あやとり 東京タワー。 あやとりの技!簡単なマジックの指ぬきのやり方

あやとり|一本の毛糸からできる昔の遊び!【昔のおもちゃアルバム】

あやとり 東京タワー

あやとりの技は簡単に覚えられてどこでもできて楽しい! あやとりは、紐さえもっていれば、いつでもどこでもできる遊びです。 幼稚園や小学生の頃はポケットに入れて休み時間によく遊びました。 そのときは「連続あやとり」や二人あやとりお互いにとっていくやつね、よくやりました。 楽しかったです。 今回もすごく懐かしくてしばらくず~っと遊んでいましたよ^^ 用意するもの ・毛糸 たったこれだけで色んな技が楽しめます。 (東京タワー・指ぬき・ほうき)などなど 毛糸を切ってはしとはしを結びます。 長さは親指と小指にとおしてひろげたときに軽くワキをしめて手をひろげたくらいの長さにします。 私は最初に作ったのが短くて、つくりなおしました。 調整してみてくださいね。 あやとりで東京タワーの簡単なやりかた 早速、東京タワーの技をやってみましょう! 親指と人差し指の間と薬指と小指の間に毛糸(ひも)を通します。 薬指を右手の毛糸(ひも)に通して ひっぱります。 右側の薬指も写真と同じ位置に入れて、 ひっぱります。 親指(左右)にかかっているひもを外します。 一番向こう(小指にかかっているひも)を親指でかけます。 薬指にかかっているひもをひろって のばします。 小指のひもを外します。 こうなっていますでしょうか? 小指で手前から3本目(親指にかかっているひも)をとります。 ひろげるとこうなります。 親指のひもを外します(左右) 小指にかかっているひもの手前側(写真)に親指をひっかけて のばします。 中指にかかっている毛糸(ひも)をこのようにもって、 親指にかけます。 親指にもともとあったひもを写真のように外します。 (どの指にもかけずそのまま) 反対側も同じように薬指のひもを 親指にひっかけて もともとあったひもを外します。 ひっぱります。 すると小さな三角形ができています。 そこに中指を写真のように入れます。 ここからが難しく感じる方がいますが大丈夫です。 そのまま落ち着いてやっていきましょう。 三角に薬指を突っ込んで、(左右) 小指を外しながら ひっぱるとはしごの形ができます。 左手をはさみでチョッキンと切るように指を閉じたり広げたりを少しずつやっていきます。 段々と細くなってきました。 もう少し・・ もう少し・・ もう少し・・ これくらいかな~東京タワー! 東京タワーの完成です。 お疲れ様でした。 あやとりで技のやり方を覚えるのは頭の運動になります 立派な東京タワーができました。 最初は何度かつまづいたのですが、何度かすると昔やったことを思い出したりもして作れました。 もう今は写真や動画見なくてもできます^^ こうだったかな・・次こうかな・・って考えるので頭の運動になりますね。 その他にも、「ほうき」と「指ぬき」という技もやりました。 どちらも簡単な技です。 「指ぬき」はマジックなのでちょっと自慢したくなる技ですよ^^ あやとり遊び、やりだすと本当に楽しくて夢中になりますね。 きっと高齢者の方の笑顔が見れますよ^^ レクリエーションで高齢者に!簡単なあやとりで東京タワーのやりかたのまとめ あやとりで「東京タワー」の技のやりかたをご紹介しました。 最初は難しいと感じて最後までできないかもしれません。 でもあきらめずに何度も挑戦してみてくださいね。 できるようになれば「簡単」って言葉がでてくると思います。 是非、楽しんでくださいね^^ こういう音がなる笛も楽しめると思いますよ^^.

