千 と 千尋 の 神隠し りん。 千と千尋の神隠しの都市伝説裏設定!ハクとその後や湯屋の舞台考察まとめ

千と千尋の神隠し : 作品情報

千 と 千尋 の 神隠し りん

解説 10歳の千尋は、両親と地方都市に引っ越す途中、異世界に迷い込む。 そこでは人間は、魔女=湯婆婆が経営する神さまのための銭湯で働かない限り、ブタや石炭に変身させられてしまうのだった。 ブタになった両親を助けようと、千尋はそこで働きはじめる。 作画監督の安藤雅司、美術監督の武重洋二、音楽の久石譲など、宮崎アニメの常連が結集。 宮崎監督の前作「もののけ姫」に続き、日本古来の土着神たちがユニークなデザインで登場する。 国内興行収入は304億円で歴代1位。 第52回ベルリン国際映画祭では、アニメーション作品として初の金熊賞を受賞し、第75回アカデミー賞でも長編アニメーション賞を受賞。 国内でも第5回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞(今敏監督の「千年女優」と同時受賞)、第6回アニメーション神戸作品賞ほか映画賞を多数受賞した。 2001年製作/124分/日本 配給:東宝 スタッフ・キャスト ネタバレ! クリックして本文を読む ジブリ作品リバイバル上映として久しぶりに鑑賞した。 いつ、何度見ても興奮させてくれる作品だなと改めて実感。 初めて劇場で見た時はまだ小学校の高学年。 当時は最初は気味が悪く怖い印象があったが、これはいくつ歳を重ねても変わらず最初はやはり恐怖を感じてしまう。 でもそれはなぜか。 多分千尋がまだ未熟なんだからだと思う。 この作品を観るにあたって多くの人は千尋の視点からこの世界観を楽しむ人が多いんじゃないのかなと思うが、千尋視点で見ると最初はまだまだ千尋は未熟な為目に映るものがすべて恐怖に見えるんだよね。 だから最初のトンネルを入る際にお母さんに寄り添う姿は恐怖から寄り添うわけだ。 この作品の面白いところは最初はホラー感を感じても後半はなんだかファンタジーな作品に見えて来る。 それはおそらく千尋が成長し逞しくなる事で目に映るものが恐怖から好奇心に変わっているからなんだと個人的には思う。 後半の銭婆に会いに行くシーンなんかも本来は恐怖に感じてもおかしくないんだけど、あの時の千尋はもう立派な大人であり信頼感がある。 だからそのシーンでは安心感が心にあるからホラーに感じる事なくファンタジーな視点で見られてるのかなと思ったりもする。 このホラーからファンタジー、恐怖から好奇心というのはまさに人生に置き換えても同じ事だと思う。 この作品では「生きる事とは働く事」というのが強くメッセージとして伝わってくると勝手に解釈してるのだが、人生働く事、そして何事も挑戦する事も最初はやはり不安や恐怖そのものである。 だが同じ立場、視線でも挑戦する前と挑戦後では全く違う景色で物事を見られることが多々あったりする。 それは不安や恐怖心が消え、自信や強い覚悟に変わったからそう見えるのであろう。 そんな経験を勝手ながらこの作品に投影しながら楽しんで見ると、当初の千尋は転校する不安な気持ちを始めとした恐怖や不安で一杯な状態からスタートし、働く事、そして働いていく事で自信がつき、そして親を助けるという強い覚悟から成長していく事であの世界で生きることが恐怖から好奇心に変わっていったように見えた。 そして最後はスタートと全く同じ母親に寄り添いながらトンネルを抜けるシーンで終わる。 あれは誰もが感じることだが最初の寄り添う意味合いとは全く違うんだよね。 ここにこの作品の最大の美しさを感じた。 もちろんこの感想が正しい見方、感じ方なのかは分からない。 ただ当たり前のことなんだけど映画作品の1番の魅力は人それぞれ違った感想を抱いたり、また年を重ねたりその時の自分の精神状態によって全然違う感想を抱いたりすることがある。 それが映画の楽しさの一つであると思う。 まさにこの作品は人によっていろんな感想があったり、年を重ねて見ると違った感想や捉え方ができたりする。 