トースター パウンド ケーキ。 【100均ケーキ型】ダイソー・セリアの15個!シフォン・パウンドのレシピも

【100均ケーキ型】ダイソー・セリアの15個!シフォン・パウンドのレシピも

トースター パウンド ケーキ

目次 c gonzalocalle - Fotolia. ポップアップトースターには当てはまりません。 たとえば温度調節機能がついているトースターもありますが、それでもオーブンほど厳密な温度管理は難しいといえるでしょう。 また、加熱の方法も異なります。 機種による違いはありますが、基本的にオーブンは赤外線で庫内の温度を上げることによって食材を加熱します。 そのため、オーブンは食材の中までじっくり火を通すことが得意です。 一方のトースターは、熱を直接食材にあてて加熱するので、トーストなどのカリッと焦げ目をつけたい料理に向いています。 また、食材が短時間で焼けるのも大きな特徴。 ただし、短時間で高温になるということは、焦げやすい・中まで火を通しにくいということでもあります。 熱源からの距離によって焼きムラができやすいという点にも注意が必要です。 トースター調理の際は、このようなトースターの長所・短所をしっかりつかんでおくことが大切です。 トースター調理ではすぐに食材の表面が高温になってしまうため、中までしっかり火を通すための工夫が必要になります。 今回おすすめしたい工夫は、次の2つです。

