酢 玉ねぎ アレンジ レシピ。 【酢玉ねぎ】 アレンジレシピや人気の食べ方は?

健康ダイエットの味方♪「酢玉ねぎ」の作り方&人気アレンジレシピ5選!

酢 玉ねぎ アレンジ レシピ

お正月から、早いものでもう1カ月がたとうとしています。 気がつくと、 「お正月太り」した体重が減っていない!? という人も多いのでは。 そんな人におすすめしたいのが、 食べやせ効果で話題の 【酢玉ねぎ】! 2 酢1カップを強火で沸かし、玉ねぎを加えてひと煮立ちさせる。 3 火を止めて、 はちみつ大さじ4を混ぜる。 冷蔵庫で約2週間保存可能です。 いろんな料理に合うから、あれこれ使えて重宝しますよ。 【いろんなものにちょいたし!】 豆腐にたっぷりのせて、かさ増しに。 野菜とあえれば、さっぱりした味わいの副菜が完成! 【肉おかずとの相性もばっちり】 食卓にのぼりやすい 「豚肉」と組み合わせるのもおすすめ。 酢玉ねぎの働きで、豚肉にふくまれるビタミンB1の吸収率が上がり、 体脂肪をためこみにくくしてくれますよ! ダイエットは、無理なくできる方法を見つけることが大切。 「酢玉ねぎ」は使いまわしできるから、忙しい人にもぴったりです。 ぜひ気軽にトライしてくださいね! 料理/小林まさみ 撮影/鈴木泰介 文/編集部・三上.

次の

酢玉ねぎの効果と作り方!アレンジレシピも紹介

酢 玉ねぎ アレンジ レシピ

出典:(外部リンク)玉ねぎレシピ23 この料理は人参や玉ねぎ、豚肉を入れて具沢山に仕上げています。 冷凍うどんを使用しているため、コシのある焼うどんになるでしょう。 パパッと食材を炒めて調味料を合わせるだけなので、お手軽に作れますよ。 冷凍うどんを炒める時は茹でるよりも、レンジで加熱してから調理するとベチャっとなりません。 豚バラを使用して旨味たっぷりに仕上げてくださいね。 お酒の〆にちょうど良い一品になるでしょう。 和食に人気の簡単な玉ねぎレシピまとめ 玉ねぎは炒めたり煮物にしたりとアレンジができる野菜です。 副菜や主菜などにも活用できるのであっという間に消費できます。 玉ねぎは毎日食べても良いくらい体に良い野菜です。 ここで紹介したレシピは、どれもお手軽にできておすすめのものばかりですよ。 食べ慣れている和食に活用して、美味しいレシピを作ってくださいね。 早速今日から美味しい和食の玉ねぎ料理を作りましょう!.