まさに映画鑑賞の楽しさの醍醐味が詰まった作品の一つだと勝手ながら評している。 ネタバレ! クリックして本文を読む 異世界に迷い込んだ少女千尋が、元の世界に戻るため、そして豚に姿を変えられた両親を元の姿に戻すために「油屋」というお湯屋を舞台に奮闘するお仕事物ファンタジー。 監督・原作・脚本は宮崎駿。 「油屋」の経営者湯婆婆の息子、坊役として子役時代の神木隆之介が声優として参加している。 また全国的に有名になる前の大泉洋・安田顕も声優として参加している…が、ヤスケンがどこに出ているのかわからない…。 TV初回放送時の視聴率は46. 正にバケモノ映画。 世界中にハヤオ・ミヤザキの名を轟かせた、今やジブリの顔ともいえる作品。 しかし、個人的にはそこまで好きではない作品だったりする。 ジブリ作品の中では下から数えた方が早いくらいの位置にあるかも。 『もののけ姫』が『風の谷のナウシカ 』の精神的続編だとすると、本作は『魔女の宅急便』の精神的続編といえる。 ざっくり言えば、辛いこともあるけれど、そんなことに負けないでひたむきに頑張る女の子のお仕事ムービー。 『魔女宅』の世界をよりファンタジーに、より恐ろしく、より訳わからなくしたのがこの作品である。 『魔女の宅急便』の続編であり、日本土着の神々を扱うという点では『もののけ姫』の続編ともいえる。 『もののけ』で神様をぶっ殺しまくった分、本作ではゆっくり休んでもらおうと思ったのかも。 『もののけ姫』で扱われたのが生々しいまでの「生と死」であったのに対し、本作では「生」を構成している人間の「欲求」を描いている。 よく働き、よく食べ、よく眠る。 そういった人間の持つ根源的な欲望を、「性」を扱う湯屋を舞台に描いているのが印象的だった。 人間の根源的な生を見つめつつ、拝金主義的で自分勝手な現代人を皮肉っているところに、宮崎駿らしい嫌らしさを感じます 笑 オクサレサマへの接待や、カオナシとのバトル、ハクと千尋の垂直落下式ランデブーなど、脳裏に焼き付くシーンが沢山ある。 子供を飽きさせない派手な山場作りは流石にうまい。 しかし、個人的に一番好きなのは冒頭の千尋一家が車に乗って引っ越し先へ向かうシーン。 花束を抱え、無気力にダラダラしている千尋を観ていると「これから色々大変だけど頑張るんやで…」という感情が芽生えて泣けてきてしまいます😂 印象的なシーンは多いのに今ひとつ本作にノれないのは、山場を作ろうとするあまりに物語全体が散漫なものになっているという感じがするからかも。 大体、「油屋」での経験により千尋が成長した様に見えるが、実質千尋が「油屋」にいたのって3日間くらいなんですよね。 それなのに急激に成長している点にあまり整合性を感じないのです。 ハクというキャラクターが最重要人物なはずなのに、湯婆婆やカオナシといったキャラクターに完全に喰われているのも残念だと思ったポイントかな。 いまいちハクというキャラが見えてこなくて、あまり好きになれないんですよねー。 この作品のメインターゲットは10歳くらいの女の子らしいので、ノれないのは無理もないかなーとは思う。 前作の『もののけ姫』に比べキャラクターが可愛いので女の子受けも良いのだろうとは思うが、そういう作品の舞台を湯屋にしたのは凄い冒険だなと感心します。 子供の頃は気づかなかったことに、大人になってから見ると気付いてしまうのは面白いところ。 まぁ、色々と言いたいことはあるがリンさんがかわいいくて魅力的だから良し!• 「WAVES ウェイブス」 C 2019 A24 Distribution, LLC. All rights reserved. 「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」 C 2019 Gravier Productions, Inc. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

