メインクーン 価格。 メインクーンは短命ってほんと?性格や体重、大きさは?

メインクーンの性格や特徴は?飼い方のコツや価格、病気を解説!

メインクーン 価格

メインクーンの基本情報 原産地:アメリカ 毛の長さ: 長毛・短毛 成猫の大きさ:3. 6~8. 2kg 鳴き声:控えめ 運動量:多め 食事量:食欲旺盛 寿命:11~14年 価格:15~20万円 メインクーンの原産地と名前の由来 メインクーンはアメリカのニューイングランド地方にあるメイン州が原産とされています。 このためメイン州では、州猫として認定されています。 アメリカでは絶大な人気を誇るニャンちゃんで、アメリカで最も古い猫とも言われています。 体の模様と習性がアライグマ(ラクーン)に似していることから、メイン州のラクーンで、メインクーンと命名されています。 メインクーンの起源には諸説あります。 ヴァイキングで飼われていた猫が逃げ出して、アメリカの土着の猫と交配したことによって誕生したという説や、カナダ地方の野生猫がルーツであるという説などがありますが、実際にどの説が正しいかはわかっていません。 メインクーンの歴史 メインクーンの人気が高まったのは1800年代の後半で、キャットショーを中心にとても人気の高いニャンちゃんでした。 ところが、20世紀に入ると海外から入ってきた他の長毛種に人気を奪われていきます。 それでもその後に人気を取り戻し、現在では世界中で愛される猫になっています。 起源の諸説に中には、マリーアントワネットの飼い猫だったという逸話もありますが、真実は誰も分かりません。 ただし、マリーアントワネットの飼い猫だったかどうかは別として、ヨーロッパから連れてこられた猫という考え方が一般的です。 猫種として認定されたのは1985年で、その歴史は意外と短いニャンちゃんです。 実は他の長毛種に人気を奪われたときに、絶滅したのではと言われたほど、頭数が減ってしまいました。 愛好家によって、その数が増えてきましたが、そのような歴史によりメインクーンの認定が遅れてしまいました。 メインクーンの特徴 メインクーンの最大の特徴はその大きな体です。 大きく育つ場合は、10kgを超えるほどの大きさになることもあります。 ただし、成長するのにとても時間がかかる猫で、成猫のサイズになるまでに2年近くかかります。 体重が落ち着くのは3~4歳くらいと言われています。 メインクーンのギネス記録は123cmで、とにかく大きくなる猫として知られています。 不揃いの長毛がメインクーンの特徴で、胸元のふさふさした被毛も合わせて、ワイルドさを感じさせます。 毛が長いのは寒さの厳しい北アメリカで育ったからで、冷たい雪にも耐えられるように、その被毛は耐水性を兼ね備えています。 メインクーンはどんな性格? メインクーンは「穏やかな巨人」と呼ばれるほど、とてもおとなしい性格をしています。 見た目はワイルドなのに、実は人懐っこいというギャップにハマってしまう人も多いようです。 ただし、飼い主とも一定の距離を保ちたがる習性も持っています。 とても賢いニャンちゃんで、まるで犬のように飼い主の言うことをきちんと聞きます。 知的な猫ですので、初めて猫を飼うという人でも、性格に手を焼くということはあまりありません。 自分で棚の扉を開けたり、水道の蛇口を開けたりすることもあります。 ただし、猫は猫ですので、ある程度の気まぐれは許容してあげましょう。 飼い主と遊ぶことも大好きである反面、のんびりと日向ぼっこするのも大好きです。 静と動の幅がとても広いため、見ていて飽きることがありません。 メインクーンはどれくらいまで大きくなるの? 大きく育つことがメインクーンの特徴で、10kgを超える重さにまで成長することも珍しくありません。 それでも平均としては下記のような大きさになるとされています。 オス:5. 6~8. 2kg メス:3. 6~5. 