シリンジ ポンプ 看護。 カテコラミン多量投与や麻薬持続投与中のシリンジ交換の方法が知りたい|ハテナース

点滴が逆流するとどうなる?看護師が原因と対処法を徹底解決!

シリンジ ポンプ 看護

Contents• カテコラミン持続点滴中の並列交換。 2台同量法のやり方の紹介 2台のシリンジポンプを使用しながら、交換することで血中濃度を維持し、循環動態の変動を抑えながらシリンジを交換する方法のこと。 ダブル交換や並列交換等と呼び方は様々で、病棟ルールもあると思います。 今回の記事は参考までに載せさせて頂きます。 2台同量法の手順 *画像がありません。 言葉で説明するのでわかり辛い点もありますがご了承ください。 シリンジポンプの押し子の遊びをしっかりとなくします。 *何故30分待つのか? シリンジポンプの流量安定の為と言われております。 大事なのは新シリンジと旧シリンジの総和が元の流量になるようにしていきます。 サイフォニング現象を防止するためにロックを先にします。 ダブル交換中は血圧を5分毎にセットするなどして、循環動態の変動に注意していきます。 2台同量法でのシリンジ交換時の注意点とは? 以下簡単に注意点を紹介していきます。 製剤自体が循環動態を変化させるものでなくても、同一ラインで流れていることで交換時にラインの流量変化を来してしまう為です。 まとめ 以上、勤務先某病院のマニュアルを参考にさせて頂きました。 主に私の勤務先では心不全治療時に使用していました。 一般病棟なので勿論Aラインはなく、血圧計を腕に巻いて図っていました。 その辺は先輩に相談して実施するようお願いします。

次の

カテコラミン多量投与や麻薬持続投与中のシリンジ交換の方法が知りたい|ハテナース

シリンジ ポンプ 看護

こんにちは。 集中治療室で勤務している看護師です。 エクステンションチューブには数種類あり、1. 0mlのエクステンションチューブは、メインの点滴に連結することが多いですよね。 しかし、0. 5mlのエクステンションチューブの場合は、シリンジポンプに使用する程度ですよね。 なぜそのような違いがあるか一緒に勉強していましょう。 シリンジポンプには、内腔が少ないエクステンションチューブを使用する シリンジポンプを使用するということは、1時間当たりの投与量が微量であるものを投与するということです。 また、昇圧剤やヒューマリンといったハイリスク製剤を投与することが多く、厳密な投与が必要です。 ここで考えないといけないのが、エクステンションチューブの内腔です。 エクステンションチューブの内腔が少ないほど、プライミングに必要な薬剤が少なくて済みます。 また、内腔が狭いほど流速が安定するまでの時間が短いことがわかっています。 そのため、シリンジポンプには内腔が少ない0. 5mlの製品を使用します。 さらに、内腔が狭いものは折れ曲がりや閉塞に強いという特徴があります。 シリンジポンプを使用するようなハイリスク製剤の場合は、循環動態に変化を与える可能性があるため、ルートを閉塞させることは患者さんにとって高リスクになります。 そのため、内腔の狭いエクステンションチューブを使用します。 病院によっては、0. 5mlの製品はなく、50㎝:2. 0mlと100㎝:1. 0mlの製品といったように、エクステンションチューブの長さを変えて使用するところもあります。 また、通常のルートを延長するエクステンションチューブと区別し、インシデントが発生しないようにしているところもあります。 もちろん、内腔の差はあっても、同じ長さのエクステンションチューブもあるため注意が必要な場合もあります。 おわりに.

次の

カテコラミン持続点滴中の並列交換(ダブル交換)。2台同量法の紹介|ぴのまるさん

シリンジ ポンプ 看護

こんにちは。 私は、集中治療室で勤務している看護師です。 集中治療室では、シリンジポンプを多数使用します。 患者さんの中には、循環動態が不安定であるため大量のカテコラミン等に依存している方もいらっしゃいます。 また、術後鎮痛のために麻薬を使用することもあります。 どのようにシリンジを交換していくのが適切か、一緒に見ていきましょう。 カテコラミンといった昇圧剤は、投与直後より効果が発揮されます。 逆にいえば、投与が停止している間は、昇圧される効果が低下します。 たとえば、ノルアドレナリンは半減期を迎えるのが30秒と短いです。 そのため、シリンジを通常交換すると、どんなに早くシリンジを更新しても10秒は要し、どうしても薬剤が投与されていない時間ができてしまいます。 このような状態の場合は、シリンジポンプを2台使用する並列更新を実施し、薬剤が投与されない時間を最小限に留め、患者さんの循環動態に影響が出ないようにすることが重要です。 循環動態に影響があるものは、基本的に並列更新を実施しましょう。 シリンジの並列更新の際にはいろいろな方法があります。 過去記事で詳しくシリンジの並列更新の方法を記載しているので、参照してみてください。 麻薬は、通常のシリンジ更新で問題ないと考えます。 しかし、プライミング時には薬剤が漏れないように実施する必要があります。 麻薬製剤については、通常のシリンジ交換と同様の方法で実施して問題ないと考えます。 たとえば、モルヒネ等の半減期は2時間と長く、効果持続時間も4時間程度あります。 そのため、通常のシリンジ交換でも30秒とかからず、カテコラミン等のような昇圧剤と比較してもシビアに実施する必要はないと思います。 注意点としては、プライミング時に薬剤がこぼれないように実施することです。 こぼれた場合は、どれくらいの量がこぼれたかを記載し、紙ナプキン等を使用し完全に拭き取り、袋に入れて麻薬金庫に保管します。 その後の処理は、病院の規定に従いましょう。 どちらの薬剤も、シリンジポンプを使用したプライミングを実施します。 理由としては、シリンジポンプのスリットやスライダーとシリンジのフランジ、押し子の間に微妙な隙間が生じるためです。 そのままシリンジポンプを稼働すると、隙間が埋まるまでに薬剤が投与されない時間が発生します。 特に麻薬といった1時間当たりの投与量が少ない場合は、投与されない時間(場合によっては数時間)が生まれるため、十分な鎮痛効果が得られない可能性があります。 そのようなことがないように、プライミングはしっかり行いましょう。 おわりに.

次の