【千と千尋の神隠し】 リンとカオナシの正体について【裏設定】

千 と 千尋 の 神隠し りん

解説 10歳の千尋は、両親と地方都市に引っ越す途中、異世界に迷い込む。 そこでは人間は、魔女=湯婆婆が経営する神さまのための銭湯で働かない限り、ブタや石炭に変身させられてしまうのだった。 ブタになった両親を助けようと、千尋はそこで働きはじめる。 作画監督の安藤雅司、美術監督の武重洋二、音楽の久石譲など、宮崎アニメの常連が結集。 宮崎監督の前作「もののけ姫」に続き、日本古来の土着神たちがユニークなデザインで登場する。 国内興行収入は304億円で歴代1位。 第52回ベルリン国際映画祭では、アニメーション作品として初の金熊賞を受賞し、第75回アカデミー賞でも長編アニメーション賞を受賞。 国内でも第5回文化庁メディア芸術祭アニメーション部門大賞(今敏監督の「千年女優」と同時受賞)、第6回アニメーション神戸作品賞ほか映画賞を多数受賞した。 2001年製作/124分/日本 配給:東宝 スタッフ・キャスト ネタバレ! クリックして本文を読む ジブリ作品リバイバル上映として久しぶりに鑑賞した。 いつ、何度見ても興奮させてくれる作品だなと改めて実感。 初めて劇場で見た時はまだ小学校の高学年。 当時は最初は気味が悪く怖い印象があったが、これはいくつ歳を重ねても変わらず最初はやはり恐怖を感じてしまう。 でもそれはなぜか。 多分千尋がまだ未熟なんだからだと思う。 この作品を観るにあたって多くの人は千尋の視点からこの世界観を楽しむ人が多いんじゃないのかなと思うが、千尋視点で見ると最初はまだまだ千尋は未熟な為目に映るものがすべて恐怖に見えるんだよね。 だから最初のトンネルを入る際にお母さんに寄り添う姿は恐怖から寄り添うわけだ。 この作品の面白いところは最初はホラー感を感じても後半はなんだかファンタジーな作品に見えて来る。 それはおそらく千尋が成長し逞しくなる事で目に映るものが恐怖から好奇心に変わっているからなんだと個人的には思う。 後半の銭婆に会いに行くシーンなんかも本来は恐怖に感じてもおかしくないんだけど、あの時の千尋はもう立派な大人であり信頼感がある。 だからそのシーンでは安心感が心にあるからホラーに感じる事なくファンタジーな視点で見られてるのかなと思ったりもする。 このホラーからファンタジー、恐怖から好奇心というのはまさに人生に置き換えても同じ事だと思う。 この作品では「生きる事とは働く事」というのが強くメッセージとして伝わってくると勝手に解釈してるのだが、人生働く事、そして何事も挑戦する事も最初はやはり不安や恐怖そのものである。 だが同じ立場、視線でも挑戦する前と挑戦後では全く違う景色で物事を見られることが多々あったりする。 それは不安や恐怖心が消え、自信や強い覚悟に変わったからそう見えるのであろう。 そんな経験を勝手ながらこの作品に投影しながら楽しんで見ると、当初の千尋は転校する不安な気持ちを始めとした恐怖や不安で一杯な状態からスタートし、働く事、そして働いていく事で自信がつき、そして親を助けるという強い覚悟から成長していく事であの世界で生きることが恐怖から好奇心に変わっていったように見えた。 そして最後はスタートと全く同じ母親に寄り添いながらトンネルを抜けるシーンで終わる。 あれは誰もが感じることだが最初の寄り添う意味合いとは全く違うんだよね。 ここにこの作品の最大の美しさを感じた。 もちろんこの感想が正しい見方、感じ方なのかは分からない。 ただ当たり前のことなんだけど映画作品の1番の魅力は人それぞれ違った感想を抱いたり、また年を重ねたりその時の自分の精神状態によって全然違う感想を抱いたりすることがある。 それが映画の楽しさの一つであると思う。 まさにこの作品は人によっていろんな感想があったり、年を重ねて見ると違った感想や捉え方ができたりする。 まさに映画鑑賞の楽しさの醍醐味が詰まった作品の一つだと勝手ながら評している。 