スマブラ参戦予想。 スマブラSP DLC 第7弾を考察しつつ予想

【スマブラSP】新キャラ参戦はミェンミェンに決定!|追加キャラ一覧と今後の参戦予想【スマブラスペシャル】

スマブラ参戦予想

ここまで多種多様になってくると今後追加されるファイターへの期待も大きく、かつてソニーのタイトルだった『クラッシュ・バンディクー』や、ディズニーとの権利関係が難しそうな『キングダムハーツ』などを待ち望む人も少なくありません。 そんな中、近頃PCのシューティングゲーム『東方Project』の主人公、『博麗霊夢』の参戦を期待する声が多く出ているようで、『参戦して欲しい』という意見と『難しいだろう』という意見が真っ二つに割れているようです。 私もファーストインプレッションとしては『参戦は難しそう…』と思ったのですが、では本当に今後スマブラに参戦する可能性はないのか、今回はちゃんと細かく考えてみようと思います。 二次創作によって人気を増した稀有な作品 『東方Project』とは『上海アリス幻樂団』によって製作されている作品群の事を指していて、ゲームや本、音楽CDなどのすべてをまとめて『東方Project』と呼びます。 ベースとなるゲームは『弾幕系シューティング』と呼ばれるシューティングゲームで、一時期は他のゲームも『画面に弾の数が多い』というだけで『東方みたい』と言われるくらい、弾幕シューティングの代表的なタイトルとして知られています。 開発は『上海アリス幻樂団』というサークル名で記載されていますが、実際に製作しているのは基本的にサークル主であるZUN氏1人であり、『東方』ゲームの大半は個人製作という事になります。 近年人気の高まっている『ショベルナイト』や『シャンティ』のように、少人数で開発されたインディーゲームに分類されますが、あくまで同人サークルでの制作であり、企業で開発している訳ではありません。 それもあってか二次創作に対しては寛容であり、公式ブログのガイドラインに則っていればある程度自由に創作できるだけでなく、企業もフォームから問い合わせる事で個別に許可が貰える可能性があります。 『東方Project』はキャラクターや音楽、世界観も人気が非常に高く、二次創作でもイラスト集、漫画、音楽CD、ゲームなど多岐に渡って制作されていて、今では公式の設定だけでなく、二次創作から広まった設定やイメージも数多く存在します。 また、2014年からは『東方Project』の二次創作ゲームをニンテンドースイッチやPS4などでもリリースできる『Play,Doujin! 』というプロジェクトが始動し、現在14タイトルがリリースされているので、PCゲームを遊ばない人でも目にした事があるかもしれません。 原作の人気はもちろんですが、2000年後半からは二次創作やニコニコ動画が人気を更に後押しし、今や様々なサークルや企業が新しいゲームをコンシューマーにリリースする…という、他に類を見ない広がり方をしています。 中でも音楽に対する人気が特に高く、アレンジされた楽曲が『太鼓の達人』など様々な音楽ゲームに収録されたり、ジョイサウンドなどのカラオケで配信されたり、任天堂も『大合奏! バンドブラザーズP』で東方の楽曲を投稿可能にしたり、ゲームを知らなくても音楽は聞いた事がある、という方も少なくないのではないでしょうか? 海外での知名度はそれほど高いのか? 日本では数多くのイラストレーターやゲームクリエイターが創作した事もあって、日本各地で第三者による同人イベントが開催されていますが、海外でどれほどの人気があるのかは少し分かりにくいところです。 そもそも『東方』は日本の伝承や伝説をモチーフにしたキャラクターが多く、海外向けにローカライズもしていなかったので、原作の知名度は決して高いとは言えませんでした。 しかし、かといってまったく知られていない訳ではなく、日本と同じように2000年後半から少しずつファンが増え、日本の同人イベントに海外からコスプレイヤーが参加したり、アメリカのジョージア州アトランタで開催される日本のアニメイベント『ANIME WEEKEND ATLANTA』でも、東方の人気は高まっているようです。 日本では昔ほどの熱狂的なブームではなくなってきましたが、逆に海外ではより知名度を高めていて、日本の同人イベントでしか配布されていなかった原作がSteamで遊べるようになったり、『Play,Doujin! 』でリリースされた二次創作ゲームが『日本一ソフトウェア』によって海外向けにローカライズされたり、より世界で遊べるように対応が進んでいます。 また、欧米や欧州だけでなく、中国でも東方は一定の人気を持っていて、北京林業大学が開発したサルスベリ科の新種の花の見た目が博麗霊夢に似ていた事から『灵梦(霊夢)』と名付け、国立花卉園芸研究センターがそれを承認したと発表されています。 そして、今後『東方Project』の知名度を広げるのには、スマブラSPにもMiiコスチュームで登場した『アンダーテール』の存在があるかもしれません。 『アンダーテール』はトビー・フォックス氏がほぼ1人で作り上げたRPGで、インディーゲームでありながら100万本以上を売り上げた世界的に有名なタイトルです。 奇妙でありながらコミカルなキャラクター、そこに隠されたシリアスで暗い設定は任天堂の『MOTHER』から影響を受けたと広く知られていますが、実はトビー氏は昔から東方のファンでもあり、シューティング要素のあるバトルシステムや音楽は、東方から大きく影響を受けているとコメントしています。 トビー氏は10歳で『東方妖々夢』の体験版を始めて、その時は日本語はまったく分かりませんでしたが、その弾幕パターンや音楽の素晴らしさからシューティングを好きになり、他のシリーズも輸入ショップからまとめて購入したそうです。 特に音楽に対する思い入れは強かったらしく、『東方妖々夢』のボス戦で流れる『ネクロファンタジア』を耳コピでピアノの練習をしたり、東方の独特なトランペットの音色(通称:ZUNペット)を『アンダーテール』の『アンダインのテーマ』に再現したり、ゲーム内にもその影響を受けた要素がいくつか見られます。 ZUN氏は英語版の東方を出すのは難しいとコメントしていますが、今後の新作もSteamで出していくと言うとトビー氏はとても喜んでいて、影響力のあるクリエイターがリスペクトするタイトルとなれば、そこから興味を持つ人もいるのではないかと思います。 