4kg 一般的にはメスよりもオスのほうが大きくなります。 倍近い差がありますので、あまり大きくなりすぎても困るという人は、メス猫を選ぶようにしましょう。 それでも一般的なニャンちゃんよりも格段に大きくなることもありますので注意してください。 普通の猫は1年で成猫の大きさになりますが、メインクーンは成猫のサイズになるのに2年かかり、体重は4歳くらいまで増え続けます。 生まれたばかりのメインクーンはそれほど大きくなく、他の子猫とあまり変わらない大きさです。 ところが、生後4ヶ月を過ぎたあたりから、一気に成長が始まります。 メインクーンを飼うときには、この成長期をきちんと見極めて、栄養価の高い食事を与える必要があります。 成長期の食事量は成猫の2倍の量が必要です。 他のニャンちゃんよりも体重も重めですので、食べる餌の量も多くなります。 とはいえ、キャットフードを与えすぎると肥満になってしまいますので、適量を心がけて、太らないように気をつけましょう。 メインクーンの平均寿命 猫の平均寿命は15歳と言われていますので、メインクーンの平均寿命である11~14歳というのは、やや短めです。 とはいえ、それはあくまでも平均寿命であって、15歳以上になるメインクーンも少なくありません。 寿命を少しでも伸ばしたい場合は、しっかりとした運動と安全な食事が欠かせません。 メインクーンはとても大きなニャンちゃんですので、運動をさせようとなると大きな室内空間が必要です。 キャットタワーなども大きくて頑丈なものが必要です。 部屋があまり広くない場合は、家具を上手に配置して、猫が上下運動しやすい環境を整えてあげましょう。 また、日向ぼっこできるスペースも重要です。 しっかり運動して、しっかり眠ることこそニャンちゃんが長生きするためのポイントです。 食事はできるだけ無添加で栄養価の高いものを選びましょう。 キャットフードの中には、コストダウンのために、添加物を大量に入れたり、粗悪な素材で作ったりすることがよくあります。 無添加のキャットフードは価格が高めですが、それで寿命が伸びるなら決して高い買い物ではありません。 また、猫が家の外に自由に歩き回れるようにすると、寿命が短くなる傾向にあります。 外の世界を自由に歩き回ってほしいと思うかもしれませんが、少しでも長く一緒に暮らしたいのであれば、室内飼いを徹底しましょう。 メインクーンの価格 メインクーンは世界中で人気のあるニャンちゃんですので、ブリーダーも多く、価格は安定しています。 ペットショップでも比較的よく見かける猫種ではないでしょうか。 ペットショップでメインクーンの子猫を購入する場合の価格は下記のようになります。 メインクーンの価格:15~20万円 他のニャンちゃんと較べても、それほど高いということはありません。 むしろ猫種の中では安い部類に入るかもしれません。 ただし、血統がいい場合などシューに出るようなメインクーンはかなりの高値になります。 30万円を超える価格設定をされていることもよくあります。 メインクーンを少しでも安く購入したい場合は、ペットショップではなくブリーダーから直接購入しましょう。 メインクーンはブリーダーの数も多いため、インターネットで検索すれば、すぐにメインクーンのブリーダーを見つけることができます。 ただし、ブリーダーでも血統のいいメインクーンしか扱っていないこともありますので、価格相場をしっかりと頭に入れておき、納得できる価格で販売しているブリーダーを見つけましょう。 元気に育つ子猫の選び方 メインクーンを実際に飼うとなると、できるだけ健康なニャンちゃんを選びたいですよね。 猫の多くが遺伝的な病気のリスクがあります。 子猫のうちは元気でも歳をとって病気にかかるニャンちゃんもいます。 それでも飼う前から病気になりやすいとわかっている子猫よりも、よりたくましく育つニャンちゃんを選びましょう。 ここではそんな元気に育つメインクーンの子猫の選び方を紹介します。 