塾ライジング

大阪府の個別指導塾一覧

個別指導 大阪

【お知らせ】 2020年6月現在 (ホームページは工事中です。 ) 現在、近隣小中学校が分散登校のため朝の8時30分から塾を開けています。 自粛期間中はプリント教材を各お家に配達し、LINEで採点という形で継続をしていました。 学校がないのにも関わらず、多くの生徒さんが学校の進度をまったく心配することなく勉強を進めることができました。 学校が本格的に始まって、初めて自分がどれだけ進んでいるかという事に気づかれることだと思います。 当塾は生徒さんの現状に合わせた完全個別内容で学習をしていただいております。 中3生ですでに中学内容の数学の範囲を終わらせた生徒さんもいれば、復習を徹底的に行っている生徒さんもいます。 また、是非ともこの新しいシステムをお気軽に無料で体験してみてください。 ライジングが目指すのは自ら勉強したくなるモチベーションを育てること。 だから、夢とか目標とか、ちょっと口に出すのが恥ずかしいこともここでは言える、そんな場所を提供します。 勉強なんて夢や目標を叶えるための手段の一つに過ぎません。 いつでも大丈夫です。 メールでのお問い合わせはこちら.

次の

大阪府の個別指導塾一覧

個別指導 大阪

人気の個別指導塾を料金やおすすめで比較!ランキングで詳しくご紹介! 個別指導塾では、1対1または1対2形式で先生が自分だけの オリジナルカリキュラムに沿って指導してくれるので、集団指導と比較して丁寧なサポートを受けることが可能。 定期テスト対策はもちろん、受験や内部進学など幅広いニーズに対応しています。 しかし、その分、集団指導塾よりも料金が割高になってしまうという側面も…。 学習塾選びで料金は重要なポイントの一つです。 そこで、当サイトでは、個別指導塾選びに役立つ基礎知識やポイント(料金や評判、特徴など)を詳しくご紹介! 人気の高いおすすめの個別指導塾を比較やランキングを交えて紹介しているので、あなたの個別指導塾の選び方の参考になるはずです。 個別指導塾の中でも比較的料金が割安なおすすめ学習塾もありますが、料金だけでなく評判や特徴などもしっかり見極めるのが大切。 ぜひ、当サイトのランキングや情報を参考に自分に合った個別指導塾を比較して選んでみてください。 集団指導との違いを特徴や料金 授業料 で比較 個別指導塾のランキングをご覧いただきましたが、中には集団塾とどちらをえらべばよいのか迷っている方もいるでしょう。 ここからは、集団塾と個人指導塾のメリットを比較し、どちらのタイプがお子さんに向いているのか見ていきましょう。 項目 個別指導塾 集団進学塾 カリキュラム 生徒の学力・目標・個性に合わせたオリジナルカリキュラム 入念に作り込まれた年間カリキュラム 時間割 自由に選べる 決まっている 講師 選択制で相性の良い講師から指導が受けられる アルバイトではなくプロ講師から指導が受けられる 学習環境 気軽に質問しやすい ライバルと切磋琢磨できる 授業料 割高 割安 個別指導塾がおすすめの理由 個別指導塾は、集団指導塾のように事前にカリキュラムが設定されていないので、生徒一人ひとりの学力・目標・個性を加味したオリジナルカリキュラムのもと柔軟に学習できます。 また、時間割も自分で自由に設定できるので、クラブ活動や習い事で比較的忙しい生徒でも無理なく勉強できるのが特徴です。 授業は、相性の良い講師から指導してもらえるので高いのでモチベーション高く学ぶことが可能なうえ、マンツーマンなので周囲を気にせず質問可能。 苦手科目が多い、勉強に苦手意識があるというお子さんでも気後れせずに勉強に集中でき、 学んだことをその場で理解・解決できます。 また、最近ではプロ講師が在籍する教室も増加しており、昔と比較するとレベルの高い指導のもと効率よく学べる環境が整ってきました。 授業料は、1人または2人で講師を独占するため、大人数で受講する集団指導塾と比較すると割高料金となる傾向にあります。 ですが、コマ数や学ぶ科目数によって大きく異なってくるため、「 苦手科目は個別」「得意科目は集団」というように使い分けて受講するのもおすすめです。 家庭教師との違いを特徴や料金 授業料 で比較 マンツーマンや少人数制の授業で人気の個別指導塾ですが、似たような指導形態の比較対象として 家庭教師が挙げられます。 