ボックス フレッシュ bot 見分け 方。 質問箱で運営からのbot質問をブロックする方法+見分け方

Twitterの質問箱(Peing)の送り主特定方法は?IPアドレスでバレる?

ボックス フレッシュ bot 見分け 方

「BoxFresh」は、URLをInstagramやTwitterのプロフィールページに貼り付けて、質問を受け付けることができるのは他の質問箱ツールと同様ですが、「BoxFresh」を使用している他のユーザーのフィードが閲覧できることなど独自の機能が用意されています。 BoxFreshの基本的な使い方 ではここから質問箱としての「BoxFresh」の基本的な使い方をご紹介いたします。 これにてBoxFreshのアカウント連携が完了いたしました。 InstagramのプロフィールにBoxFreshのリンクを掲載する方法 Instagram のプロフィールページにBoxFreshのリンクを掲載する方法です。 注意 InstagramでBoxFreshのURLを掲載する時の注意点は、必ず ウェブサイトのところにペーストを行うことです。 Twitterと同じように 自己紹介の欄にURLのペーストを行った場合、問題なくURLを表示させることができますが、タップした時に画面が切り替わらないただのテキスト表示になってしまいますので、必ず ウェブサイトにペーストするようにしましょう。 TwitterへのURL貼り付けは「Web」の欄と「自己紹介」の欄に貼り付けることによって、BoxFresh質問ページに移動する「リンク化」がなされます。 もし、自分が既にホームページなどを所有していて「Web」の欄にはそのサイトへのURLを掲載したい場合、BoxFreshのURLは自己紹介欄に掲載するようにしましょう。 インスタで返答する方法 Instagramでその返答を行う場合は基本的にストーリーズで回答する形になります。 画像保存して独自で質問に答える方法 Instagram の場合ストーリーズではなく通常の投稿で返答画像をアップしたい場合、もしくはその他 SNS で回答を行いたい場合は、質問画像をダウンロードしてから各SNSに投稿することができます。 補足 Instagramで複数アカウントを持っている場合は、 意図しているアカウントに投稿されるか確認が必要です。 Instagramへ移動した時は直近でログインしているInstagramアカウントでの「ストーリー編集画面」となるためです。 BoxFreshの画面・機能解説 ではここからはBoxFreshのアプリにおける各ページの機能や役割を解説していきます。 ここに掲載されている質問は自分宛の質問として回答することもできます。 画面上部では おすすめ 新着 今週 履歴と回答数や注目度で人気の質問を確認することができます。 「質問」ページ 質問ページはいわゆる受信箱です。 自分宛に投稿された質問や、BoxFreshの bot が作成するランダムな質問に対して、こちらのページから返答を行うことが可能です。 ここでは おすすめと 新着にページが分けられており、 注目度や見られた回数などによっておすすめに登場するようになっています。 また、質問を受け取ったユーザー側の画面でも投稿者を特定できる情報は何一つ表示されていません。 もちろんBoxFreshを経由しないコミュニケーションややりとりがあればその限りではなく、質問の内容で投稿者が特定できるような情報は入力しないことが前提となります。 さらに一般のユーザーから投稿された質問か、Botが自動的に投げかけてくる質問かどうかはBoxFreshなアプリ上では判別できません。 純粋にユーザーからの質問を受け付けたい場合はできるだけBotからの質問を削除したいですよね。 そんな時は、以下の判断基準で 「Bot質問である」と考えることができます。 このような質問は実際的には一般のユーザーからの質問ではなく、Botが自動的に表示しているものとなります。 回答直後に受信する質問 またBoxFreshアプリから回答を行った直後に、相次いで質問を受け取る時があります。 