アドセンス クリック。 アドセンスとは どんな広告?収益はどれくらい期待できる?

Googleアドセンスの見方・使い方

アドセンス クリック

もくじ• アドセンスの不正クリック 無効クリック が疑われる時 アドセンスの不正クリック 無効クリック とは、本人または他人によって故意に広告をクリックされること。 自分のページに貼ってある広告を自分でクリックするのはもちろんアドセンスポリシー違反ですが、 他人が故意にクリックした場合もポリシー違反となってアカウントが停止される可能性があります! ただ、最近はGoogle側で他人による無効クリックを細かく検知できるようになったので、以前よりは無効クリックによるアカウント停止は少なくなりました。 ですが、まだまだそういったひどいことをする人がいるのも事実なので、自分のアカウントは自分で守らないといけませんね。 では、アドセンスの無効クリックが疑われるのは一体どんな時なのか見ていきましょう。 ページCTRやクリック数が異常に増えた時 無効クリックが行われると、アドセンスの ページCTR ページあたりのクリック率 やクリック数が普段と違う異常な数字になります。 不正クリックとも呼ばれる無効クリックは、広告主のアカウントを停止させようと故意に広告をたくさんクリックする行為なので、クリック数が増えるのは当然ですね。 クリック数が増えると自然とページCTRが高くなるので、これらの数字がいつもより異常に増えている場合は無効クリックを疑ったほうがいいでしょう。 以前、私の運営するサイトもアドセンスのCTRやクリック数が異常に増えたことがありました。 クリック数もPVにしては多く、クリック率は普段0. このように、 ページCTRやクリック数が異常に増えた時は無効クリックされている可能性があるのです。 同じ地域からのクリックが異常に多い アドセンスのページCTRやクリック数が異常に増えたことに気づいたら、クリックされている地域を調べてみてください。 もしクリックがどこかの地域に集中しているのであれば無効クリックが行われているかもしれません。 特別な設定をしていなくてもある程度の情報はアナリティクスから見ることができます。 次に期間を設定して「AdSense」をクリックします。 下に行くと国名がずらっと並んでいると思うので「Japan」をクリックすると、都道府県別のアドセンスに関する情報が出てきます。 あまり細かい地域ごとの数字ではないのですが、 どこかの都道府県のCTRが異常に高くなっていないか確認してください。 もしある県だけ異常に高い数字だった場合は無効クリックが行われている可能性があります。 アドセンスの無効クリックが疑われるならすぐ報告を! 先ほどの例のようにアドセンスの数値がいつもと大きく違う場合は、 すぐにGoogleにその旨を報告しましょう。 報告することによって「 自分で故意にクリックしたわけではありませんよ」ということをアピールできるので、自己クリックしたと間違われてアカウント停止になるのを防ぐことができます。 一度アドセンスのアカウントが停止されてしまうと二度と復活できないこともよくあります!おかしいなと思ったらまずは報告しておきましょう。 報告はから行います。 