目をチェック メインクーンに限らず猫をチェックするときは、まずは目からです。 健康なニャンちゃんはとても澄んだ目をしています。 反対に目に病気を抱えていたり、体調が悪かったりする猫の目は白く淀んでいたりします。 また、目やにや充血が気になる子猫はできるだけ避けましょう。 体つきをチェック メインクーンはとても大きく成長するニャンちゃんです。 子猫のサイズは他の猫とそれほど変わりませんが、体つきが大きくて、骨や筋肉がしっかりしているのがメインクーンの特徴でもあります。 選ぶときにはかならず抱っこをして、体つきを確認しましょう。 被毛をチェック メインクーンはとてもシルキーな被毛に覆われています。 これは子猫でも同様で、なでたり抱っこしたりすると、その柔らかさを感じられます。 もし被毛がゴワゴワしていたり、1ヶ所だけ集中して抜け毛をしていたりするようであれば、体にトラブルを抱えている可能性があります。 最後は直感 上記のチェックを行ってもまだ悩むことがあるかもしれません。 そういうときは直感です。 ニャンちゃんとの出会いは恋愛みたいなもので、この子がいいと思ったらそれは運命の出会いです。 運命の出会いなら、多少のトラブルがあっても簡単に乗り越えられるはずです。 選ぶときのポイントはひと通り頭に入れておき、そのうえで連れて帰りたいと感じたニャンちゃんを選ぶようにしましょう。 メインクーンを飼うときの注意点 メインクーンは大型のニャンちゃんですので、メインクーン特有の飼い方というものがあります。 ここではそんなメインクーンがのびのびと暮らすことができる、環境づくりのための注意点を紹介します。 できるだけ広いスペースで飼う 大きなニャンちゃんですので、例えばワンルームのアパートのような狭い空間で飼うのはあまりおすすめしません。 どれだけ工夫しても運動不足になって、体が弱ったり、肥満になったりしますので、できるだけ広い家で飼うようにしてください。 ブラッシングは毎日する シルキーな長い被毛がメインクーンの特徴です。 ブラッシングをきちんとしないと、すぐに丸まって毛玉が出来てしまいます。 美しさを保つためにもブラッシングは毎日行いましょう。 他のニャンちゃんと違って、水をあまり嫌がりませんので月に2回くらいのペースでシャンプーもしてあげましょう。 夏場の室温管理をしっかりする メインクーンは冬の寒さには強いのですが、日本の夏のような湿気の高い暑さにはあまり強くありません。 特にお留守番させるときは、停電も考慮して、水を多めに用意することと、涼しい日陰エリアに冷却マットなどを敷いておきましょう。 メインクーンがかかりやすい病気 メインクーンは大型で体も強いニャンちゃんですが、遺伝的にかかりやすい病気というのがいくつかあります。 病気は早期発見早期治療が基本です。 できるだけ早くに異変に気づいてあげて、適切な対処を行いましょう。 肥大性心筋症 オスのメインクーンがかかりやすい病気で、心筋が肥大化してしまう病気です。 心筋が肥大化すると、1回の拍動で送ることができる血液の量が減ってしまいます。 肥大性心筋症にかかると、心不全や手足の麻痺が発症するため、動くのを嫌がったり、後ろ足を痛がったりします。 呼吸困難になることも多く、早期発見が回復のためには必須です。 定期的に健康診断を受けて、肥大性心筋症になっていないかの確認をしておきましょう。 脊髄性筋萎縮症 人間もニャンちゃんも神経は脊椎を通って脳につながっています。 この脊髄の神経が消失したり、弱まったりする病気が脊髄性筋萎縮症です。 生後3~4ヶ月で発症し、後ろ足の力が弱くなります。 ジャンプすることが出来なかったり、歩くときに後ろ足が震えたりしたら要注意です。 有効な治療方法は見つかっていませんが、異変を感じたらすぐに動物病院で相談するようにしましょう。 多発性のう胞腎 腎臓に嚢胞ができる先天性の腎疾患です。 