オーロンゲ育成論。 【ポケモン剣盾】オーロンゲ⑤種の型紹介!①壁張り②ビルドレイン③尻尾トリック④アタッカー⑤ねむねご【オーロンゲ育成論】

オーロンゲ

オーロンゲ育成論

ただし『あく』タイプの相手 味方は含まない には変化技がすべて失敗する 第6世代は条件なし。 HD=仮想敵が特殊アタッカーのため、HDに努力値ほぼ全て振る• S=S無振りバンギラス抜き 仮想敵を特殊アタッカーとして、相手を封殺する技構成となっています。 「いたずらごころ」によって先制で「いばる」を相手に使用し、上から混乱を押し付けることができるのは非常に強力です。 混乱で自傷させた後に、「みがわり」を貼り、「イカサマ」で止めを刺すという構築になっています。 「いばる」は相手を混乱させつつ、攻撃力を上げますが、相手は特殊アタッカーなので攻撃力が上がってもこちらには関係ありません。 そして混乱による自傷ダメージは増すので特殊アタッカー相手に「いばる」は非常に使いやすいです。 「イカサマ」は相手の攻撃力で攻撃する技なので、「いばる」で相手の攻撃力が上がっているとイカサマのダメージも上がり、相性が良い技です。 「みがわり」は「いばる」によって相手の混乱の自傷確率があるので、貼れたらラッキーということで採用しています。 「ソウルクラッシュ」は今回の仮想敵が特殊アタッカーを想定しており、「ソウルクラッシュ」は追加効果で 相手の特攻を1段階下げる技なので、とても相性が良いです。 タイプ一致の技ですしね。 全ての技がいい具合に噛み合ってて、非常に面白いオーロンゲになっています。 欲を言えば、特防種族値がもう少し高かったら文句なしでしたね 笑 今回のオーロンゲの立ち回り・役割 今回のオーロンゲは「ひかりのかべ」「リフレクター」の壁貼り型ではないため、無理に初手に出すことはありません。 相手の特殊ポケモン相手に、死に出しでオーロンゲを出しても良いですし、 初手に出して相手にこのオーロンゲは壁貼り型と思わせも良いです。 ただ、このオーロンゲを初手に出してミミッキュや、キリキザンなどのオーロンゲにタイプ上弱点を突く「物理アタッカー」と対面したら高確率でオーロンゲ側が負けることになります。 なので相手の初手を読むことがある程度必要になります。 相手の初手が特殊アタッカーと読むのであれば、オーロンゲを初手に出し、読みが嫌なら、死に出しで相手の特殊アタッカーに合わせましょう。 8%~45. 7%~66. 3%~32. 8%~31. 8%~45. 5%~110. 4%~128. 6%~83. 3%~29. 鋼やフェアリータイプの高火力ポケモンで弱点を突く。 「すりぬけ」で「ひかりのかべ」「リフレクター」の壁を無効にする。 あくタイプで「いたずらごころ」を無効にする 通常のオーロンゲは「リフレクター」などの壁貼り型が主流です。 もしくは、「後攻の尻尾」を「トリック」で相手に押し付ける型が多いです。 …僕が今回育成した様な、変態型のオーロンゲはあまり見かけません。 笑 通常は上記の様なオーロンゲが多いので、それを対策するには、特性「すりぬけ」のポケモンで相手をするのが一番です。 または、「みがわり」を覚えているポケモンで壁ターンを枯らすこともオススメです。 オーロンゲ側からの打点がなければ、「みがわり」を残しつつ、壁ターンを枯らし、オーロンゲを突破することも可能です。 あくタイプで「いたずらごころ」を無効にする オーロンゲの特性「いたずらごころ」は補助技を優先度+1で使用できる様になる非常に強い特性です。 しかし相手が、あくタイプであった場合は技を使用することが出来ずに失敗します。 優先度+1で使用出来ないだけでなく、「技自体が失敗」します。 そのため、あくタイプを合わせられるとオーロンゲは大幅に弱体化します。 しかし、オーロンゲはフェアリータイプでありフェアリー技は、あくタイプに効果抜群です。 あくタイプ相手に打点自体はあるので、オーロンゲ側が絶望的な状況とまでは言いませんが、それでも 補助技が使用できなくなるので、やはり 「あくタイプ」を対面させることがオーロンゲを封じるには有効です。 今回のオーロンゲと同じパーティに入れると相性の良いポケモン ミロカロスなど(物理受け) 今回のオーロンゲが相手の特殊アタッカーを相手にすることを想定しているので、パーティには物理受けのポケモンを入れると相性が良いです。 特にミロカロスはHP回復手段もあり、自身が「かえんだま」で状態異常になるため相手の催眠術や麻痺の効果を受けないので、長期戦に向いています。 カバルドン (ステルスロック) 「いばる」で特殊アタッカーの相手を混乱にしつつ、HDオーロンゲで受ける形になるので、 交換が多いサイクル戦になることが想定されます。 なので、ステルスロックを撒くことができれば、より有利に試合を進めることが出来ます。 オーロンゲの考察・まとめ 育成論と、相手に使われた際の対策方法(弱点)をお話ししました。 今回紹介したHDいばる型オーロンゲは、通常の壁貼りオーロンゲとはまた違った強さがあります。 通常の壁貼りオーロンゲは非常に強いのですが、強い分、相手に対策されていることが珍しくありません。 選出画面にオーロンゲが見えた時点で、初手に出して「リフレクター」など壁を貼ってくるだろうと読まれることが多いです。 ポケモン対戦では相手に何をされるかを「読まれない」ことが非常に大切だと思っています。 だからこそ、普段対戦では見かけない「いばる」型オーロンゲが活きてきます。