フォームの一番上にも書いてありますが、これを送ったからと言ってGoogleから何か返信がくるわけではありません。 重要な問題が見つかった場合のみ連絡がくるそうなので、何も連絡がなければ特に大きな問題はなかったということだと考えてください。 アドセンスの無効クリックの報告方法と記入例 アドセンスの無効クリックが疑われる時、 Googleへの報告は「無効なクリックの連絡フォーム」から連絡をするだけでOK。 ここからはどのように記入したらいいのか記入例を紹介していきます。 まずにアクセスしてください。 アドセンスに登録している氏名• アドセンスに登録しているメールアドレス• アカウントごとに設定されているID。 アドセンス管理画面の左側にある「アカウント」から確認できます。 無効クリックがあったと思われるサイトのURL• 無効クリックの場合は「アカウントで発生する通常とは異なる動作をレポートする」を選択• 無効クリックがあった日にちと時間• ここに無効クリックがあったことを表すデータを記入(下で詳しく説明します)• 例えば、 ページCTRやクリック数のデータですね。 アドセンスの管理画面でデータを表示してスクリーンショットするのが一番簡単ですが、この欄には画像が貼れません。 なので、画像で報告する場合は一度自分のGoogleドライブにアップして共有URLを取得し、そのURLをこの部分に貼る方法が一番簡単かと思います。 私は当時そのやり方がよくわからなかったので参考になりそうなデータをそのまま入力しましたが、それでも問題ありませんでした。 なるべく詳しいデータが伝わるように、参考になりそうな部分はすべて記入しておきました。 また、私は書いていませんがアナリティクスと連携している場合は「 Googleアナリティクスと連携を行っている」ということも記入しておくことをおすすめします。 」と書かれています。 もしIPアドレスや参照URLなどがわかる場合はこちらも記入してください。 IPアドレスはアナリティクスであらかじめ設定をしておけば取得できるのですが、設定していない方がほとんどだと思います。 それに、データをとっていたとしてもどのIPアドレスが無効クリックをしたのか特定することは難しいようです。 具体的にどのIPアドレスが何回クリックしたかを調べるには「リサーチアルチザンプロ」などの有料ツールを使う必要があります。 私は設定していなかったので この部分は何も記入していませんが特に問題はありませんでした。 最後に送信して完了 すべて記入できたら最後にもう一度確認して「 送信」をクリック。 これでGoogleへ無効クリックの報告ができました! 重大な問題がある場合だけ連絡がくるので、一応メールはチェックしておきましょう。 お疲れさまでした! 私は現在、ブログの知識を活かしてPC1台で自由に働いています。 会社員をしていた頃は手に職がなくて誰にでもできる仕事しかできず、ずっとそれがコンプレックスでした。 もっと自分にできることを増やして自信を持てるようになりたい。 人の役に立てる自分になりたい。 そんな思いから今の仕事をはじめ、今では個人でコンサルなどの仕事ができるようになりました。 1日の仕事量も時間も場所も自由。 そして自分に自信を持つことができる今の仕事のおかげで、人生を心から楽しむことができています。

