相田 みつを 本気。 相田みつを『本気』に隠された幸せになる方法。

相田みつをのおすすめ作品・本6選【名言集からカレンダーまで】

相田 みつを 本気

詩人、書家 相田みつを さん死去 1991年(平成3年)12月17日 死去 享年67歳• 詩人、書家 相田みつを さん死去 心に響く言葉や、自由な書風で知られた 書家で詩人の 相田 みつを(あいだ みつを)さんが1991年(平成3年)12月17日、脳内出血ため死去した。 67歳だった。 「つまづいたっていいじゃないか にんげんだもの」や「しあわせは いつも じぶんのこころがきめる」など、独特の書体で短く平易な自らの言葉を書く作風を確立し注目を集めた。 「書の詩人」「いのちの詩人」とも称された。 また、1984年(昭和59年)には詩集「にんげんだもの」を出版し広く知られるようになった。 今年、道でころんで足を骨折し、栃木県足利市内の整形外科に入院したが 脳内出血と診断され治療を受けていた。 本名は相田 光男。 雅号は貪不安(ドンフアン)。 詩人、書家。 平易な詩を独特の書体で書いた作品で知られる。 「書の詩人」、「いのちの詩人」とも称される。 旧制栃木県立足利中学校在学中に書や短歌、絵に親しんだ。 卒業後は歌人 山下陸奥に師事した。 1942年、歌会で生涯の師となる曹洞宗高福寺の武井哲応と出会い、在家しながら禅を学んだ。 1943年、書家を志して岩沢渓石に師事、本格的に書の修行を積んだ。 1953年、関東短期大学夜間部国文科卒。 専門家でなければ理解しにくい書のあり方に疑問を抱き、「書」と「詩」の高次元での融合を目指すようになり、三十歳のころ、独特の書体で、短く平易な自らの言葉を書く作風を確立した。 1954年、最初の個展を足利市で開催。 個展はその後も足利市などで毎年開催されるようになった。 1974年、紀野一義のベストセラー『生きるのが下手な人へ』で紹介され、さらに1984年、詩集『にんげんだもの』出版が契機となり、広く知られるようになった。 『にんげんだもの』はその後ミリオンセラーとなり、つづく第2詩集の『おかげさん』(1987年)も約25万部のベストセラー、地位を確立した。 1991年、道でころんで足を骨折し、足利市内の整形外科に入院したが、脳内出血と診断され、それが原因となり急逝。 享年67歳。 特記事項 1954年、大きな商家の末娘であった平賀千江と結婚。 千江は歌会で相田と知り合った。 一男一女をもうけ、家族四人は八畳一間で暮らしていたが、相田だけは三十畳のアトリエを独占していたという。 相田みつを美術館館長の相田一人は長男。

