レブル 250 s エディション。 レブル250 Sエディション(ホンダ)の中古バイク・新車バイク

新型レブル 250 │みやたび ブログ

レブル 250 s エディション

70位 0. 0点 評価人数:0人 台 0件 30人 0件 車輌プロフィール 2019年秋のEICMA(ミラノショー)で、レブル500のマイナーチェンジ版が公開されるとともに、新しいバリエーションモデルとして、ビキニカウルと蛇腹式のフォークブーツを装備した「Sエディション」が発表された。 翌2020年になり、3月に日本国内向けのレブル250がマイナーチェンジするのに合わせて登場したのが、レブル250・Sエディション。 その構成要素が、ヘッドライトの周囲をカバーするだけの小さなビキニカウルと、クラシカルなフォークブーツであったのは、ショーモデル通り。 ブラックアウトされた車体には、標準仕様のレブル250とは異なるブラウンカラーのシートが組み合わされていた。 LEDになったヘッドライトや、シフトポジションも表示するようになったメーターパネル、クラッチレバーの操作を軽くするアシストスリッパークラッチの装備などは、2020年モデルのレブル250同様だった。 タイプグレード名 REBEL 250 S Edition モデルチェンジ区分 新登場 型式 2BK-MC49 発売年 2020 発売月 3 仕向け・仕様 国内向けモデル 全長 mm 2205 全幅 mm 820 全高 mm 1090 ホイールベース mm 1490 最低地上高(mm) 150 シート高 mm 690 車両重量 kg 171 最小回転半径(m) 2. 1 測定基準(2) WMTCモード値 原動機型式 MC49E 原動機種類 4ストローク 気筒数 1 シリンダ配列 単気筒 冷却方式 水冷 排気量 cc 249 カム・バルブ駆動方式 DOHC 気筒あたりバルブ数 4 内径(シリンダーボア) mm 76 行程(ピストンストローク) mm 55 圧縮比(:1) 10. 7 最高出力(kW) 19 最高出力(PS) 26 最高出力回転数(rpm) 9500 最大トルク(N・m) 22 最大トルク(kgf・m) 2. 2 最大トルク回転数(rpm) 7750 燃料供給方式 フューエルインジェクション 燃料供給装置形式 PGM-FI 燃料タンク容量 L 11 燃料(種類) レギュラーガソリン 満タン時航続距離(概算・参考値) 511. 8 エンジンオイル量(オイル交換時) L 1. 4 エンジンオイル量(フィルタ交換時) L 1. 5 推奨エンジンオイル(SAE粘度) 10W-30 クラッチ形式 湿式・多板 変速機形式 リターン式・6段変速 変速機・操作方式 フットシフト 1次減速比 2. 807 2次減速比 2. 571 変速比 1速 3. 0 ホイールリム形状(後) MT ホイールリム幅(後) 3. 5 ヘッドライトタイプ(Hi) LED テールライトタイプ LED スピードメーター表示形式 デジタル メーター表示:ギアポジション 有 メーター表示:燃料計 有 メーター表示:時計 有 メーター表示:ツイントリップ 有 車両装備:ハザードランプ 有 車両装備:アンチロックブレーキ(ABS) 有 車両装備:スリッパークラッチ 有.