嚢胞ができると腎臓の機能が大幅に低下します。 脊髄性筋萎縮症と同じく、現在の医学では治すことができない病気です。 それでも食事療法等で、進行を遅らせることができますので、子猫のうちに遺伝子検査を受けておきましょう。 推奨したいフード 猫ちゃんの健康のためにどのようなものを与えればいいのか分かっても、具体的にどのフードを選んでいいのか悩んでしまう人もいるかと思います。 そういう飼い主さんのために、ここでは当店で取り扱っている、おすすめのフードをいくつかご紹介します。 猫用ドライフード/仔猫〜成猫用プレートキャットワン 猫がすくすくと育つには、安全性の高いキャットフードを与えてあげることが大切です。 おかずやおやつでどんなにいいものを与えても、普段の食事が良くなければ、あまり効果はありません。 プレートキャットワンはこれから体づくりをしていく猫に最適なペットフードで、もちろん合成保存料も着色料も無添加です。 まとめ 米を中心に世界中で高い人気を誇るメインクーンは、体重が10kgを超えることもある、巨大なニャンちゃんとして知られています。 大きく育ちすぎることから、住居の小さい日本ではそれほど高い人気ではありませんが、それでもメインクーンの可愛さに魅了される人がたくさんいます。 性格はとてもおとなしく、なおかつ賢いニャンちゃんですので、初めて飼うのに最適な猫種でもあります。 あまり大きくならないで欲しいという場合には、ひと回り小さなメス猫を選ぶようにしましょう。 メインクーンは遺伝的に難病にかかりやすいという特徴がありますが、遺伝病の場合は遺伝子検査によって、その可能性をあらかじめ知っておくことができます。 不安な人は、飼い始めるときに遺伝子検査を行っておきましょう。 そのうえで食事療法を活用して発症の可能性を下げてあげましょう。 寒さには強いメインクーンですが、日本の暑さにはあまり強くないため、夏場はきちんとエアコンで室温管理と湿度管理をしてあげましょう。 とても甘えん坊で、少しでも長く一緒にいられるように、食事管理をしっかりと行い、運動不足にならないように環境を整えてあげることも飼い主の役割です。 暮らしやすい環境を整えて、愛猫が健康で長生きできるようにサポートしてあげましょう。

次の

価格.com

メインクーン 価格

ペット・ペットグッズジャンル• 免責について(注意事項)• ・商品をご購入頂く際には、リンク先の商品情報をご確認の上でお願いいたします。 ページ内の製品とリンク先のショップの商品が異なる場合、までご連絡ください。 ・商品について重要な情報が記載されている場合や、価格・送料・在庫表示等が異なる場合がございます。ご購入前に必ず商品ページをご確認ください。• ・最安価格 税込 は在庫あり・注文可能商品における最安価格です。• ・この検索結果を元に商品ご購入される際には、ご自身でも各商品の詳細についてご確認ください。• ・各製品の情報は各メーカー企業・データ販社などから提供されたデータに基づき表示している参考情報です。各ショップが実際に販売している商品やパッケージの情報とは詳細が異なる場合がありますのでご注意ください。より正確な情報は、各ショップにお問い合わせください。• ・検索結果によって行われる商品取引を楽天市場が保証することはございません。• ・画像は代表製品・代表カラーを共用しております。• ・実際の製品イメージ、カラーとは異なる場合があります。• ・掲載されている情報はメーカー各社により予告なく変更される場合がございます。• ・商品情報の更新は定期的に行われているため、実際の商品ページの内容 価格、在庫表示等 とは異なる場合がございます。ご注意ください。• ・ショップレビューは、「みんなのお買い物レビュー」の集計を元に表示しておりますが、定期的に更新しているため、リンク先の表示内容と異なる場合がございますのでご了承ください。• ・購入金額が100円 税込 に満たないお買い物はポイント対象外となります。• ・クーポンの有効期間中であっても利用枚数の合計が先着人数に達した時点でクーポンは利用できなくなりますのでご注意下さい。 (獲得後であっても利用時点ですでに上限枚数を利用されている場合は、お買い物かごでのクーポンの表示はされません)• ・獲得したクーポンを利用せずに商品をご購入されますと、通常価格でご購入いただくこととなりますのでご注意ください。