それらの質問はBotからの自動配信である可能性が高いです。 なぜなら、今回の検証にて、一度BoxFresh上で回答を行った直後、Instagram・Twitterで掲載中のURLを一時的に削除した際にこのようにいくつかの質問を受け取ったためです。 もちろん、閲覧ユーザーがURLを独自に保存・コピーして質問ページにアクセスし質問を行うことも技術的には可能ですが、通常質問箱のURLを保存することは考えにくいため、これらの質問はBotからの自動質問である、ということが考えられます。 Twitterログインしている場合、「スキップしてはじめる」で再確認 Botの自動質問を見分ける、という目的に対して、やや手間が多いですが、確実に判別する手段は、Twitterログインしている状態から一度ログアウトし スキップしてはじめるで再ログインして再確認する方法です。 そうすると、特段認証などを行わずユーザー名のみ決めてサービス利用を開始することができますが、その後、 質問タブを見てみましょう。 Twitterで認証して利用していた時と同じ質問が表示されている場合、 その質問はBotからの自動質問とほぼ断定することができます。 理由は、Twitterで認証して利用することと、認証せずに利用することは全くの別ユーザーとしての利用になるはずですので、質問が同じ場合、アプリ内に保存されている=閲覧ユーザーが行ったものではない、ということになります。 Bot質問への対処方法 アプリ上で表示される質問一覧の中では、Botからの質問か、一般ユーザーからの質問かも 判別が難しい状況ですが、ある程度Botからの質問を少なくさせるという方法は 「ブロック」があります。 こちらのブロックを行うことでBotからの連続する質問を軽減させられる可能性があります。 明らかなBot質問は削除する、という手段もある Botからの質問であることが明確で、BoxFreshアプリ上で以降その質問を見たくないという場合は、それらの質問を個別に削除する方法があります。 質問を削除することによって、以降その画面内においてBotからの質問が目に入らなくなりますので、余計な情報が入ってくることを避けることができます。 【お知らせ】 現在アクセス数の急増によりサーバーが一部ダウンしております。 また、今は世の中全体が自粛中で、日本全体のネット速度が低下傾向にありますので、深夜でもログインできない場合は、 より遅い時間に何度か試してみると良いでしょう。 BoxFresh側で非対応の文字が名前に使用されている ログインできない原因の可能性として挙げられているのが 「非対応の文字が含まれていること」があります。 ユーザー名が特殊なフォントのため対応出来ていない可能性があります。 お手数ですがTwitterのユーザー名を一時的に変更し、再度BoxFreshにログインして頂けると幸いです。 お使いの端末の通信環境 上記以外でログイン不備として考えられるのが、 「端末の通信環境」です。 見落としがちなのが、コンビニやレストランなどで提供されている公共のWi-Fiを利用して、 回線速度が知らぬ間に「超低速」や不安定な状況になっている場合。 その時は、通信が遅いばかりか、とぎれとぎれになってしまっていることでも、うまくログインできない要因になることがあります。 そのような時は、一度Wi-Fiの通信を切り、携帯キャリアが提供する4G等に接続し、再度ログインを行ってみるようにしましょう。 まとめ いかがでしたでしょうか。 今回は質問箱として 人気急上昇の「BoxFresh」というサービス/アプリの解説をいたしました。 質問箱サービスとしての使い方は、Instagramのストーリーズの編集画面へ直接移動できる点などがPeingやマシュマロと似通っています。 また良くも悪くも矢継ぎ早に質問が数多く飛んできますので、 自作自演に抵抗が無い方は「質問に困らない」という状況を楽しむことができます。 自分のプロフィールページにどの質問箱サービスを設置しようか悩んでいる方は、一度お試ししてみてはいかがでしょうか。