次の

バレンタインはトースターで簡単に作れるお菓子を!おすすめレシピまとめ

トースター パウンド ケーキ

こんにちは。 ものによってはオーブントースターでできるものもあります。 その場合でも、オーブンを使ったレシピの時間と温度をそのまま応用はできません。 オーブントースターは温度の細かい調節が難しいです。 例えば、200度で30分焼いて、160度に落として15分とか、お菓子づくりでは生地をふくらませたり、仕上がりを調節したりするのにオーブンの細かい温度調節が必要なものがあります。 スポンジケーキとか、、。 オーブントースターではそこまでの調節はできないので、そのようなレシピは難しいと思います。 また、庫内が狭いので、すぐに高温になり、あまり調節もきかないので長時間焼かないといけないものは中まで火が通らないうちに外側だけ焼けてしまいます。 なので、加熱時間が短くて、すぐに火が通るもの、厚みがなくて薄いものなら作れます。 クッキーなど。 クッキーをつくるにしても、オーブン用のレシピの加熱時間などは参考にならないので、オーブントースターでつくるお菓子、というような本がありますので、そちらのレシピを使うのがいいですよ。 また、オーブントースターに限らず、フライパンでできるお菓子とか、オーブンなしでもできるお菓子の本もいろいろ出ています。 「オーブンいらずの~」とか「オーブンなしの~」とかで検索してみては? A ベストアンサー 電気オーブンの加熱方法は大きく分けて ヒーター式と熱風式があります。 ヒーター式はその名の通り、ヒーターの熱で焼く方式で トーストや魚など表面をパリッと焼きたいときには向いていますが ヒーターの当たりやすい場所と当たりにくい場所ができて 焼きムラができやすかったり、 表面だけ焼けて中まで火が通りにくかったりします。 クッキーならいいのですが、ケーキにはあまり向いていない方式ですね。 熱風式はコンベクションオーブンとも言って 加熱した熱風を食品に当てることで焼く方式です。 熱風で包み込むように焼きますので、 ムラなく焼き上げることが可能です。 ケーキを焼くのが目的なら、この方式が良いでしょう。 panasonic. panasonic. 電気オーブンの加熱方法は大きく分けて ヒーター式と熱風式があります。 ヒーター式はその名の通り、ヒーターの熱で焼く方式で トーストや魚など表面をパリッと焼きたいときには向いていますが ヒーターの当たりやすい場所と当たりにくい場所ができて 焼きムラができやすかったり、 表面だけ焼けて中まで火が通りにくかったりします。 クッキーならいいのですが、ケーキにはあまり向いていない方式ですね。 熱風式はコンベクションオーブンとも言って 加熱した熱風を食品に当てることで焼く方式です。 熱風で包... A ベストアンサー オーブンレンジでなくとも、オーブン機能のみの単機能電気オーブンという商品カテゴリーもあります。 これであれば、スポンジ生地はもちろんパンもクッキーも焼けます。 オーブンなので。 (オーブンレンジはオーブンと電子レンジが一つになったものですよね) で、パンを焼くことをメインとして設計されたト-スターでも、高機能高価格帯商品だとオーブンに近い性能をもったものがあります。 トースターとオーブンの違いは、 トースターは強い火力で一気に焼くため、お菓子のような微妙な温度管理が要求される料理に向かない。 反面、庫内が狭いので温度の上昇が早く、短時間でパンが焼ける。 オーブンは温度と時間を自由に調整できる反面、庫内は広いので温度が上がるのに時間がかかる。 材料を焼く前に温度を上げておく予熱が必要。 いそがしい朝にトースト焼くとき、10分も予熱してられませんもんね。 トースターなら食べおわってる、つ~の。 なので、あまり両者の中間的な商品だと、両方のいいところをあわせたつもりが短所を併せ持つものになってしまう可能性もあります。 そのへんが、難しいところですよね。 複数の調理家電を置くスペースがありお菓子作りをしたいなら、単機能オーブンを買うことをお勧めします。 実売1万円以内で充分な性能のものが買えますので。 yodobashi. html オーブンレンジでなくとも、オーブン機能のみの単機能電気オーブンという商品カテゴリーもあります。 これであれば、スポンジ生地はもちろんパンもクッキーも焼けます。 オーブンなので。 (オーブンレンジはオーブンと電子レンジが一つになったものですよね) で、パンを焼くことをメインとして設計されたト-スターでも、高機能高価格帯商品だとオーブンに近い性能をもったものがあります。 