池田 泉州 銀行。 店舗・ATMのご案内|池田泉州銀行

店舗・ATMのご案内|池田泉州銀行

池田 泉州 銀行

)は、に本店を置く。 概要 いわゆるのとが(平成22年)に合併して発足。 合併に伴い、旧・池田銀行が5店舗、旧・泉州銀行が4店舗改称・再編された。 旧・池田銀行の大阪梅田営業部が本店 となり、両行の本店は旧行名を冠した営業部(それぞれ、池田営業部・泉州営業部)に、旧・池田銀行堂島営業部は支店に降格された。 また名称が重複する店舗の一方が改称されている。 支店コードは全店舗で変更は無い。 旧・池田銀行の地盤である大阪府・兵庫県の・沿線。 および、旧・泉州銀行の地盤である大阪府の泉州地方において、を受託している地方自治体が複数存在する(複数行による輪番制含む)。 沿革 合併前の沿革については「」および「」参照• (平成22年)5月1日 - がと合併し、 株式会社池田泉州銀行に改称。 (平成23年)12月30日 - とのATM利用手数料相互無料開放を終了。 同時に、三菱東京UFJ銀行ATMでの預け入れサービスも終了。 (平成24年)10月9日 - 大阪支店(旧泉銀店)が、となっている本町支店(旧池銀店)に統合され、廃止。 (平成24年)10月13日 - 大阪梅田営業部の窓口・口座店名称を「本店営業部」に改称。 (平成26年)3月4日 - 阿倍野筋の18階に「あべのハルカス支店」を、地下1階に「外貨両替ショップあべのハルカス店」を開設。 (平成27年)11月9日 - 構内の有人外貨両替ショップを廃止した上で新たに外貨両替機を設置。 (平成29年)12月4日 - とATMを無料相互開放を開始。 情報処理システム 勘定系システム システム統合は(平成24年)1月、旧池田銀が2005年1月のリプレースによって利用していたへの片寄せで実施された。 ATM提携• 池田泉州ホールディングス 平成22年5月6日• 池田泉州銀行 平成24年7月30日• 池田泉州銀行 平成24年7月30日• 産経ニュース. 2015年11月5日. 2016年1月31日閲覧。 京都新聞. 2017年11月3日. 2018年5月10日閲覧。 日経コンピュータ. 2012年1月5日. 2014年6月4日閲覧。 - 池田泉州銀行(平成24年(2012年)8月21日閲覧)• 産経ニュース. 2015年8月13日. 2016年1月31日閲覧。 外部リンク ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

池田泉州銀行 個人インターネットバンキング

池田 泉州 銀行

)は、に本店を置く。 概要 いわゆるのとが(平成22年)に合併して発足。 合併に伴い、旧・池田銀行が5店舗、旧・泉州銀行が4店舗改称・再編された。 旧・池田銀行の大阪梅田営業部が本店 となり、両行の本店は旧行名を冠した営業部(それぞれ、池田営業部・泉州営業部)に、旧・池田銀行堂島営業部は支店に降格された。 また名称が重複する店舗の一方が改称されている。 支店コードは全店舗で変更は無い。 旧・池田銀行の地盤である大阪府・兵庫県の・沿線。 および、旧・泉州銀行の地盤である大阪府の泉州地方において、を受託している地方自治体が複数存在する(複数行による輪番制含む)。 沿革 合併前の沿革については「」および「」参照• (平成22年)5月1日 - がと合併し、 株式会社池田泉州銀行に改称。 (平成23年)12月30日 - とのATM利用手数料相互無料開放を終了。 同時に、三菱東京UFJ銀行ATMでの預け入れサービスも終了。 (平成24年)10月9日 - 大阪支店(旧泉銀店)が、となっている本町支店(旧池銀店)に統合され、廃止。 (平成24年)10月13日 - 大阪梅田営業部の窓口・口座店名称を「本店営業部」に改称。 (平成26年)3月4日 - 阿倍野筋の18階に「あべのハルカス支店」を、地下1階に「外貨両替ショップあべのハルカス店」を開設。 (平成27年)11月9日 - 構内の有人外貨両替ショップを廃止した上で新たに外貨両替機を設置。 (平成29年)12月4日 - とATMを無料相互開放を開始。 情報処理システム 勘定系システム システム統合は(平成24年)1月、旧池田銀が2005年1月のリプレースによって利用していたへの片寄せで実施された。 ATM提携• 池田泉州ホールディングス 平成22年5月6日• 池田泉州銀行 平成24年7月30日• 池田泉州銀行 平成24年7月30日• 産経ニュース. 2015年11月5日. 2016年1月31日閲覧。 京都新聞. 2017年11月3日. 2018年5月10日閲覧。 日経コンピュータ. 2012年1月5日. 2014年6月4日閲覧。 - 池田泉州銀行(平成24年(2012年)8月21日閲覧)• 産経ニュース. 2015年8月13日. 2016年1月31日閲覧。 外部リンク ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

