扁桃 腺 切除 手術。 繰り返す扁桃腺炎、手術の適応は?日本と海外の違い

子供の扁桃腺切除手術から1年半、入院のことや術後について

扁桃 腺 切除 手術

1950年代と60年代に比べるとその半分といわれていますが、アメリカでは毎年500件以上の扁桃腺摘出術が行われおり、小児外科手術の2番目によくおこなわれる一般的な手術と言われています。 子供の頃に扁桃腺を切除するというのは日本そして世界中で行われています。 扁桃を取り除く手術は、口蓋扁桃摘出術と呼ばれ、扁桃(のどの奥の左右のふくらみ、いわゆる扁桃腺。 正確には口蓋扁桃という部位)を取り除きます。 口蓋扁桃摘出術と同様に頻繁に行われるのが咽頭扁桃(いんとうへんとう)アデノイド切除術です。 アデノイド切除が必要となるのは鼻呼吸が障害されて口呼吸になったり、睡眠が障害されて、睡眠時の無呼吸や酷いいびきが症状として現れたり、また鼻水が流れにくくなり、難治性の滲出性中耳炎を起こしたりするなどです。 手術は通常は3〜4歳以降に行われますが、症状が強い場合にはもっと低年齢でも行われています。 アデノイド肥大は3〜6歳、口蓋扁桃肥大は5〜7歳で最大となり学童期の後半に次第に退縮します。 個人差はありますが、好発年齢は2〜6歳で成長や発達の時期に関係しています。 扁桃は免疫機能を担っているので切除したときの影響が心配されますが、1歳6か月を過ぎれば免疫機能には問題が起こらないといわれている為、多くの医師は、扁桃摘出術やアデノイド切除術が頻繁な喉の痛みや耳の感染を防ぐのに役立つと信じています。 しかし、今年6月にアメリカ医学会耳鼻咽喉科頭頸部外科雑誌は、手術には短期的な利益を上回る長期リスクが伴う可能性があると発表しました。 これは、口蓋扁桃摘出術、アデノイド切除術またはその両方を受けた9歳未満の60,667人と手術を受けていない110万人のデンマークの子供を比較した最初の研究です。 対象者は1979年から1999年の間に生まれ、研究員達は最大30年間の健康状態を追跡し、扁桃摘出術は、上気道疾患の相対リスクのほぼ3倍に関連していることを発見しました。 上気道疾患の相対リスクとは喘息、インフルエンザ、肺炎および慢性閉塞性肺疾患(COPD)または慢性気管支炎および気腫などが含まれます。 またアデノイド切除術は、閉塞性肺疾患、上気道疾患および結膜炎の相対リスクが約2倍に関連していました。 呼吸が困難な場合や、副鼻腔炎および耳の感染症の場合には、短期的な利点がありますが、手術後の長期的なリスクは有意に高くなり、また長期的にみると症状が復活してしまうこともあります。 「扁桃およびアデノイドがリンパ系の一部であり、免疫系の正常な発達、小児期および早期の病原体スクリーニングにおいて重要な役割を果たすことを考えると、それらの除去によって病原体の検出が損なわれ、後の呼吸器疾患および感染症のリスクが増大することは驚くべきことではない。 」と研究者は述べています。 さらに研究者達は、寄生虫感染、皮膚疾患および眼の愁訴を含む28種類の疾患に対する感受性が高まっていることも発見しました。 口蓋扁桃摘出術、アデノイド切除術または両方の手術を受けた患者の78%がこれらの症状を経験していました。 このような症状は気道とは無関係ではありますが、扁桃腺の喪失や繰り返される軽度の感染症による免疫系への連鎖反応であることを示唆しています。 このような影響は、年齢が高まるにつれてさらに顕著になる可能性と述べています。 「私たちの研究により、口蓋扁桃摘出術やアデノイド切除手術後には長期的な疾患のリスクが上昇することがわかりました。 その結果から小児期の正常な免疫系の発達を助けるために扁桃腺やアデノイドの除去を可能な限り遅らせることを支援する。 」とこの研究の主任調査官であるシュアン・ベイヤー博士はコメントしています。 私の個人的な意見ですが、やはり人間の臓器には不必要なものはひとつもないと思っています。 口蓋扁桃摘出術やアデノイド切除手術だけでなく、盲腸や胆のう摘出手術も一般化されてしまっています。 病気というのはある一定の場所だけをみることが多いですが、疾患の治療は体全体にどのような影響が起こるのかをよく考えてするべきだと思います。 今回の研究で明らかになったようにひとつの臓器を取り除くことでほかの部分に影響が起こります。 なので一時しのぎの為ではなく、長い目でみたリスクも考慮にいれるようにしてください。 已むお得ない事情もあるかと思いますが、特に小さいお子さんの場合はセコンドオピニオンとして代替医療や機能的医療の先生に相談してみてください。 参考文献.

