白血病 予備軍。 えっ、痩せている私が糖尿病に!? : yomiDr./ヨミドクター(読売新聞)

血液サラサラ譚: 糖尿病予備軍、カロリーよりもGI値

白血病 予備軍

白血病のステロイド治療にはどのような副作用があるのでしょうか。 白血病で使用されるステロイドの一つにプレドニンがあります。 これは、主に白血病での寛解導入療法で抗がん剤と共に使用されることが多い薬です。 ステロイドとは、合成副腎皮質ホルモンのことでよくアトピーなどの治療で使われる薬品の総称です。 スポンサーリンク プレドニンは、いくつかの製薬メーカーからプレドニゾロン錠という名称でも錠剤が販売されています。 また、注射タイプの薬もあります。 この薬は、炎症性の疾患に広く使われているステロイドになります。 特に、白血病や悪性リンパ腫などの血液の疾患に使われることも多くなっています。 炎症を抑える効果が高いことで、一般的ながんの治療に用いられることもあります。 ただ、その効果の反面、副作用が起こることも知られています。 どんな薬にも副作用はつきものですが、効果の顕著なもの程、強い作用に対しての強い反作用、即ち副作用が現れるようになります。 逆に効果の低い薬では、副作用も少ないというのが一般的です。 この作用・反作用という考えは、自然界の基本的な原理と言ってもいいものです。 スポンサーリンク プレドニンによる副作用では、胃や十二指腸に炎症や潰瘍などができるとされています。 このようなことから、治療前には内視鏡で胃や十二指腸の状態を確認したり、胃液の分泌を抑えるような薬を飲むようなこともあります。 また、血糖値の上昇に繋がることもあるため、糖尿病の発症懸念がでてきたりします。 既に糖尿病であったり、その予備軍であったりする場合には、事前に医師とよく相談するようにしましょう。 これ以外にも、いろいろな感染症や精神的な障害などもあるとされています。 白血病の治療時にこのような症状が現れるようになったら、主治医に相談するようにしましょう。 ステロイドの減量や他の薬などへの変更をする必要があるかもしれません。 ただ、急に中止したりすると、ステロイド離脱症候群という症状が現れることもあるため、慎重に進める必要があります。 このようにステロイドは効果が高い反面、副作用に悩まされるようになることも多いと言われています。 使用に当たっては、主治医とよく相談してからにするのがの望ましいです。 スポンサーリンク この記事は、気に入っていただけましたでしょうか? 少しでもあなたのお役に立てたのであれば、ソーシャルメディアボタンで共有して頂けますととても嬉しいです。

次の

子宮体がん後のビビアントの服用について

白血病 予備軍

実際に動物の保護活動などをしていること• 実際に動物の保護活動などをしていること• 法人であること• 当サイトに掲載されているペットの里親を希望されている方に対し、掲載していないペットの有料譲渡のお話をされる事も禁止致します。 また、金額を確定しない寄付金の受付・請求は禁止致します。 きじとらに、アメショミックスのような渦巻き模様のあるお召し物をした女の仔です。 と思っています。 奥歯と欠けてしまっていた犬歯は抜歯をしていますが、ドライフードもしっかり食べられます。 四季は穏やかで、とても優しい仔です。 涙目になりやすい時がありますが、健康診断では血液検査の結果も良好でした。 愛らしい四季に是非会いにいらしてくださいね! 【お願い】 *里親様を募集する前に以下のご確認をお願い致します。 ・お見合いや譲渡は先着順ではありません。 アンケートフォームを確認させて頂き、その仔(希 望の猫)の性格・住環環境・お仕事状況・迎えてく ださる方のお気持ち・直感などを考慮に入れて、お 見合いの決定・譲渡先を決めさせて頂いて居ります。 ・保護猫達の募集は、【ペットのおうち】と同時にホ ームページ・他の里親募集サイト・個人のSNS・ 譲渡会場等で募集しており、こちらで募集中になっ ている場合でもタイミングによってはお話しが進ん でいる可能性がございますのでご了承下さい。 【返信についてのご注意】 ・当方からのメールは比較的時間のとれます『深夜』 に送らせて頂く事が多いです。 保護猫達の状況、状態によってはお返事が遅れる場 合がございます。 メールは確認し必ず返信させて頂いております。 何卒ご了承ください。 【医療処置情報】 *健康チェック *3種混合ワクチン接種 *ウイルス検査 FIV. FeLV共に陰性 *検便 *駆虫薬投与 レボリューション、ドロンタール *マイクロチップ装着 *不妊・去勢手術 他にも、たくさんの猫の里親様を募集しております。 必ず1つ1つ確認してください。 下記の点に注 意して下さい nyankoouchisagashi yahoo. jp の受信設定 して下さい。 特に携帯メールを使用する場合、携帯購入時は 受信不可になっている場合があります。 受信できるように設定をお願い致します。 遣り取りの際は、メールでの一連の流れは消さず に送って頂きますようにお願い致します。 (沢山の方達とメールの遣り取りを行っています。 過去メールを探すのに相当な時間がかかって しまうので厳守お願い致します。 1 nyankoouchisagashi yahoo. jp が受信不可 2 受信ボックス以外にメールが入っている。 こちらで定めた『脱走防止対策』を全て完成させ て下さい。 その際、自宅の環境なども確認させて頂きます。 環境が整っていない場合は、トライアルの中止を させて頂く事もございますので、ご了承下さい。 その他・備考 【譲渡条件】 下記のことをお約束いただける方からのご連絡を お待ちしています。 ご負担頂いた譲渡金は次の猫の保護費として活用させ ていただきます。 初期医療措置の内容:不妊・去勢手術、ワクチン接種、 ウイルス検査、マイクロチップ 装着、検便、駆虫薬等。 その為に幾つか質問をさせて頂く場合がございます。 『新しい猫の迎え方』も合わせてお読みください。