ネタバレ! クリックして本文を読む 異世界に迷い込んだ少女千尋が、元の世界に戻るため、そして豚に姿を変えられた両親を元の姿に戻すために「油屋」というお湯屋を舞台に奮闘するお仕事物ファンタジー。 監督・原作・脚本は宮崎駿。 「油屋」の経営者湯婆婆の息子、坊役として子役時代の神木隆之介が声優として参加している。 また全国的に有名になる前の大泉洋・安田顕も声優として参加している…が、ヤスケンがどこに出ているのかわからない…。 TV初回放送時の視聴率は46. 正にバケモノ映画。 世界中にハヤオ・ミヤザキの名を轟かせた、今やジブリの顔ともいえる作品。 しかし、個人的にはそこまで好きではない作品だったりする。 ジブリ作品の中では下から数えた方が早いくらいの位置にあるかも。 『もののけ姫』が『風の谷のナウシカ 』の精神的続編だとすると、本作は『魔女の宅急便』の精神的続編といえる。 ざっくり言えば、辛いこともあるけれど、そんなことに負けないでひたむきに頑張る女の子のお仕事ムービー。 『魔女宅』の世界をよりファンタジーに、より恐ろしく、より訳わからなくしたのがこの作品である。 『魔女の宅急便』の続編であり、日本土着の神々を扱うという点では『もののけ姫』の続編ともいえる。 『もののけ』で神様をぶっ殺しまくった分、本作ではゆっくり休んでもらおうと思ったのかも。 『もののけ姫』で扱われたのが生々しいまでの「生と死」であったのに対し、本作では「生」を構成している人間の「欲求」を描いている。 よく働き、よく食べ、よく眠る。 そういった人間の持つ根源的な欲望を、「性」を扱う湯屋を舞台に描いているのが印象的だった。 人間の根源的な生を見つめつつ、拝金主義的で自分勝手な現代人を皮肉っているところに、宮崎駿らしい嫌らしさを感じます 笑 オクサレサマへの接待や、カオナシとのバトル、ハクと千尋の垂直落下式ランデブーなど、脳裏に焼き付くシーンが沢山ある。 子供を飽きさせない派手な山場作りは流石にうまい。 しかし、個人的に一番好きなのは冒頭の千尋一家が車に乗って引っ越し先へ向かうシーン。 花束を抱え、無気力にダラダラしている千尋を観ていると「これから色々大変だけど頑張るんやで…」という感情が芽生えて泣けてきてしまいます😂 印象的なシーンは多いのに今ひとつ本作にノれないのは、山場を作ろうとするあまりに物語全体が散漫なものになっているという感じがするからかも。 大体、「油屋」での経験により千尋が成長した様に見えるが、実質千尋が「油屋」にいたのって3日間くらいなんですよね。 それなのに急激に成長している点にあまり整合性を感じないのです。 ハクというキャラクターが最重要人物なはずなのに、湯婆婆やカオナシといったキャラクターに完全に喰われているのも残念だと思ったポイントかな。 いまいちハクというキャラが見えてこなくて、あまり好きになれないんですよねー。 この作品のメインターゲットは10歳くらいの女の子らしいので、ノれないのは無理もないかなーとは思う。 前作の『もののけ姫』に比べキャラクターが可愛いので女の子受けも良いのだろうとは思うが、そういう作品の舞台を湯屋にしたのは凄い冒険だなと感心します。 子供の頃は気づかなかったことに、大人になってから見ると気付いてしまうのは面白いところ。 まぁ、色々と言いたいことはあるがリンさんがかわいいくて魅力的だから良し!• 「WAVES ウェイブス」 C 2019 A24 Distribution, LLC. All rights reserved. 「レイニーデイ・イン・ニューヨーク」 C 2019 Gravier Productions, Inc. 「デスカムトゥルー」 C IZANAGIGAMES, Inc. All rights reserved. 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved.