次の

アドセンスで今日どの広告がクリックされたか確認する方法

アドセンス クリック

結論:単価を上げる確実な方法は存在しない。 結論2:記事内容とユーザーと広告がマッチする内容なら単価が上がりやすい傾向にある。 結論3:単価が上がりやすいタイミングは12月と3月。 次に6月と9月。 結論4:特化型ブログだから単価が上がるわけではない。 何の特化型かが重要。 いきなり結論で 『単価を上げる確実な方法は存在しない』と言っちゃいました。 いや、本当は僕も『まだやってないの!?アドセンスの単価を爆上げさせる3つの方法』みたいな感じにしたいです。 が、アドセンスのクリック単価というのは日によっても月によってもバラバラですし、色んなことが関係しあって決まってます。 なので、絶対というのはないんです。 ただ、結論その2で書いたように 単価が上がりやすくする方法というのは存在します。 それはアドセンスを設置している記事内容と広告がマッチしているとき。 例えば「彼女を喜ばすクリスマスデートの過ごし方」って記事だったら、この記事にアクセスしてくるユーザーって彼女とのデートを盛り上げたい男性です。 そこにクリスマスプレゼントとかオシャレなディナースポットのアドセンス広告があったら、ついつい広告をポチッちゃう可能性高いし、そのまま買う可能性も高いですよね。 こうなると「このサイトのこの記事は売れやすいんだ!」とグーグルさん(広告主さん、お金を出す人)が考えて、「売れるんだったら多少単価を上げてもここに広告を出したい!」となるわけですね。 そうなるとクリック単価も上がっていく、という感じになります。 これがアドセンス単価が上がる時の根っこの所の考え方だよ! また、クリック単価はそうした記事内容だけでなく、時期によって、アドセンスは 単価が上がりやすいタイミングが存在します。 一年の中では12月と3月。 逆に下がりやすい時期もあるんですけどね。。。 特化型ブログは結論その2とも関連しますが、 『何の』特化型ブログかが重要です。 特化型ブログだから単価が上がりやすい、っていうのは間違いです。 ということで、クリック単価を上げる方法でした! …で終わってもいいんですが、なぜこうなるのかと知りたい人もいると思います。 なので、この後はなぜこういったことが言えるのか、グーグルさんの公式見解と僕が実際にアドセンスをやっている体験から解説します。 グーグルアドセンスのクリック単価が低いのはなぜ? 一応グーグルさんはクリック単価についてこんなことを言ってます。 長いけど大事なポイントは一つだよ! グーグルさんのヘルプページってわざと意地悪してんのか、って思うことがあるくらいちょっと言い回しが難しいですよね。 ここで押さえておきたいのは真ん中くらいにある一文。 『広告のクリック単価は広告主が決定し』ってとこです。 この辺はアドセンスの仕組みの話になり、あまり突っ込んで考えすぎても稼ぐという所にはあまり意味がないので軽く触れるだけにしますが。 僕たちがブログやサイトにアドセンス広告を貼ってクリックされるとお金が入る。 じゃあ、 そのお金はどこから来るの?と言われれば、ちゃんとお金を払う側の人がいるんですね。 お金を払う側の人にしてみれば、クリックした先で商品を買ってもらって儲けなければいけないですよね? 例えば1クリック30円だとして、売る商品が1000円だとしたら。 34回クリックしても売れなければ、赤字になっちゃいます。 (実際にはもっと少ない回数でも赤字になっちゃいますが、ここでは単純に考えてます。 ) だったらクリック単価をもうちょっと下げようか、という考えになりますよね。 このように クリック単価はお金を払う側の人(広告主さん)の利益にも左右されるということです。 クリック単価はあなたのサイトからクリックして物が売れるか、に左右される それを抑えたうえで… グーグルさんはクリック単価の低下についてこんなことも言ってます。 クリック単価はサイト運営者様のコントロールの及ばない要素であり、広告主様の意識の変化にも影響を受けるため、一度下がり始めると、上昇へと方向転換するのは容易なことではありません。 クリック単価を引き上げるためにサイト運営者様が現状でできるベストの対策としては、ユーザーを引き付ける魅力的なオリジナル コンテンツをウェブサイトで質量ともに充実させることです。 コンテンツの増強によりトラフィックを増やすことができれば、ターゲットを絞り込んだ関連性の高い広告の掲載機会が増えるはずです。 