次の

作り置き常備菜シリーズ『酢たまねぎ』とアレンジレシピ

酢 玉ねぎ アレンジ レシピ

酢玉ねぎとは 皆さんは、酢玉ねぎってご存知ですか? 酢玉ねぎとは文字通り、酢と玉ねぎで作られたもので、健康対策に良いということで、今、とても注目されています。 酢と玉ねぎというと、なんとなく組み合わせ的にシブい食べ物という感じがしないわけでもありませんが、実はこの酢玉ねぎは、健康対策だけではなく、女性にとってもおすすめの食べ物なんです。 なぜ女性におすすめなのかというと、酢玉ねぎは、ダイエットやアンチエイジング、便秘解消、美肌効果、冷え性の改善など、美しくなりたいと願う女性たちにとって嬉しい効果がたくさん期待できると言われているんです! いろいろな美容に良い食べ物はありますが、試してみようと思っても売られている場所が限られて手に入りにくかったりしますが、こちらの酢玉ねぎは、おうちに常にある食材で手軽にできてしまうので、より挑戦しやすいのも魅力です。 今回は女性にとってもおすすめの食べ物、酢玉ねぎについて、徹底紹介してまいります! 酢玉ねぎの作り方 酢玉ねぎの材料は、何も特別な場所に行かなくても身近に売っているものなので、気軽にできてしまいます。 そして作り方もとても簡単なんです。 普段お料理をしない人でもできてしまうぐらいなので、難しく考えずに気軽に挑戦してみてください。 それ以外に、酢玉ねぎを保存する入れ物が必要です。 道具 酢玉ねぎを保存する入れ物は、フタができるビンやキャニスターがおすすめです。 保存期間を長くすることを考えると、煮沸消毒が必要なので、タッパーはおすすめできません。 もしたタッパーを使う場合は、きれいに洗うこと、水分をしっかりとること、それから作ったら早めに食べきるようにしてください。 ビンやキャニスターは大きめの鍋に入れ、水を入れてから火にかけ、煮沸消毒をします。 大きさは、なるべくなら大きめの入れ物の方がおすすめです。 切ってから15分後の玉ねぎ1個分を入れるのに適した入れ物の大きさは、大体水が1リットル分入るぐらいの入れ物が良いでしょう。 お酢を入れると、すぐに玉ねぎのかさは減っていくので、それよりも小さい入れ物でも結局大丈夫にはなっていくのですが、あまり時間をかけたくない場合と作りやすさを考えると、1リットル分の容器がおすすめです。 それから、玉ねぎを切る時には、包丁でも十分ですが、より薄く玉ねぎを切りたい場合は、スライサーがあると便利です。 まな板も、包丁も、容器も清潔さを保つようにしましょう。 材料 玉ねぎ:1個分 お酢:大さじ5杯 はちみつ:大さじ1杯 作り方 まず玉ねぎは皮をむき、包丁またはスライサーで薄く切ります。 繊維に沿って切っても、繊維に沿わずに切ってもどちらでもかまいません。 お好みの方で切ってください。 玉ねぎが切れたら、空気に触れるように広げて、15分~30分間置いておきます。 この15分~30分空気にさらすというのがポイントです。 時間が経過したら、あらかじめ煮沸消毒した入れ物に切った玉ねぎを入れていきます。 そこにお酢大さじ5杯と、はちみつ大さじ1杯を入れて軽く混ぜます。 材料を入れてからフタをして、なじませるように揺すってもOKです。 材料が全部入ったら冷蔵庫に入れて、1日置いたら完成です。 スポンサードリンク なぜ玉ねぎを空気にさらすの? 酢玉ねぎを作る際の最大のポイントは、玉ねぎを切った後、15分~30分空気にさらすことです。 なぜ空気にさらすことが必要なのでしょうか? その理由は、玉ねぎに含まれる硫化アリルという成分を失いにくくするためです。 硫化アリルは水にさらしたり、加熱をしたりすると失われやすくなるのですが、空気にさらすことにより、失われにくくなるという効果があります。 それから、玉ねぎに含まれる硫化プロピルという成分は空気にさらすことによりトリスルフィドという成分に変化します。 このトリスルフィドという成分には、中性脂肪や悪玉コレステロールを減らしてくれる作用があると言われています。 