次の

雨の日の映画館「千と千尋の神隠し」 : ろーりんぐ ☆ らいふ

千 と 千尋 の 神隠し りん

千尋と同じ湯屋で働いている女の子• 見た目は大人っぽいけど、年齢は14歳という説が有力• ガサツな性格っぽいが面倒見が良く優しい• 先輩として仕事を教えている• 湯屋では嫌々働いており、いつか外の世界に出ようと思っている• 自分の事を「アタイ」と呼んでいる• ジブリ側の設定にも色んな説があるのですが、有力なのが 白狐なんです。 つまり人に化けている狐というワケですね! 神格化された特別な存在 「びゃっこ」「しろぎつね」「はくこ」などと色んな読み方がありますが、その神々しいルックス通り、 普通の狐と比べても位が高い存在と言われています。 その証拠として、稲荷神社には石像が設置されていますよね!そして基本的には、幸運の証とされていますが、逆に怒らせてしまうと祟(たたり)を受けたりすると言われているので、神様的な扱いですね〜 そしてリンも最初、人間である千尋を見て異様に驚いていた事からも、• 絵本や童話、昔話などに出てくる大体、顔がビヨーンと長いですモンね!そして狐は古代書物の中でも、 擬人化している事が少なくないので、その辺りからインスパイアされている可能性もあるかなと。 色んな解釈が出来るように演出しているのは、スタジオジブリの得意技だと勝手に思っているので・・w そしてイモリの黒焼き自体は落語でもよく登場する食べ物ですが、 狐が食べておかしくはありません。 基本的には肉食なのですが、餌が少なくなると昆虫などの小動物も食べるようになりますからね〜 古くから日本では、イタチは 人間に化ける動物として妖怪的な扱いをされていたという記録が残っています。 例えば、分かりやすい例だと『鎌鼬(かまいたち)』が挙げられます!つむじ風と共に現れて、気付いたら体が切られている、というとかまいたちの仕業というヤツですね。 千と千尋の公式パンフレットに、人間と書かれていたというんですね。 僕は当時のパンフレットを直接見たことがないので確信を持てないですが、面白いエピソードがあるんです! ジブリの別作品のヒロインだった! 実は制作する予定だった 『煙突描きのリン』という別作品から登場させた、という宮﨑駿監督のインタビュー記事まで載っているんです! 結局、『煙突描きのリン』はボツになったため、 全くの別作品である『千と千尋の神隠し』内で千を助けるという脇役として登場させたという事なんです。 元々、大学生の頃に宮﨑駿監督のアニメ系の講座を受講しており、 これがキッカケでリン役に選ばれたという経歴があるんですね〜 その後は、映画だけじゃなく舞台などにも取り組み女優やパフォーマーとしても活躍されています!ショートカットでキリっとした女性です!w まとめ 詳しくリンについて見てきましたが、 正体は『白狐』か『人間』の可能性が高い事が分かりました。 ジブリ最高!! それでは〜 いろはす 日本にスタジオジブリがあって良かった。 絵に書いた様な右脳派。 ほぼ感覚だけで生きてます。 人気記事ランキング• みんな大好きな映画は家でまったり観るのもイ... どうもです、いろはすです。 僕は去年まで上下共に『ユニクロのヒートテック』を利用していたんですが、以前か... 2012年に販売していたシルキードライの2代目... さて今年もそろそろ冷え込みが厳しくなってきて、... どうもです、いろはすです。 タイトルの通り普段ほとんど運動をしない僕が、「このままでは体がナマリ過ぎて4... 千と千尋の神隠しでかなり重要なキャラクターとな... どうもです、いろはすです。 最近YouTubeで、学生時代に聴いていたような懐かしい曲を聴いてるので、無... 池袋にて格安で宿泊出来る施設を探していたんです... 「みんな大好きヒートテック!温かくてデメリット... どうもです、いろはすです。 最近気付いたら夕方になっている事が多く、そんな時はとりあえずベランダに出るん... Twitterもやってるよ!• アーカイブ• カテゴリー• 109• 112•

次の