次の

メインクーンはどんな猫?特徴や性格、飼い方などを紹介

メインクーン 価格

・カナダの野生の猫が起源で、アライグマ(=ラクーン)に似ていることから、メインクーンとついたという説。 ・11世紀頃、バイキングがネズミ番として連れてきた猫と、アメリカの土着の猫との交配により、生まれたという説。 ・マリー・アントワネットが、フランス革命の時にアメリカへ逃した猫が起源だという説。 ・17世紀、イングランドの猫や、メイン州の港に停泊中の船に乗っていたロシアの長毛種の猫が、アメリカへ移民と一緒に来てその土地に居着いたのが始まりという説。 17世紀から18世紀に掛けてアメリカに持ち込まれたメインクーンは、ニューイングランド地方の厳しい気候の中で生きて行くことになりました。 気候条件の厳しさのため、健康で体が強く、適応能力の高い猫だけが生き残ることができたと考えられます。 そして、ネズミや害虫から農作物を守るための、ワーキングキャットとして重宝されて、長年人間と暮らしてきたのです。 このようにメインクーンは、人間の品種改良ではなく、自然淘汰の結果として、耐水性が高くて厚い被毛と、がっしりとした骨格を持つようになり、大型と呼ばれる大きさで丈夫な猫へと進化してきたと言えるでしょう。 1860年頃にキャットショーで「メインクーン」としておひろめされましたが、当時あまり人気はありませんでした。 1950年代にメインクーン協会が設置されて、それからさらに時間がかかりますが、1985年にCFAに認定されました。 各種血統猫の健康促進を最大の目的とする世界最大の愛猫協会として活動する非営利団体。 メインクーンの大きさ メインクーンは、猫の中でも大きく成長する猫です。 成猫になると、体重は オスで6~8kg、 メスで4~6kgの大きさになると言われています。 10kgを超える体重になったメインクーンもいるそうです。 体長は、胸の前からお尻の先までを測ります。 全長は、鼻の先から尻尾の先までを測ります。 メインクーンの成猫は、体長が1メートル前後にもなると言われています。 人間の大きさだと、小学校の2年生くらいになりますね。 また、メインクーンは成長がゆっくりで、1年経ってもまだ大きくなっていくことがあり、最終的にどのくらいの大きさになるのかは、実際に大人の猫になってみないとわからないということです。 大体、成猫としての体になるまでには、体長については約2年、体重は約3年かかると言われています。 メインクーンは、猫のタイプでいうと、ロング&サブスタンシャルタイプと言われます。 体が大きく、筋肉質で、体格もがっしりとしています。 尻尾の長さと胴の長さが同じくらいであるものが、スタンダードとされています。 なかには、生後8か月くらいで成猫と同じほどの大きさになる成熟ぶりを見せる猫もいます。 ただ、メインクーンのように体の大きな猫は、 1歳を過ぎてもまだまだ成長が続きます。 1歳を過ぎると、成長スピードはゆるやかになるものの、 生後2~3年かけて成猫となっていくのです。 実は、メインクーンは、生まれてから生後2か月くらいまでは、一般的な猫たちと大きさがあまり変わらない見た目です。 生後1か月のメインクーンは500g~1kg。 一般的な猫とあまり変わらず、「小さい子猫」という感じがするでしょう。 ただ、その差が開いていくのが 生後3か月を過ぎた頃。 一般的な猫と比べてみたときに、メインクーンを「少し大きいな」という印象になるかと思います。 