クレジットカード おすすめ ana。 【2019年】ANAマイルが貯めるおすすめクレジットカード!

【2019年】ANAマイルが貯めるおすすめクレジットカード!

クレジットカード おすすめ ana

ANAのマイルを貯めるのに最も適したクレジットカードは、利用者の環境によって様々だ。 多くの場合はANAカードの中から選ぶのが良いだろう。 ANAカードならANAの搭乗や、1年継続してカードを持つだけでもボーナスマイルとしてANAマイルが貯まる。 また、IC機能付きANAカードならANA搭乗時の保安検査場や搭乗口で読み取り機にカードをかざすだけで通過できる。 また、ANAカードをショッピングなどで利用した場合にもANAマイルが貯まる。 もちろんマイル付与レートも一般的なクレジットカードよりも高水準だ。 したがって、ANAマイルを貯めたい人はやはりANAカードの中から選ぶのが賢明だ。 しかしANAカードと言っても数十種類のカードがあるので、まずはマイルが貯まりやすく特におすすめなANAカードを3枚厳選して紹介していく。 おすすめANAカードはコレだ! 東京メトロやPASMOユーザーにおすすめのANA To Me CARD PASMO JCB(ソラチカカード) は、ANAカードとSuicaが1枚に合体したクレジットカードだ。 ANAカードの中で 唯一Suicaへのチャージに対応していて、チャージ金額1,000円毎に10マイルが貯まる。 もちろんオートチャージにも対応している。 また、モバイルSuicaへのチャージでもマイルが貯まるので、とおサイフケータイがあれば日本各地どこにいてもチャージでマイルが貯まる。 年会費は他のANAカードと同じく初年度無料で、翌年以降は2,000円(税別)となる。 ただし、 マイ・ペイすリボの登録+年1回以上の利用があれば、ANAカードの中で最も安い751円(税別)の年会費で利用できる。 マイ・ペイすリボは月々の支払額を自由に設定できるので、利用額と同額の支払額を設定しておけばリボ払い手数料がかからず、年会費割引のメリットだけ受けられる。 必ず設定しておくことをおすすめする。 空港での手厚いサービスを受けるならANAアメックスカード ここまでANAカードの中からおすすめカードを紹介してきたが、これから紹介するスカイトラベラーはANAカードではない。 スカイトラベラーはアメリカンエキスプレスが発行するクレジットカードで、カード利用100円につき1ポイントが貯まる。 貯まったポイントは1ポイント=1マイルのレートでANAマイルに交換できる。 さらにすごいのが、 ANA公式サイト経由で航空券を購入するとポイントが3倍になる点だ。 しかもの上位カードなら、5倍に跳ね上がる。 つまり 航空券購入時には100円で3マイル、または100円で5マイル貯まる計算だ。 なんとANAプレミアムカードよりも高いレートでマイルが貯まるのだ。 頻繁にANA航空券を購入するのであれば、スカイトラベラーへの入会も検討してみるべきだろう。 この記事に関連するおすすめ情報 2015. 09 2015. 05 2015. 05 2015. 05 2015. 05 2015. 05 2015. 05 2015. 02 2014. 14 2014. 世界195カ国、1,300以上の都市に就航。 北中米、ヨーロッパ、アフリカ路線が充実。 ANA提携カードでのショッピング•

次の

ANAマイル獲得に欠かせぬ「ANAカード」。賢い選び方とおすすめ券種も紹介

クレジットカード おすすめ ana

1 ANA To Me CARD PASMO JCB Gold(ソラチカゴールドカード) ANA To Me CARD PASMO JCB Gold(ソラチカゴールドカード)は、陸マイラー最強ゴールドカードとの呼び声高い1枚です。 ANAカードと東京メトロのTo Me CARD PASMOが一体となった「ソラチカカード」のゴールドカード。 東京メトロの乗車で、1乗車につき• 平日20メトロポイント• 土・休日40メトロポイント 乗車ポイントが貯まります。 定期購入でポイントを貯められることも特徴で、定期券購入ではメトロポイントとOki Dokiポイントをダブルで貯められます。 貯まったポイントは、 無料でマイル移行が可能。 2 ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カード ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、ANAマイルを大量に貯めたい方におすすめのanaカードです。 ANA アメリカン・エキスプレス・ゴールド・カードは、ポイント還元率1. 通常のショッピング100円で1ポイントが貯まります。 ANA航空券や旅行商品など、 ANAグループでのカード利用はポイント2倍。 ポイントに有効期限は一切ありません。 期間を気にせず好きなだけポイントを貯めた後で、1,000ポイント単位(1ポイント=1マイル)でANAマイルへ移行可能です。 また、アメリカン・エキスプレスならではの サービスや保険が充実していることもカードの魅力です。