日本では今も『博麗霊夢の参戦』に賛否が分かれており、中には『アンダーテールに比べると知名度が低い』という意見(ZUN氏もそう認識している)もありますが、誰よりも東方との共演を望んでいるのはトビー氏に他ならない…のかもしれません。 大切なのは『東方らしさ』をスマブラに出せるか と、ここまでは東方に関する知名度や人気を取り上げてきましたが、そもそも『博麗霊夢』がスマブラに向いたキャラクターなのか、がもっとも大切な部分になってきます。 スマブラSPには様々なジャンルのゲームからファイターが参戦していて、特に本来バトル要素のない『むらびと』や『Wii Fit トレーナー』などは、スマブラに合わせてオリジナルのアクションを取り入れています。 しかし、これは任天堂のキャラクターだからこそ大胆な脚色ができているのであって、他社から参戦したコラボキャラクターはあまり勝手に脚色する事ができず、『ロックマン』や『リュウ』、『シモン』、『ジョーカー』などは原作の要素をできるだけ再現して、本来のイメージを崩さないようにしています。 その点を基準にすると『博麗霊夢』はシューティングゲームのキャラクターなので、対戦アクションゲームのスマブラに登場して、東方の原作のイメージを残せるかは少し難しいように思えます。 一方で、弾幕シューティングの印象が強い東方ですが、同人サークル『黄昏フロンティア』と共同開発した対戦格闘(公式名称は弾幕アクション)ゲームも6作品リリースされており、こちらのアクションをベースにすれば、スマブラの世界に落とし込んでも違和感は少ないかもしれません。 しかし、そうは言っても東方の本来の姿は弾幕系シューティングゲームであり、そちらを差し置いて番外編に当たる格闘ゲームをベースにするのか…、うまく折衷案を考える必要もありそうです。 そもそも、今でこそ数多くのファイターが参戦していますが、昔から変わらない選考基準に『オールスターらしさ』があります。 これは純粋な人気や知名度だけでなく、できるだけ作品の枠を超えた『夢のカード』を広げる事を重視していて、初代スマブラでは『クッパ』や『ピーチ』よりも当時知名度の低かった『サムス』や『キャプテン・ファルコン』を優先したり、今でも『ワルイージ』や『ワドルディ』より『アイスクライマー』や『ダックハント』が選ばれていたりと、そういったところからも読み取れるかと思います。 スマブラSPのDLCではそれが特に顕著で、プレイステーションで主に展開していた『ペルソナ5』、マイクロソフトが版権を持っていてXboxで展開した『バンジョーとカズーイの大冒険』、任天堂のハードではないネオジオの代表作『餓狼伝説』など、本来コラボレーションをし得ないような作品と結びついています。 確かに東方の知名度は世界的に見れば高いとは言えませんが、もし『日本を代表するインディーゲーム』という意味合いであれば、それがスマブラの『オールスターらしさ』に当てはまる…とも考えられるかもしれません。 次回作以降なら可能性はあるかも…? と、今回は東方の『博麗霊夢』について『本当に参戦は難しいのか?』を書いてみましたが、個人的には参戦の可能性はあっても、今作のスマブラSPには難しいのではないかな、と思っています。 そもそも今作は、インディーゲームの中でも世界的に知名度の高い『ショベルナイト』『シャンティ』『アンダーテール』の3作品が直接的な参戦をしておらず、あくまで大手メーカーのキャラクターのみが選出されています。 その為、スマブラSPでは今後もインディーゲームのキャラクターがファイターとして選ばれる可能性は低いのではないかと思います。 しかし、東方に関しては音楽の人気も非常に高く、その楽曲でスマブラを遊べたら嬉しいと言うユーザーもいるかもしれません。 なので、アンダーテールと同じように東方もMiiコスチュームで配信して、それにアレンジした楽曲を1つ付ける…という形式でも喜ぶユーザーは多そうです。 スマブラSPは2015年12月には企画書ができていたと言われていますが、インディーゲームはここ数年で特に注目を集めるようになってきて、任天堂も『インディーワールド』という企画で注目作を取り上げたり、お笑い芸人の『よゐこ』に『よゐこのインディーでお宝探し生活』という動画の撮影を依頼したり、決して『小規模のゲームだから』と無視できない状況になっています。 その為、もし次の『大乱闘スマッシュブラザーズ』が開発されるとすれば、『ショベルナイト』や『シャンティ』がファイターになる可能性もありますし、それに合わせて『東方』が参戦する可能性も捨てきれません。 確かに人気や知名度が高いキャラクターは他にもいますが、インディーゲームも大手のゲームと混ざって一緒に戦うのが『オールスターらしさ』に結び付けば、今後の発表にも期待が持てるかもしれません。 東方シリーズは同人作品としては人気があっても、メジャーな作品じゃないから無理だと思う それに同人作品=同人誌=薄い本=エロ、もしくは同人作品=オタク向け作品=汚らわしいという連想も一般人にはそれなりにあるんじゃなかろうか だから東方シリーズの主人公なり人気キャラなりを出しても、普通の人からすれば誰?と言いたくなるだろうし システム面で言うならば東方の特徴と言えば弾幕シューティングなので、それをスマブラに落とし込むのも難しいからやはり無理だろう 飛び道具が多彩かつ攻撃範囲が広いかつ強力となればバランスブレイカーになるし、かと言って飛び道具を弱体化させて近距離戦を強くすれば東方らしさが薄れる 黄昏作品にあったダッシュ中のグレイズがあるからこそのあの弾幕だしな こう言っては何だがMUGEN動画を見てみたりすればいい 東方キャラにただの格ゲーキャラでは近づくことすらできずに負けるということも普通にあるから 同人作品…という言い方をすると確かに人によってイメージはありますが、むしろ海外でのイメージが薄いのであれば、ここで日本を代表する『インディーゲーム』と銘打ってしまえば良いのかも? 日本はその『同人ゲーム』と『インディーゲーム』の分け方が曖昧と言うか、よく分からない壁があるんですよね。 それよりスマブラのファイターとしてどうなのか…というのは確かに問題なんですよね、まず原作に殴る蹴るのアクションはないですし、コラボキャラは脚色できないのでできる限り原作を再現しています。 (ロックマン、リュウ、シモンなど…) ともかく、そもそもインディーゲームがもっとスマブラに台頭しなければ東方もお鉢は回ってこないので、次回作でショベルナイトやシャンティなどがファイターになれば…という前提かなと思います。