その結果、ウェブサイトでのコンバージョン率が高まれば、広告の掲載先としての価値が高まり、クリック単価の上昇を見込めます。 引用:より 大丈夫。 これも全部を理解しなくていいよ。 この文章で大事な点は最初と後半です。 『クリック単価はサイト運営者様のコントロールの及ばない要素』 『ウェブサイトでのコンバージョン率が高まれば、広告の掲載先としての価値が高まり、クリック単価の上昇を見込めます。 』 この二つの文章。 最初の結論にも書きましたが、クリック単価は私たちサイト運営者が狙って確実に上げる方法は存在しないということです。 グーグルさんもわざわざこういうことを公式に書くくらいね。 それで後半の『ウェブサイトでの~』は要するに 『あなたのサイトからたくさん物が売れるようであれば、あなたのサイトの広告枠そのものに価値が出てきて、単価も上がるよ』ってことです。 広告を出す側の人から考えれば売れてないサイトよりたくさんクリックされてそのあと商品を買ってもらうサイトに広告を出したいですよね? じゃあ、どうすれば来た人に商品を買ってもらいやすいのか? そこで最初に出した結論その2『記事内容とユーザーと広告がマッチする内容なら単価が上がりやすい傾向にある。 』です。 アドセンスのクリック単価を意識するなら記事内容とユーザーと広告がマッチする記事を書く こんな風に書くと難しそうですが、例えば。 『ゴールデンウィークに子連れで旅行に行くなら、はとバスが最強な3つの理由』みたいな記事を書くとします。 (タイトルは適当です。 ) これにアクセスしてくるユーザーって ・子供がいる ・ゴールデンウイークに旅行に行きたいと思ってる ・はとバスに少し興味がある っていうユーザーですよね。 だったら記事内でタイトル通り子連れではとバスツアーが便利なメリットを教えてあげて、その中でアドセンス広告がはとバス関係だったら、クリック率もそのあとはとバスを利用する確率も高いですよね。 はとバスだけじゃなく旅行関係の広告でも良さそうです。 実際に購入というアクションを起こしやすい記事なら単価も高くなりやすいんだねー でもこれが『ゴールデンウイーク明けの学校で子供が話題の中心になるゴールデンウイークの過ごし方!』みたいな記事だったら。 アクセスしてくるユーザーは ・子供がいる ・なんでもいいからゴールデンウイークに何か思い出に残ることをしてあげようと思っている ってことが考えられます。 この中ではとバスの広告があってもクリックはしてくれるかもしれません。 でも最初の『ゴールデンウィークに子連れで旅行に行くなら、はとバスが最強な3つの理由』に比べると必ずしも旅行に行きたいわけじゃないですよね。 アクセスしてくるユーザーの中には旅行に行くにはお金や時間的にも厳しいけど、何か思い出に残るゴールデンウイークにしてあげたい、って人もアクセスしてきますから。 そうなると広告クリック数やクリックしてもそのあとの商品を買ってくれる人数は少し減りそうです。 このように広告の単価を考えるなら、集めるユーザーを出来るだけ絞ること、そのうえでアクセスしてきたユーザーが何かを買うという行動に結びつきやすそうな記事を書くことが大事になります。 特化型ブログだから単価が高い、は半分本当で半分嘘 よく 「一つのテーマに絞っている特化型ブログは単価が高くなりやすい」と言われます。 これは半分本当で半分嘘です。 先ほどの『記事内容とユーザーと広告がマッチする内容なら単価が上がりやすい傾向にある。 』ということ。 そして、ターゲットを絞ればマッチする広告が出やすい、ということを思い出してください。 例えば『BMI40から無理なく痩せるダイエットブログ』みたいなサイトタイトルにしたとき。 ・全体的に肥満気味の人 ・ダイエットに興味がある人 ・ダイエットが長続きしない人 がサイトに集まるわけですよね。 そこで「置き換えダイエットで満腹感を得るならこれ!」とか「デブにも優しく指導してくれるスポーツジムのおすすめ!」とか色んな記事を書いてもサイトに集まる人は共通してます。 そんな人たちが集まるサイトであれば、ダイエット器具とかスポーツジム入会体験とか効きそうな健康器具のアドセンス広告が出てたら 買ってくれる可能性も高いですよね。 これが特化型ブログが単価が高くなりやすいといわれる理由です。 サイト内の色んな記事を見て、最後に広告をクリックしてもらう可能性も高いよね! ただ、特化型ブログでも単価が高くならない場合もあります。 