トースターとオーブンの違いは、 トースターは強い火力で一気に焼くため、お菓子のような微妙な温度管理が要求... A ベストアンサー ちょっと工夫すれば可能ですよ。 オーブンは温度と時間をしっかりと管理できるけど、オーブントースターでは時間だけで、高温になったらヒーターが切れるだけですから、そこを理解してやればいいだけ。 ちょっといいのだと、オーブントースターでも簡易ながら温度調整機能が付いたあります。 トーストは高温で一気に焼かないと美味しくないし、グラタン等も強火が必要です。 トースターは温度管理できないけど、直火で一気に焼き上げる。 オーブンは温度管理できるけど、庫内の空気を温めてその熱で焼くので、トーストは時間ばかりかかって美味しくないです。 単純にお手軽(手抜き)な素人レシピが多いだけ。 通常のオーブンを使うレシピの、パウンドケーキやクッキー、パイとかもオーブントースターでも作れますよ。 温度管理が出来ない、高温の直火で焦げやすいという点さえ気を付ければいいです。 最後にアルミホイルを外して表面に焼き色を付ける。 トータルの焼き時間はオーブンの時と同じ位。 直ぐに高温になるので余熱は不要。 常にトースターの前で焼き加減を見張っていて下さい。 トースターではクッキングシートは燃える危険性があるから、アルミホイルにサラダ油を塗って代用して下さい。 これもオーブン使う場合のレシピで生地を作って炊飯器に入れて普通に炊飯ボタンを押すだけ。 オーブン購入する前はオーブントースターでクッキーやパウンドケーキ、バターロール、スポンジケーキも炊飯器や鍋で 焼いていました。 パイシートに袋にトースター不可とあるのは、余計なクレーマー対策の一面もあると思いますよ。 焦げた、膨らまないと因縁付けられるのを避けるために。 パイなら普通にオーブンの時同様に林檎とか入れて作って、アルミホイルを被せてトースターのダイアルを目一杯回して15~25分くらい焼いて下さい。 パイは高温で焼くから、途中でスイッチ切るとかしないでもいいでしょう。 焦げ目を付けたかったら最後にアルミホイルを取って1~2分焼く。 基本的にずっと見張っていてね。 オーブンは温度と時間をしっかりと管理できるけど、オーブントースターでは時間だけで、高温になったらヒーターが切れるだけですから、そこを理解してやればいいだけ。 ちょっといいのだと、オーブントースターでも簡易ながら温度調整機能が付いたあります。 トーストは高温で一気に焼かないと美味しくないし、グラタン等も強火が必要です。 トースターは温度管理でき... A ベストアンサー かなりコツがいると思いますが、できるはずです。 私は経験ないですが、温度設定の無いオーブントースターやら、 魚焼きグリルで美味しいパウンドケーキを焼いていた という人がいたという話を聞いたことがあります。 オーブントースターでケーキを焼くための レシピ本も昔持っていました。 (今は手元に無いです) ポイントは、薄く小さく。 大きなホールケーキを焼くのは、かなり難しいはずです。 短時間、高温で焼き上げるロールケーキ用スポンジならば、 小さいものが焼けるはずです。 COOKPADで「オーブントースター ケーキ」検索したらありましたので、 置いておきます。 cfm? 最後にクリームを塗ってデコレーションすると、 ホールケーキのできあがり。 切り口が結構かわいらしいと思います。 (昔持っていた本は5分くらい焼いたら2分くらいオフして… というような手順でいした。 詳細は忘れましたが、ほぼつきっきりです) 基本的にはコゲてきたら、アルミ箔でカバーすることでしょう。 天板も下からの熱が強いようであれば、 2枚重ねるか、アルミ箔を折りたたんで天板の下に敷くかすると 熱のあたりかたがやさしくなります。 オーブントースターでも、上位機種であれば、 温度設定や長時間タイマーのものがあります。 すでに機能は電気オーブンですね。 national. オーブンならば、温度調節や時間調節も可能ですが、 機種によって、最高温度や設定できる時間の限界も違いますので、 取扱説明書などを調べて購入されるといいかと思います。 でも、何を使っても、焼きムラは多少できたりするみたいです。 ガスオーブンだと、火力も強くていいらしいですよ。 かなりコツがいると思いますが、できるはずです。 私は経験ないですが、温度設定の無いオーブントースターやら、 魚焼きグリルで美味しいパウンドケーキを焼いていた という人がいたという話を聞いたことがあります。 オーブントースターでケーキを焼くための レシピ本も昔持っていました。 (今は手元に無いです) ポイントは、薄く小さく。 