空気にさらすことによって、硫化アリルを失うのを防げ、玉ねぎに含まれる成分が変化することによってダイエットにも良い効果が期待できるようになります。 玉ねぎを生で食べる時には、水にさらしてから食べますが、水にさらしてしまうと栄養が逃げてしまうので、酢玉ねぎを作る時には水にさらすのはNGです。 玉ねぎを空気にさらす時間は長ければ良いというわけではないので、15分~30分を目安にしてくださいね。 作った酢玉ねぎを食べてみた 酢玉ねぎがどういったものかおわかりいただけてきたとは思いますが、次は酢玉ねぎのお味が気になるところですよね。 酢と玉ねぎだから、かなり個性の強い味がするのではないかと少し心配になるところですが・・・。 においはお酢と玉ねぎという感じで、らっきょうに近い感じがします。 玉ねぎのイメージが強いので、辛みがかなりあるのではと思いましたが、思っているよりずっと辛味が少なく、酢玉ねぎにした方が、水にさらした玉ねぎのスライスを食べるよりも食べやすくなっていました。 筆者は、玉ねぎのスライスが嫌いというワケではないものの少し弱いタイプなのですが、酢玉ねぎはとても食べやすく、美味しくいただきました! 酢玉ねぎを食べてから、実際にお通じが良くなったような気もしましたし、デトックスされているような気もしました。 疲れている時に酢玉ねぎを食べたら、疲労感が取れる感じも個人的にはありました!何よりも思っていた以上に美味しかったので、これなら無理なく続けられそうです。 酢玉ねぎを使った簡単アレンジレシピ 酢玉ねぎはそのままでも食べられますが、できるだけ毎日取り入れていくには、そのまま食べるだけでは飽きてきてしまいますよね? 酢玉ねぎはそのままだけではなく、他のお料理と合わせることもできるんです。 ここでは酢玉ねぎを使ったアレンジレシピをご紹介します。 酢玉ねぎドレッシングサラダ <材料> 酢玉ねぎ アボカド 1個 ミニトマト お好みの量 しょうゆ 少々 酢玉ねぎのお酢 少々 <作り方> アボカドは適当な大きさに切っておきます。 アボカドとミニトマトをお皿に盛り付け、上から酢玉ねぎを載せ、酢玉ねぎのお酢を少々としょうゆを少々かけたらできあがりです。 食べる時は材料を混ぜながら食べてくださいね! 赤玉ねぎで作った酢玉ねぎのサラダ <材料> 赤玉ねぎで作った酢玉ねぎ わさび菜 ミニトマト 塩 少々 こしょう 少々 ごま油 少々 <作り方> わさび菜は適当な大きさに切ります。 ミニトマトも切り、盛り付けます。 赤玉ねぎで作った酢玉ねぎも盛り付け、塩、こしょう、ごま油をかけたら完成です。 酢玉ねぎ入り味噌汁 <材料> お好みのお味噌汁 酢玉ねぎ 50グラム <作り方> まずお好みのお味噌汁を作ります。 (こちらではお豆腐のお味噌汁にしました)そこに、酢玉ねぎを50グラム入れ、ひと煮立ちさせたら完成です。 酢玉ねぎのお酢を入れたオレンジジュース <材料> 酢玉ねぎのお酢 大さじ1~2杯 100%のオレンジジュース <作り方> コップに酢玉ねぎのお酢を大さじ1~2杯入れ、そこに100%果汁のオレンジジュースを入れ、よく混ぜたら完成です。 このレシピのポイント ジュースの種類は柑橘系のジュースの方が相性が良いと思います。 グレープフルーツジュースでも良いですが、酸味が強すぎてしまうので、オレンジジュースぐらいの柔らかな酸味の方がお酢と合わせた時には飲みやすいでしょう。 酢玉ねぎ入りカレー <材料> 酢玉ねぎ 50グラム じゃがいも にんじん お好みのお肉 水 カレールウ 油 <作り方> 鍋に油を敷き、お好みのお肉、じゃがいも、にんじんを入れて少し炒めます。 そこに酢玉ねぎを入れ、さらに炒めます。 水を入れ、材料が柔らかくなるまで煮て灰汁を取ります。 材料が柔らかくなったらカレールウを入れ、少し煮たら完成です。 このレシピのポイント 普段使うカレーの玉ねぎの代わりに酢玉ねぎを使って作りました。 