こと ろ こと ろ と は。 事(コト)とは

麦の郷ゆめ・やりたいこと実現センター

こと ろ こと ろ と は

家計のやりくりの取材を20年近く続けてきた経験から、お金を貯めている人には共通点があることがわかりました。 貯めている人が共通してやることがある一方で、「これは絶対にやらない」ということがあります。 今回は、1000万円貯めた人が「やらないこと」を紹介していきます。 ボーナスで生活費の赤字を穴埋めしない 貯めている人は、家計を1カ月単位で締めます。 つまり、1カ月の収支を合わせて赤字を出さないということです。 赤字ではなく、黒字にして貯蓄にまわすことでお金を増やしていきます。 貯め下手さんがよくやる「月の赤字をボーナスで補てんする」ということはありません。 ボーナスで月の赤字の穴埋めをしない理由は簡単。 ボーナスの金額が減額したり、出なかったりしたときに家計が苦しくなるからです。 ボーナスはボーナスで、あらかじめ使途を考えて、計画的に使います。 先取り貯蓄は多めにしない お金を貯めるには「先取り貯蓄」がマストです。 「余ったら貯金しよう」では、いつまで経ってもお金は貯まりません。 貯めている人はガッツリ先取り貯蓄をしているように思われがちですが、実は違います。 わが家の家計に合った無理のない金額を先取りしています。 というのは、無理な金額を先取りすると、結局、途中で足りなくなり、せっかく貯金した分を下ろすことになるからです。 また先取り分を多くすると、やりくりがギリギリになりストレスがたまります。 先取り貯蓄は無理のない適正な金額にして、気持ちに余裕をもって家計管理するのが正解。 結果的に、給料日前にお金が余ったら「残し貯め」として貯蓄にまわします。 まとめ買いで値引きにつられない 「1足350円の靴下を3足買うと1000円」や、「2着買うと20%OFF」など、まとめ買いをすることで値引きされることがよくあります。 一見おトクなように感じますが、お金を貯めている人は、「おトク度」を冷静に判断します。 たとえば、必要な靴下の数が2足だった場合は、まとめ買いすることでたとえ1足あたりの単価が安くなっても、3足は買いません。 2足なら出費は700円で済みますが、3足だと1000円で300円多くなります。 靴下が1足多く手に入っても、その靴下は実際のところ必要ではもの。 貯めている人は「必要なもの」を安く買うことを「おトク」と考えます。 「必要ではないもの」を安く買ってもおトクとは考えないので、「まとめ買いで値引き」にはつられません。 お金を頻繁に下ろさない 貯めている人は、銀行ATMでお金を下ろすのは月1回だけ。 水道光熱費やスマホ代など銀行口座から引き落とされるものとは別に、食費やこづかいなど現金で管理する分がいくらになるかを、あらかじめ計算して、その分をまとめて1回で下ろします。 ちょこちょこお金をおろすと、今月いくら使ったか、あといくら使えるかがわかりにくくなるからです。 "映え"を狙わない 貯めている人は、いわゆる"インスタ映え"は気にしません。 たとえば、夕飯のおかずやお弁当でも"映え"を気にして、彩りだけのための食材を買うことはありません。 また"映え"のために、オシャレなカフェに行くこともありません。 人からどのように見られるかを気にするのではなく、「自分の価値観=自分軸」を大事にするのが貯められる人です。 1000万円ためている人が、共通して「やらないこと」をピックアップしましたが、いかがでしたでしょうか? お金を貯めている人というと、カリカリ節約しているイメージがあるかもしれませんが、実は意外とそうでもなく、肩の力を抜いてマイペースで貯めている人が多いのも事実です。 マイペースだから長続きして、気がついたら1000万円貯まっている……というわけです。 今回の「やらないこと」、もし「わたしはやっているかも」と当てはまるものがあったら、まずは1つからでも「やらない」心がけをしてみてはいかがでしょうか。