次の

扁桃腺切除手術の費用は?切るデメリットはあるの?

扁桃 腺 切除 手術

扁桃摘出手術の適応(手術した方が良い人) 慢性扁桃炎などの方が向いてます 以下の方は、扁桃摘出手術の相談を耳鼻科医に!• 慢性扁桃炎の方• 扁桃肥大の方(特に「睡眠時無呼吸症候群」の方)• 扁桃周囲膿瘍の経験者 「慢性扁桃炎」は、主に3種類に分類されます。 私はコレです。 腺組織ではないことが近代医学で分かったからです。 対象年齢は? 扁桃は、免疫臓器 体を守る免疫を作り出す臓器と感染臓器 病気の原因になる臓器という二面性を持つ特異な臓器です。 幼児は免疫面で摘出のデメリットが結構あります。 5歳以上ならそのデメリットがかなり少なくなり、年齢によるハードルが下がります。 更に、成人以上なら免疫臓器としての重要性はほぼ無く、摘出してしまっても全く問題ないというのが通説です。 私も内科医からは「小さいし取らなくてもいいのでは?」と言われましたが、年を取ってから悪化するようになり、 耳鼻科専門医に相談すると 摘出を勧められ、結果大成功でした。 医者にも色々な信念の人 (透析患者に透析を止めさせる人とか・・・)がいますので、 セカンドオピニオンを求めて若手から中堅くらいの耳鼻科専門医に相談に行ってみることをお勧めします。 病院・医者選び(大人は特に重要!) 口蓋扁桃摘出術は、耳鼻咽喉科の医師が初期に習う手術です。 そのため、 病院・医師の選定をしないと、経験の浅い新人の練習台にされる懸念があります。 子供であれば簡単に摘出できるため、医師の腕の差は小さく、専門医資格を持った医師であれば大丈夫でしょう。 子供の場合はむしろ麻酔の難易度の方が高いため、しっかりとした麻酔科が備わっているところが安心だと思います。 一方、 大人の場合、扁桃が周囲組織と癒着していることが多く、 手術時間・難易度が跳ね上がります。 信頼できる耳鼻科の先生に、大人の扁桃摘出手術の腕の良い先生を紹介してもらうと良いと思います。 簡単な手術のため専門医なら誰であろうと命の危険はまずありませんが、 執刀医や病院設備により、術後の出血・痛みの差に違いがあります。 また、未熟な執刀医の場合、 扁桃を一部取り残してしまい、手術目的が果たせないリスクが高まる懸念もあります。 もし心当たりなければ、関東なら 「神尾記念病院」をおススメします!日本最大級の耳鼻科専門病院で腕の良い医師が揃っています。 大学病院では、「慈恵医科大学付属病院」が耳鼻咽喉科のパイオニアで信頼できます。 意識無い分、止血が丁寧にできることが大きいです。 一方、局所麻酔は昔のやり方でリスクが高く採用している病院は選ばない方がいいと思います。 実際、他の病気で診察を受けた高名な外科医師に扁桃摘出手術を受ける予定があると話したところ「全身麻酔のところで受けた方がいいよ」とだけアドバイスを貰いました。 家から近いことも結構重要です。 退院後に出血することがあるからです。 術前検査 手術が決まったら、手術日と術前検査日を決めます。 私の場合は、1ヶ月後の手術となり、術前検査は手術2週間前でした。 術前検査の内容は、採血・採尿・心電図・レントゲン・呼吸でした。 3割負担で5000円くらいだったと思います。 検査で何か異常指摘を受けてしまうと、民間保険に入れなくなったり、保険料が上がったり(2倍以上になることも)することもあるので、 現在加入している保険で十分か事前確認することをお勧めします。 術前の扁桃炎の予防 手術前に扁桃炎が腫れると出血等のリスクが高まるそうです。 また、 手術当日に扁桃炎や熱があると手術が延期になることがあります。 なので、 術前の健康管理は重要です。 私は、ツムラの「小柴胡湯加桔梗石膏(ショウサイコトウカキキョウセッコウ)」という漢方薬を処方して貰い、手術日まで毎日服用しました。 それでも少し腫れて焦りましたが、この漢方薬が効いて万全の状態で手術に望めました。 不安な方は、先生に相談しておくと良いと思います。 入院日数・費用・還付金について 入院日数 病院により異なりますが、「 手術前日に入院し、順調なら7-10日で退院」というクリニカルパス(標準入院プラン)を採用している病院が多いです。 術後、一週間後くらいに瘡蓋(カサブタ)が取れて大出血するリスクがあるため、不安な方はクリニカルパスが長めの病院を希望すると少し安心です。 「扁桃摘出 クリニカルパス」で検索すると、色んな病院のクリニカルパスが確認できます。 逆に言えば、若くて健康ならば極めて安全ということです。 悩んでいる方は早く受けた方がいいです。 