個別指導塾と家庭教師、どのような違いがあるのか見ていきましょう。 項目 個別指導塾 家庭教師 カリキュラム 生徒一人ひとりに合わせたカリキュラム 時間割 自由に選べる 自由に組めるが講師のスケジュールが優先されるケースもある 講師 研修を重ねた質の高い講師の中から選べる 質にバラつきがあるが、一流講師もいる 学習環境 専用の自習室も完備 ストレスフリーの自宅 授業料 割高 高い 家庭教師は、講師が自宅まで指導に訪れてくれるスタイルで、完全にマンツーマンで勉強を教えてくれます。 カリキュラムで比較した場合、どちらも生徒個人の学力や目標に応じて柔軟に作成されるため、ムリ・ムダのない学習が可能ですが、時間割は複数の生徒を抱えている講師だと、 スケージュルの都合で自由に選べないことがあります。 講師の質は個別指導塾のほうが研修プログラムが充実しているため、家庭教師と比較して一定以上の質は確保されています。 もちろん、家庭教師の中にも実績および経験豊富な 一流講師が存在していますが、学費はその分高額な傾向にあります。 学習環境で比較してみると、個別指導塾は自習室完備により 自宅で勉強に集中できない人でも自主学習に専念できる環境が用意されています。 一方、家庭教師の場合は ストレスフリーな自宅で勉強できるため、家でも集中して勉強できる人にとっては通塾の手間もなく快適に勉強できます。 授業料で比較して見た場合は、交通費などの料金も含まれて家庭教師の方が比較的高めに設定されている傾向があり、1コマ当たり4000円から5000円のところが一般的な相場のようです。 また、個別指導塾の中には1対1あるいは1対2かを選択できる教室が多く、1対2の方が比較的料金が安いです。 そのため、個別指導塾なら予算に合わせて指導形態を選択できるというメリットもあります。 家庭教師ではなく個別指導塾が選ばれる理由 個別指導塾と家庭教師は、講師からマンツーマン指導が受けられる点では共通していますが、生徒によっては学習効率の点で違いが生じます。 まず、家庭教師は自宅で学習できるため個別指導塾のように通学時間を節約可能ですが、オフの時間を費やす空間だからこそ生徒によってはモチベーションの維持が困難になりがちです。 個別指導塾のように教室に通学して学ぶことはオン・オフを明確に切り替えられると同時に、授業時間以外は自習室にこもって予習・復習が可能なので、自宅学習と比較して メリ・ハリのある質の高い勉強が行えます。 また、家庭教師は1人で複数の教科を指導するケースが多いですが、個別指導塾では各教科に スペシャリストを配置している教室が多く、理解もより一層高まります。 さらに、受験データや最新の入試傾向といった情報力が高いのも個別指導塾の強みであり、家庭教師と比較して効率よく受験対策できるメリットもあります。 集団授業では質問しづらいが、個別指導塾なら遠慮なく質問できる• わからないことがあれば、授業中であっても気兼ねなく質問することができる• わかりにくいところも繰り返し理解できるまで教えてくれる 大人数の前では質問をするのが恥ずかしいといった経験を持っている保護者の方も多いのではないでしょうか。 分からないことをそのまま放置してしまうとその先も理解することができず、勉強のやる気がなくなってしまうといった悪循環に陥ってしまいます。 少数授業の個別指導塾であれば、気兼ねなくいつでも質問することができ、しかも 理解するまでとことん教えてくれるため、こういった悪循環を回避できます。 また、個別指導塾側としても、生徒一人ひとりの顔が見えるため、生徒ごとの性格や得意な科目、不得意な科目を把握することができます。 なかには、やる気が落ちている生徒や悩んでいる生徒がいれば、講師がすぐに気がついて相談に乗ってくれるといった、きめの細かい指導を行うことができます。 これは生徒にとっても大きなメリットといえます。 また、保護者の評判を聞いてみると、個別指導塾への入塾前と比較して子供の顔が変わった、見事志望校に合格できた、といった感謝の声が多く寄せられています。 個別指導型の学習塾の選び方!5つの重要ポイント 個別指導塾に子供を通わせようと考えたときに、何を基準に個別指導塾を比較し選べばいいか迷う方も多いでしょう。 