次の

BoxFresh 匿名質問アプリ

ボックス フレッシュ bot 見分け 方

運営からの質問を見分ける方法 上記の設定をすることにより、運営からの自動質問は来なくなります。 では過去の質問が運営からの質問であるかどうか見分けるためにはどうすれば良いでしょうか。 それについて解説していきます。 自動質問とは? 自動質問には2種類あります。 1つは運営から一斉に送信される質問、もう1つはフォローしている人などに送られた質問が自分にも回ってくるバトン質問です。 厳密に言うと運営からの質問は前者のみとなりますが、この記事では後者も運営からの質問に含めることにします。 自動質問の見分け方 例えば質問箱を始めたときに必ず来る質問があります。 それは「今一番欲しいものは何?」という質問です。 これは言うまでもなく運営からの質問です。 この質問は見分けることが簡単ですが、例えば以下の画像のように「もし過去に戻れるとしたら戻りたい?」などといった質問は見分けることが難しいです。

次の

質問箱で運営からのbot質問をブロックする方法+見分け方

ボックス フレッシュ bot 見分け 方

BoxFresh 匿名質問アプリ - ボックスフレッシュ カテゴリ: ソーシャルネットワーキング 現在の価格: 無料 基本はTwitterに連携して利用 基本的にはTwitterと連携して利用するのが一般的なようです。 BOXFreshでもTwitterとは連携しやすいように誘導を行っています。 するとTwitterアプリとの連動が始まるので、アカウントを選択し、「アプリにアクセスを許可」をタップすれば完了です。 ここまででTwitterのアカウントと連動をすることができ、すぐにBOXFreshを利用し始める事が出来ます。 質問をする方法 まずは誰かが質問をしなければこのアプリは始まりません。 Twitterに「〇〇のBOXFreshです。 」というURL付きの投稿が表示されます。 このURLをタップしてください。 空白の欄に質問したい内容を記載し、「質問を送る」をタップすれば完了です。 質問をする側も非常に簡単なので、気軽にどんどん質問をしてみましょう。 ただし、 匿名を良いことに相手が嫌がることを書いたり、相手のプライベートを脅かす度が過ぎた質問はやめましょう。 質問に答える方法 質問が来た際は自分のBOXFreshアカウントを開くことで、どんな質問が来ているのかを確認可能です。 答えたい質問を確認したら、「回答する」をタップします。 質問の下に空欄があるので回答を入力し、「回答する」をタップします。 これで回答は完了です。 画像で回答したい場合は、左の写真アイコンからフォルダ内にある画像を選択してください。 回答を連動しているTwitterアカウントのツイートとして投稿する場合は、「回答と同時にシェア」と書いてあるTwitterアイコンを点灯させておきましょう。 これだけでTwitterの方にも自動投稿をしてくれるので、連動をしておくと非常に簡単です。 答えない質問は非表示にする アンチのような質問や、回答したくない質問が増えてきたら、質問を一部非表示にしておきましょう。 非表示にしたい質問の下にある「非表示に変更」をタップします。 これだけで非表示にすることが可能です。 この 非表示という機能はWeb版のみになり、アプリでは利用することができません。 回答した質問を見る 今までに回答した質問を見る事も可能です。 マイページのページ下部に、今まで回答した質問が表示されるので、そこから確認をしましょう。 今までにも回答した気がするな?という質問があった場合などに確認をしてみましょう。 質問相手をブロックする あまりにも同じ質問をしつこくしてきたり、明らかに悪意のある質問をされたときは、質問相手をブロックしてしまいましょう。 質問の右上にある逆三角形のメニューアイコンをタップします。 すると「質問者をブロックする」と出るので、それをタップすれば同じ人は質問ができなくなります。 この 機能はアプリでしか利用できないので、アプリから行いましょう。 ブロックされた相手は、自分に対して質問をすることができなくなります。 インスタでBOXFreshを利用する方法 Twitterではなく、インスタでBOXFreshを利用する事も可能です。 場合によってはTwitterよりも断然インスタを利用している、インスタの方が友達が多いという人もいるでしょう。 質問は多いほうが楽しいので、より繋がりの多いSNSを利用するのが楽しく続けられます。 プロフィールにURLを貼る インスタで質問を貰いたい場合、一般の人は投稿やストーリーにーURLを載せておくことができないので質問を貰うことができません。 そこで、URLはプロフィール欄に載せておきましょう。 まず、BOXFreshのアプリを開き、プロフィールのTwitter横にあるファイルのようなアイコンをタップします。 すると、質問を貰うためのURLをコピーできます。 