紀子 様 レティシア 王妃。 紀子さま、雅子さまを「逆恨み」! レティシア王妃に無視されたのは「告げ口があったから」の暴論|菊ノ紋ニュース

母レティシア王妃譲りでおしゃれ!未来のスペイン女王、真っ赤な装いが美しすぎる

紀子 様 レティシア 王妃

経歴 [ ] 出生、ジャーナリストとして [ ] 1972年9月15日、スペインのに生まれる。 14歳まで地元の公立学校に通い、私立の高等学校に進学。 15歳の時に父の転勤に伴い、の高校へ転校する。 そこで、最初の夫となる教師のアロンソ・ゲレーロ Alonso Guerrero と出会う。 その後、マドリードのに進学、情報科学を専攻し、にジャーナリズムのを取得する。 大学卒業後は、オーディオ・ビジュアル・ジャーナリスト学院でを履修する。 その後に渡り、卒業はしていないがジャーナリズムの分野でドクター・コースを受講している。 スペインに帰国後、24時間ニュースチャンネルの やのスペイン支局で働き始め、からスペイン国営放送に出演するようになった。 、マドリードの高校時代の教師ゲレーロと10年の交際期間を経て結婚するが、1年後に離婚した。 には30歳以下の優れたに贈られる Larra賞を受賞している。 海外特派員として、やを取材したこともある。 スペイン王室へ [ ] 、知人宅で催された夕食会でアストゥリアス公フェリペと出会う。 2人はすぐに意気投合するも、この時フェリペはまだレティシアに対して特別な感情は持っていなかった。 春、正式に交際がスタートする。 デートを重ね、9月中旬には国王夫妻に紹介された。 の伝記の著者によると、フェリペは「彼女と結婚できないのなら王冠を捨ててもいい」と断言したとのことである。 同年、フェリペとの婚約が発表された。 が民間出身の、しかも離婚歴のある妃を迎えるのは彼女が初である。 マドリードで2ヶ月前にが起きたばかりで、2万人近くの警官、保安要員を動員、上空には空軍の偵察機が飛ぶという厳戒態勢が敷かれた。 家族 [ ]• 両親はに離婚している。 エリカは、大量の薬物を服用し、6歳の女児を残して自殺している。 これは、当時を受理した市役所の担当のの誤記入によるものだと言われている。 その他 [ ] 2005年(平成17年)、フェリペと共に結婚後初めて日本を訪問、での晩餐会に出席した。 同年、開催期間中であった「」を訪れた。 その12年後の2017年(平成29年)4月、夫のスペイン国王フェリペ6世と共に王妃として訪日し、天皇及び(いずれも当時)と会見。 2013年4月、フェリペと出会う前に、「スペインでは違法な手術を受けていた」と主張する暴露本が出版された。 執筆者はレティシアのである。 脚注 [ ]• 2012年5月28日閲覧。 2013年4月9日. 2013年10月5日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