カレーを普段通りに作って、仕上げに酢玉ねぎを入れて食べるというのもありなので、お好みの方で試してみてください。 酢玉ねぎ入りチャーハン <材料> 酢玉ねぎ 50g 玉子 1個 ごはん 茶碗1杯分 油 大さじ1 中華スープの素 適量 <作り方> 玉子はあらかじめかき混ぜておきます。 フライパンに油大さじ1を入れ、熱します。 そこにかき混ぜておいた玉子を入れ、すぐにごはんを入れます。 玉子をごはんに絡ませるようにしながら、おたまで炒めていきます。 玉子とごはんはそのままにしながら、フライパンのスペースをあけて、そこに酢玉ねぎを入れて軽く炒めます。 少ししたら玉子とごはん酢玉ねぎを合わせて炒めていきます。 中華スープの素を適量入れて味つけをしたら完成です。 このレシピのポイント 酢玉ねぎでチャーハンというと、酸っぱくなりそうですが、心配無用です。 炒めることで、お酢の酸味はほとんど飛びます。 良い具合に玉ねぎの甘みが出てくれて、チャーハンに玉ねぎの旨味がプラスされますよ! こちらも生の玉ねぎから炒める手間が省けるので時短にもなります。 チャーハンを炒める時のポイントはフライパンを熱して卵を入れたらすぐにごはんを投入することです。 そうすることでパラパラになりやすくなります。 それからおたまの背で優しくダマつぶすようにしながら炒めるのもパラパラになりやすいので、こちらのレシピを作る際の参考にしてみてください。 酢玉ねぎの豚生姜焼き <材料> 酢玉ねぎ 50グラム 豚肉の薄切り 120グラム 塩 少々 しょうが 少々 酒 大さじ1 小麦粉 少々 しょうゆ 大さじ1杯半 油 少々 <作り方> 豚肉に塩少々、酒、しょうゆをかけ、10分置いておきます。 10分経ったら、豚肉に小麦粉を薄くかけておきます。 フライパンに油を少々入れ、先ほどの豚肉を炒めていきます。 すりおろしたしょうがを入れ、豚肉が炒まったら、お皿に盛り付けます。 盛り付けた豚肉の上に酢玉ねぎを載せ、上から軽くしょうゆをふったら完成です。 このレシピのポイント 豚肉には疲労を回復してくれるビタミンBが含まれています。 それからたんぱく質も豊富です。 ダイエット中といえどたんぱく質はしっかりと摂らなければいけないので、お肉もきちんと摂るようにした方が良いのですが、そんな時におすすめなのが、こちらの酢玉ねぎと豚肉のレシピです。 酢玉ねぎのダイエットに良い効果と、豚肉に含まれる体に良い成分が合わさってくれるので、ダイエット中の栄養不足の心配を解消してくれます。 とても美味しくいただけて、満足感もばっちり得られるこちらの一品は、かなりおすすめですよ! 酢玉ねぎと山えのきの醤油炒め <材料> 酢玉ねぎ 50グラム 山えのき 1袋 油 少々 しょうゆ 少々 <作り方> 熱したフライパンに油を敷き、酢玉ねぎと山えのきを入れて炒めます。 山えのきがしんなりしたら、醤油を少々入れ、少し炒めたら完成です。 酢玉ねぎが持つ主な成分 酢玉ねぎにはダイエットや美容に良い効果が期待できる成分が含まれています。 単体でも美容と健康に良いと言われているお酢と玉ねぎですから、その2つが合わさっている酢玉ねぎは、手軽でありながらも美容に役立ってくれる自分でできるスーパーフードと言っても過言ではありません。 ここでは、酢玉ねぎの成分について、より詳しく説明していきたいと思います。 酢の主な成分 お酢には、クエン酸やアミノ酸、酢酸など、有機酸が含まれています。 お酢に含まれているこれらの有機酸には、疲労を回復してくれる効果や血流を良くしてくれる効果があると言われ、カルシウムの吸収をアップさせてくれたり、美肌を作ってくれるのにも良いと言われています。 体が酸化してくると人間は疲れやすくなると言われていますが、お酢には酸化した体を弱アルカリ性へと変えてくれる働きがあります。 お酢だけを飲むという健康・美容法もあるぐらい、良い働きをしてくれるのがお酢なのです。 