モンハン 4g 上位 装備。 mh4の防具♪おすすめ上位装備7選! 組み合わせは無限大!

【MH4G】モンスターハンター4G 攻略!!上位進行度別おすすめ装備・テンプレ装備まとめ

モンハン 4g 上位 装備

序盤ではまず慣れることから再スタート 上位にあがって「さて、いつものモンスターを軽く狩ってやろうかな」と舐めてかかると攻撃力や俊敏さに3乙することも珍しくないと思います… そこで、まずは基本のジャギィ装備の上位版である ジャギィS装備から挑戦してみましょう。 頭に2、胴・腕・脚に1ずつ。 【発動スキル】 ・気絶確率半減 ・砥石使用高速化 ・攻撃力UP【小】 〈ガンナー用〉 スロット数は4。 頭・胴・腕・脚に1ずつ。 【発動スキル】 ・装填速度+1 ・攻撃力UP【小】 ・気絶確率半減 ジャギィS装備で慣れてきたらテツカブラの カブラS装備もおすすめです。 頭・胴・腕に1ずつ。 【発動スキル】 ・防御力UP【中】 ・体力+20 ・採取-1 〈ガンナー用〉 スロットは4。 頭に2、胴・腕に1ずつ。 【発動スキル】 ・防御力UP【中】 ・体力+20 ・採取-1 剣士・ガンナー共に保守的なスキルですが、ここでポイントなのが 脚パーツに「胴系統倍加」が付いているというところです。 何か別の胴装備を組み合わせることで新たな可能性も…! 採取編 上位になるとお守りや出にくい素材集めなどでツアーに行くことが多くなると思います。 胴・腕・腰・脚に1ずつ。 【発動スキル】 ・採取+1 ・高速収集 剣士・ガンナー共に同じです と、いつものように一式揃えるかたちでも構わないのですが、ちょっと物足りない… そんなあなたに 装飾品+スロット付きの護石や、 胴系統倍加の組み合わせもご紹介!! 胴系統倍加の組み合わせでは、腰と脚を何の装備でもいいので胴系統倍加のものに変えてみましょう。 脚は先ほど紹介したカブラSのもの、腰にはクロムメタルなんかがいいかもしれません。 それともうひとつ、個人的に気に入っている採取装備をひとつご紹介します。 たいまつを持っているのと同じ効果の「燃鱗」は虫系の小型モンスターが寄ってきますが、アイルーやメラルーに邪魔されることなく採取に集中できますよ。 より強くなるために 上位にも慣れ、採取も存分に行ったら、またレベルの高いモンスターに挑んでいきましょう。 頭に3、腰に2、胴・腕・脚にずつ。 【発動スキル】 ・攻撃力UP【中】 ・火属性攻撃強化+1 ・体力回復量DOWN 剣士・ガンナー共に同じです 防御力だけでなく攻撃力も高く、スキルのレベルアップもさせやすい装備です。 上位での難点は、モンスターが強くなったということもありますが、装備を作るのに特定の「玉」や「逆鱗」が必要なところです。 とても出にくい素材なので、運に委ねるしかありません。 根気よく集めましょう。 ガッデム!! 頭に2、胴・腕・脚に1ずつ。 【発動スキル】 〈剣士用〉 ・龍属性攻撃強化+1 ・フルチャージ ・集中 ・回避性能+1 ・体力回復量DOWN 〈ガンナー用〉 ・龍属性攻撃強化+1 ・フルチャージ ・装填数UP ・回避性能+1 ・体力回復量DOWN ジンオウガ亜種の装備です。 龍属性の強化スキルはmh4のラスボスであるダラ・アマデュラに向けて発動させたいスキルですね。 ここでまた胴系統倍加の組み合わせを紹介したいと思います。 これの胴部分に回避珠【1】、護石や武器のスロットに強走珠【1】を入れれば、「回避性能+3」が付き、「鈍足」を打ち消すことができます。 ただし、 mh4Gではこの便利すぎる仕様が懸念されたのか、「匠」のスキルポイントが減り、「斬れ味レベル+1」を発動することができなくなってしまいました。 mh4限定の幻の装備です。 まとめ• 序盤はジャギィS、カブラSで上位に慣れてみよう! 採取装備も上位になってより便利になりました。 胴系統倍加や装飾品、護石を組み合わせることで発動スキルの幅を広げてみよう! 上位では入手確率の低い「玉」や「逆鱗」が必要な装備が出てきます。 頑張りましょう。 いかがでしたでしょうか。