それは あまり商品を買いそうにないターゲットがメインになりそうな時ですね。 例えば高校生以下がメインアクセスになるサイトです。 高校生や中学生というのは基本的にお金持ってません。 だから、アクセスはあっても広告がクリックされないことも多いし、クリックされても実際に購入するというところまではなかなかいかないんです。 なので、クリック単価も低くなりがちです。 このように集めるターゲットやサイトとマッチングする広告(商品)の値段が安い時は特化型ブログといえどもクリック単価が安くなりがちです。 アドセンスのクリック単価が上がりやすい時期、下がりやすい時期 アドセンスのクリック単価は上がりやすい時期と下がりやすい時期が存在します。 グーグルの公式にもこんな記載があります。 だ、大丈夫。 今回も注目すべきはたった一文だけだから。 ここで注目すべきは 『マーケティング担当者が予算を振り分ける各四半期の前半には、クリック単価が低下する可能性があります』ってとこです。 そう、アドセンスもお金を払う側の人がたくさん予算を付ける月とあまり予算を付けない時があります。 上で書いている『各四半期の前半』とは、4月、7月、10月、1月です。 逆にこの考えでいくと3月というのは多くの企業で一年の締めになります。 つまり1円でも多く売り上げを上げたい月ということです。 アドセンスだけじゃなく、例えば家電とかも3月は安くなったりしますよね。 つまり 3月はアドセンス単価も高くなりやすいのです。 実際に僕も3月は高単価が多いですし、他のアドセンスをやっている人もそういった声が多いです。 次に上がりやすいのは12月。 12月というのは、物が売れやすい時期です。 だからアドセンスの広告単価も高くなりやすいですね。 この 3月と12月というのがアドセンス単価の高いツートップです。 次に高くなりやすいのはやはり四半期の締めである6月と9月。 ただこの二つは私の経験上、3月と12月よりは露骨にクリック単価があがることはないですね。 何となくそうかな~くらいです。 このようにクリック単価はお金を払う側の人の都合で高くなり、それは決算報告のある締め月と関係がある、ということは「へ~」レベルで知っておくといいですね。 初心者注意!:単価のことだけを考えて記事を書くとアドセンスのメリットが薄れる さて、ここまで読んで『なるほど、じゃあ商品がありそうな記事を中心にアドセンス記事を書こう!』と思った人は一度立ち止まってください。 特にアドセンスブログ初心者の方で雑記ブログを書いている方は要注意です。 なぜなら単価のことだけを意識してアドセンスブログを運営すると、アドセンスブログの大きなメリットが失われてしまうかもしれません。 アドセンスのメリットとは、記事にできる範囲がかなり広いこと。 そして強力なライバルが少ないことです。 実はそのように商品がある記事は、物を売るアフィリエイト。 つまり サイトアフィリエイトの分野にかなり近いです。 サイトアフィリエイトはアドセンスにはいないゴリゴリのアフィリエイターがたくさんいます。 この人たちにアフィリエイト初心者が勝つのは相当大変です。 そして、この人たちに勝ってアクセスを集められるのであれば、むしろアドセンスより直接アフィリエイトリンクを貼った方が収益は良いです。 単価のことだけを考えた記事を作るとそもそものアクセスが来ない記事ばかりになってしまったり、記事ネタも限られて更新するのが大変になっちゃいます。 アドセンスのクリック単価のまとめ:お金を出す側が儲かる広告は単価も高い! 改めて最初にお伝えした結論を確認しましょう。 結論:単価を上げる確実な方法は存在しない。 結論2:記事内容とユーザーと広告がマッチする内容なら単価が上がりやすい傾向にある。 結論3:単価が上がりやすいタイミングは12月と3月。 次に6月と9月。 結論4:特化型ブログだから単価が上がるわけではない。 何の特化型かが重要。 この4つでしたね。 そもそもの仕組みで言うと、実際にサイトを訪問してくれるユーザーが広告をクリックし、さらに商品も買ってもらうことが多ければ、アドセンス単価は上がりやすいということです。 そして、そのための手法として商品を買いやすいような記事ネタを書いたり、特化型ブログを作るという手段があるということですね。 今回はアドセンスの単価を上げるためのヒントをお伝えしました。 あまり意識しすぎて記事ネタがなくなるのは意味ないですが、余裕があれば高単価を狙って記事を書いてみるのもいいですね。