大きなホールケーキを焼くのは、かなり難しいはずです。 短時間、高温で焼き上げるロールケーキ用スポンジならば、 小さいものが焼けるはずです。 COOKPAD... A ベストアンサー 電子レンジのオーブントースター機能では、 よく見かける単機能のオーブントースターよりも 食品と熱源の距離が遠いので、 加熱時間が余計にかかると思います。 通常、単機能のオーブントースターでトーストを焼くと 2~3分で焼けますが、 電子オーブンレンジのオーブントースター機能を使うと、 5~6分かかった上に、焦げ目も薄いように思います。 倍以上でも無理な料理もあるかも。 庫内の広さが違うので熱の伝わり方も違ってくるんでしょうね。 オーブンとオーブントースターの違いは、 熱のまわりかたの違いだったと思います。 オーブンは、周りから全体を中心部分まで温めるような感じの熱周りで、 オーブントースターは、表面をパリっとさせるような感じだったような…。 オーブントースターってグリルに近いのかもしれません。 魚焼きグリルでトースト焼けますし。 Q オーブンレンジがあればオーブントースターは不要ですか? オーブンが壊れてしまいオーブンレンジを購入しようと思っています。 以前の物はデロンギのオーブンでトースターの様に食パンをトーストしたり、魚を焼いたり、ピザやケーキまで作ってました。 同じように新しく購入するオーブンレンジで食パンをトーストしたり・・・と使いたいのですが、オーブンレンジとトースターを購入した方が良いのか迷っています。 オーブンレンジで今までオーブンでしていた食パンのトースト等は出来ますか? またオーブンとレンジが一台になる事で困る事はありませんか? (例えばオーブンを使って、まだ庫内が熱いうちでもレンジとして使用できるのでしょうか?) 教えて下さい。 A ベストアンサー 結論から言いますと、新しいオーブンレンジを買っても しばらくデロンギを残して置いた方が良いです。 私も以前は安物のレンジとデロンギのオーブンを持ってまして 両方とも古くなったので買い換えようとシャープのヘルシオを買ったのですが いまだにデロンギは現役です。 >オーブンレンジで今までオーブンでしていた食パンのトースト等は出来ますか? オーブンレンジで食パンが焼けると言っている商品は多いですが 特に大型のオーブンレンジになると、トーストに10分くらいかかって その間にパンの水分も飛んでラスクみたいな焼き上がりになります。 買う予定のオーブンレンジのマニュアルを読んでみて、 トースト焼き時間が10分近くかかるものはそうなると思った方が良いでしょう。 オーブンレンジは、じんわりと中まで火を通す感じで焼き上げますので デロンギのように表面だけパリッと焼くのは苦手です。 ということで私は肉料理やケーキなどはオーブンレンジ、 パンやピザ、魚料理はデロンギで調理しています。 >(例えばオーブンを使って、まだ庫内が熱いうちでもレンジとして使用できるのでしょうか?) これはオーブンレンジの温度センサー方式で変わります。 例えばシャープやパナソニックのような赤外線センサーがメインの機種では オーブン直後のレンジでは仕上がりが甘くなったりしますが 日立のような重量センサーがメインの機種では大丈夫です。 >またオーブンとレンジが一台になる事で困る事はありませんか? レンジで下ごしらえするのに慣れると、オーブン料理を作りながら 付け合わせをレンジで作るというのができなくなります。 最近は2品調理可能なんてオーブンレンジも出てきていますが マニュアルを読んでみるとできる組み合わせがけっこう限られてるのですよね。 結論から言いますと、新しいオーブンレンジを買っても しばらくデロンギを残して置いた方が良いです。 私も以前は安物のレンジとデロンギのオーブンを持ってまして 両方とも古くなったので買い換えようとシャープのヘルシオを買ったのですが いまだにデロンギは現役です。 >オーブンレンジで今までオーブンでしていた食パンのトースト等は出来ますか? オーブンレンジで食パンが焼けると言っている商品は多いですが 特に大型のオーブンレンジになると、トーストに10分くらいかかって その間にパンの水分も飛ん... 家にもオーブンが無いのでクッキーを焼く時苦労しました。 オーブントースターを使ったレシピではないのですが、 炊飯器でスポンジケーキが焼けます。 (参照URLを見てください。 ) 僕の友達の嫁さん(参照URLの人じゃないよ)が以前焼いてくれたんですが、 市販の物のようにきれいに焼けててビックリしました。 ぼくも、炊飯器でパウンドケーキを焼いてます。 一度試してください。 cfm?