次の

引越しやることガイド

こと ろ こと ろ と は

家計のやりくりの取材を20年近く続けてきた経験から、お金を貯めている人には共通点があることがわかりました。 貯めている人が共通してやることがある一方で、「これは絶対にやらない」ということがあります。 今回は、1000万円貯めた人が「やらないこと」を紹介していきます。 ボーナスで生活費の赤字を穴埋めしない 貯めている人は、家計を1カ月単位で締めます。 つまり、1カ月の収支を合わせて赤字を出さないということです。 赤字ではなく、黒字にして貯蓄にまわすことでお金を増やしていきます。 貯め下手さんがよくやる「月の赤字をボーナスで補てんする」ということはありません。 ボーナスで月の赤字の穴埋めをしない理由は簡単。 ボーナスの金額が減額したり、出なかったりしたときに家計が苦しくなるからです。 ボーナスはボーナスで、あらかじめ使途を考えて、計画的に使います。 先取り貯蓄は多めにしない お金を貯めるには「先取り貯蓄」がマストです。 「余ったら貯金しよう」では、いつまで経ってもお金は貯まりません。 貯めている人はガッツリ先取り貯蓄をしているように思われがちですが、実は違います。 わが家の家計に合った無理のない金額を先取りしています。 というのは、無理な金額を先取りすると、結局、途中で足りなくなり、せっかく貯金した分を下ろすことになるからです。 また先取り分を多くすると、やりくりがギリギリになりストレスがたまります。 先取り貯蓄は無理のない適正な金額にして、気持ちに余裕をもって家計管理するのが正解。 結果的に、給料日前にお金が余ったら「残し貯め」として貯蓄にまわします。 まとめ買いで値引きにつられない 「1足350円の靴下を3足買うと1000円」や、「2着買うと20%OFF」など、まとめ買いをすることで値引きされることがよくあります。 一見おトクなように感じますが、お金を貯めている人は、「おトク度」を冷静に判断します。 たとえば、必要な靴下の数が2足だった場合は、まとめ買いすることでたとえ1足あたりの単価が安くなっても、3足は買いません。 2足なら出費は700円で済みますが、3足だと1000円で300円多くなります。 靴下が1足多く手に入っても、その靴下は実際のところ必要ではもの。 貯めている人は「必要なもの」を安く買うことを「おトク」と考えます。 「必要ではないもの」を安く買ってもおトクとは考えないので、「まとめ買いで値引き」にはつられません。 お金を頻繁に下ろさない 貯めている人は、銀行ATMでお金を下ろすのは月1回だけ。 水道光熱費やスマホ代など銀行口座から引き落とされるものとは別に、食費やこづかいなど現金で管理する分がいくらになるかを、あらかじめ計算して、その分をまとめて1回で下ろします。 ちょこちょこお金をおろすと、今月いくら使ったか、あといくら使えるかがわかりにくくなるからです。 "映え"を狙わない 貯めている人は、いわゆる"インスタ映え"は気にしません。 たとえば、夕飯のおかずやお弁当でも"映え"を気にして、彩りだけのための食材を買うことはありません。 また"映え"のために、オシャレなカフェに行くこともありません。 人からどのように見られるかを気にするのではなく、「自分の価値観=自分軸」を大事にするのが貯められる人です。 1000万円ためている人が、共通して「やらないこと」をピックアップしましたが、いかがでしたでしょうか? お金を貯めている人というと、カリカリ節約しているイメージがあるかもしれませんが、実は意外とそうでもなく、肩の力を抜いてマイペースで貯めている人が多いのも事実です。 マイペースだから長続きして、気がついたら1000万円貯まっている……というわけです。 今回の「やらないこと」、もし「わたしはやっているかも」と当てはまるものがあったら、まずは1つからでも「やらない」心がけをしてみてはいかがでしょうか。