当ページの最初に個別指導塾の人気ランキングをご紹介しましたが、それだけでは決めきれないという方もいるかもしれません。 決められないからといって、知り合いの子供が通っているとか、子供の友達が比較的多く通っていて同じ個別指導塾に通いたがっているといった理由で選ぼうとしてはいないでしょうか? また、月謝が安いとか自宅から比較的近いといった環境的なものや、有名校の合格率が高いといった理由も個別指導塾の選び方としてあるかもしれません。 しかし、これらの理由は悪くはないのですが良いともいい切れません。 というのも、塾に通うのはお子さんなので、 お子さんが「ここなら継続して通いやすい」、「成績もあがりそう」と思うような塾を選ばなくては意味がないため。 この2つを同時に感じることができる塾を見極めるためにも、資料請求はもちろんのこと、 学習相談会や 体験授業などへ積極的に参加して各個別指導塾の特徴を比較し、見極める必要があるのです。 選び方1. 講師を比較して選ぶ 個別指導塾選びでもっとも重要なポイントは、講師です。 プロの講師なのか、現役大学生のアルバイト講師なのか、親身になって生徒たちの質問に答えてくれるのかなど、講師がどのような人物なのかを見極める必要があります。 プロの講師だからよい、大学生のバイトはダメということではありません。 当然ですが、プロの講師のほうが経験豊富で指導力は上かもしれません。 しかし、大学生のバイトのほうが子どもたちと年齢も近く懇切丁寧に指導してくれたり、生徒とのコミュニケーションが円滑な場合もあります。 重要なのは、講師と生徒の相性です。 体験授業に参加してみて、どのような講師がどんな授業をしてくれるのか実際に見てみると良いでしょう。 選び方2. もちろん、1対1の方が1人にかける指導時間も長くなり、生徒にとっては丁寧な指導を受けることができます。 その一方で、 生徒が少ないほど月謝が高くなりますので、予算とのバランスを重視しましょう。 大手個別指導塾が採用する巡回式の指導法もありますが、学習方法が分からない人は手取り足取り指導してもらえる1対1、あるいは1対2の指導法がおすすめです。 選び方3. 授業内容を比較して選ぶ 個別指導塾では、オーダーメイド・カリキュラムと言われる授業を受けることができます。 これは生徒一人ひとりの理解度や目標によって、カリキュラムを決め、生徒のペースで学習を進めることができるシステムです。 このオーダーメイド・カリキュラムによって、学校では理解できなかった内容を理解することが可能か、把握しておくとよいでしょう。 また、どの程度まで授業を止めて質問することができるのかという点も重要です。 個別指導塾では、1対1、1対2といった少人数での授業ですから、生徒が理解するまで質問することが大きなメリットです。 質問がどこまでできるのか、 親身に回答してもらえるのかといった点も事前に確認しておくとよいでしょう。 選び方4. 授業料を比較して選ぶ 個別指導塾で気になるポイントとして学費 授業料 をあげられる方も少なくありません。 実際、個別指導塾は多くても1講師につき最大でも生徒5名までの少人数で授業を行うため、講師1人につき生徒が占める割合が集団塾よりも極端に少なく、そのため学費も割高料金になりがちです。 個別指導塾も差別化を図り、コスト削減など企業努力により割安料金で受講できる教室も増えてきましたが、 極端に授業料が安い場合は指導や学習環境の質が落ちる可能性があるため、体験授業や教室見学を利用して細かく確認することが重要です。 また、大学生や主婦などアルバイトやパートの講師が指導する場合、プロ講師が指導を行う教室よりも授業料は安い傾向にあります。 ただし、上記でも述べた通り料金の安いアルバイトやパート講師だから質が悪いとは限らず、 生徒との相性や研修制度など見極めて選ぶことで、学力を大きく伸ばすことは可能です。 興味がある教室は 体験授業や 相談会に積極的に足を運び、予算の範囲内で効果的な指導が受けられる個別指導塾を探し出すことが大切です。 選び方5. 運営方針を比較して選ぶ 個別指導塾はもともと学校の成績アップの補てん的な位置づけとして開校された教室が多いですが、近年は進学実績の高い教室も増えています。 したがって、学校の授業対策か受験対策か自分の目的に応じて教室を選ぶほうがより効果的な指導を受けることが可能です。 