チャイナ オープン。 チャイナ・イノベーション・オープン

HSBCチャイナオープン 投資信託

チャイナ オープン

チャイナオープン(中国・北京)が楽天ジャパンオープン(日本・東京)よりも人気な理由についてまとめています。 毎年9月後半から10月中頃にかけて、3週間ほど行われるテニスのアジアツアー(アジアン・スイング)。 最終の上海マスターズの前の1週間、中国と日本とでATP500の大会が同時に行われます。 それが、北京開催の 「チャイナオープン」と東京開催の 「楽天ジャパンオープン」です。 楽天オープンは錦織 圭をはじめ日本人が多く参加する大会で、ATP500というだけあって実力あるプレーヤーが多く来日します。 しかし、近年 BIG4がこぞって参加するのはチャイナオープンです。 かつて日本に来ていた選手が、中国に変更してしまう例も多くあります。 今回は、チャイナオープンが楽天オープンよりも魅力的な点を3つ挙げて、人気の理由を解説します(楽天の良いところも最後に触れます)。 賞金額が北京オープンとジャパンオープンでは大差 どちらもATP500の大会なので、優勝すれば500ポイント、準優勝は300ポイント、以下180、90、一回勝てば45ポイントが獲得できます。 獲得ポイントは同じですが、獲得賞金となると話は別です。 両大会の賞金総額を比較すると、次のようになります(2016年データ)。 優勝賞金も当然違っています。 北京はテニスコート関連設備が充実 楽天ジャパンオープンは、有明コロシアムと有明テニスの森公園で行われます。 有明コロシアムは収容人数も多く立派なスタジアムですが、有明テニスの森公園は普通の屋外ハードコートです。 対するチャイナオープンは、実は 2009年から北京オリンピックのテニス競技が行われた場所を使って開催されています。 そのため、有明コロシアムと同等かそれ以上の設備が、センターコートと1番コート、2番コートと3つも存在します。 ただの案内図と夜のキレイな写真との比較のせいで、余計に格差が顕著になっていますが、やはり 気持ち良くプレーしたいと考える選手は多いと思います。 どう見ても、設備面ではチャイナオープンの方が優れています。 北京は次週の上海マスターズと同じ中国国内 冒頭で述べた通り、 それぞれのATP500の大会が終わった翌日からすぐに上海マスターズが開催されます。 2週間中国に滞在するか、1週間ごとに日本・中国と滞在するか。 真相は不明ですが、欧米の方々からすればどちらも異文化、それなら同一国で済ませてしまいたいという思いもあるのかもしれません。 前週の中国2ヶ所で行われるATP250も合わせると、アジアツアー中ずっと中国に滞在しながら3大会に出場することも可能です。 ちなみに、北京の方が東京よりも上海にアクセスしやすいのかと考えましたが、 移動に関してはあまり変わりませんでした。 上海までの移動時間はどちらも飛行機だと1時間ほどしか変わりません(北京からが2時間ちょっと、東京からは3時間弱)。 テニスの最終戦は、大会名と開催地が数年〜10数年に一度変更されて続いています。 運営に関するノウハウが、日本よりも上なのかもしれません。 楽天ジャパンオープンの長所 このままだとますますチャイナオープンへの流出が避けられない事態となりそうですが、近年BIG4こそ来ていないものの日本にも実力者が勢揃いしています。 楽天ジャパンオープンにも、チャイナオープンに負けない長所があります。 それは、皮肉なことに チャイナオープンにBIG4が固まるので、楽天ジャパンオープンの方が上位進出に望みが持てる点です。 決勝進出となると獲得ポイントも300ポイントと大きくなります。 チャイナオープンでは高確率で準決勝までにBIG4との対戦が控えていますが、楽天ジャパンオープンだとBIG4との対戦はありません。 つまり、ランキング上昇やツアーファイナル出場に向けて ポイントを稼ぎたい選手にとって、楽天ジャパンオープンは魅力的な大会と言えます。 和食・アニメ・漫画など日本が世界に誇る文化も魅力の一つです。 かつてアンディ・マレーが来日していた時は、決まって「寿司が楽しみだ」とつぶやいていたものです。 どうして来なくなってしまったのか...。 2016年には、ガエル・モンフィスも日本のアニメ・漫画が好きだから本場に来られて嬉しいという内容の発言をしていました(多少のリップサービスがあるとは思いますが)。 気候も、どちらかというと日本の方が過ごしやすいです。 この時期の北京は最低気温が一桁まで落ち込むので、朝晩は結構寒いはずです。 翌週の上海と気候が似ているのは東京の方なので、気候面でも優位なのはジャパンオープンです。 また、東京のが格段に空気がキレイなのも見逃せないポイントです(北京は大気汚染が深刻)。 以上、長所をそれぞれ挙げてみました。 やはり チャイナオープンの方が賞金・設備面でかなり優位に立っていますし、人気の理由もそれらにあるでしょう。 とはいえ、以前は毎年のようにマレーやラファエル・ナダルが来日していましたし、全米覇者のスタン・バブリンカやフアン・マルティン・デルポトロも来日の頻度が多めです。 BIG4のネームバリューは大きいとはいえ、明らかに選手の質が劣っているわけではありません(むしろ良い選手が多く来ている印象さえ受けます)。 根拠はありませんが、来年以降にポイント志向でBIG4が来日してくれるかもしれませんし、またビッグネームの来日を期待しましょう。 その前に、BIG4が衰えていないことを祈るばかりです...。 以上、チャイナオープン(北京)が楽天オープン(東京)よりも人気な理由についてでした!.