次の

「こと」と「事」の使い分け。

こと ろ こと ろ と は

新居と引越し日が決まったらすぐに引越し会社選びをはじめましょう。 引越し会社を選ぶなら一括見積もりサイトが便利です。 安い会社を比較できる• 引越し条件の入力が1回で済む 下の一括見積もりサイトが使いやすいと評判です。 運輸大手のクロネコヤマトが引越し業務から撤退• 働き方改革による引越作業員の労働時間の減少• 慢性的な人手不足 下のツイートのように予約が取りづらいことを痛感している人も多いです。 これは2~4月の引越しシーズンだけではなく年間を通じて影響を受けています。 自分の希望日に引越しをしたいなら、早めに予約を取りましょう。 【おすすめ】下の引越し一括見積もりサイトも使いやすいです。 Googleスプレッドシートはネットで使える表計算ソフトです。 マイクロソフトのExcelと同じ機能を持っています。 コピーすれば自分だけのチェックリストになる このファイルをコピーすれば自分用に好きなように編集できるようになります。 PDFも便利ですが、カスタマイズできるスプレッドシートの方がさらに便利です。 コピーする自分用にメモを書き込めるようになります。 引越し日や連絡先をメモすると便利です。 また、自分用の項目を追加することもできます。 Googleスプレッドシートをスマホで使う場合は下のアプリをインストールしてください。 引越しが決まったら~1ヶ月前にやること 新居の契約やネット回線の手配など、一部の手続きは時間がかかるので早めに行う必要があります。 引越しの1ヶ月前までにやることをまとめました。 引越し日を決める• 引越しでやることを確認• 新居の契約• 現住居の退去連絡• 不用品の処分• 引越し会社の予約• 固定電話の移転の手配• ネット回線の手配• 引越し時の移動・宿泊の手配• 転校届の提出 1ヶ月前までと書きましたが早めに取りかかるほど余裕が出てきます。 ギリギリまで放っておくのではなく引っ越しすることが決まった時点ですぐに取りかかりましょう。 引越し日を決める 最初にするのが引越し日を決めることです。 次の理由から引越し日は、現時点より1ヶ月以上先に設定しましょう。 新居の審査、契約に時間がかかる• 一般的に現住居の退去通知は1ヶ月より前にする必要がある(賃貸契約書で確認。 もっと前にするケースもあり)• 引越し業者の手配が間に合わない• 荷物の梱包や転出届などの手続きがたくさんあるので忙しい これらに加えて、勤務先、学校、家族の都合を考慮して決めましょう。 また、土日祝日は引越しが集中して引越し料金が高くなる傾向にあります。 可能であれば平日を引越し日にしましょう。 そうすれば、少しは費用を抑えることができます。 遠距離の引っ越しは3つの日にちを把握しておく 市内の引越しなら午前中に今の家から荷物を運び出して、午後に新居に荷物を運び入れるという感じで1日で引越しが終わります。 しかし、県外への引っ越しは荷物や人の移動に2~3日かかることがあります。 あとで慌てないために次の3つの日にちを把握しておきましょう。 引越し業者が荷物を運び出し、現住居を大家に引き渡す日• 現住所から新しい住所に荷物が移動する日数• 新しい住居の家の鍵を受け取り、荷物を運び入れる日 この3つの日にちを元に引越しのスケジュールを決めましょう。 新居の契約 引越し先が賃貸のマンション・アパートの場合は、新居の探して賃貸契約を行いましょう。 社宅や実家の場合は会社や家族への連絡が必要です。 新しく家を購入した場合はすでに契約を済ませているのでこの段階で契約はありません。 賃貸契約の手順 1. 賃貸物件の検索サイトで引越し先の物件の目星(家賃、間取り、住む地域、住宅タイプなど)をつける。 引越し先の不動産屋に行き、物件を決める 3. 入居申込書に記入し、手付金を預ける 4. 物件の管理会社が入居審査を行う 5. 審査に合格したら契約書が郵送される 6. 契約書の必要項目に記入し、必要書類を添えて返送する 7. 詳しくは不動産屋に確認して下さい。 どういう手続が必要なのかは契約書に書いてあるのでちゃんと目を通しておきましょう。 民間の賃貸物件だと「1ヶ月前まで」に解約予告するケースが多いです。 なかには「2ヶ月前まで」に予告するように求めているケースもあるので要注意です。 期限より遅れて解約の連絡をすると追加で家賃を請求されることもあるので注意しましょう。 解約の連絡は、大家さんや管理会社に電話で連絡した上で解約届を提出します。 解約届は契約書の最終ページについていることが多いです。 この時、物件の引き渡しと鍵の返却日時も決めておきます。 【退去の連絡ですること】• 賃貸契約書で退去手続きを確認する• 物件の引き渡し(立ち会い)と鍵の返却日時を決める• 大家さんや管理会社に電話で連絡する• 解約届を提出する 普通の生活で生じる壁紙の変色など経年変化による修繕は大家が負担します。 しかし、入居者が原因の破損や汚れの修繕は敷金から差し引かれます。 