次の

マイルが良く貯まるおすすめのANAカードは?失敗しないANAカードの選び方!【2020年7月版】

クレジットカード おすすめ ana

憧れのスーパーフライヤーズカード スーパーフライヤーズカードとは? スーパーフライヤーズカードとは、クレジットカードを更新し続ける限り、 ANAマイレージクラブの上級会員でいられる夢のようなカード。 しかし、スーパーフライヤーズカードを取得するためのハードルは高い! 一度でもANAの上級会員である「 ダイヤモンドステイタス」か「 プラチナステイタス」になってはじめて取得できるANAマイラー憧れのカードです。 出張族で自然と「プラチナステイタス」になれる方は羨ましいです。 そんな恵まれた方はごくわずか。 それならと、1年間にとにかくANAに乗るSFC修行を行ない、「プラチナステイタス」を目指すんです。 ただ、ひたすら飛行機に乗りまくります。 SFC修行を達成したあかつきには、夢のスーパーフライヤーズカードが手に入るというわけです。 ANA上級会員の詳細は「」へ。 家族も上級会員になれてしまう スーパーフライヤーズカードのいいところは、 プラチナステイタスの資格がない家族も、スーパーフライヤーズカードを持つことで、上級会員になれること。 これって結構凄いことです。 条件は、 本会員と生計を同一にする配偶者・ご両親・お子様(18歳以上)は、年間のご搭乗実績にかかわらず家族会員にお申し込みいただけます。 例えば、夫婦で2枚持てば、子供が2人いても全員ANAラウンジに入ることが可能になります。 SFC修行の前にANAカードを作る ただ、SFC修行を達成しても、肝心のスーパーフライヤーズカードの審査を通過する必要があります。 そのため、通常は審査落ちを懸念して、 修行を始める前に、希望するスーパーフライヤーズカードにしたいANAカードを作るんですよね。 スーパーフライヤーズカードの切り替えの注意点• ANAカードからスーパーフライヤーズカードに切り替えができる• スーパーフライヤーズカード発行後もブランドの切り替えは自由にできる• スーパーフライヤーズカードは1人1枚のみ• スーパーフライヤーズカード対象外のカードもある ANAカードからスーパーフライヤーズカードに切り替えができる すでに保有している ANAカードをスーパーフライヤーズカードに切り替えることができます。 ほとんどの人は、恐らくこのパターンでしょう。 スーパーフライヤーズカード発行後もブランドの切り替えは自由にできる スーパーフライヤーズカード取得後、やっぱりあっちのカードブランドがよかった!となっても大丈夫です。 会員資格を失うことなく、 ブランドの切り替えができます。 一度選んだらずっと変更できない!なんて心配は不要です。 スーパーフライヤーズカードは1人1枚のみ 1人で、複数ブランドのスーパーフライヤーズカードを持つことはできません。 1つに厳選する必要があります。 スーパーフライヤーズカードではない、ANAカードなら、別ブランドであれば、複数枚保有可能です。 スーパーフライヤーズカード対象外のカードもある 以下のカードは、スーパーフライヤーズカードがないため、切り替えができません。 別のブランドで新規入会する必要があります。 ANA VISA Suicaカード• ANA To Me CARD PASMO JCB• ANA TOKYU POINT ClubQ PASMO マスターカード スーパーフライヤーズカード全種類 スーパーフライヤーズカードは、なんと12枚。 ざっくり3分類 スーパーフライヤーズカードは、大きく3種類発行されています。 ANA JCBスーパーフライヤーズカード プレミアム(SFC JCBプレミアム)• ANAダイナーススーパーフライヤーズ プレミアムカード(SFC ダイナースプレミアム)• ANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカード(SFC VISAプレミアム)• ANAアメリカン・エキスプレススーパーフライヤーズ・プレミアム・カード(SFC アメックスプレミアム) 選ぶなら「ゴールドカード」か「プレミアムカード」から こんなにいっぱいあると選ぶのに悩んでしまいますよね? スーパーフライヤーズカードは、 「ゴールドカード」か「プレミアムカード」を選んでおけば間違いないです。 