次の

【MH4】上位からのお手軽おすすめ弓装備・防具・スキル構成 【攻略】

モンハン 4g 上位 装備

心眼+耳栓+耐震とくればラージャン狩りに最適な装備です。 回避距離UPを外して砲術系のスキルを追加しても良いですが、私は武器出し時の移動速度の遅さを補うために回避距離UPスキルを入れています。 やはり定番テンプレ装備だけあってチャージアックスでも使い勝手の良い装備ですね。 ガードも使えるチャージアックスでは斬れ味の劣化も気になるところですが、真打&業物が同時発動できるこの装備はそんなチャージアックスに最適な装備といえるのではないでしょうか。 属性攻撃強化はたまたま所有していた護石が神がかっていたので発動させましたが、お持ちの護石に合わせて発動スキルを調整してみてください。 前述の2つの定番テンプレより回避系スキルを充実させたい人にオススメの装備です。 ガードメインで立ちまわる場合は、ガードで斬れ味が落ちてしまいがちなので真打&業物の同時発動は必須です。 個人的にはチャージアックスは回避メインで立ちまわることが多いのですが、たまに上手な人がガードからの高出力を叩き込んでスタンさせるのを見かけると憧れます。 弱点特効が発動するので火力においても優秀なのですが、よくも悪くもやはり隠密スキルの存在が気になる装備ではあります。 気心の知れた仲間内で使うには良いと思いますが、隠密スキルは嫌われるので野良部屋で使うなら3で紹介したバランスタイプをオススメします。 個人的にギルクエのラージャンに行くときはこれで行っています。 攻守ともにバランス良くスキルが発動するので使いやすい装備です。 潔癖珠の詰まった武器は刀匠珠の武器よりは出やすいので、潔癖武器を発掘したらぜひ作ってみてください。 前作は睡眠爆破といえば睡眠片手剣の独壇場でしたが、本作ではこの装備でチェルノボグサイズをかつぐという新たな選択肢が生まれました。 睡眠爆破の定番モンスターのキリンを寝かせて超高出力で吹っ飛ばすのが快感です(笑)。 キリン以外のモンスターでもトラップマスターを活かしてサポート要員として立ち回れる器用な装備なので作っておいて損はないかと思います。 大剣のカイザーテンプレに似たスキル構成ですが、チャージアックスに集中スキルがあるとビンの溜めが早くなって快適です。 加えてチャージアックスは武器出しの移動速度が遅いので、近場であれば回避距離UPで対応して、遠くに行ってしまった場合に素早く納刀して移動できる納刀術はあると嬉しいスキルです。 ラージャン以外のほとんどのモンスターはこの装備で対応できる本当に優秀な装備です。 難点は護石が神がかってしまっているところなんですが・・・。 チャージアックスは回避メインでもガードメインでも立ち回れる点はランスに似ていますが、斬るだけでなく高出力でモンスターをスタンさせることもできる打撃武器の特徴も備えているので、使い手によって多様な闘い方のできる面白い武器です。 オススメ装備8パターンというとこれまで紹介してきたどの武器の装備よりも多いパターンなのですが、チャージアックスに関してはまだまだバリエーションはいくらでも考えられると思います。 今回紹介した装備をテンプレとして使って、ぜひあなたの立ち回りにぴったりな装備を作ってみてください!.

