タッチしやすい自動改札機。 改札機 X タッチしやすい自動改札機

「タッチしやすい自動改札機」…ICカードのタッチ部が斜め JR東日本が2月1日から実証実験

タッチしやすい自動改札機

一般客もIC専用改札機として利用できます。 は2020年1月29日(水)、「タッチしやすい自動改札機」の実証試験を東京都内の2駅で行うと発表しました。 新型の改札機は、「Suica」などのICカードと、QRコードの2種類に対応。 ICカードタッチ部とQRコード読み取り部を判別しやすいように分離して配置し、さらに車いすの人や子どももタッチしやすいよう、ICカードのタッチ部とモニター部を斜めに配置しています。 「タッチしやすい自動改札機」は(新南改札)と、駅に設置。 実証試験の期間は、新宿駅は2月1日(土)から、高輪ゲートウェイ駅は開業日である3月14日(土)から、それぞれ9月30日(水)までです。 実証試験の期間中、この改札機は通常のIC専用自動改札機として利用できます。 ICタッチ部の実証試験は、ICカード利用者を対象に5月10日(日)まで、QRコードを含む実証試験は5月11日(月)から6月30日(火)までの複数日に、一般モニターや社員モニターを対象に行われます。 7月以降は予備期間です。 実証試験が終了した10月に、この改札機は順次撤去されます。 実証試験では、ICカードタッチ部とQRコード読み取り部の使いやすさをはじめ、利用者の改札通過への影響が幅広く評価されます。

次の

ネットで賛否両論の新しい「タッチしやすい自動改札機」は本当にタッチしやすいのか試してきた

タッチしやすい自動改札機

出典元: JR東日本が作る山手線の新駅「高輪ゲートウェイ」は大きなニュースとなりました。 この高輪ゲートウェイ駅に、今までと違う新型の自動改札機が導入されるというニュースも話題を呼んでいます。 本記事では、高輪ゲートウェイ駅に導入されるシンガの自動改札機について、これまでの自動改札機とどう違うのか、今までと同じ切符やICカードでの利用はできるのかなどを解説します。 JR東日本がQRコードで通る改札機を開発 出典元: 一般的にはあまり知られていませんが、PayPayやLINE PayなどのようにスマートフォンにQRコードを表示し、そのQRコードを読み取らせることで通過するタイプの自動改札機は以前から存在していました。 日本では主に沖縄都市モノレール(ゆいレール)などで運用されてきましたが、大手の鉄道会社ではまだ導入されていませんでした。 しかし、今回、JR東日本がQRコード対応の自動改札機の検証を行うと発表したほか、大阪高速電気軌道(Osaka Metro)もQRコードや顔認証を用いる自動改札機の実証実験をスタートさせるなど、QRコードを利用した自動改札機への注目が集まっています。 新駅、高輪ゲートウェイに設置予定 出典元: JR東日本は、2020年春に開業する山手線の新駅「高輪ゲートウェイ」駅と、新宿駅にQRコード対応の自動改札機を設置すると発表しています。 新宿駅では2月1日から、高輪ゲートウェイ駅では駅開業日の3月14日から設置が予定されており、2020年9月30日まで設置される予定です。 2020年10月には一度撤去され、実証実験の結果によっては再び再設置される可能性もあるようです。 これまでのICカードはどうなる? 出典元: QRコード対応の自動改札機は、QRコードだけに対応しているわけではありません。 これまでと変わらずSuica、PASMOなどのICカードにも対応しているため、SuicaやPASMOなどを利用している人が、自動改札機に合わせて定期券等を買い替える必要はありません。 ただし、設置される新型の自動改札機は、これまでICカードをタッチしていた場所にQRコードの読み取り部分があり、ICカードのタッチ位置は変更となっています。 新たな自動改札機をICカードで通過する場合は、タッチする位置に注意する必要があるほか、切符を利用してこの自動改札機を通過できない点も注意が必要です。 誰でもタッチしやすい自動改札機 新型の自動改札機は、QRコードに対応しただけでなく、子どもや車いすの方など、目線の低い人にってもタッチしやすい形状となっています。 QRコードという新技術が取り入れられているだけでなく、バリアフリーにも対応した新世代の自動改札機の実証実験の結果に今から注目が集まっています。 pakutaso. html.

次の

JR東日本、タッチしやすい改札機の実証試験を実施 :日本経済新聞

タッチしやすい自動改札機

一般客もIC専用改札機として利用できます。 「タッチしやすい自動改札機」のイメージ(画像:)。 JR東日本は2020年1月29日(水)、「タッチしやすい自動改札機」の実証試験を東京都内の2駅で行うと発表しました。 新型の改札機は、「Suica」などのICカードと、QRコードの2種類に対応。 ICカードタッチ部とQRコード読み取り部を判別しやすいように分離して配置し、さらに車いすの人や子どももタッチしやすいよう、ICカードのタッチ部とモニター部を斜めに配置しています。 「タッチしやすい自動改札機」は新宿駅(新南改札)と、高輪ゲートウェイ駅に設置。 実証試験の期間は、新宿駅は2月1日(土)から、高輪ゲートウェイ駅は開業日である3月14日(土)から、それぞれ9月30日(水)までです。 実証試験の期間中、この改札機は通常のIC専用自動改札機として利用できます。 ICタッチ部の実証試験は、ICカード利用者を対象に5月10日(日)まで、QRコードを含む実証試験は5月11日(月)から6月30日(火)までの複数日に、一般モニターや社員モニターを対象に行われます。 7月以降は予備期間です。 実証試験が終了した10月に、この改札機は順次撤去されます。 実証試験では、ICカードタッチ部とQRコード読み取り部の使いやすさをはじめ、利用者の改札通過への影響が幅広く評価されます。 外部サイト.

次の