メインクーンの体重は、生後4か月で2. 5~3kg、生後5か月で3~3. 5kg、生後半年で3. 5~4. 5kg…のように、 1か月単位で500グラムから1kgの増加で推移していきます。 一般的な猫の成長スピードは生後6か月を過ぎた頃になると緩まり、早ければ「成猫」のような体型におさまってくるかと思います。 生後8か月から生後1年の間には、晴れて「成猫」の仲間入りです。 いっぽうのメインクーンは、まだまだ成長過程の途中で「子猫」。 それでも一般的な猫よりは大きめなので、やはりメインクーンは「子猫のときからビッグサイズ」と言えるでしょう。 メインクーンでも個体差があるので一概には言えませんが、生後1年くらいで5~7. 5kgまで成長します。 筋肉が発達し、骨に厚みをつけ「骨太」へと変化していきます。 子猫のときから大きいので「成長が終わったかな?」と勘違いするかもしれませんが、生後2~3年の間まで体重はさらに1~2kg増えていくでしょう。 また、成長過程の性格も一般的な猫とは少し違うメインクーン。 子猫時代には、元気いっぱい動いて「やんちゃ」ぶりを発揮する一般的な子猫と比較すると、メインクーンは穏やかに過ごすことが多いでかと思います。 でも、子猫飼い主さんがコミュニケーションを取ろうとすると、喜んでそばに来るなど甘えん坊な一面も見せてくれますよ。 生後半年を過ぎるとまるで成猫のような大きさになりますが、まだまだ成長中の子猫。 たくさんスキンシップを取って愛情を注いであげましょうね。 メインクーンの被毛 毛質は長毛で、厚くて柔らかいダブルコートです。 模様は単色、縞模様、など色々です。 もっとも多い被毛のパターンは、ブラウンタビー(茶縞)ですが、三毛を含むあらゆる被毛色のメインクーンがいます。 ただし、チョコレート、ラベンダー、濃いタビー、シャム猫のような局所的な模様のメインクーンは存在しません。 胸元には、ライオンのたてがみの襟のような、長い毛があります。 被毛のカラーは、ブラック、ホワイト、レッド、ブルー、クリームがあります。 尻尾の毛も長くて多く、立派です。 大きくて、たぬきのような形をしています。 長さは猫の中で最長で、40cmほどにもなるものもいます。 体よりも目立つので、尻尾に猫の体がついているようだと言われるほどです。 メインクーンの顔の特徴 ・耳の特徴 リンクスティップ:房毛、耳の先端に生えている毛のこと タフト:耳の中の飾り毛 ・顔の特徴 ジェントルカーブ:鼻の付け根から先にかけて緩やかなくぼみがあります。 このくぼみがある事で、よく似た種類のノルウェージャンフォレストキャットと見分けることができます。 ・目の色 眼の色は毛色に準じます。 ブルー、グリーン、ゴールド、カッパー(銅色、茶色)、オッドアイ(金目銀目)が認められています。 メインクーンの性格 飼い主に忠実で、賢く、温和で優しい性格です。 ジェントルジャイアント(穏やかな巨人)とも呼ばれ、大きい体つきではありますが、性格は穏やかです。 学習能力も高いので、しつけがしやすい猫種です。 環境適応能力や協調性も優れており、人懐こく、他の動物とも仲良くなりやすいので、小さな子どもや犬とも過ごしていくことができるでしょう。 どちらかと言えば寂しがり屋な性格で、飼い主と共にいることを好みます。 その傾向が強いのはメスよりもオスのほうです。 また、遊ぶことが好きで、前足を器用に使います。 物を両足で挟んで持ったり、水を飲む時に前足を使ったり、ドアや棚を開けたりと、他の種類の猫よりも前足を使って行動することが多い傾向があります。 毎日のブラッシングをしっかりとして、毛が縮れて固まってしまわないように気をつけてお手入れしてあげてください。 メインクーンはもともと、過酷な自然環境を生き抜いて来た猫なので、被毛が水をはじくような毛質になっています。 