手術・入院費用 3割負担で10-15万円程度です。 個室などの特別室を希望すると、これに差額ベット代(保険適用外)が上乗せされます。 私は9日間入院で17万円(内、差額ベット代が3. 6万円)でした。 クレカで払える病院は多く、 ポイントも溜まりますのでクレカ払いがおススメです。 例えば、 年収が約770万円以下であれば、 3割負担の上限が8万円ちょいに限定され、 年収が約370万円以下なら 57600円が上限になります。 若手の方も安心して手術が受けられます。 詳しくは、術前検査時などに案内されると思います。 でも、 クレカ枠に余裕があるなら、 限度額認定証を使わず、クレカで一括払いした方が、ポイントが多く溜まってお得だと思いますよ。 なお、高額療養費の還付時期は、会社毎に異なると思いますが、私の会社は3か月ほどでした。 公務員の共済組合にもあるはずです。 例えば、私の会社の健康保険組合では、月2. 5万円以上の自己負担分は、健康保険組合が負担してくれて事後還付されます。 つまり、 「付加給付」があれば「2. 5万円+差額ベット代」しかかからないということです。 また、「関東ITソフトウェア健康保険組合」は業界特性上まだ高齢者が少なく儲かっており、 月2万円以上の自己負担分は、健康保険組合が負担してくれるという大盤振る舞いです。 貴方の会社がこの組合に入っていれば、転職前に手術した方がお得ですよ! 高齢化に伴い、健康保険組合は半分近くが赤字です。 そのため、解散する所が増えています。 解散すると協会健保へ加入となりますが、協会健保には付加給付がありません。 幸運にも付加給付のある健康保険組合に加入している方は、加入している内に病院に積極的にかかって治しておきましょう。 詳しい制度はググって調べてみてください。 この3日は有給でも算定されます。 私はまだ請求していませんし、しないかもしれません。 民間医療保険について 手術給付金と入院給付金 その名のとおり、「手術給付金」は手術を受けた際に下りる保険金で、「入院給付金」は入院した際に入院日数に応じて下りる保険金です。 一般に、扁桃摘出手術は、 手術給付金の対象外ですが、 入院給付金の対象です。 民間医療保険と付加給付のおかげで、私は 10万円以上黒字でした。 手術給付金が下りる保険と下りない保険 手術給付金は、概ね5-20万円程度下りるものが多いため、手術給付金が下りるか否かは結構大きいです。 昔の保険は手術給付金対象外がほとんどですが、 この6-7年くらいの最近の保険であれば、手術給付金対象の可能性が十分あります。 これは 「公的保険連動」という「公的健康保険の対象となる手術は基本的に手術給付金の対象とする支払基準」を採用している医療保険が近年増加しているからです。 ただ、 「公的保険連動」を採用しながら「口蓋扁桃摘出術」を特別に対象外にすると 約款で定めている保険もあります・・・ 保険ショップ・FP 上記のとおり、医療保険は内容が各社バラバラで難しいので、 複数の保険会社の商品を取り扱っている保険ショップやFPに相談するのがベストだと思います。 医療保険やガン保険は競争が過熱しており、昔の保険よりも最近の保険の方が有利なことが多いです。 なお、 一社のみ取扱う専属保険代理店は商品選択の余地がなく避けた方がいいです。 自分の場合 私の保険(外資と4大生保)は、両方共に手術給付金対象外でした・・・ もし後継保険が出たときに見直しておけば、手術給付金も下りたのに・・・ 更に、20年前に加入した某4大生保の医療保険(医療特約)の方は、 入院給付金も最初の4日の入院日数は切り捨てで勿体無い感じでした。 12年前に加入した某外資の入院給付金は入院1日目から支払われました。 最近の医療保険は、一日目から入院給付金が下りるのが普通で、1日しか入院しなくても5-10日分の入院給付金が出る保険もあります。 差額ベット代を保障する保険も 最近は差額ベット代を保障してくれる保険もあります。 私は大部屋で全然大丈夫でしたが、個室希望の方は、そういう保険にも入っておくといざというときに安心です。 私の病院の個室代は、一日1. 5万円~2. 5万円でした。 大部屋でもグレードがあって差額ベット代が発生する部屋もありました。 差額ベット代には社会保険が利かず10割負担です。 長期入院すると痛い費用項目です。 私は、 差額ベット代が発生する大部屋を使いました。 決め手は、冷蔵庫の有無でした。 一日4000円でした。 ヨーグルトやプリンなどを手元で保存できるのは大きいです。