敷金はどのくらい戻ってくるのか、壁紙を汚してしまったがこちらが負担する必要があるのかといった疑問には下のページのガイドラインが参考になります。 引越し会社を決めるときは「 引越し一括見積もりサイト」を利用するのが便利です。 一括見積もりサイトのメリット• 引越し会社同士で 競争するので安くなる• どの会社が安いのかすぐに分かる• 見積もり条件を一回で全業者に伝わるので楽チン 下の引越し侍という見積もりサイトが使いやすくておすすめです。 見積もりするときのポイントや引越しプランの選び方、もっと料金を節約する方法などをこちらで説明しています。 【引越し会社の予約ですること】• 自分の引っ越しにあったサービスを見つけましょう。 しかし、固定電話は移転工事が必要なのでなるべく早く工事の予約をしておきましょう。 NTT電話の引越しはNTT東日本、西日本ともに局番なしの「116」で受け付けています。 その他に下のウェブサイトでも手続きをすることができます。 引越しの機会に電話線ではなくネット回線を利用したお得なひかり電話(IP電話)にしても良いでしょう。 また、下のインターネット回線と組み合わせてパッケージ契約すると料金を安く抑えることができます。 【固定電話の移設手配ですること】• 116(局番なし)に電話して移設の手配をお願いする• または、ウェブサイトで移設の手配をする• 早めに予約して新居の入居日の翌日くらいに来てもらうようにしておくのがおすすめです。 3~5月の引越しシーズンは工事の予約が一杯で、だいぶ後じゃないと工事してもらえないこともあります。 最近はネットがない生活なんてありえない!と考える人も多いでしょうから忘れずに予約しておきましょう。 ネット回線の品質(通信速度や料金)は年々向上しています。 引越しの機会に、もっと良い条件のネット回線がないかにチェックしてみると良いでしょう。 現在、契約しているネット会社(回線事業者とプロバイダ)を引越し先でも利用する場合は、ホームページで住所変更の手続を行って下さい。 【インターネット回線の手配ですること】• 引越し先で利用する回線事業者とプロバイダを決める• 新居のレイアウト(家具の配置)を決めて、持っていく家財道具と処分するものを決めたら不要な家具・家電の処分に取りかかりましょう。 不用品の処分方法は大きく次の2つがあります。 ゴミとして処分する(粗大ごみ、資源ごみ、リサイクルなど)• 買取サービスを利用する それぞれの家具の具体的な処分方法についてはこちらで説明します。 新居の家具のレイアウトを決める• 不要な家具・家電を処分する 引越し時の移動・宿泊の手配 市内の引越しだと1日で引越しが終わるので宿泊を考える必要はありません。 しかし、県をまたぐ引っ越しだと荷物の移動に1日以上かかります。 例えば、トラック輸送のスケジュールは距離によってだいたい1~2日かかります。 実際のスケジュールは予約した引越し会社に確認する必要があります。 しかし、これ以上早く荷物が着くことはないので、宿泊手段は考えておく必要があります。 旅行会社のサイトを利用するとスケジュールに合わせた個人向けのパック旅行を組み立てることができるので便利です。 荷物が到着する前日に現地に到着して鍵を受け取っておくと余裕を持って荷物を受け入れることができます。 【移動・宿泊の手配ですること】• 荷物のスケジュールを引越し会社に確認する• 荷物のスケジュールに合わせて移動手段と宿泊方法を決める 移動手段としては、電車、飛行機、バス、フェリー、車があります。 料金や運行スケジュールを検討して決めましょう。 宿泊方法には、ホテルや友人知人の家、実家などがあります。 途中の観光地に泊まっても良いですし、引っ越し先に前乗りするのも良いでしょう。 いずれにしても移動手段や宿泊先は早めに予約しておきましょう。 早めに予約すると飛行機やホテルは割引になるケースがありますし、旅行シーズンだと予約が埋まってしまうこともあります。 子供の転校の手続き 小・中学校の一般的な転校手続きは次のとおりです。 【引越し前の手続き】• 担任の先生に引越しすることを伝える• 引越し先の市町村区役所(教育委員会)に電話連絡して転校することを伝える• 今の学校から在学証明書と教科書給与証明書をもらう 【引越し後の手続き】• 引越し先の市町村区役所(教育委員会)から転入学通知書をもらう• 引越し先の学校に転入学通知書と在学証明書と教科書給与証明書を提出する ただ、地域によって手順や必要な書類は違います。 どのような手続きが必要なのかは役所のホームページで確認して下さい。 GoogleやYahoo! 例えば、「転校 多摩市」で検索すると、東京都の多摩市役所の転校手続きを案内するページが見つかります。 また、「転校 大阪市」で検索すると、大阪市役所の転校手続きを案内するページが見つかります。 引っ越し前後の地域でそれぞれどんな手続が必要なのかを調べて下さい。 【転校手続きですること】• 担任の先生にはやめに相談する• 引越し屋さんの予約は早めに!.

次の