一般カードは年会費が高い割に特典が少ない 年会費を比較すると、一般カードが一番安く、維持費が低そうに見えます。 5マイル」になってしまうので、もったいない。 移行手数料を含めると、一般カードとゴールドカードの 維持費の差は1,000円程度! それにもかかわらず、一般カードとゴールドカードでは 特典が大きく違います。 一般カードは、スーパーフライヤーズカードの候補からは外れますね。 となると、検討すべきは、 「ゴールドカード」と「プレミアムカード」の9枚。 じゃあどのスーパーフライヤーズカードがいいの? というわけで、おすすめのスーパーフライヤーズカードはこれ! タイプ別に選ぶとこの3枚がおすすめ! クレジットカードは、持つ人の目的によってオススメのカードが変わるため、タイプ別に3枚を厳選!• 普段飛行機に乗らない人に人気で、 多くの方が選んでいるカード。 SFCゴールド VISAは、実は、年会費の割引があるんです。 そのため、5枚あるゴールドカードの中でも、 年会費最安値。 本会員:10,500円 税別 4,500円引き• 家族カード:6,000円 税別 1,500円引き ただ、利用はおすすめしません。 マイ・ペイすリボとは、リボ払いのこと。 リボ払いとは、いくら使っても事前に決めた金額だけ返済し、超えた金額には利息がかかります。 臨時入金で手数料の金額を極限まで少なくすることはできるものの、忘れると手数料のほうが高く付いてしまう場合も。 カード特典も充実 ゴールドカードなので、カード特典も充実。 海外旅行保険• 国内線の航空機遅延費用補償• ANAラウンジがない国内線の空港でもクレジットカードラウンジ無料 ANA VISA ワイドゴールドカード 2,000マイルプレゼント コスパNo. 1 ANA VISA ワイドゴールドカードの詳細は、「」へ。 ANAアメリカン・エキスプレス スーパーフライヤーズ・ゴールド・カード マイルを重視するならこの1枚 マイルを重視するなら、「 ANAアメリカン・エキスプレス スーパーフライヤーズ・ゴールド・カード」(SFCアメックスゴールド)。 他のゴールドカードに比べ、マイルを貯めやすいカード。 クレジットカードのポイントは 期限なし• ANA航空券購入で ポイント2倍 ANAマイルは有効期限が3年と短いですが、SFCアメックスゴールドなら、 ポイントは無期限。 有効期限を気にせずに貯めることができるのは大きなメリット。 また、SFC取得後もANA便を利用するなら、他のカードよりも、より多くのANAマイルを貯めることができます。 海外旅行保険• ANAラウンジがない国内線の空港でもクレジットカードラウンジを同伴者1名も含め無料• スーツケース宅配帰国時無料• 海外での充実の日本語サポート ANAアメックスゴールド 最大20,000マイル相当のポイントプレゼント 無期限で貯められる ANAアメックスゴールドの詳細は「」へ。 ANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカード 最高峰のプレミアムカードならこの1枚 スーパーフライヤーズカードの 最高峰のプレミアムカード。 その中で、おすすめなのが、「 ANA VISAプラチナ スーパーフライヤーズ プレミアムカード」(SFC VISAプラチナ)。 コスパと貯まるマイル両方を兼ね備えたANAカードの最強カード。 年会費は80,000円(税別)とプレミアムカードの中では抑えめで、日々の生活でしっかり ANAマイルは貯まります。 5マイル」相当• 貯めた ポイントは4年間有効と長め カード特典は充実すぎ 365日24時間利用できる コンシェルジュサービス、プライオリティパスをはじめプレミアムカードにふさわしい特典が満載。 5マイル相当貯まる まとめ スーパーフライヤーズカードは、入手できれば、ANA上級会員の資格を永久に得ることができる夢のようなカード。 コスパ重視で選ぶなら、ANA スーパーフライヤーズ ゴールドカード VISA。 マイルを重視するなら、ANAアメリカン・エキスプレス スーパーフライヤーズ・ゴールド・カード。 最高峰なら、ANA VISAプラチナプレミアムカード。 スーパーフライヤーズカードがお財布に入っていると、きっと気分がいいですね。 3種類のカード毎にまとめてみました。 3 3. 5 4. 5 3.

次の