次の

あやとり|一本の毛糸からできる昔の遊び!【昔のおもちゃアルバム】

あやとり 東京タワー

あやとりの技は簡単に覚えられてどこでもできて楽しい! あやとりは、紐さえもっていれば、いつでもどこでもできる遊びです。 幼稚園や小学生の頃はポケットに入れて休み時間によく遊びました。 そのときは「連続あやとり」や二人あやとりお互いにとっていくやつね、よくやりました。 楽しかったです。 今回もすごく懐かしくてしばらくず~っと遊んでいましたよ^^ 用意するもの ・毛糸 たったこれだけで色んな技が楽しめます。 (東京タワー・指ぬき・ほうき)などなど 毛糸を切ってはしとはしを結びます。 長さは親指と小指にとおしてひろげたときに軽くワキをしめて手をひろげたくらいの長さにします。 私は最初に作ったのが短くて、つくりなおしました。 調整してみてくださいね。 あやとりで東京タワーの簡単なやりかた 早速、東京タワーの技をやってみましょう! 親指と人差し指の間と薬指と小指の間に毛糸(ひも)を通します。 薬指を右手の毛糸(ひも)に通して ひっぱります。 右側の薬指も写真と同じ位置に入れて、 ひっぱります。 親指(左右)にかかっているひもを外します。 一番向こう(小指にかかっているひも)を親指でかけます。 薬指にかかっているひもをひろって のばします。 小指のひもを外します。 こうなっていますでしょうか? 小指で手前から3本目(親指にかかっているひも)をとります。 ひろげるとこうなります。 親指のひもを外します(左右) 小指にかかっているひもの手前側(写真)に親指をひっかけて のばします。 中指にかかっている毛糸(ひも)をこのようにもって、 親指にかけます。 親指にもともとあったひもを写真のように外します。 (どの指にもかけずそのまま) 反対側も同じように薬指のひもを 親指にひっかけて もともとあったひもを外します。 ひっぱります。 すると小さな三角形ができています。 そこに中指を写真のように入れます。 ここからが難しく感じる方がいますが大丈夫です。 そのまま落ち着いてやっていきましょう。 三角に薬指を突っ込んで、(左右) 小指を外しながら ひっぱるとはしごの形ができます。 左手をはさみでチョッキンと切るように指を閉じたり広げたりを少しずつやっていきます。 段々と細くなってきました。 もう少し・・ もう少し・・ もう少し・・ これくらいかな~東京タワー! 東京タワーの完成です。 お疲れ様でした。 あやとりで技のやり方を覚えるのは頭の運動になります 立派な東京タワーができました。 最初は何度かつまづいたのですが、何度かすると昔やったことを思い出したりもして作れました。 もう今は写真や動画見なくてもできます^^ こうだったかな・・次こうかな・・って考えるので頭の運動になりますね。 その他にも、「ほうき」と「指ぬき」という技もやりました。 どちらも簡単な技です。 「指ぬき」はマジックなのでちょっと自慢したくなる技ですよ^^ あやとり遊び、やりだすと本当に楽しくて夢中になりますね。 きっと高齢者の方の笑顔が見れますよ^^ レクリエーションで高齢者に!簡単なあやとりで東京タワーのやりかたのまとめ あやとりで「東京タワー」の技のやりかたをご紹介しました。 最初は難しいと感じて最後までできないかもしれません。 でもあきらめずに何度も挑戦してみてくださいね。 できるようになれば「簡単」って言葉がでてくると思います。 是非、楽しんでくださいね^^ こういう音がなる笛も楽しめると思いますよ^^.

次の

あやとり 東京タワーの簡単なやり方!

あやとり 東京タワー

簡単なあやとりの遊び方!記憶に残る遊びです あやとりのやりかたは、忘れてしまっているところと、毛糸の輪っかを作ったのを指にかければ、覚えているものとがありました。 昔にやったことが40代の私の記憶に残っている程なので、小さいお子さんが今から覚えて遊ぶあやとりも、きっと記憶に残るのでしょうね^^ 親子で楽しんでくださいね。 用意するもの ・毛糸(紐でもできます) 毛糸の端と端を結んだものを用意します。 長さは(次の写真参考してくださいね) いくつか切って用意したのですが、短すぎるとやりにくいので、少し長めのほうがいいです。 あやとりでマジック!指ぬきのやりかた では早速、指ぬきをやってみましょう~! とても簡単ですよ。 説明では指(親指、人差し指、中指、薬指、小指)という言い方で説明していきますね。 ゆっくりとやればできますのでついてきてください^^ 親指と人差し指の間と薬指と小指の間に紐を写真のようにかけます。 左手の薬指を右手のひもに下からとおして ひっぱります。 右側の薬指を左手薬指の輪になっているところに入れて ひっぱります。 親指で薬指にかかっている紐の手前側を写真のようにひっかけてとります。 するとこうなります。 小指と薬指にかかっているひもを全部、外して ひっぱります。 すると親指だけにこの形で残ります。 左右にひっぱった状態で、人差し指を ここにいれて、 指にかけます。 人差し指に紐をかけた状態です。 次に薬指を写真のように輪っかのところに入れて もちあげます。 次は同じように輪に薬指も入れてひっかけます。 次は小指をわっかに入れてひっかけて持ち上げます。 左手全部の指に紐がかかりました。 右手親指にかかっているひもを はずします。 ここからマジックのようになりますよ~^^ 左手の親指のところを写真のように右手でつまんでもちます。 そして手前にひっぱると スルスル~っと全部抜けます。 あら不思議! 日本の遊び!あやとりは伝統の遊びではなかった!? あやとり遊びでは最初に東京タワーをやったのですが難しかったです。 繰り返してやると覚えてしまってとても簡単に感じます。 この指ぬきは、簡単で手品のように遊べるので子供たちは喜ぶ顔が見れますよ^^ 順番に指にかけていく工程は繰り返しなので簡単です。 このあやとりの指ぬきも、覚えてしまえば2分もあればできるようになると思います。 指先を器用にしたり、難しい形を作っていくことで集中力や知識を高める効果が期待できると言われています。 楽しみながら、いいことづくめですね! あやとりは日本の伝統ではないそうです。 文字をもたない社会で歌や踊りと一緒に意思や知恵を伝える手段として世界で使われていたそうです。 日本が発祥だと思っていました。 日本は平安時代からはじまったという説があります。 是非、色んなあやとりに挑戦してみてくださいね。 あやとりの技!簡単なマジックの指ぬきのやり方まとめ あやとりで「ゆびぬき」をご紹介しました。 あやとりで「ほうき」も面白いですよ^^とても人気の技です。 東京タワーにも挑戦してみてね!.

次の