次の

子宮体がん後のビビアントの服用について

白血病 予備軍

【血小板】血液検査での基準値。 多い、少ないどちらも危険 血小板は血液成分の1つで、主に止血の機能を果たすことはよく知られます。 そしてこの血小板、実は肝臓とも深くかかわっています。 何しろ大量の血液を扱う臓器だけに、肝臓における血小板の働きは重要です。 今回は、主に肝臓における血小板の働き、そして肝臓 肝細胞、組織 の状態が血小板数に与える影響についてお話していきます。 肝臓と血小板数の関係は非常に密接 たとえば急性白血病など、血小板異常は血液の代表的な疾患の症状です。 ただ、白血病などの重篤な血小板異常ではなくても、大量の血液を受け入れ、送り出す肝臓への影響は大きいです。 血小板が多くなりすぎる「血小板増多症」では、通常よりも血液の凝固作用が高まり、脳血栓 脳血管に流れ込んだ血液の塊が血管をふさいで血流を阻害する などのリスクが高まります。 逆に血小板が少なすぎると、今度は止血できないリスクが高まり、脳出血などのリスクも同時に高まります。 いずれにしても、血液の異常は生命を脅かすだけに、事態は深刻です。 血小板をつくるもこわすも肝臓次第 血小板を含み、血液は骨髄にある幹細胞 かんさいぼう というところでつくられますが、実は肝臓も血液をつくる上で無関係な臓器ではありません。 特に、肝臓は血小板をつくる上で重要な働きをしています。 血小板は止血の作用がある血液成分なので、多すぎても少なすぎても問題を生じます。 肝臓の障害によって主に起こるのは、血小板数の減少です。 つくられない、血小板細胞が壊れやすいなどの悪影響を与えます。 アルコールの過剰摂取や糖質過剰摂取が習慣化すると、肝臓に必要以上の脂肪が付着する事態に陥ります。 この状況を「脂肪肝」と呼びます。 脂肪肝が悪化すると、肝炎の発症、肝臓の線維化のリスクが高まります。 肝臓の線維化というのは、私たちが知る「レバー」のように滑らかな材質ではなく、水分を失ってガサガサとした肝組織をイメージしていただけると、これに近いかな、という気がします。 線維化が進むと、やがて肝硬変へと移行する確率が上昇します。 肝硬変にまで至らなくても、肝臓の線維化が進行することによって、血小板数は減少します。 肝硬変では血小板数が大幅に減少して止血能力が低下し、特に肝臓からの出血が多くなります。 10万というと、とてつもなく多いように感じられるかもしれませんが、細胞の数なので実生活で目にする数値とはケタが異なるのは仕方がありません。 血小板数の基準値。 001mL 肝臓が線維化すると肝臓を通る小さな血管も無事ではすまないので、肝臓の血流が当然悪化します。 その結果、血液が肝臓に流れ込む前の「脾臓 ひぞう 」に血液のうっ滞が見られ、脾臓の肥大が起こります。 川の上流で山崩れが起こって川がせき止められてしまうと、その下流に水が流れ込まないかわりに、本来頼りない流れのはずの上流域がちょっとしたダムのような水の「たまり」になることがあります。 脾臓の肥大はこの状況に似ています。 肝臓組織の血流が悪化して、脾臓に血液の「たまり」のような状況が起こります。 ただ、問題はそのあと、脾臓が肥大化してからです。 脾臓が肥大することで、血小板細胞が破壊されやすくなってしまうのです。 これだけでもだいぶ血小板数は減少します。 そしてもうひとつ、肝臓の線維化は非常に重大問題を及ぼします。 実は、血小板産生の促進と関係する「トロンボポエチン」という重要な物質があるのですが、この物質は、健全な肝臓でつくられます。 