特に、 高校受験、大学受験を目指すのであれば、入試傾向など情報力が重要になります。 進学に力を入れた教室の方が、情報量および指導ノウハウ双方にメリットがあるでしょう。 進学実績の多い塾であれば、レベルの高い生徒が多く、講師も正社員など経験豊富なプロが多いので、より高度な指導を提供してもらえます。 一方、学校の成績アップを目指すのであれば、学校の定期テストや使用教材などに熟知している個別指導塾のほうが効率よく学力を伸ばせます。 また、 予習・復習など勉強方法から丁寧に指導してもらえるので、勉強が苦手な生徒でも学習習慣を身に付けながら自分のペースで学力を伸ばしていけます。 もちろん、双方の目的を実現させるために指導を行っている教室もありますが、集団塾と同じように力の入れ具合、実績の高さでは教室間で差があります。 入塾を決める前にチェックすべき注意点 中学受験を目指す人 難関と呼ばれる中学受験を挑む人は、進学塾専門の学習塾のほうが向いている場合があります。 難関中学の入試は専門の対策が必要であり、個別指導塾のなかにはノウハウや実績が乏しい教室もあります。 もちろん、トーマスやSAPIXなど難関受験に強いことで有名な個別指導塾もありますが、全ての個別指導塾が中学受験に対応しているわけではありません。 難関受験に強い教室から学校授業のサポートを担う教室に至るまで様々な集団指導塾があるように個別指導塾も同じことが言えます。 合格実績などを見れば中学受験に力を入れているかは一目瞭然ですが、実績の高さから見ると集団指導塾のほうが充実しているようです。 ただし、弱点科目の克服には個別指導はやはり効果的であり、 集団塾と併用している生徒はたくさんいるので、上手に使い分けると良いでしょう。 マイペースな学習はときにはデメリットにも 個別指導塾は、自分だけのカリキュラムに沿ってマイペースに学習できるメリットがありますが、これがデメリットになるケースもあります。 分かりやすく指導してもらうのは良いことですが、 丁寧なだけ学ぶスピードは遅くになってしまいます。 トレーニングと同じように少し自分に負荷をかかるくらいの指導のほうが成績は伸びていくので、優しいだけでなく時には厳しく指導してくれる個別指導塾のほうが成績は確実に伸ばしていけます。 マンツーマン指導が絶対良いとは限らない? 個別指導塾は、生徒1人に講師1月つくマンツーマン指導だけでなく、1対2や1対3、巡回型など様々な指導形態があります。 マンツーマン指導はつきっきりで教えてもらえるため常に質問や相談することが可能ですが、授業料はその分割高料金になりがちです。 また、個別指導塾は常に隣に先生がいるので緊張して集中できないという生徒もなかにはいます。 そんな生徒には、 1人の生徒が指導を受けている間もう1人は問題演習を行うといった1対2の個別指導を受けると良いでしょう。 適度に講師と距離が置けるうえに、演習中は一人で問題に取り組むため 講師が他の生徒を指導していても何の支障もありません。 1対1より1対2の個別指導塾のほうが授業料も安いので料金を抑えられるという経済的なメリットもあります。 個別指導型の学習塾はどんな人にオススメ? クラブ活動で忙しい生徒におすすめ 個別指導は、 日々部活が忙しくて集団授業だとなかなか時間の都合が合わない生徒におすすめです。 最近は、甲子園や高校サッカー選手権などの高体連の有名な全国大会にも、県内有数の進学校が出場していたり、高学歴のアスリートがいたりと、何かと文武両道が大切だと言われています。 そのため、強豪校で部活動をしている生徒の中にも進学を目指し、部活だけでな勉強も頑張っている生徒も多くいます。 しかし、文武両道の目標通り勉強を頑張りたい気持ちはあるものの、毎日練習が終わって帰宅した時にはもうすでにクタクタ、土日も部活で1日潰れてしまうなど、 十分に勉強できないという生徒が大多数いるのが現状です。 そんな部活動生にオススメなのが、個別指導塾です。 部活動生は、集団授業だと時間の都合が合わないことが多いです。 家庭教師という選択肢もありますが、家庭教師は家で指導を受けるので、疲れた状態で臨むとつい怠けがちになってしまいます。 その点、 個別指導塾だと自分にあった時間割でカリキュラムを組むことが可能。 