玉ねぎの主な成分 玉ねぎには、食物繊維、ビタミンB、ビタミンC、葉酸、カルシウム、鉄分、リン、カリウムといった栄養が含まれています。 そこに、硫化アリル、硫化プロピル、ケルセチン、オリゴ糖が含まれていて、これらの成分が酢玉ねぎにした時にダイエットに良い成分として活躍してくれます。 硫化アリルは、血液をサラサラにしてくれる成分で、玉ねぎを切ると涙が出るとよく言われますが、その原因はこの硫化アリルによるものです。 血液がサラサラになると体の血流が良くなり、その結果代謝がアップしてくれるので、痩せやすい体づくりをしてくれます。 硫化プロピルには、血糖値の上昇を防ぐ効果がありますし、それからケルセチンという成分には、脂肪を吸収を抑えたり、燃焼させたり、排出する働きがあるので、それもダイエットに良い働きをしてくれるのです。 オリゴ糖は腸内環境を整えてくれますし、玉ねぎには様々な体に嬉しい効果が期待できる成分が含まれています。 酢玉ねぎの美容効果・健康効果 酢玉ねぎには、美容と健康に良い成分がたくさん含まれており、その成分の働きによって様々な効果が期待できるようになるそうです。 ここでは、酢玉ねぎを食べると一体どんな効果が期待できるのかをご紹介していきます。 ダイエット効果 酢玉ねぎを食べることによって期待できる効果というと、まずはダイエットです。 ダイエットをはじめるのなら、ぜひ酢玉ねぎを取り入れてみると良いでしょう。 酢玉ねぎを食べることによって、お酢に含まれる有機酸と玉ねぎに含まれる硫化アリルとケルセチンの相乗効果により、余分な脂肪を燃焼してくれたり、血液をサラサラにして代謝をアップしてくれたりするので、ダイエット中にはとても心強い味方になってくれるはずです。 実際に酢玉ねぎを取り入れながらダイエットをした方の中には、嬉しい効果を感じている方は少なくないようですよ。 美肌効果 酢玉ねぎには美肌効果も期待できます。 お酢に含まれているアミノ酸は、潤いのある肌を作るのには欠かせない成分ですし、玉ねぎに含まれているケルセチンはポリフェノールの一種で抗酸化作用があり、シミやしわを予防してくれると言われています。 他にもビタミンCやビタミンBも含まれていて、それも美肌作りには欠かせません。 それから酢玉ねぎ自体にデトックス効果もあるため、体の中にある老廃物を排出してくれるので、美肌対策に酢玉ねぎはとても良いのです。 疲労回復効果 先にもご紹介しましたが、お酢には酸化した体を弱アルカリ性にしてくれる働きがあるので、疲労回復効果があります。 そこに玉ねぎに含まれる硫化アリルは、血液をサラサラにしてくれ、代謝をアップしてくれるので、疲労を感じた時にも酢玉ねぎはとても良いのです。 より疲労回復効果を得たい時には、豚肉と合わせて食べるのがおすすめです。 レシピでご紹介した、酢玉ねぎの豚生姜焼きは、まさに疲労回復にはぴったりです。 血圧へ効果 お酢に含まれている酢酸や、玉ねぎに含まれている硫化アリルには血流を良くしてくれる作用があると言われています、血流が良くなると、血液がスムーズに流れていってくれるため、血圧を下げてくれる効果も期待できるようです。 血糖値にも効果 玉ねぎに含まれる硫化プロピルは、血糖値の上昇を防ぐ作用があります。 硫化プロピルによる血糖値の上昇抑制効果は、生のまま食べた方がより良いのだそうです。 他にも玉ねぎに含まれている硫化アリルという成分や、お酢にも血糖値の上昇を防ぐ効果があると言われています。 血糖値を安定させることは、暴飲暴食を防ぐために大切なので、血糖値対策にも酢玉ねぎは効果的です。 便通改善効果 酢玉ねぎは便通改善効果も期待できるようです。 玉ねぎにはオリゴ糖と食物繊維が含まれているので、腸内環境を改善してくれますし、お酢には消化をスムーズにしてくれる作用があることから、便秘の解消にもつながってくれるようですよ! 血液サラサラ効果 血液をサラサラにしたかったら、酢玉ねぎは外せないというぐらい、酢玉ねぎには血液をサラサラにしてくれる成分が豊富に含まれています。 