楽天 モバイル un limit iphone。 楽天モバイル(UN

楽天モバイル【UN

楽天 モバイル un limit iphone

Rakuten Linkアプリは、Android版のみ配信されています。 電話先の相手がRakuten Linkアプリを利用しているのであれば国内外無料通話となります。 相手が他キャリアの携帯電話番号や固定電話であっても国内通話であれば無料となります。 お約束ですが、ナビダイヤルなどへの通話は無料通話対象外となるのでご注意を。 iPhoneはRakuten Linkアプリ対象外(アプリがリリースされていない) 楽天モバイルUN-LIMITは、非公式ながら一部のiPhoneでも利用できます。 実際にiPhoneで楽天モバイルUN-LIMITの物理SIM、eSIMとも設定してみましたが、モバイルデータ通信も電話発着信もできました。 ただ無料通話対象となるRakuten LinkアプリはiOS版は配信されていません。 なので楽天モバイルUN-LIMITをiPhoneで利用する場合は、通話料は無料にはならないということになります(正式対応してないので当たり前かも…) [関連記事] ・ ・ 無料通話となるRakuten Linkアプリから電話をかける方法 設定済のRakuten Linkアプリを起動します。 Rakuten Linkアプリに連絡帳へのアクセス権限を許可している場合は、スマホ内の電話帳がそのままRakuten Linkアプリ内でも表示できます。 あとは発信する人を選択してRakuten Linkアプリから電話をかければOKです。 この通話は無料通話となります。 この状態でも楽天モバイルの電話番号に電話がかかってきてもRakuten Linkアプリで着信します。 またRakuten Linkアプリから無料通話の発信も可能です。 自分はPixel 4で楽天モバイルUN-LIMITのeSIMとドコモの物理SIMを組み合わせて使っていますが、両方の電話番号での発着信およびSMSの送受信ができてめちゃくちゃ便利です。 関連記事: 楽天モバイル(UN-LIMIT)は先着300万人は1年間無料!さらに楽天ポイントがガッツリもらえるキャンペーン継続中 また、楽天モバイル Rakuten UN-LIMITは先着300万人は「1年間無料」で利用できます。 記事作成時の現在も1年間無料キャンペーンは継続されています。 最低利用期間や契約解除料もなく、楽天ポイントもガッツリ還元されるのでお試し程度で契約するのもアリなくらいおトクです。 新規入会特典として2,000ポイント(通常ポイント)が、カード利用特典として3,000ポイント(期間限定ポイント)がもらえます。 そして、楽天モバイル「Rakuten UN-LIMIT」を申し込みするとさらに1,000ポイント(期間限定ポイント)がもらえます。 カテゴリ• usedoorについて• usedoorをフォロー.

次の

楽天モバイルUN

楽天 モバイル un limit iphone

楽天モバイルは「通話無料」 楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)は楽天回線エリア内で高速通信を容量無制限で行えることがセールスポイントです。 さらに、Rakuten Linkというアプリを使えば、国内への通話(固定・携帯とも)が無料で行え、さらに国内・海外(66の国と地域)へのSMSの送信まで無料になります。 リンク: iPhoneの比較的新しい機種(iPhone XS世代以降)では楽天モバイルのSIMを、物理SIMもeSIMも利用できるらしいことは、ネット上のたくさんの報告から明らかになっているのですが、上記Rakuten LinkアプリにiOS版がないため、iPhoneでは通話やSMSは従量料金でしか利用できません。 それでも、月額2,980円だし、さらにそれが1年間は無料ということなので、お得なことに間違いはないのですが、せっかくなら無料通話も利用したい。 iPhoneのDual SIM機能を使って通話の安い回線と併用するという方法もありますが、月々の支出を極限まで抑えるためにもうひと押ししたいような気もします。 そこでこういう方法を思いつきました。 1回線でiPhoneとAndroidを2台持ちする方法 その方法というのは、通信はiPhoneで行い、無料通話と電話の受信はAndroid端末で行うというものです。 Rakuten LinkはAndroid端末にインストールして利用できるアプリで、楽天モバイル(Rakuten UN-LIMIT)の回線と紐付けることで、通話やSMSの送受信が行えるものです。 実際に手元のXperia X Performance(au版、SIMロック解除済み)にインストールしてみたところ、およそ次のように動作しました。 回線との紐付けはSMSで送られる認証コードで行う Rakuten Linkをインストールすると楽天回線の電話番号でのサインインを求められます。 サインインすれば、その電話番号と紐付けてRakuten Linkを利用できるということです。 そして、その認証は当該電話番号にSMSで送られてくる認証コードをアプリに入力することで行います。 リンク:• 認証後はSIMなしでもRakuten Linkを利用できる 一度認証してしまえば、その後はSIMカードがない状態でもRakuten Linkを使い続けることができます。 (私の場合は、iPhoneにSIMカードを入れたまま、iPhoneで受信したSMSで認証できたので、XperiaにはSIMを挿してさえいません)• 着信はRakuten Link、発信はRakuten LinkとSIMを入れた端末の両方からできる iPhoneに楽天SIMを入れ、Xperiaに認証済みのRakuten Linkをインストールした状態では、電話はRakuten Link側に着信します。 また、電話の発信はRakuten Linkから無料通話、SIMを入れたiPhoneから従量料金の通話ができるようです。 (重要)ただし、Rakuten Linkはインストールした端末がインターネットに接続していなければ利用できません これらを踏まえると、通信と通話を別の端末で行うことを厭わなければ、通信は使い慣れたiPhoneで、無料通話はAndroid端末で行うことができそうです。 そして、緊急の場合は有料ですがiPhoneから発信することもできると。 頻繁に通話する方には全くおすすめできない方法ですが、ほとんど通話はしないけど、ちゃんと通話できる電話番号は持っておきたいという方なら、月額2,980円(しかも1年間は無料)の楽天回線だけですべてをまかなえるので、検討する価値はありそうです。 前述のとおりAndroid端末がインターネットにつながっていないと通話できないので、半分固定電話のように使うことになるでしょうか。 別途Android端末を用意しなければなりませんが、今回私が試したXperia X Performanceは中古の状態の良いものが1万円くらいから手に入りますし、ドコモの端末はオンラインなら無料でSIMロックを解除できます。 リンク: 多少古いモデルでも通話・SMSでしか使わないと割り切ればパフォーマンスに不満は感じないはずです。 どうでしょうか?やっぱり出先で電話を受けられないのは不便かなあ?悩ましいところです。 リンク: リンク: リンク: リンク: リンク:.