また、部活後もうあと一踏ん張りして個別指導塾に通う場合も、周りに他の生徒がいるためきつい中でも怠けずに勉強することができます。 自分のペースを維持したい人におすすめ 2つ目は、 自分のペースで学習を進めていきたい人です。 集団授業の塾に通っていると、それぞれのレベルに応じたクラスに配属され授業を受けるものの、それでもやはり授業の進度が早すぎたり、遅すぎたり、何かと自分に合わないと感じる人もいるでしょう。 また、集団授業でも積極的に発言できる人はいいですが、そうでない人は分からないことを聞けない人も多いはずです。 そんな人にも、自分のペースを守って勉強できる個別指導塾がオススメです。 個別指導塾の特徴は、生徒と先生の距離感が非常に近いため、 分からないことは気軽に質問することができる点。 また、自分の学習進捗に合ったカリキュラムで指導が進むので、学習に追いつけない・進度が遅すぎて緩んでしまうということもありません。 集団授業に通っている生徒でも、さらなる負荷をかけたい生徒が個別指導塾を利用するのもオススメです。 勉強のやり方が分からない人におすすめ 学習塾を利用する生徒の中には、勉強が苦手で授業でのノートの取り方から予習・復習の方法が分からない人もいると思います。 そんな人は、集団塾のようにどんどん講師のペースで授業が進んでいくスタイルより、 生徒の進捗に合わせて指導を行ってくれる個別指導塾のほうがオススメです。 個別指導塾の中には 自立学習に力を入れている教室が多く、効果的な学習ができるよう正しい勉強法を1から教えてもらうことができます。 勉強のやり方が分かっていないと、どんなに勉強時間を割いても非効率であり思うように成績が伸びません。 勉強法を学ぶことで成績を効率よく伸ばすことができるので、その結果、勉強意欲が湧いて今まで以上に勉強に取り組むといった好循環を生み出すことが可能です。 大学生アルバイト講師でも大丈夫? 個別指導塾のなかには、現役大学生が講師として指導を行う教室もたくさんあります。 大学生がアルバイトで講師をしていると聞くと、指導の質などに不安を持つ方もいるかもしれません。 しかし、 アルバイトである大学生講師だから必ずしも質が劣るかというと、そうとも言えないのです。 ここからは、大学生のアルバイト講師とプロ講師のメリット・デメリットを比較してみましょう。 プロ講師とのメリットで比較 大学生のアルバイト講師の大きなメリットは、最近まで受験勉強を経験してきたため記憶が鮮明であり、日々の学習法や進路の選び方など 自身の成功体験をもとに細かくアドバイスしてもらうことが可能という点。 経験の差ではプロ講師には及びませんが、熱心で一生懸命な講師も多く、生徒も先生の頑張りを隣で感じながら「自分も頑張ろう」とやる気にさせてくれるでしょう。 また、アルバイトの学生だとしても、まず 個別指導塾の採用試験によって生徒に指導できるだけの学力をもった学生のみが選ばれています。 また、研修を積んでから指導を担当するため、多くの教室では一定以上の指導のクオリティが保証されています。 勉強面以外でも、現役の大学生講師からは大学生活やキャンパスライフなど リアルな情報を入手可能なので、大学受験をひかえる高校生などは勉強のモチベーションアップにもつながります。 個別指導塾は講師との距離も近いので、そういった大学生活に関する情報を聞くことできるでしょう。 プロ講師とのデメリットで比較 アルバイト講師のデメリットは、担当が変わってしまうことが多い点。 プロ講師のように正社員雇用ではなく、大学生はアルバイトで勤務しているため途中で辞めてしまうことも多いです。 時給が高いのに惹かれて個別指導塾の講師に応募するものの、授業の予習や採点業務、保護者フォローなど予想以上に大変な業務を理由に辞めてしまい、 途中で担当が変わってしまうことがあります。 個別指導塾の場合は、特に講師との距離が近いため、せっかく築いてきた信頼関係をまた一から構築しなくてはなりません。 プロ講師も退職するケースはありますが、アルバイト講師と比較すると極端に少ないので、長い目で同じ講師から指導してもらえるメリットがあります。 次に、やはり 指導経験不足のため、生徒のフォロー方法も熟知しておらず、生徒に状況に合わせた的確なアドバイスやサポートが提供できないケースもあります。 