血液をサラサラにすることは、健康な体を作るだけではなく、代謝がアップすることにより痩せやすくもなるので、ダイエットにも大切な要素になります。 冷え性の改善 女性にとって冷えは大敵にもかかわらず、女性は冷え性の方が多いですよね?寒い季節になると、手や足が冷えてしまうという方も多いと思います。 実は酢玉ねぎは冷え性対策にも良いんです。 酢玉ねぎは血流を良くしてくれるので、体の血液が隅々まで行き渡りやすくなります。 冷え性は体の血流が悪いことから起こることが多いので、冷え性を改善したいという方にも酢玉ねぎはおすすめなんですよ。 酢玉ねぎQ&A カロリーはどれくらい? 玉ねぎのカロリーは100グラムでおよそ37kcalで、そこにお酢とはちみつを混ぜてもカロリーはおよそ77kcalです。 一回で食べる量を考えるとさらにカロリーは低くなるので、酢玉ねぎはとってもローカロリーな食べ物であることがおわかりいただけると思います。 カロリーを気にせず、安心して食べることができるのが嬉しいですよね。 加熱しても栄養は壊れない? 加熱すると壊れやすいのは、硫化アリルですが、15分~30分空気にさらすことにより、硫化アリルを壊れにくくすることができます。 硫化プロピルは加熱するとセパエン、時間を置くとトリスルフィドという成分に変化していきますが、硫化プロピルがそれぞれ変化した状態でも、中性脂肪とコレステロールを減少させたり、血液サラサラにしたり効果はあるので、決して加熱したからといって栄養が損なわれるわけではありません。 加熱しても生のままでもどちらも大丈夫です。 あまり気にしないで、毎日食べても飽きない食べ方を優先した方が良いでしょう。 保存方法や保存場所、保存期間は? 酢玉ねぎは冷蔵庫で保存するようにします。 煮沸消毒した容器で保存し、2週間を目安に食べきるようにしてください。 酢玉ねぎを取り出すときも、清潔なお箸やフォークなどで取り出すようにしましょう。 余ったお酢の使い回しはしても平気? 酢玉ねぎを作って出た余ったお酢にも栄養がたっぷり入っているので、捨てずに、ぜひ使うようにしましょう。 酢玉ねぎの余ったお酢は、ドリンクに入れても良いですし、お味噌汁やスープに入れるのもおすすめです。 お酢を使って作るお料理に、酢玉ねぎのお酢を使うようにしても良いと思いますよ。 1日あたりの摂取量 酢玉ねぎの1日当たりの摂取量は50グラムが適量です。 いくらダイエットになるからといっても、あまり食べ過ぎてしまうのは良くありません。 ダイエットに良くて、健康にも良いと言われている量は50グラムなので、それを目安に食べるようにしましょう。 赤玉ねぎでも作れる? 酢玉ねぎは、赤玉ねぎでも作ることができます。 どんなお酢を使えばいいの? 酢玉ねぎを作る時、どんなお酢を使えば良いのか迷われるかもしれません。 お酢に関しては米酢でも、穀物酢でも、黒酢でもOKです。 リンゴ酢などの果実のお酢でも大丈夫です。 それぞれ使うお酢によって酢玉ねぎの味が変わってくるので、ご自分の好みのお酢を探してそのお酢を使って酢玉ねぎを作るのも楽しいと思いますよ。 胃痛のある時は食べちゃダメ? 酢玉ねぎは、胃痛がある時は控えるようにした方が良いでしょう。 それから胃が弱い方や、酢玉ねぎをたくさん食べるのも注意が必要です。 お酢によって胃が刺激され胃痛になる場合もありますし、胃酸過多になり、胃痛や気持ちが悪くなってしまうこともあるようです。 酢玉ねぎを食べて胃痛になった場合、しばらく食べないようにすれば症状は改善されることが多いようですが、それでも改善されない場合は、専門家に診てもらうようにしてください。 いかがでしたか?今回は酢玉ねぎについて紹介をしてまいりました。 常備菜の玉ねぎと、家に必ずある調味料のお酢、そこにはちみつを加えればできてしまう酢玉ねぎ。 作り方がとっても簡単で、保存も効くので、ぜひ日々の美容と健康づくりに役立てていってくださいね。

次の