次の

上位までで作成できる大剣おすすめ装備【初心者向け】

モンハン 4g 上位 装備

序盤ではまず慣れることから再スタート 上位にあがって「さて、いつものモンスターを軽く狩ってやろうかな」と舐めてかかると攻撃力や俊敏さに3乙することも珍しくないと思います… そこで、まずは基本のジャギィ装備の上位版である ジャギィS装備から挑戦してみましょう。 頭に2、胴・腕・脚に1ずつ。 【発動スキル】 ・気絶確率半減 ・砥石使用高速化 ・攻撃力UP【小】 〈ガンナー用〉 スロット数は4。 頭・胴・腕・脚に1ずつ。 【発動スキル】 ・装填速度+1 ・攻撃力UP【小】 ・気絶確率半減 ジャギィS装備で慣れてきたらテツカブラの カブラS装備もおすすめです。 頭・胴・腕に1ずつ。 【発動スキル】 ・防御力UP【中】 ・体力+20 ・採取-1 〈ガンナー用〉 スロットは4。 頭に2、胴・腕に1ずつ。 【発動スキル】 ・防御力UP【中】 ・体力+20 ・採取-1 剣士・ガンナー共に保守的なスキルですが、ここでポイントなのが 脚パーツに「胴系統倍加」が付いているというところです。 何か別の胴装備を組み合わせることで新たな可能性も…! 採取編 上位になるとお守りや出にくい素材集めなどでツアーに行くことが多くなると思います。 胴・腕・腰・脚に1ずつ。 【発動スキル】 ・採取+1 ・高速収集 剣士・ガンナー共に同じです と、いつものように一式揃えるかたちでも構わないのですが、ちょっと物足りない… そんなあなたに 装飾品+スロット付きの護石や、 胴系統倍加の組み合わせもご紹介!! 胴系統倍加の組み合わせでは、腰と脚を何の装備でもいいので胴系統倍加のものに変えてみましょう。 脚は先ほど紹介したカブラSのもの、腰にはクロムメタルなんかがいいかもしれません。 それともうひとつ、個人的に気に入っている採取装備をひとつご紹介します。 たいまつを持っているのと同じ効果の「燃鱗」は虫系の小型モンスターが寄ってきますが、アイルーやメラルーに邪魔されることなく採取に集中できますよ。 より強くなるために 上位にも慣れ、採取も存分に行ったら、またレベルの高いモンスターに挑んでいきましょう。 頭に3、腰に2、胴・腕・脚にずつ。 【発動スキル】 ・攻撃力UP【中】 ・火属性攻撃強化+1 ・体力回復量DOWN 剣士・ガンナー共に同じです 防御力だけでなく攻撃力も高く、スキルのレベルアップもさせやすい装備です。 上位での難点は、モンスターが強くなったということもありますが、装備を作るのに特定の「玉」や「逆鱗」が必要なところです。 とても出にくい素材なので、運に委ねるしかありません。 根気よく集めましょう。 ガッデム!! 頭に2、胴・腕・脚に1ずつ。 【発動スキル】 〈剣士用〉 ・龍属性攻撃強化+1 ・フルチャージ ・集中 ・回避性能+1 ・体力回復量DOWN 〈ガンナー用〉 ・龍属性攻撃強化+1 ・フルチャージ ・装填数UP ・回避性能+1 ・体力回復量DOWN ジンオウガ亜種の装備です。 龍属性の強化スキルはmh4のラスボスであるダラ・アマデュラに向けて発動させたいスキルですね。 ここでまた胴系統倍加の組み合わせを紹介したいと思います。 これの胴部分に回避珠【1】、護石や武器のスロットに強走珠【1】を入れれば、「回避性能+3」が付き、「鈍足」を打ち消すことができます。 ただし、 mh4Gではこの便利すぎる仕様が懸念されたのか、「匠」のスキルポイントが減り、「斬れ味レベル+1」を発動することができなくなってしまいました。 mh4限定の幻の装備です。 まとめ• 序盤はジャギィS、カブラSで上位に慣れてみよう! 採取装備も上位になってより便利になりました。 胴系統倍加や装飾品、護石を組み合わせることで発動スキルの幅を広げてみよう! 上位では入手確率の低い「玉」や「逆鱗」が必要な装備が出てきます。 頑張りましょう。 いかがでしたでしょうか。

次の