次の

レブル250 Sエディション(ホンダ)の中古バイク・新車バイク

レブル 250 s エディション

ユーロ5対応とともに装備を刷新 国内でも人気の高いレブル500が、より魅力を増して登場する。 最大のポイントとなるのが外観。 今まで電球式だったヘッド&テールライト、ウインカーがLEDとなり、精悍さが増した。 特に4灯LEDのヘッドライトは、高級カスタム車を思わせる仕上がりだ。 乗り心地や使い勝手が一段とアップしている点も見逃せない。 くさび型のナロースタイルを採用した車体は現行型を踏襲しつつ、リヤショックをガス封入タイプの上級版に変更。 くびれとシンプルなボバースタイルが自慢のレブル。 特徴はそのままに、新型はよりスタイリッシュになった。 最大トルクは4. 41kg-mとなり、燃費もわずかにアップしている。 車重は従来から1kg増。 【リヤサスの仕様をグレードアップ】ショーワ製リヤショックはガス封入タイプとし、スプリングレートとダンピングラバー形状を変更。 強い力が加わった際も、しっかり奥でストロークする特性となった。 扱いやすく、高回転まで伸び感のある471cc並列2気筒ユニットは、排気系の変更でユーロ5に対応すると同時に、アシスト&スリッパークラッチを採用。 軽い力でレバーが握れるようになり、渋滞路やロングランでも楽々となる。 メーターにギヤポジションと燃費計を追加したのもポイントだ。 【アシストスリッパークラッチも新投入】(左)詳細は不明ながら、シートの改良により快適性をアップ。 シート高は従来と同じ690mmのままで、今までどおり女性やビギナーも安心。 (右)180度クランク並列2気筒は、ユーロ5に適合。 アシスト&スリッパークラッチを投入し、レバーの負荷を30%削減した。 スムーズなシフト操作も実現する。 【灯火類はフルLEDに】(左)ややボリュームのあった従来の電球式テールランプに対し、LEDで薄型化。 ナンバー灯もLEDだ。 ロービームで上2灯、ハイで全灯が点く。 リング状に発光し、ポジション灯を兼ねる。 ブレーキレバー側には、新たにダイヤル式アジャスターを採用。 手の大きさや好みに合わせて位置を6段階に調整できる。 地味にうれしい! 【メーターにはギヤポジ表示を追加】小径メーターは液晶部の面積を拡大し、左側にギヤポジションインジケーター、速度表示の下に燃費計を追加。 時計は最上部、燃料計は下部に移動した。 【EUで4色、USで3色】新色のマットジーンズブルーメタリックを欧州、北米仕様ともに投入。 これに加えて欧州は黒、ツヤ消し灰、赤、北米はツヤ消し銀、黒を用意する。 Sエディション追加で人気爆発か?! さらに、Sエディションの追加もニュース。 ビキニカウルやフォークブーツを装着した、工場オプションの純正カスタムで、ブラックアウトスタイルを際立たせている。 このワイルドなルックス、人気を呼ぶのは確実だ。 新追加されるレブル500Sエディション。 ビキニカウルを与え、フォークブーツやダイヤ柄シートを備える。 車体は可能な限り黒で統一した。 250のマイナーチェンジにも期待 さて、レブル500については正式に国内発売がアナウンスされたが、気になるのは249cc単気筒を積む兄弟車250の動向だ。 250のベースである新型300がアメリカで発表されており、本誌が得た情報によると、新型250に関しても500や300と同様のマイチェンを受ける模様だ。 本誌予想発売時期は3月頃。 さらに、250にもSエディションの追加を期待したい。

次の

ホンダ(HONDA) レブル250Sエディション

レブル 250 s エディション

乗り心地 シート高がかなり低いのでめちゃくちゃ乗りやすいですね。 これまで乗っていたのがビッグスクーターのフォルツァ。 フカフカシートだったので、レブルの単気筒エンジン特有の振動がやや気になりますが、慣れれば問題ないレベルだろうと思っています。 モータージャーナリスト的に言うと、 『小気味良い鼓動感(パルス感)』でしょうか(笑) あと、よくモトブロガーさん達が指摘している「ハンドルが遠い」という問題。 確かにちょっと遠いかなと思うこともありますが、そこまで神経質にならなければ、さほど気になる事は無いと思います。 個人的にはウィンカーの位置が微妙に遠い気がしますね。 冬場の厚手グローブを装着しているとウィンカースイッチに指を伸ばすのが難しい時がありました。 レブル250 楽しいバイクですよ ! 気になる点はそれくらいで、総じて楽しいバイクだなと思いました。 何よりMT車ということで、ギアチェンジが楽しく、操る快感というものを感じております。 アシストスリッパークラッチという機構が付いているようで、心配だったクラッチ操作も総じてスムーズです。 中型免許を取得して初めて乗ったバイクがフォルツァだったので、ここに来てようやく『バイクに乗ってるな』感を味わっている状況ですね。 これまで以上にバイクに乗りたい熱が高まってきていますし、買ってよかったなと思っています!.

次の