次の

チャイナ・イノベーション・オープン

チャイナ オープン

累積リターン 1ヵ月 -0. 申込日• 約定日• 解約受渡日• 次回決算日• 将来の運用成果を示唆・保証するものではありません。 各日付は参考情報であり、突然発生するファンド休日などをファンドカレンダー上の各日付に反映できない場合があります。 ご注文の際は店舗、電話(新生パワーコール)、インターネット(新生パワーダイレクト)にて必ず正しい日付をご確認ください。 必ず下部の「分配金について」をご確認ください。 当ファンドの特徴 ・ 中国国内の企業や中国経済の発展と成長に関連し収益の大半を中国国内の活動から得ている企業の株式に投資します。 中国A株を主要投資対象とするETFや投資信託証券にも投資します。 ・ 為替の影響による値動きを抑える取引(為替ヘッジといいます)は行われないため、為替の影響による値動きの影響(為替リスクといいます)を受けます。 当ファンドの主なリスク等 この投資信託は、主に海外株式を投資対象としています。 この投資信託の基準価額は、組み入れた株式の値動き、為替相場の変動等の影響により上下しますので、これにより損失を生じることがあります。 詳しくは当ページに掲載の目論見書・目論見書補完書面をご確認ください。 詳しくは、目論見書・目論見書補完書面をご確認ください。 また、キャンペーンなどにより一時的に異なる取り扱いや、お取扱窓口により異なる取り扱いとなることがあります。 約定金額(外国籍投資信託の場合は申込金額)に申込手数料(税込)を加えた金額でご購入ください。 また、コールセンターでの投資信託にかかわるお問い合わせは、平日 8時~20時/土日・祝日 10時~18時(土日・祝日は各種照会サービスのみ。 お取引は承っておりません)となります。 国内籍投資信託の受付不可日は本ページのファンドカレンダーをご覧ください。 新生パワーダイレクト(インターネット)からお申し込みされる場合、ご希望の引落日の前営業日がファンド毎に定められた受付不可日にあたると、受付不可日の前営業日の18時までにお申し込みが必要となります。 設定日・信託期限 「分配金について」• 分配額はあくまでも過去の実績であり、今後の継続的な分配金の支払いや運用成果を約束するものではありません。 将来、分配額が変更されたり、決算が行われても分配が行われない場合もあります。 基準価額が大きく値下がりした場合は、投資元金の損失が1年間の分配金受け取り合計額を上回る場合があります(分配金込み騰落率はマイナスとなります)。 分配金は受益者毎の個別元本により、課税扱いとなる普通分配金と非課税扱いとなる元本払戻金(特別分配金)に区分されます。 元本払戻金(特別分配金)は投資元本の一部払い戻しに相当し、収益ではないことにご注意ください。 こちらも必ずご確認ください。 NISA口座について• NISAには、成人を対象とした「一般NISA」、成人を対象としつつ積立投資に特化した「つみたてNISA」、未成年者を対象とした「ジュニアNISA」があります(総称して「NISA」といいます)。 また、それぞれの口座を、「一般NISA口座」、「つみたてNISA口座」、「ジュニアNISA口座」と呼びます(総称して「NISA口座」といいます)。 NISAをご利用されるには、NISA口座の開設が必要となり、同一年においてお一人さまにつき1口座(1金融機関等)のみ開設いただけます(当年中に一般NISAまたはつみたてNISAを利用する金融機関等を変更した場合を除きます)。 NISA口座開設のお申込の際は、当行所定のお申込用紙に必要事項をご記入のうえご提出ください。 また、非課税制度の適用を受けるには、個人番号および法令で規定する確認書類のご提出が必要となります。 NISA口座では、毎年新たに非課税枠が設定されます。 いったん使用した非課税枠の再利用はできないため、NISA口座で購入した投資信託を売却した場合であっても当該投資信託を購入する際に使用した非課税枠を利用した再投資はできません。 非課税の対象は、売却益および分配金となります。 