特に入試対策として個別指導塾に通う場合には、講師の指導力不足の影響は重大でしょう。 学業の片手間で指導している大学生と比較し、プロ講師は十数年分の入試傾向を分析した豊富な知識を有しています。 過去に多くの生徒を合格させているプロ講師であれば、生徒の学力や性格に応じた最適な指導法も熟知しており、一人ひとりに応じた最適な指導・対策を提供できます。 このように、大学生講師とプロの講師ではメリットもあればデメリットもあります。 どちらが絶対的に良いとは言い切れませんが、 たとえば受験対策など絶対に失敗したくないという場合には、指導経験豊富なプロ講師がいる個別指導塾を探すなど、ニーズに合わせた塾を選ぶ方が良いでしょう。 ニーズの高まりを受け個別指導塾の市場拡大中 個別指導塾の人気は年々高まっており、大都市圏以外のエリアでも数を増やしています。 当サイトでまとめている人気塾ランキングでご紹介した塾以外にも、全国には様々な塾が開校されているのです。 ニーズの高まりは、集団指導の大手予備校を超える勢いがあり、最大手の明光義塾をはじめ「やる気スイッチ」でおなじみのスクールIEや城南コベッツなど全国規模で展開しているところが年々増加しています。 学習塾市場全体の売上は2015年に9,420億円となっており、そのうち個別指導塾は4,230億円の市場規模となっています。 学習塾市場における個別指導塾のシェアは44. 9%にも上っており、塾のうち2つに1つが個別指導の形態を行っていることがわかります。 フランチャイズも含めた教室数は8,000を超えると言われており、東進衛生予備校やトライプラスといった集団指導塾の大手も、個別指導タイプの授業形態に参入しています。 小学校低学年であっても徹底した指導を行ってくれる個別指導塾は、中学受験が一般的なものとなってきた現代のニーズに一致しており、脱ゆとり教育への舵取りもあって学力低下を懸念している親・家族から求められている教育と言えます。 当然のことながら、大手の個別指導塾と地域密着型の個別指導塾では規模が違います。 全国規模で展開している大手の個別指導塾では、全国各地に校舎を持っており、豊富なデータを有しているため、 県内はもちろん県外の受験対策にも強いです。 強固な財務体制のもと、実績の豊富なプロ講師陣が豊富に在籍していることも多く、高い指導力のもと質の高い指導が受けられることでも有名です。 ただし、大手の個別指導塾で注意しなければならないことは、直営校やフランチャイズ校の2種類があるということです。 フランチャイズ経営であれば、直営校に比べて 各校舎の雰囲気や特色が出てくるため、相性が良いかを事前にしっかりと見極める必要があります。 一方、直営校であれば細部まで徹底して品質管理が行われているため、指導力や学習環境の地域格差は小さくなります。 教材開発にも力を入れており、タブレットやアプリを活用するなど、最先端の技術や情報を入手しながら質の高い学習が行えます。 地域密着型の個別指導塾の特徴 一方、大手と比較して地域密着型の個別指導塾は、個人で運営している教室も多く、 アットホームな環境下でノビノビと学習できるのが特徴です。 授業料も割安な料金設定となっていることが多く、塾に初めて通う生徒にも最適です。 また、長年指導を行っている教室も多く、県内の進路や受験対策に関しては豊富な情報やノウハウを有している傾向にあります。 中学校や高校の進捗に合わせて指導を行っていることも多く、 学校の勉強を補てんしたい人には最適です。 なかには、大手に負けない進学実績を誇る教室もあり、ワンランク上の志望校合格を目指すことも不可能ではありません。 このように、個別指導塾は大手と地域密着型の2種類がありますが、どちらがおすすめかということは一概には言えません。 現在の学力や目標、講師との相性によっても異なってくるので、 まずは積極的に体験授業や学習相談会に参加して比較した上で見極めていくことが重要です。 1対1と1対2の個別指導の違いを比較!