次の

オーロンゲ 育成論

オーロンゲ育成論

もくじ• ただし『あく』タイプの相手 味方は含まない には変化技が全て失敗する。 【おみとおし】 戦闘に出た時、全ての相手の持っている道具の名前が分かる。 【わるいてぐせ 夢特性 】 直接攻撃を受けた時、相手の持っている道具を奪う。 弱点 「2倍」はがね、どく、フェアリー 耐性 「0. 5倍」ゴースト 「0. HPと攻撃力が高く、素早さは余りないので、扱い方が難しいかに思えます。 しかし、 特性「いたずらごころ」があるお陰で、先制で「ビルドアップ、みがわり、リフレクター」などが使用可能です。 先制ビルドアップで火力と耐久を上げたり、先制みがわりでダイマックスを枯らしたりと様々な立ち回りができます。 いたずらごころの効果がない「あく」が来ても、フェアリー技で打点を持てるのも強み。 豊富な育成論が出来るポケモンですが、今回は自分が使っているものを紹介していきます。 両壁張り型オーロンゲの育成論 特性 「いたずらごころ」 自分の使う変化技の優先度が1だけ加算される。 ただし『あく』タイプの相手 味方は含まない には変化技が全て失敗する。 弱点 「2倍」はがね、フェアリー、どく 耐性 「0. 5倍」ゴースト 「0. 25倍」あく 「効果なし」ドラゴン、エスパー 性格 ようき 努力値振り HP252、攻撃252、素早さ6 道具 ひかりのねんど 技構成 じゃれつく、ふいうち、リフレクター、ひかりのかべ 今回作ったオーロンゲは、 「リフレクター&ひかりのかべ」を使う両壁型です。 道具「ひかりのねんど」は、リフレクターとひかりのかべのターン数を伸ばせます。 先制でどちらかは確実に張れますし、HPが高いのでどちらも張ることも十分に可能です。 両壁型を使う場合は、 後続に「りゅうのまい、ちょうのまい」などの積み技を持つポケモンを採用しましょう。 自分は「モスノウ」を愛用しているので、ちょうのまい用に両壁型を採用しました。 ただ壁を張るだけでなく、 高い攻撃力も活かすために、タイプ一致の「じゃれつく、ふいうち」も採用しています。 ふいうちは、最も流行っている「ドラパルト」対策になります。 ようき最速であれば、速すぎないポケモンであれば先制攻撃できますね。 最低でも壁を張れれば問題ないので、何もせずに終わることは絶対にない型だと言えるでしょう。 先制ビルドアップで殴りに行くのも面白いですけどね。 まとめ オーロンゲは見た目で嫌がる人もいますが、様々な型が作れる優秀なポケモンです。 使い手によって何をしてくるか分かりにくいので、オーロンゲをいろんな使い方をして見て下さい!.

次の

オーロンゲ

オーロンゲ育成論

ページ:• 投稿者:セテア• コメント 19 みんなの評価 :• 投稿者:わがじゃん• コメント 22 みんなの評価 :• 投稿者:ふぇあり〜• コメント 11 みんなの評価 :• 投稿者:おっき• コメント 18 みんなの評価 :• 投稿者:ねーたー 剣盾育成論ブログ書いてます• コメント 5 みんなの評価 :• ページ:• 1 パーティ構築 16件• 投稿者:トロイ• コメント 16 いいね! 投稿者:はる• コメント 2 いいね! 投稿者:Kuroki• コメント 0 いいね! 投稿者:ヨータ• コメント 2 最終213位 いいね! 投稿者:デミグラス• コメント 3 いいね! 投稿者:salvage• コメント 0 最終375位 いいね! 投稿者:ほのか ポケ女子• コメント 7 いいね! 投稿者:なおと• コメント 0 いいね! 投稿者:寒桜• コメント 1 いいね! 投稿者:寒桜• コメント 0 いいね!

次の