次の

楽天モバイル UN

楽天 モバイル un limit iphone

アンリミットでiPhoneXSは使える? iPhone XSの動作確認状況 楽天モバイルのUN-LIMITでは、iPhone XS・iPhone XS Maxは動作確認されていません。 公式サイトにはiPhoneについて以下の通り記載があります。 詳細: 使えないとは書いてありません。 iPhone XSもiPhone XS Maxも実際に使えるのですが、動作確認はされていないので使えなくなっても文句は言えません。 皆さんもここから先の記載内容については自己責任でお願いします。 実際はiPhone XSが使える 前章の通り、iPhone XSは公式には動作確認されていないのですが、実際には使えます。 Twitterなどでは実際に使えているとの報告が多数です。 eSIMにも対応 動作保証はされていないものの、 iPhone XS・XS Maxでは 楽天モバイルのeSIMも使えます。 2020年4月時点で公式サイトに記載されている対応製品は以下のとおりです。 簡単なAPN設定のみで使えるようになります。 エリアはこちらで確認してください。 楽天IDの登録内容を確認• 本人確認書類の写真を撮影(表・裏) 楽天モバイル契約時には楽天市場のID・パスワードの入力が必要です。 楽天市場の登録情報(住所・氏名など)が契約内容に反映されますので、 間違いや変更がないか事前に確認しておきましょう。 また、契約途中で本人確認書類のアップロードが必要です。 事前に書類の 表・裏の写真をスマホのカメラで撮影しておきましょう。 アップできるファイルは5MB以下です。 詳細: iPhoneXS用SIMを契約 iPhone XS本体の準備ができたら、 楽天モバイルのSIMカードを契約します。 SIMカードとは、スマートフォンで音声通話・データ通信ができるようにするためのカードです。 SIMカードはで購入できます。 以下、簡単に購入の流れを解説します。 にアクセス 2. 画面上部の「お申込み」を選択 注意事項を確認し、チェックを入れて「お申し込み画面に進む」をタップ 楽天ID・パスワードを入力してログイン プランは楽天アンリミットしかありません。 右下の「プランを選択する」をタップします。 次の画面で、必要に応じてオプションを選択してください。 無料オプションには最初からチェックが入っています。 次に本人確認書類をアップロードします。 ここで注意が必要です。 アップロード可能な画像ファイルは5MB以下のため、比較的高機能なスマホで写真を取ると5MBを超えてしまいます。 あらかじめ5MB以下のファイルを用意しておきましょう。 私は写真サイズが7MBあったためファイルがアップロードできずに、つまづきました。 次の画面で、MNPか新規契約かを選びます。 新規契約の場合は3つの電話番号から好きなものが選べます。 MNPの場合は「現在の番号を引き継ぐ(MNP)」を選択します。 MNPの場合は、次の画面でMNP予約番号や有効期限、電話番号を入力してください。 続いて、配送先情報を選択します。 基本的には楽天IDに登録されている自宅の住所が入力されます。 また、配送日・時間が選べます。 私は5月5日のお昼に手続きして、最短配送日は5月7日でした。 次の画面で申込内容が再度表示されます。 ここで内容を確認してください。 また、紹介特典を利用する方はここで入力します。 2,000円分のポイントが貰えますし、他のキャンペーンとも併用可能です。 詳細: 最後に、支払い方法を選びます。 楽天カードをお持ちでない方は必ずから発行しましょう。 もちろん年会費などは無料です。 本体右側面にあるSIMピンを穴に挿すとSIMスロットが開くので、SIMカードを入れて閉じます。 詳細: SIMを挿すとすぐ本体画面右上に「Rakuten」の文字が表示されますが、細かい設定が必要です。 APN設定・テザリング設定 SIMカードをiPhone XS本体に挿したあとは、 APN設定(プロファイルインストール)とテザリングの設定を行います。 APN設定とは、楽天モバイルの回線を使ってiPhone XSでモバイルデータ通信を行うための設定です。 jp」を入力してください。 他の欄は入力不要です。 また、その下に進むと「インターネット共有」という欄がありますので、そこに 再び「rakuten. jp」を入力してください。 これでテザリングが可能になります。 