次の

NG!!アドセンスを自分でクリックすると・・・。知り合いにお願いしてもダメ!

アドセンス クリック

もくじ• アドセンスの不正クリック 無効クリック が疑われる時 アドセンスの不正クリック 無効クリック とは、本人または他人によって故意に広告をクリックされること。 自分のページに貼ってある広告を自分でクリックするのはもちろんアドセンスポリシー違反ですが、 他人が故意にクリックした場合もポリシー違反となってアカウントが停止される可能性があります! ただ、最近はGoogle側で他人による無効クリックを細かく検知できるようになったので、以前よりは無効クリックによるアカウント停止は少なくなりました。 ですが、まだまだそういったひどいことをする人がいるのも事実なので、自分のアカウントは自分で守らないといけませんね。 では、アドセンスの無効クリックが疑われるのは一体どんな時なのか見ていきましょう。 ページCTRやクリック数が異常に増えた時 無効クリックが行われると、アドセンスの ページCTR ページあたりのクリック率 やクリック数が普段と違う異常な数字になります。 不正クリックとも呼ばれる無効クリックは、広告主のアカウントを停止させようと故意に広告をたくさんクリックする行為なので、クリック数が増えるのは当然ですね。 クリック数が増えると自然とページCTRが高くなるので、これらの数字がいつもより異常に増えている場合は無効クリックを疑ったほうがいいでしょう。 以前、私の運営するサイトもアドセンスのCTRやクリック数が異常に増えたことがありました。 クリック数もPVにしては多く、クリック率は普段0. このように、 ページCTRやクリック数が異常に増えた時は無効クリックされている可能性があるのです。 同じ地域からのクリックが異常に多い アドセンスのページCTRやクリック数が異常に増えたことに気づいたら、クリックされている地域を調べてみてください。 もしクリックがどこかの地域に集中しているのであれば無効クリックが行われているかもしれません。 特別な設定をしていなくてもある程度の情報はアナリティクスから見ることができます。 次に期間を設定して「AdSense」をクリックします。 下に行くと国名がずらっと並んでいると思うので「Japan」をクリックすると、都道府県別のアドセンスに関する情報が出てきます。 あまり細かい地域ごとの数字ではないのですが、 どこかの都道府県のCTRが異常に高くなっていないか確認してください。 もしある県だけ異常に高い数字だった場合は無効クリックが行われている可能性があります。 アドセンスの無効クリックが疑われるならすぐ報告を! 先ほどの例のようにアドセンスの数値がいつもと大きく違う場合は、 すぐにGoogleにその旨を報告しましょう。 報告することによって「 自分で故意にクリックしたわけではありませんよ」ということをアピールできるので、自己クリックしたと間違われてアカウント停止になるのを防ぐことができます。 一度アドセンスのアカウントが停止されてしまうと二度と復活できないこともよくあります!おかしいなと思ったらまずは報告しておきましょう。 報告はから行います。 フォームの一番上にも書いてありますが、これを送ったからと言ってGoogleから何か返信がくるわけではありません。 重要な問題が見つかった場合のみ連絡がくるそうなので、何も連絡がなければ特に大きな問題はなかったということだと考えてください。 アドセンスの無効クリックの報告方法と記入例 アドセンスの無効クリックが疑われる時、 Googleへの報告は「無効なクリックの連絡フォーム」から連絡をするだけでOK。 ここからはどのように記入したらいいのか記入例を紹介していきます。 まずにアクセスしてください。 アドセンスに登録している氏名• アドセンスに登録しているメールアドレス• アカウントごとに設定されているID。 アドセンス管理画面の左側にある「アカウント」から確認できます。 無効クリックがあったと思われるサイトのURL• 無効クリックの場合は「アカウントで発生する通常とは異なる動作をレポートする」を選択• 無効クリックがあった日にちと時間• ここに無効クリックがあったことを表すデータを記入(下で詳しく説明します)• 例えば、 ページCTRやクリック数のデータですね。 アドセンスの管理画面でデータを表示してスクリーンショットするのが一番簡単ですが、この欄には画像が貼れません。 なので、画像で報告する場合は一度自分のGoogleドライブにアップして共有URLを取得し、そのURLをこの部分に貼る方法が一番簡単かと思います。 私は当時そのやり方がよくわからなかったので参考になりそうなデータをそのまま入力しましたが、それでも問題ありませんでした。 なるべく詳しいデータが伝わるように、参考になりそうな部分はすべて記入しておきました。 また、私は書いていませんがアナリティクスと連携している場合は「 Googleアナリティクスと連携を行っている」ということも記入しておくことをおすすめします。 」と書かれています。 もしIPアドレスや参照URLなどがわかる場合はこちらも記入してください。 IPアドレスはアナリティクスであらかじめ設定をしておけば取得できるのですが、設定していない方がほとんどだと思います。 それに、データをとっていたとしてもどのIPアドレスが無効クリックをしたのか特定することは難しいようです。 具体的にどのIPアドレスが何回クリックしたかを調べるには「リサーチアルチザンプロ」などの有料ツールを使う必要があります。 私は設定していなかったので この部分は何も記入していませんが特に問題はありませんでした。 最後に送信して完了 すべて記入できたら最後にもう一度確認して「 送信」をクリック。 これでGoogleへ無効クリックの報告ができました! 重大な問題がある場合だけ連絡がくるので、一応メールはチェックしておきましょう。 お疲れさまでした! 私は現在、ブログの知識を活かしてPC1台で自由に働いています。 会社員をしていた頃は手に職がなくて誰にでもできる仕事しかできず、ずっとそれがコンプレックスでした。 もっと自分にできることを増やして自信を持てるようになりたい。 人の役に立てる自分になりたい。 そんな思いから今の仕事をはじめ、今では個人でコンサルなどの仕事ができるようになりました。 1日の仕事量も時間も場所も自由。 そして自分に自信を持つことができる今の仕事のおかげで、人生を心から楽しむことができています。

次の