次の

繰り返す扁桃腺炎、手術の適応は?日本と海外の違い

扁桃 腺 切除 手術

【手術に至るまでの経緯】 昔から体が弱いのはまさに扁桃腺のせい、と言い切れるくらい扁桃炎にかかる頻度が高く、平熱35度台に対して39度台の熱が年に数回出ていました。 一時良くなったかと思った時期もあったのですが、近年また熱が出る頻度が高くなり、疲れがたまると熱が出るを繰り返す、といった状況でした。 それでもやはり手術に踏み切れずにいたところ、扁桃周囲膿瘍になってしまい、緊急入院となってしまいました。 この扁桃周囲膿瘍の痛みと処置の痛みが壮絶で、元々全く唾を飲み込めないところまで痛みが酷くなっていたところを、なんとその痛すぎる喉に針を刺されたのです。 しかも合計して5. この時の詳細ブログはこちら。 【手術前外来】 まず病院の決定。 扁桃周囲膿瘍で緊急入院したところとは別の病院にしました。 理由は簡単。 どうせならキレイで立派な病院に入院したい。 これに尽きました。 難しい手術ではないので、設備重視で選びました。 以前外来で通っていた事もあり、手術についてもとても親身になって説明してくれた記憶があったので。 あとは交通の便の良さもあり、広尾の日赤医療センターにしました。 久しぶりに日赤に行ってみたところ、以前の担当医が退職していて別の先生が担当になりました。 30代くらいの男の先生です。 日赤は手術日が毎週火曜と金曜で、狙っていた長期休暇期間は既にいっぱい。 しかし相談に行った日からちょうど2週間後に空きがあったので、そこで決定しました。 【手術前検査】 手術の約1週間前に手術前検査があります。 費用はだいたい¥5,000くらいでした。 麻酔の資料を頂きました。 不安な事とかあれば何でも質問できます。 で、最後に入院手続きをして完了です。 全身麻酔の手術はネイルとまつげエクステは取らないといけないと言われ、慌てて取りに行きました。 悲しい。 【入院初日】手術前日 手術前日の朝10時に入院です。 順調にいけば、入院期間は9日間予定。 部屋は悩んだ挙句、4人部屋の、差額ベッド代(1日¥2,160 が発生する窓際にしました。 かなり広く、綺麗で快適です。 病室毎にトイレと洗面スペースが付いているのが何よりも素晴らしい。 窓からの見晴らしもとても良いです。 荷物を整理して着替えると、看護師さんからひと通り病棟の案内と今後の流れの説明があります。 病室まで案内してくれた事務の方もとても親切でした。 病棟はとても綺麗で、整然とし過ぎていて迷子になりそうな感じです。 ラウンジも広くて綺麗。 夜は夜景が綺麗でした。 私の病棟は7階7Bでした。 この7Aと7Bが対照の造りになっていて、同じようにナースセンターがあり、ラウンジからの帰り道がいつもどっちだかわからなくなりました。 通話以外病室でのネット、メール、パソコン持ち込み等自由ですが、インターネットスペースもあります。 こちらのインターネットと、TV、冷蔵庫、洗濯機、乾燥機が全てテレビカードで支払い可能でした。 テレビカードというよりもはや日赤電子マネーですね。 その他設備としては、1階にタリーズがあり、朝は先生方で混雑しています(笑) 入口付近にあるので、院内に入るとコーヒーの香りが立ち込めているのが病院らしからぬ感じで気に入っています。 コンビニ風の売店(なんでも揃います)が23時まで営業していてとても便利でした。 あと本屋さん、お花屋さん、レストランに加え、患者専用の図書室が1階にあり、図書室で借りた本は病棟毎のラウンジに設置してある返却ボックスで返却可能でした。 12:30 お昼ごはん。 この日はもちろん普通食。 午後一で診察があり、扁桃腺が腫れていないか最終チェックです。 (腫れていると出血がひどくなる為、避けた方が良いそうです。 ) この日の為にかなり気をつけていたので、無事診察クリアです。 18:30 夜ごはん。 白いごはんにはしばらくお目にかかれないので、味わっていただきます。 21:00絶食開始 手術が翌日の2番め(1番めは9時から)だったので、絶食後から翌日の8時までに経口補水液を400m飲みなさいとのお達しがありました。 これを2本です。 ちなみにこれと一緒にこんなものを置かれました。 なんか、餌を与えないで下さい的な感じ。。 長くなってしまったので、続きます。 続きはこちら.

次の