線維化が進んだ肝臓ではつくられる量が大幅に減少します。 肝臓におけるトロンボポエチンの生成が停滞すると、残念ながら血小板の産生も大幅に減少することになるのです。 血小板数の異常から考えられる疾患 血小板の減少が見られると、たとえば急性白血病の可能性が考えられます。 急性白血病は、肝細胞ががん化しているため、血小板数が減少するだけでなく、急に増加することもあります。 要は、幹細胞ががん化して白血球や血小板をつくる量をうまくコントロールできなくなってしまうのが白血病です ものすごく簡単な説明ですが。 ほかにも、再生不良貧血などの重篤な疾患で血小板減少が見られます。 白血病や再生不良貧血は「いかにも」の血小板異常ですが、血小板数減少は多くの肝疾患の際に見られる症状でもあります。 時に、血小板数が異常に増加する肝疾患もあります。 血小板の減少が見られる疾患 肝硬変など、かなり重篤な肝疾患で血小板数の減少傾向が顕著になります。 ほかにもいろいろな肝疾患で血小板数減少が見られます。 肝疾患以外の主な疾患についても少しだけ触れておきます。 血小板数減少が見られる主な疾患• 全身の血管内で微小血栓が起こり、臓器障害の原因になる。 肝硬変や劇症肝炎、急性膵炎などの合併症として現れることが多い。 また、病気とは直接関係ないですが、閉経前の女性の場合、月経前1~2週間前に多少血小板減少が見られることがあります。 ほかにも、男性も含め体調次第で血小板数が安定しないこともあります。 血小板の増加が見られる疾患 肝疾患の悪影響の一端が、主に「血小板数の減少」に現れることが多いですが、逆に血小板数が異常に増加してしまう種類の疾患もあります。 肝疾患、肝臓外疾患のそれぞれのケースをまとめます。 血小板数増加が見られる主な疾患• 肝疾患はもちろんですが、肝臓外疾患で血小板数減少の原因になっているのが肝疾患や肝機能障害であるというケースも考えられます。 ですから 肝臓と血小板数異常は、双方向でケアする必要があるのです。 血小板異常が起こったらどうする?数値が基準値から外れていたときの対処法 血小板が大幅に減少した、あるいは異常な増加が見られたケースでは、可能性として、上記に挙げた疾患を疑う必要があります。 いずれも重篤な疾患なので、医療機関で相談することを前提に考えましょう。 特に肝疾患や肝機能障害に起因する血小板数異常の場合、ほかの肝機能値 AST GOT 、ALT GPT など にも異常が現れる確率が高いので、血小板の値にとらわれすぎず、いろいろな数値を参考にすることが大切です。 というよりも、血小板数ではなく、先に肝機能値の異常が起こることのほうがむしろ多いので、 肝機能値にはふだんから注意を払うようにしていただきたいと思います。 重要な数値、しかしあまりナーバスになる必要はない 血小板の異常は、それ自体生命の危険の可能性をはらみますし、また、血小板異常の原因となっている疾患が生命を脅かす可能性も十分考えられます。 しかしだからといって、上記でも少し触れたとおり、血小板数は体調の変化や月経の有無によっても増減します。 ですから血小板数は、日々めまぐるしく増減を繰り返していると考えても問題ありません。 健康診断の血液検査などで、仮に血小板数が高かったり低かったりしても、少し間を空けて再検査し、それで問題なければOKというくらいの考え方でよいでしょう。 血小板数に異常が認められた場合、正常範囲からどれくらいはずれているのかを重視すべきです。 そして肝機能値など、ほかの数値の異常の有無とセットで考えるようにしましょう。

次の