NISA口座での損失は税務上ないものとみなされるため、損益通算・繰越控除はできません(ジュニアNISAの課税ジュニアNISA口座における損失については損益通算が可能です)。 ジュニアNISAの利用を申し込むと、「ジュニアNISA口座」と「課税ジュニアNISA口座」の両方が同時に開設されます。 売却代金および分配金等は「課税ジュニアNISA口座」で管理されます。 投資信託について支払われる分配金のうち元本払戻金(特別分配金)については元々非課税のため、NISA制度上のメリットは享受できません。 一般NISAまたはつみたてNISAを利用する金融機関等を変更される場合、NISA口座内の投資信託等を移管することはできません。 一般NISAとつみたてNISAはどちらか1つを選択して投資を行うことになっており、選択の変更をご希望の場合、基本的に暦年単位でご変更いただきます。 「非課税口座異動届出書(勘定の変更用)」をご提出いただくことにより、当年分あるいは翌年分について、一般NISAからつみたてNISA、あるいはつみたてNISAから一般NISAへの変更が可能です。 ただし、当年分の一般NISAからつみたてNISA、あるいはつみたてNISAから一般NISAへ変更を希望される場合は、その年における非課税枠の利用がない場合に限り勘定変更が可能です。 受理日までに当年の非課税枠を利用されている場合には、翌年分の勘定変更とさせていただきます。 [2019年8月27日現在] 一般NISAについて• 非課税枠は年間120万円となります。 一般NISA口座の開設は日本にお住まいの20歳以上(口座開設年の1月1日現在)の方が対象です。 積立契約の締結は任意となります(一般NISAは積立契約を締結しなくても、投資信託を購入することができます)。 投資可能期間は、2023年12月末までとなり、非課税期間は最長5年間となります。 5年間の非課税期間満了時にNISAでの継続保有をご希望の場合は、保有資産を時価で全額、翌年分の新たな非課税枠へ移管し、さらに最長5年間NISAの非課税枠をご利用いただくこと(ロールオーバー)ができます。 ロールオーバーを希望される場合、非課税期間満了の年の翌年分の非課税枠について、一般NISAを選択していただく必要があります。 ロールオーバーをする場合、年末最終営業日の評価額で移管され、翌年の非課税枠をその分使用します。 非課税枠(年間120万円)を超えている場合も全額ロールオーバー可能ですが翌年の非課税枠はなくなります。 なお、5年間の非課税期間満了時に保有資産をつみたてNISAへ移管することはできません。 非課税期間終了時にロールオーバーを行う場合は、当行が定める日までに移管依頼書を提出していただくことが必要になります。 また、ロールオーバーを行なわない場合において、非課税期間満了時に特定口座が開設済みであるにもかかわらず一般口座への移管を希望する場合には別途移管依頼書の提出が必要になります。 その他の場合は、特段の手続なしに特定口座(未開設の場合は一般口座)に移管されます。 途中売却は可能です。 対象商品は、新生銀行で取り扱う国内籍公募株式投資信託となります(ただし、つみたてNISA専用の公募株式投資信託を除きます)。 お客さまが一般NISA口座でご購入した投資信託は、運用状況や純資産総額などの状況から運用継続が困難な場合、委託会社の判断で信託期間の短縮や早期償還の手続きが取られる場合があります。 この場合、お客さまが一般NISA口座でご購入、あるいはロールオーバーされた当該投資信託は、売却したことと同様の扱いとなり、一般NISA口座での保有はその償還時までとなります。 これにより、お客さまが一般NISA口座で当該投資信託をご購入、あるいはロールオーバーされた金額分、該当する年のNISA口座の非課税枠が使用できなくなりますのでご注意ください。 [2018年12月14日現在] つみたてNISAについて• 非課税枠は年間40万円となります。 つみたてNISA口座の開設は日本にお住まいの20歳以上(口座開設年の1月1日現在)の方が対象です。 