皇后雅子さまは「第一ティアラ」! 即位の礼で披露された、各国ロイヤルの華麗なティアラ

紀子 様 レティシア 王妃

スペイン王室にも嫁姑問題が勃発!? イースターの礼拝では、レティシア妃、夫フェリペ6世国王、2人娘のレオノール王女 12 とソフィア王女 10 のほかに、フェリペ6世国王の母親ソフィアと父親のフアン・カルロス1世も出席。 翌日は、美しいレティシア王妃や娘たちに注目が集まっていたが、スペインのメディアの間では、レティシア王妃に対する義母の「恐ろしすぎる」振る舞いが大々的に報じられた。 YouTubeで当時の様子をとらえたビデオを見てみると、義母ソフィアが右手で孫娘のソフィア王女の右肩を、左手でレオノール王女の左肩を抱きかかえている。 どうやらメディアに対してポーズをとっていたようだが、レティシア王妃が、ソフィアの前に立って何やら話しかけながら左手でレオノール王女の髪をなで、腕に触れて、何気なく義母から娘を解放しようとしたようだ。 しかし一方で、レオノール王女と肩越しに手をつないでいたソフィアが、レティシア王妃の手を思いきり払いのけたようにも見えるため「不快で緊張感漂う瞬間」と紹介されてしまった。 それについて、元ジャーナリストだったレティシア王妃の元同僚は「レティシア王妃は、メディアの執拗な攻撃から娘を守ろうとしただけなんです。 子供を愛する母親としての自然な防衛反応から来たものなので、特別な問題ではありません。 こういった報道がなされることにとても傷ついています」と心情を代弁。 しかし、それは自己防衛にもなる一方で、間接的には親心を無視した義母の行動に対しての非難とも取れるため、ネットユーザーたちの間でも「嫁姑の確執勃発!」と取られてしまった様子。 「2014年に息子に王位を譲り渡したのに、義母はまだ王妃気分」「あれは義母が悪い!」「義母が出しゃばりすぎ」「義母は、おしゃれに着飾るレティシア妃が気に入らないのね」と義母が非難される一方で「レティシア王妃は王室の出身ではなく元ジャーナリスト。 やっぱり王室のしきたりがわかっていない 義母に従うべき 」「義母は、よそ者のレティシア妃を受け入れられていなかったのね」「これはまさしく嫁姑問題」といった声もあがっており、これまで無敵だったレティシア妃にも、火の粉が降りかかっている。 ちなみにソフィアがレティシア妃の手を振り払ったあとに、もう一度レオノール王女の肩を抱くと、今度は、レオノール王女がソフィアの手を何気なく振り払うシーンもとらえられており、娘は母親の味方だったようだ。

次の

紀子さま、海外渡航に「公私混同」の懸念 「私のほうが皇太子妃として優秀です!」|菊ノ紋ニュース

紀子 様 レティシア 王妃

経歴 [ ] 出生、ジャーナリストとして [ ] 1972年9月15日、スペインのに生まれる。 14歳まで地元の公立学校に通い、私立の高等学校に進学。 15歳の時に父の転勤に伴い、の高校へ転校する。 そこで、最初の夫となる教師のアロンソ・ゲレーロ Alonso Guerrero と出会う。 その後、マドリードのに進学、情報科学を専攻し、にジャーナリズムのを取得する。 大学卒業後は、オーディオ・ビジュアル・ジャーナリスト学院でを履修する。 その後に渡り、卒業はしていないがジャーナリズムの分野でドクター・コースを受講している。 スペインに帰国後、24時間ニュースチャンネルの やのスペイン支局で働き始め、からスペイン国営放送に出演するようになった。 、マドリードの高校時代の教師ゲレーロと10年の交際期間を経て結婚するが、1年後に離婚した。 には30歳以下の優れたに贈られる Larra賞を受賞している。 海外特派員として、やを取材したこともある。 スペイン王室へ [ ] 、知人宅で催された夕食会でアストゥリアス公フェリペと出会う。 2人はすぐに意気投合するも、この時フェリペはまだレティシアに対して特別な感情は持っていなかった。 春、正式に交際がスタートする。 デートを重ね、9月中旬には国王夫妻に紹介された。 の伝記の著者によると、フェリペは「彼女と結婚できないのなら王冠を捨ててもいい」と断言したとのことである。 同年、フェリペとの婚約が発表された。 が民間出身の、しかも離婚歴のある妃を迎えるのは彼女が初である。 マドリードで2ヶ月前にが起きたばかりで、2万人近くの警官、保安要員を動員、上空には空軍の偵察機が飛ぶという厳戒態勢が敷かれた。 家族 [ ]• 両親はに離婚している。 エリカは、大量の薬物を服用し、6歳の女児を残して自殺している。 これは、当時を受理した市役所の担当のの誤記入によるものだと言われている。 その他 [ ] 2005年(平成17年)、フェリペと共に結婚後初めて日本を訪問、での晩餐会に出席した。 同年、開催期間中であった「」を訪れた。 その12年後の2017年(平成29年)4月、夫のスペイン国王フェリペ6世と共に王妃として訪日し、天皇及び(いずれも当時)と会見。 2013年4月、フェリペと出会う前に、「スペインでは違法な手術を受けていた」と主張する暴露本が出版された。 執筆者はレティシアのである。 脚注 [ ]• 2012年5月28日閲覧。 2013年4月9日. 2013年10月5日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の