料金 授業料 が決め手 項目 1対1 1対2 違い 先生1人対し、生徒1人 先生1人に対し、生徒2人 メリット ・付きっきりで細かく指導してもらえる ・他人の目が気にならない ・質問待ちをする必要がない ・講師と適度な距離感がある ・授業料が1対1に比べて安い ・他の生徒の学習が刺激となる デメリット ・授業料が割高 ・講師との距離が近過ぎると感じることも ・常に質問できるとは限らない ・他の生徒と一緒のため気が散ることも おすすめのタイプ ・勉強方法から手取り足取り指導してもらいたい人 ・自分から質問できない ・お金よりも学力アップを重視したい人 ・ある程度学力があり、主体的に学習できる人 ・授業料を抑えたい人 ・ライバルの存在が刺激になる人 個別指導塾の需要増加によって多くの教室を目にするようになりましたが、個別指導塾は1対1のマンツーマンではなく、1対2以上で指導をしている教室もたくさんあります。 1対1が絶対的に良いとは言い切れず、1対2でも良い点があるなど 双方にはメリット・デメリットがあります。 個別指導塾の場合、集団授業の予備校を比較して先生1人が受け持つ生徒の数が圧倒的に少ないため授業料が割高料金になってしまいます。 そこで注目されるのが1対2形式の個別指導で、先生1人が受け持つ生徒の数が1対1の倍になるため、マンツーマンよりも比較的授業料を抑えることが可能です。 1度に2人の生徒を同時に指導できるので、教室側も講師の数を抑制できるため人件費の削減できるメリットがあります。 もちろん、マンツーマンのように常時生徒につきっきりで指導してあげることはできませんが、1対2の個別指導でも授業と演習を交互に行えば、1人は演習を行っている間にもう1人の生徒に指導ができるので生徒は手持ち無沙汰になることがありません。 したがって、 1対1では予算的に厳しいというご家庭は、料金の安い1対2の個別指導塾を検討してみると良いでしょう。 巡回型の個別指導とは?割安料金の授業料も魅力 個別指導塾とは、少人数制で学習していくスタイルの予備校のことを言いますが、一口に個別指導塾といっても、各個別指導塾ごとに授業スタイルはそれぞれ異なります。 そんな個別指導塾の授業スタイルの一つに、「巡回型」という種類の個別指導塾があります。 巡回型とは、講師一人に対して、マンツーマンでつきっきりで指導するのではなく、複数人の生徒を受け持ち、生徒がそれぞれ学習する教室内を巡回しながら、 生徒は分からないところがあればその都度講師が直接指導を行う個別指導塾のことを指します。 巡回型の個別指導塾の最大のメリットは割安料金の授業料 巡回型の個別指導塾の最大のメリットは、マンツーマンで指導する個別指導塾と比べると、講師一人が受け持つ生徒の数が多いため、比較的授業料を安く抑えることができるという点です。 そのため、 巡回型の個別指導塾は、大手予備校でよく見られる授業スタイルです。 ただし、巡回型の個別指導塾ではつきっきりではないので、分からないことがあったらその都度質問することができますが、状況によっては講師が回ってくるのを待たなければならないこともあります。 そのような場面でも、不明点は飛ばしてどんどん先に進み、 後でまとめて質問するというようなスタンスで自習を進めていける人でないと、効率的な学習ができないデメリットがあります。 このように、巡回型の個別指導塾は、1対1または1対2のように講師が隣にいないので、生徒によっては勉強の効率性が失われるリスクもあります。 勉強をどんどん自主的に進められる生徒であれば、割安な授業料で個別指導が受けられるので魅力的なうえ、巡回型でも効率よく学力を伸ばしていけます。 個別指導で医学部合格を目指せる!おすすめの個別指導塾ランキング 個別指導塾というと、小学生や中学生が授業の補填として通うというイメージが強い方も多いでしょう。 確かに、個別指導塾は勉強が苦手な生徒におすすめの塾です。 しかし、 近年では個別指導塾業界に大手進学塾や予備校が参入しており、レベルの高い教室が増加中。 以前なら難関受験は進学タイプの集団教室に通うという生徒が多数でしたが、その傾向も変わりつつあり、個別指導塾で受験対策を行うケースも見られます。 さらには、医学部専門に対策を行う医学部予備校でも個別指導を行う校舎が増えており、受験生のニーズに合った多彩な指導を提供して志望校合格をサポートするのが主流となっているのです。 実は、医学部入試は大学ごとの出題傾向に特色があるため、 志望校にそってオリジナル対策ができる個別指導塾は相性が良い面があります。 