次の

オーブントースターで簡単パウンドケーキ~自家製ホットケーキミックスをアレンジして楽しむ

トースター パウンド ケーキ

ステンレス同様、型紙がはみ出しすぎると紙が焦げます。 中まで焼くには、途中で切れ込みを入れるなどの配慮が必要。 容器の深さにもよりけり。 何度もお菓子作りをするならステンレスやガラスの型を持っている方がいいですが、たまにしかつくらないなら100均で売っているアルミ製のパウンドケーキの型で十分美味しくできあがります。 アルミの型って本当に優秀なんですよ。 型の高さは、 庫内に置いた時に上にぶつからない高さであることも大事です。 また、トースターで使う時はアルミの型の中でも普通サイズの大きい方を選ぶよりも、小さいサイズを選んだほうが焼き時間も短くキレイに焼けます。 トースターで焼いた紅茶のパウンドケーキ• 小ぶりな容器で焼いたレモンのパウンドケーキ 自分好みのお菓子が作れるとコーヒーや紅茶がおいしくてですね。 いろんな種類で試すのが楽しいんですよ。 ただねその場合、レシピに書いている分量で、どれくらいの大きさの型を何個用意すればいいのか、そのへんがちょっと迷うんですよね。 いろいろ試してそのへんも記事にしていきたいなと思ってるところです。 セリアの「パウンドケーキミックス粉」を使って作ってみる 今回は準備する材料に残りがでないように、1番とりかかりやすいセリアに売っていた「パウンドケーキミックス粉」をもとに作っていきます。 使う材料 用意するものは卵1個、バター40g、ミックス粉のみ。 好みでドライフルーツやナッツ、チョコチップなどを使うのもまたよし。 (写真では自分で作っておいたラムレーズンを使ってます) あたりまえですが、ホットケーキミックスを使うとどうしても特有の風味が出てしまうのですが、専用のミックス粉だとそれがないです。 バターの使用量が少なくてすみます・・ 小麦粉は大容量のを買えばそれほど高くないし、砂糖も卵も特売で買い置きしたりして常備しているものなので、ちょっとくらいお菓子に使ったからといって気にせずにいられるんですが、問題はバター。 バターがね、200gで400円くらいするじゃないですか。 パウンドケーキ作るっていったら普通は小麦粉100gに対しバターも100gくらい使うんですよね。 新品のバターの半分をいきなり使うんですよ。 分かってても、こんなに使うんかーい!って毎回失敗できない緊張感を伴うんですよ。 バターたくさん使うと美味しくなるんですけどね・・。 それが専用のミックス粉を使うと、バターが40gでいいんですよね。 穏やかでいられます。 若干出来上がりの分量は少なめですが、経費少なめって魅力的なんですよね。 ミックス粉の分はかかりますが・・。 ミックス粉の内容 すでに開けたあとの写真しかなくて申し訳ない・・ セリアのミックス粉は小麦粉と砂糖とベーキングパウダーと思しきものが配合されています。 小麦粉や砂糖くらいならどこの家でもありますが、ベーキングパウダーはお菓子作りしないとおいていないものなので、たまにしか作らず期限切れを起こしてしまうよりも、使い切りで材料を用意してチャレンジしてみるのは無駄にしなくてすごくいいと思います。 しかし肌感覚ですが、このサイズならギリギリ2個でもいけると思います。 事前準備と作り方 バターと卵はぬるくしておく パウンドケーキづくりで重要なのは、 バターと卵を常温に戻しておくことです。 冷蔵庫から出してすぐ作るのは厳しいので、30分~1時間は冷蔵庫から出してぬるくしておきましょう。 卵はほぐしておく また、卵は先に別容器に割りほぐしておきます。 箸でもいいけど、フォークで混ぜると白身が切れていい具合になります。 泡立てもなくていいよ。 使う型に油を塗っておく 型にはサラダ油を塗っておきます。 風味的にバターを塗る方が良いんですが、塗りにくいのでキッチンペーパーでサラダ油を伸ばしても大丈夫です。 材料を順番に混ぜる 常温に戻したバターはクリームのように白くなるまでひたすら混ぜます。 手動で大丈夫。 とにかく一生懸命混ぜます。 すこーしずつ溶いた卵を入れていきます。 少しってどれくらいかって、大さじ1くらいずつでしょうか。 ドバっといれると混ざりにくくなってしまいます。 さらにここで卵が冷たいと、ほんとに少しずつ入れないとバターと卵が分離してしまいます。 