池田泉州銀行|18年卒 総合職のリクルーター面談1回目の選考体験談|就活サイト【ONE CAREER】

池田 泉州 銀行

「企業」を知る。 志望理由でライバルとの差を付けよう! ここでは、池田泉州銀行の経営理念や同じ銀行業界に属する競合会社との比較、最近のニュースなどを通じて、 「数ある銀行の中で、なぜ池田泉州銀行なのか?」という質問への対策を考えましょう。 池田泉州銀行について深く知るために、まずは池田泉州銀行の経営理念を確認しましょう。 そこから池田泉州銀行が求める人材が見えてくるはずです。 企業が求める人材を知ることで、あなたが何をアピールすべきかが分かります。 池田泉州銀行の企業理念は、以下の通り。 『「幅広いご縁」と「進取の精神」を大切に、お客様のニーズに合ったサービスを提供し、地域の皆様に「愛される」金融グループを目指します。 』(池田泉州ホールディングス「経営理念」より引用) ここから分かるポイントは、「信頼」「存在感」「共生」の3点。 池田泉州銀行は、地域を第一に考えることで信頼され、地域での存在感を示し、地域との共生を目指しています。 そのため、求める人材は、お客さまから信頼され密な関係を築ける人。 常にお客さま本位で考え、満足と支持を得られるよう努力できる人を必要としています。 ですから、経営理念に共感した上でみなさんがアピールすべきなのは、以下の3点だと考えられます。 ・地域に密着し、顧客から信頼を得るために自分にできること ・学生時代、周りからの信頼を得て存在感を示した経験 ・失敗や挫折を乗り越え達成したこと、そこから得た入社後活かせるような強み 次に、銀行業界の中で池田泉州銀行と競合会社とを比較してみましょう。 今回は、池田泉州銀行と同じく大阪拠点の地方銀行である近畿大阪銀行と比較してみます。 まずは店舗エリア、店舗数を比べてみましょう。 池田泉州銀行は大阪府内に圧倒的な店舗数を有しており、兵庫県の主要都市である神戸、尼崎、西宮などを加えて合計139店舗(平成28年3月31日現在)を構えています。 一方の近畿大阪銀行も大阪府を中心に、兵庫県、京都府、奈良県など合計120店舗(平成28年3月31日現在)となっています。 次に池田泉州銀行と近畿大阪銀行のグループ全体の財務状況を見てみましょう。 池田泉州ホールディングスの平成28年3月期経常収益は110,347百万円(前年比3. 4%減)、経常利益は22,335百万円(前年比4. 6%増)となっています。 今後は、収益構造の抜本的な変革として地元顧客基盤の拡充を目指しており、独立系として、スピーディな判断力、行動力を武器に、新サービス展開や、海外展開も視野に入れています。 対する近畿大阪銀行を傘下に収めるりそなホールディングスの業績は、経常収益817,408百万円(前年比5. 1%減)、経常利益251,705百万円(前年比24. 5%減)。 どちらも日銀のマイナス金利政策導入など、行先不透明な日本経済の影響が見られており、今後の課題として地方銀行の強みである地元の顧客基盤強化を掲げています。 また、近年の業界トレンドも見ておきましょう。 平成25~26年における銀行105社を対象とする業界規模は、21兆9,352億円、経常利益は6兆5,004億円となっています。 リーマンショック以来、多額の損失を強いられたメガバンクは、運用面での安全性重視で国債を大量購入し、その結果平成23年以降は堅調な推移を見せています。 これに続き地方銀行も緩やかに回復。 近年ではメガバンクを中心に海外展開が加速しており、今後も銀行業界のグローバル化に注目が集まっています。 sihd-bk. senshuikeda-hd. sihd-saiyo. senshuikeda-hd. sihd-bk. sihd-bk. resona-gr. htm,2016年10月1日DL..

次の