次にインスタを開き、プロフィールから「プロフィールを編集」を選択し、「ウェブサイト」と書かれたところを長押しして、「ペースト」をタップします。 あとは、ストーリーで自分で質問を募集するか、BOXFreshプロフィール画面のインスタアイコンをタップすると、質問募集のストーリーが自動生成されるのでそれを投稿しましょう。 これでインスタ経由でも質問が届くようになります。 ストーリー等で質問に答える インスタで質問に答える場合、基本はストーリーで回答する形になります。 ただし、スクショなどを行えば、投稿でもセルフで質問に答える事は可能です。 まずBOXFreshを開き質問を選択します。 質問を決めたら、上にあるインスタアイコンをタップしてください。 すると、アプリと連動してインスタのストーリーが開かれます。 ストーリー上で質問が出たら、右上の「Aa」からテキストで回答を入力し、ストーリーに投稿すれば完了です。 BOXFreshのWeb版からだとTwitterのみの連動となりますが、 アプリからだとインスタでの回答も簡単なので、インスタで利用したい方はアプリからの利用を推奨します。 BoxFresh 匿名質問アプリ - ボックスフレッシュ カテゴリ: ソーシャルネットワーキング 現在の価格: 無料 今流行りの稼げるオススメアプリは何!? 今流行りの稼げる自分に合ったアプリを今の内に見つけておく事をオススメします! 特別枠:「Pococha(ポコチャ)PR」 驚異的なアプリが頭角を表してきました。 それがDeNAが満を持してリリースしたライブ配信アプリ「Pococha」です。 特別に紹介させていただきます。 あのIT業界超大手の「DeNA」が最近出したアプリで、特別編として紹介します! ライブ配信アプリの質は、「ユーザー」以外の良さはほとんどが「画質」「回線」で決まります。 それ以外はそこまで違いがありませんからね。 そんな中、DeNAの「Pococha」は高画質でしかも低遅延。 コメントもすぐ届きます!結構な資本を投下したのではないでしょうか?LIVEアプリの中でも、少しオシャレよりの子が多いイメージです。 まだそんなに有名な配信者も少ないので、今の機会にチャレンジしてみてください! 第1位「Hakuna Live」 Hakuna Liveは2019年7月に日本でもリリース開始となった、比較的新しいライブ配信アプリです。 これから流行るであろうライブ配信アプリで、新規参入がしやすくなっています。 通常配信、オーディオ配信、 相互コミュニケーション配信という3つの配信方法を行っています。 ふわっちLIVEのおすすめポイント• 「ランキング機能」が充実しているので競い合いができる!• 「誕生日アイテム」「イベントアイテム」などリスナーが課金したくなるアイテムが満載• まだ発展途上アプリなのでライバーの数が少なく、勝負しやすい• イチナナやPocochaのようにライバーからプレゼントをもらって報酬を受け取るタイプのライブ配信アプリです。 ふわっちLIVEはプレゼントの種類が充実していて、例えば誕生日プレゼントやイベントごとのプレゼントが用意されています。 リスナーからしても特別な雰囲気を感じることができるので、それがそのまま「課金できる要素」になるわけです。 他のライブ配信アプリよりも プレゼントを貰える可能性が高いので、スムーズに稼ぐことができるのではないでしょうか! また、ふわっちLIVEで配信する場合は「ふわっちLIVE視聴用)」「ふわっちLIVE(配信用)」のうち配信用アプリをインストールしてください。 名前は知っているけど、どんなアプリかいまいちわからない、どんな会社が運営しているの?使っても大丈夫なアプリ?など、気になる方が多いのではないでしょうか。 BIGO TECHNOLOGYは短期間で人気を集めるサービスをいくつも制作できる企業であり、中国で最大級のライブストリーミング・ソーシャルメディア「YY」が買収をするほどなので間違いありません。 日本に進出してから日が浅いため、 まだ日本の配信者が少なく、不安に思う方が多いようです。 しかし 逆に配信者と視聴者共に、早めに始めておくのがチャンスとなるライブ配信アプリでもあります。 第4位「17Live(イチナナ)」 イチナナのおすすめポイント• ライブ配信アプリの中でも 圧倒的人気!• 全世界で 4000万人の会員!• 人がいるからその分ライブ配信全体が盛り上がりやすい• アジア各国でリリースされているためグローバル• 収益化の仕組みがわかりますい• 公式ライバーになると特典が多い• 年齢層が若干高めなので 若くなくても人気になれる可能性がある• ライブ配信の方法が簡単• ライブ配信視聴もスワイプするだけで画面が切り替わるから使いやすい• 美男美女が多い 日本以外にも韓国・ベトナム・隊・シンガポール等、そして本国の台湾、数多くの国の人々が使っているライブ配信アプリで、世界的に知名度はあると思っていいでしょう。 人気の高いライブ配信アプリなので当然人も多い! 自分が配信するだけでなく、楽しい配信を見つけることもできるかもしれません!.

次の