積立契約を締結していただくことが必須となります(つみたてNISAは、積立契約を締結せずに投資信託を購入することができません)。 積立契約に基づき、定期かつ継続的な方法による買付が行われます。 投資可能期間は、2018年1月から2037年12月末までとなり、非課税期間は最長20年間となります。 一般NISAやジュニアNISAと異なり、非課税期間終了時に新たな非課税枠へ移管いただくこと(ロールオーバー)ができません。 途中売却は可能です。 対象商品は、新生銀行で取り扱うつみたてNISA専用の公募株式投資信託となります。 つみたてNISAは、つみたてNISAの利用開始日から10 年を経過した日(10 年後以降は、5年を経過した日毎の日)におけるお客さまの氏名、所在地の確認が必要となります。 1年内に当該確認ができない場合、非課税枠への投資信託の受け入れができなくなります。 積立日によっては、受渡日が年をまたぐことがあり、年間の非課税枠の上限40万円を超過する場合(超過分は特定口座または一般口座でのお預りとなります)や、上限40万円に到達しない場合があります。 つみたてNISAで買い付けた投資信託について、原則として年1回、年初に信託報酬等の概算値を通知いたします。 [2019年8月27日現在] <NISAプラスプログラムについて> 「」とは、新生銀行の一般NISA口座(またはジュニアNISA口座)において国内籍公募株式投資信託をご購入の際、 「NISA口座」での購入としてご希望の金額を一度にお申し込みいただくと、一度に申し込まれた金額に対する申込手数料が無料になるプログラムです(運用期間中や換金時には商品ごとに所定の手数料・費用等がかかります)。 なお、ジュニアNISA口座においては店頭でのみ「NISAプラス」をお申し込みいただけます。 申し込まれた金額のうち、非課税枠内の金額は一般NISA口座(またはジュニアNISA口座)での購入、非課税枠を超える金額については課税口座(一般口座または特定口座)での購入となります。 「NISAプラス」をご利用になるには非課税枠が1円以上残っている必要があります。 (一般NISAで投信積立を利用する場合における「NISAプラス」プログラムについて) 「NISA口座優先預り」を選択して投信積立契約をご契約いただいており、かつ、毎月の積立取引日(引落日)(銀行休業日もしくはファンド休日の場合はその翌営業日)の当行所定の時点において、当該積立取引にかかる投資信託の受渡日が属する年のNISA非課税枠が1円以上残っていると判定された場合には、「NISAプラス」プログラムが適用され、当該投資信託の申込手数料が無料になります。 なお、非課税枠内の購入金額は一般NISA口座での約定、非課税枠を超える購入金額については課税口座(一般口座または特定口座)での約定となります。 (つみたてNISAにおける「NISAプラス」プログラムについて) 新生銀行で取扱うつみたてNISA専用ファンドはすべてノーロード(申込手数料無料)であるため、「NISAプラス」プログラムにかかわらずそもそも申込手数料はかかりません。 つみたてNISAをご利用のお客さまが別途特定口座または一般口座で投資信託購入の約定を行った場合、たとえかかる投資信託の約定日がつみたてNISAで設定した投資信託の各約定日と同一の日であったとしても、特定口座または一般口座で購入した投資信託について「NISAプラス」プログラムは適用されませんのでご留意ください。

次の

投資信託のモーニングスター|スナップショット[JPM チャイナ・アクティブ・オープン]

チャイナ オープン

年 1年 3年(年率) 5年(年率) 10年(年率) トータルリターン 1. 92 21. 10 20. 76 19. 45 カテゴリー 20. 92 21. 10 20. 76 19. 00 0. 00 0. 00 0. 07 -0. 01 -0. 03 0. 24 カテゴリー 0. 07 -0. 01 -0. 03 0. 00 0. 00 0. 00 0.

次の