また、医学部受験は全ての教科において高い学力を身につける必要があり、苦手科目を潰していくことが重要。 そのため、 苦手科目の克服に最適な個別指導は、高い学習効果を発揮します。 こういった理由もあり、現役生・高卒生問わず多くの受験生個別指導を利用して合格を勝ち取っているのです。 医学部を目指す場合は、大手進学予備校だけでなく個別指導塾も候補に入れて検討してみることをおすすめします。 医学部受験におすすめの個別指導塾ランキング TOMAS【トーマス】は、中学・高校・大学の難関受験に強い個別指導塾として有名ですが、医学部受験でも高い実績をあげています。 「メディックトーマス」という医学部受験専門の個別指導塾を展開しており、特に 国公立医学部に豊富な進学実績がある点が特徴です。 特徴 詳細 公式HP 医学部にも強い進学タイプの個別指導塾 こちらで紹介した個別指導塾ランキングだけでなく、 集団指導型の医学部予備校もチェックしたいという方に向けて、下記のページでおすすめの医学部受験予備校をランキング形式でまとめています。 医学部の受験はとにかく勉強量が多くなるため、 受験のノウハウを活用した効率的な勉強が重要になります。 進学実績の豊富な医学部予備校であれば、受験指導のノウハウも豊富にあり、より合格に近づくことができます。 医学部受験の対策に迷っている方は、ぜひ当サイトにランキングを参考にしてみてください。

次の

大阪市:生活指導サポートセンター(個別指導教室) (…>所属別公表状況>所属別公表状況)

個別指導 大阪

コース例現在、選択している生徒の多い学習コース例です。 もちろん同じコースでも個人別に学習内容、レベル、進度が違います。 小学生(小1~小6生)算数・国語を中心として理・社・英の指導もします。 (週2回または週3回が基本) 数学・英語を中心として理・社・国の指導もします。 (週2回または週3回が基本) 数学・英語を中心に、物理・化学・古典なども選択できます。 一科目だけの指導も行います。 本来、子供たちは勉強好きです。 ジュニアコースでは、楽しく学びながら、小学校高学年から中学生と伸びる生徒の土台をつくります。 受験科目すべてを週2回~週4回学習。 合格することを第一に、重点分野を中心に70点合格主義で指導します。 苦手科目の理科だけを強化したい、数学だけもっと得意にしたいなど、科目を絞って受講できます。 教科書レベルの内容を定着させることを目標に基本を徹底的にくり返します。 小学生のうちに中1の2学期内容レベルまでを完全に習得。 これが、中学入学後、英語を得意科目にする秘訣です。 学校の授業が比較的やさしく感じるトップクラスの生徒が対象。 中3の10月末に全課程を終了させ、11月から総復習と入試問題の演習、解説を中心に指導し合格に備えます。 定期テスト(中間・期末テスト)の点数アップを目標にしたコースです。 教科書内容を整理し、テストに出題されるポイントに絞って学習します。 テスト前には対策プリントや過去問を徹底的に演習させます。 苦手科目の理科だけを強化したい、数学だけもっと得意にしたいなど、科目を絞って受講できます。 中・高一貫の私立生が対象のコース。 私立中学の進度に合わせ、生徒オリジナルのカリキュラムで大学受験を目指します。 苦手な科目のみに絞って教科書レベルの基本から徹底したい方のコースです。 現在、数学・英語・生物・古文・化学が単科受講者の多いベスト5です。 推薦入試では基礎力が問われます。 高校の教科書レベルの内容を確実にマスターしているかどうかが入試突破の決め手です。 例えば英語では基本的な文法・語彙・文の構造について整理し、解説と演習で確実な理解と定着を図ります。 また、過去の入試問題演習を通じて実戦力を高めます。 関関同立現役合格の決め手となるのは500~600語以上の長文読解力と的確な構文力、表現力です。 このコースでは、関関同立にターゲットを絞ったカリキュラムを組み、基本段階から入試レベルまで無理なく、効率的に指導します。 また、傾向別、分野別の演習も豊富に取り入れ、実戦力を高めます。 たとえば数Iの三角比と数Bのベクトルが苦手なのでわかりやすく教えて欲しい、物理の電流や生物の遺伝をわかるようにしたいetc。 弱点分野(苦手ジャンル)に絞って徹底的に学習するコースです。 詳細は校舎ページをご覧ください。

次の