毎日、朝晩のブラッシングは欠かさず、シャンプーも毛の様子を見てですが、2週間に1回はしてあげるようにしましょう。 量についても、子猫のうちから少なすぎることのないようにし、適切な量がわかりにくければ獣医さんに聞くなどして、メインクーンにあったものを与えてあげましょう。 大きく育ち、体重も重くなる猫なので、生活環境が窮屈にならないように、遊んだりくつろいだりできる、十分なスペースを用意してあげましょう。 キャットタワーも、通常のものよりも丈夫なものを用意する必要があるでしょう。 ストレスを感じることのない環境を用意してあげることが大切です。 長年、ワーキングキャットとして人間と一緒に暮らして来たという歴史がありますから、人を信頼して慕うという従順さがある反面、飼い主とは対等である、という性格も見られるようです。 だからこそ、信頼関係を築くことができれば、とても素敵なパートナーになることでしょう。 メインクーンを飼うならこんな環境 環境に適応する能力に長けているメインクーンですが、どんな環境で迎えてあげるといいのでしょうか。 ただ、体が大きいので、ひとつひとつの動きがダイナミックに感じるでしょう。 狭い空間を無理に動くとケガのリスクがあるため、メインクーンがスムーズに動ける部屋の広さが必要です。 「上に登る」「ジャンプして降りる」などスムーズに動けるように、メインクーンの体のサイズに合った大きめのキャットタワーを準備してあげてくださいね。 環境的には、間取りの広い持ち家の方がメインクーンには適しているでしょう。 また、マンションやアパートなどの集合住宅でメインクーンを飼うときには、ジャンプしたときの音に注意しなければならないことも。 防音マットやカーペットを敷くなど、近隣の人とのトラブルにも配慮できるかどうかをじっくり考え、飼うことを考えた方がいいかもしれません。 汚れたら洗濯機で丸洗いOK。 はさみで簡単にカット出来る上、ほつれることもありません。 違う動物である「犬」との生活もこなしてくれる適応力を持っているとも言われています。 外の猫や犬たちとも協調性を持って暮らしてくれる賢い猫です。 そんなメインクーンですが、注意したいのが「相性」「迎えるタイミング」。 同じ猫種である「メインクーン同士」なら、比較的うまくいきやすいでしょう。 ただ、同じ性別同士になると同じ性格で対抗心が燃えやすくトラブルが心配かもしれません。 また、違う猫種の猫にもフレンドリーなメインクーンですが、相手によっては上手くいかないこともあります。 多頭飼いをするなら、メインクーンのような穏やかな性格の猫種を選ぶといいかもしれませんね。 そして、迎えるタイミングも注意したいポイント。 「長く一匹だけで暮らしていた」というシニアのメインクーンを飼っている家で、新たに猫を迎えるとストレスになります。 特に、シニアの年齢に差し掛かったメインクーンに、生まれたばかりの「子猫」などヤンチャな猫が加わるのは注意が必要。 それまで温厚だったメインクーンも「テリトリーに入ってくるな!」とピリピリと神経を尖らせるかもしれません。 メインクーンのストレスを溜めないためには、「同じような年代の猫を多頭飼い」「迎え入れるタイミングが同じ」「性格の似ている」など、相性やタイミングを考え、じっくり検討した方がいいでしょう。 協調性があって頭も良く、小さい子供との暮らしもスムーズです。 家族とのコミュニケーションも好きなので、小さい子供の遊び相手にもなってくれるでしょう。 子猫のころから一緒にいれば、かなり仲良しになってくれるかもしれませんね。 ただし注意したいのが、メインクーンの体のサイズです。 体重が10㎏近くにも成長したときには、その分パワーも増します。 子供とじゃれ合っているつもりでも、ケガをすると大変です。 子猫のころからしっかりとしたしつけを行い、メインクーンと子供が遊ぶときには、近くで親御さんが見守ってあげるといいですね。 — おすすめ記事 —.

次の