デフォルトではここが「LTE, VoLTE オフ」になっており、このままだと通話ができないようです。 APN設定・テザリング・通話の設定が終われば、いよいよ楽天モバイルでiPhone XSが使用できるようになります。 また、仕様変更などにより使えなくなる可能性があります iPhoneを探すをOFFに まず「iPhoneを探す」という機能をOFFにします。 ネットワークに接続していないとOFFにできないようなので、私はWi-Fiに接続してOFFにしました。 楽天モバイルのSIMを入れる 続いて、楽天モバイルアンリミットのSIMをiPhone本体に入れてください。 これからSIMを契約される方は、から簡単に手続きできます。 iTunesで操作 ここから、PCのiTunesでいろいろと操作します。 私はWindows PCで操作しました。 (Macでの操作は) まず、します。 次に、コマンドプロンプトへの入力が必要です。 個人的に、ここが最難関でした。 まず、コマンドプロンプトを開きます。 左下のWindowsボタンを押した後に表示されるメニューの、Windowsシステムツール内にあります。 ここに、以下のコード ? をコピペし、ユーザー名の部分を編集します。 右下の拡張子を変更しないとファイルは表示されません 正しく取り込みできたらiPhoneとPCの接続を解除し、 iPhoneを再起動しましょう。 APN設定 iPhoneを再起動したら、最後にAPN設定をします。 APN設定方法は、どの国のファイルを適用したかによって異なります。 「」を読んで確認してください。 トルコを選んだ方は以下の手順で可能です。 jp」と入力します。 また、 MMSC・MMSプロキシに入力されている文字列を消し、半角スペースを入れておきましょう。 また、その下に進むと「インターネット共有」という欄がありますので、そこに 再び「rakuten. jp」を入力してください。 これでテザリングが可能になります。 これで画面左上に「Rakuten LTE」と表示され、データ通信ができるようになるはずです。 iPhone XSでeSIMを使う手順 ここからは、eSIMを使うまでの申込手順を解説します。 申し込み自体は簡単ですが、eSIMではなく物理SIMを注文してしまわないように注意してください。 eSIMを申し込み まず、楽天モバイル公式サイトでeSIMを申し込みます。 手続きは「」で進めます。 手順は基本的に画面の指示に沿って進めればOKです。 ただし、eSIMを申し込む場合はプラン選択後に SIM種別の変更が必要です。 SIMカードタイプの下の「変更する」をタップします。 次の画面でeSIMを選択してください。 次に本人確認書類をアップロードします。 次の画面で、MNPか新規契約かを選びます。 新規契約の方は、3つ表示された番号からお好きな電話番号を選んでください。 MNPの方は「現在の番号を引き継ぐ(MNP)」を選択します。 MNPの方は、次の画面で発行したMNP予約番号や有効期限、電話番号を入力してください。 続いて、配送先情報を選択します。 基本的には楽天IDに登録されている自宅の住所が入力されます。 また、配送日・時間が選べます。 私は5月5日のお昼に手続きして、最短配送日は5月7日でした。 次の画面で申込内容が再度表示されます。 ここで内容を確認してください。 また、紹介特典を利用する方はここで入力します。 2,000円分のポイントが貰えますし、他のキャンペーンとも併用可能です。 詳細: 最後に、支払い方法を選びます。 楽天カードをお持ちでない方は必ずから発行しましょう。 もちろん年会費などは無料です。 また、eSIMはその場で使えるようになるのではなく、設定用のQRコードが書かれた用紙が自宅に届いてから設定が必要です。 eSIM用QRコードは指定日に自宅に届きますが、それまでは「」で状況を確認できます。 届いた冊子の裏面のQRコードをスマホで読み取ります。 iPhoneの場合、カメラアプリでQRコードをかざせば読み取りができ、上部にURLが表示されます。 それをタップすればMy 楽天モバイルへのログイン画面に遷移します。 回線の開通 本人確認に続いて回線の開通手続きを行います。 この作業は、 eSIMを入れたいiPhone 以外のPC・スマホ・タブレットで行いましょう。 eSIMを入れたいiPhone本体ではQRコードを読み取れないため、私はPCで手続きしました。 