次の

相田みつを

相田 みつを 本気

「にんげんだもの」出版 そんな苦しい生活が長く続きますが、ついに転機が訪れます。 みつをさんの詩をたまたま見たファッションデザイナー松本瑠樹さんと出会い、彼の懸命な働きかけによって、 のちにミリオンセラーとなる「にんげんだもの」を出版します。 この時みつをさんは60歳になっていました。 これがきっかけとなり、 みつをさんの詩は多くの人に広く知られるようになりました。 松本さんは当時無名のみつをさんの本を出版してくれるように、大半の部数は自分が買い取ることを条件に出版社にお願いをしたと言います。 その後の詩集もベスロセラーとなるなど、 ようやく詩人書家として日の目をみた矢先、道で転んで足を骨折、さらにそのあと脳内出血を起こし、それが原因で 67歳でみつをさんはこの世を去ることとなりました。 みつをさんは最期まで展覧会への意欲を見せるなど、 仕事に対して情熱を燃やしていたと言います。 みつをさんが世間に知れるようになったのは60歳の時。 それまでの間、生活に困窮しながらも自分の書を書き続けました。 長年にわたり彼が書をやり続けられたのは、それが 自分にしかできない仕事だと心の底から感じていたからです。 だから自らにも常に厳しく対し、納得がいくまで何枚も書き直し、作品には最高の物を使た。 これは自分にしかできないコト に誇りを持っていたことの表れでしょう。 みつをさんは金銭的にはとても貧しく、やっと「にんげんだもの」を出版してもそれから7年しか生きられませんでした。 しかし「 しあわせはいつも自分のこころがきめる」という彼の言葉にもあるように自分が決めた道を一心不乱に進み続けたみつをさんの人生は幸せそのものだったはずです。 今回、みつをさんの言葉で印象的だったのが、「 人間を動かすものは難しい理論や理屈じゃない」という言葉でした。 統計やマーケティング、またはAIの発達により人間のデータは常に蓄積されていきます。 しかし人の行動をある程度予測できるようになっても、 心の底から感動するものは理論理屈から出てくるものではないと信じたい。 飛行機で行けばすぐ着くのにあえて自転車を使ってみたり。 人間は一見、無駄や無意味だと感じるものに心動かされ、価値を見出せる唯一の生き物です。 理論、やり方、技術的な部分も大事ではありますが、みつをさんの「 しんじつだけが魂をうつ」という言葉にもあるように、人の心を動かすのは それらを超えた普遍的なもの。 実はとてもシンプルなものだと感じさせられました。 人生を削り出した自らの言葉で多くの人の心を動かした相田みつをの言葉からそれを学びました。

次の

相田みつを

相田 みつを 本気

なんでもいいからさ 本気でやってごらん 本気でやれば たのしいから 本気でやれば つかれないから つかれても つかれが さわやかだから Mitsuo Aida 詩人 書家 1924〜1991 もうこれしかない。 と、自分の全てを賭けて、本気でやること。 意外と人間は、 逃げ道を創っていたり、 できない言い訳をすぐに考えたりするものでしょう。 それがどんなことでもいいですね。 どんなことの中にも、 自然界の真理に沿わなければ、上手くいかず、 沿っていけば、上手くいく。 という同じ原理原則があります。 それを学んで、身につけていけば、 どんなことにも応用できるようになります。 全身全霊を賭けて、 チャレンジできることが、 好きなことであるとは限りません。 そういうものに、 すでに巡り会えているかもしれませんし、 まだかもしれません。 ただ、もしそういうものに、 巡り会いたいと感じているのであれば。 まずは、今目の前にある、 自分にできることに、 「真剣」に「本気」で向き合っていくことです。 その先に、必ず本物、真実は見えてきます。 何にも本気にならなくて、 本気になれるものを見つけようとしても、 それはとても無理があるでしょう。 全てを賭けてこそ見えてくるもの、 そうでなければ、 見えてこないものがあります。 これまでに紹介した、相田みつをさんの言葉です。 なんでもいいからさ 本気でやってごらん 本気でやれば たのしいから 本気でやれば つかれないから つかれても つかれが さわやかだから Mitsuo Aida 詩人 書家 1924〜1991 もうこれしかない。 と、自分の全てを賭けて、本気でやること。 意外と人間は、逃げ道を創っていたり、できない言い訳をすぐに考えたりするものでしょう。 それがどんなことでもいいですね。 どんなことの中にも、自然界の真理に沿わなければ上手くいかず、沿っていけば上手くいく。 という同じ原理原則があります。 それを学んで身につけていけば、どんなことにも応用できるようになります。 全身全霊を賭けてチャレンジできることが、好きなことであるとは限りません。 そういうものにすでに巡り会えているかもしれませんし、まだかもしれません。 ただ、もしそういうものに巡り会いたいと感じているのであれば、まずは今目の前にある自分にできることに「真剣」に「本気」で向き合っていくことです。 その先に、必ず本物、真実は見えてきます。 何にも本気にならなくて、本気になれるものを見つけようとしても、それはとても無理があるでしょう。 全てを賭けてこそ見えてくるもの、そうでなければ見えてこないものがあります。 これまでに紹介した、相田みつをさんの言葉です。

次の