いくら混ぜても分離気味の時の例。 しかし分離したらミックス粉を大さじ1くらいいれるとよく混ざるってパッケージに書いてました。 ミックス粉を少し足すとクリーミーになります なんかどうしても分離気味な時は、ミックス粉を少し入れてまぜていけば解決です。 それでも卵が冷たいといくら混ぜても、こんなふうに微妙に分離気味になってしまうのですが・・、まあこれくらいなら大丈夫です。 最後にミックス粉を入れて、全体をさっくりと切るように混ぜ合わせて生地をまとめます。 レーズンやナッツなどのトッピングを入れる時はここで入れてサックリと混ぜ合わせます。 なんかちょっと固めの生地の仕上がりですが、大丈夫です。 アルミ製の小さな方にいれます。 ある程度型に入れる分量を抑えておくとトースターの庫内が大惨事になりません。 ギリギリを狙うと膨らみすぎて生地があふれることがあり、庫内が大惨事になります・・。 ) あとは、180度で15分焼きます。 焼き始めから5分で香ばしい香り漂います 5分ほど焼くと生地が膨らんで表面に焦げめが付き始めます。 できればこの時点で切込みを入れるといいのですが、サイズが小さい時は入れなくても大丈夫です。 多少形がいびつになるだけですから・・。 表面だけ焦げやすくなるので、アルミホイルを上にふんわりかぶせて残りの10分焼きます。 時間が来たら竹串や箸を指してみて、生っぽい生地がついてなければ出来上がり。 心配ならもうちょい焼いても問題ありません。 多少焼きすぎてもサックリした食感になるだけで、それはそれで美味しいです。 できれば温度設定ができるタイプが望ましいのですが、こまめに焼け具合をチェックできるなら1000wくらいのパワーが出せるタイプならアルミホイルを駆使すればいけると思います。 焼き上がり後 途中で切込みを入れないとこのように「いびつ」になります。 でも味はいいよ。 焼けたら型に入れたまま少し冷まし、型に添わせて竹串をぐるっと入れてからひっくり返すと簡単に型からはずれます。 焼き立ては軽い口当たり。 2~3日おいてから食べると馴染んでしっとりした食感を楽しめます。 セリアで買ったミックス粉で作ったパウンドケーキはバター少なめですが、上品な味わいでコンビニやスーパーで買ってくるパウンドケーキとなんら変わりありません。 材料を全部用意して作る正統派なパウンドケーキの方がやはりバターの風味がよくなるので高級感がでますが、パッと作れるお菓子としてこういうのもいいですよね。 作って次の日以降に食べるのが私は好きです。 日持ちについて パウンドケーキらしさを感じたいなら数日おいてから食べるのがおすすめ。 冷めたらラッピングしておくなり、ラップで包んだり、ジップロックにいれておくなどしましょう。 常温で1週間くらいが限度ではないかと思います。 ただし湿度が高すぎたり、部屋の温度が高いと傷みは早いです。 なるべく素手で触らないように、手袋やトング、箸を使って包んだりすることも大事ですよ。 食べきれないと思ったらカットして冷凍しましょう。 自然解凍で食べられます。 軽く低音でトースターで温め直しても美味しさが復活します。 冷蔵庫での保存は風味も飛ぶ上に、食感がボサボサになるのでおすすめしません。 材料代が最も安いレシピもいける?! バターを使うのがためらわれる場合は、なんとサラダ油を使うレシピもあります。 なんとベーキングパウダーも使いません。 バター無しで作ってみたパウンドケーキ• サラダ油使用だとあっさりした味わい バターを使った時のジュワッとしたコクがないので物足りなさもあるかもしれませんが、食べやすいパウンドケーキも悪くないです。 プレーンならはちみつやメープルシロップ、フルーツソースあたりを付けて食べるといい感じ。 アルミ製の型を使って焼きましたが、アラジントースターでもレシピどおりの170度で30分を目安で大丈夫でした。 トースターは機種によって焼き上がり時間は違うんですよ。 なので焼き時間は正確には測れないんですが、パウンドケーキを作っていて一つ言えることは「 生焼けでなければ普通に美味しくなる」ということ。 そこそこ材料が混ざっていればなんとかなるので、クッキーの次に難易度が低いのではないかと思います。 私も今後もいろんな種類にチャレンジしてみます。

次の