にアクセス、ログイン 申し込み番号をタップ 「楽天回線の開通手続きを行う」をタップ すると、QRコードが表示されます このQRコードを、 eSIMを設定したいiPhoneで読み込んでください。 eSIMを設定したい端末でこのQRコードを表示しても読み取れませんので、別端末で表示するか、スクショして別の端末に送って読み取ってください APN設定 続いて、iPhoneでeSIMの取り込みとAPN設定をします。 my楽天モバイルで表示されたQRコードをカメラで読み取ると、下記のように表示されますので、「続ける」をタップします。 次に表示される「モバイル通信プランを追加」をタップします。 私の場合、名称は「副回線」でオフになっていました。 ここから色々設定していきます。 変更するのは赤線を引いた3箇所です。 まず、わかりにくいので副回線という名前を変更します。 私は「Rakuten eSIM」としました。 続いて、音声通話とデータをタップし、 「LTE, VoLTEオフ」から「LTE, VoLTEオン」に変更します。 続いて、「モバイルデータ通信ネットワーク」をタップします。 モバイルデータ通信のAPN欄に「rakuten. jp」を入力します。 また、その下の方のインターネット共有欄にも同じく「rakuten. jp」を入力します。 設定はこの3つのみです。 それ以外は触らなくてOKです。 しばらくすると左上に「Rakuten」と表示され、データ通信ができるようになりました。 念のため、データ通信や通話ができるか確認してください。 これから使う方は事前に iPhoneを最新のOSにアップデートしておきましょう。 インストールには時間がかかりますので、空いた時間にアップデートしておきましょう。 また、データ容量を消費しますので、Wi-Fi環境で行うのがおすすめです。 Rakuten Linkは使えない 楽天モバイルアンリミットは、「Rakuten Link」というアプリを使うことで国内通話がかけ放題になります。 詳細: しかし、iOS用のRakuten Linkアプリは配信されていません。 そのため、 iPhoneは通話が無料になりません。 通常の電話アプリからなら発信できますが、20円/30秒の料金がかかりますので注意してください。 個人的な予想では、しばらくするとiOS用のアプリ配信が開始すると思います。 しかし、いつになるかは不明です。 通話ができない場合 iPhone XSで通話ができない場合は、以下を確認してみてください。 ここが「4G VoLTE OFF」になっている場合は通話ができないようです。 楽天モバイルのキャンペーン 楽天モバイルでは現在以下のキャンペーンを実施しています。 iPhone XS・XS Max用にSIM・eSIMを契約される方は、必ず下記キャンペーンを適用しましょう。 現在、以下のキャンペーンを全て適用するのが一番お得です。 事務手数料無料キャンペーン 現在、楽天モバイルUN-LIMITに 契約時の事務手数料(3,300円)が実質無料になるキャンペーンを実施中です。 契約後にRakuten Linkの利用登録(SMS認証)が完了すれば3,300円分の楽天ポイントが還元されます。 Rakuten Linkとは楽天モバイルUN-LIMITの通話アプリで、このアプリから電話をすれば国内かけ放題になります。 利用料やダウンロード料金は無料なので、契約後にすぐ利用登録をしましょう。 オンライン契約特典 楽天モバイルUN-LIMITは店舗でも契約できますが、オンラインが断然お得です。 オンラインで契約し、Rakuten Linkの利用登録をするだけでさらに3,000円分の楽天ポイントが還元されます。 前章で解説した事務手数料無料と、次に解説する紹介キャンペーンとも併用可能です。 このオンライン契約限定特典は6月30日までの期間限定なのでお早めに契約しましょう。 紹介キャンペーン 楽天モバイルUN-LIMITは 紹介キャンペーンを実施しています。 新規契約時に、既に契約している方の楽天ID(13桁)を入力すれば、 紹介した方に3,000円分、紹介された方に2,000円分のポイントが還元されます。 (紹介する方は最大5名まで) この紹介キャンペーンは既に解説した 「事務手数料無料キャンペーン」「オンライン契約限定特典」と併用できます。 周囲に契約者がいる場合は必ず紹介者IDを聞いて適用しましょう。 詳細:.

次の