次の

スマブラDLC予想(今更)|俺に王はなる|note

スマブラ参戦予想

スマブラSP目から血出るくらいやってるんですけど、いま確定してる76体以外にあと4体くらい新キャラ使えるようになるみたいなんですね。 というわけで、「コイツ出たら嬉しくてションベン漏らして発狂する」というキャラを勝手にピックアップしました。 ジョーカー(ペルソナシリーズ)• バンジョーとカズーイ(バンジョーとカズーイの大冒険)• 勇者(ドラゴンクエストシリーズ)• テリー・ボガード(餓狼伝説) ジーノ(スーパーマリオRPG) 出ろ出ろと願い続けて何十年も待たれてるキャラ。 「ジーノビーム」「ジーノウェーブ」「ジーノカッター」と遠距離にかなり強いキャラとして期待が持てます。 マロ(スーパーマリオRPG) ジーノも出るならマシュマロカエルのマロも出てもいいはず。 B技で「かみなりドッカン」「ユキやこんこん」、「のびパンチグローブ(タメ技)」、スマッシュ技に「ソニックシンバル」、最後の切り札に「キラキラおとし」ととっくに参戦しててもおかしくないような技の豊富さではないでしょうか。 ポーキー(MOTHER) スマブラXでボスキャラとして登場した時点でかなりモーションはできあがっていたのでかなり可能性としてはありそうなキャラではあります。 ディクシーコング、ディンキーコング それぞれドンキー、ディディーのダッシュファイターとして十分に可能性がありそうな二人。 ただ、ディクシーのほうはポニーテールのアクションがあまりにも独特なのでダッシュファイターじゃなく完全に新規キャラとして作って欲しい気もします。 パワーのバンジョーとスピードのカズーイ、飛び道具もタマゴミサイルとかなり使っていて楽しいキャラになりそうです。 ゴエモン(がんばれゴエモン) ソニック、パックマン、ロックマンなんていう完全な別枠キャラが出られるということはこのあたりのキャラクターの参戦の可能性もゼロではないハズ。 キセル攻撃、投げ小判、ヨーヨーなどアクションも豊富で楽しい。 かなりスマブラ向けのキャラかと思います。 クロノ(クロノトリガー) 人気、知名度ともにベヨネッタだとかクラウドよりも先に出るべきキャラ。 上B復帰に回転斬り、Bタメで全力斬り、遠距離でかまいたち、サンダガ、最後の切り札で合体技のミックスデルタ、完ぺき。 コミカルな動きはマリオキャラとの差別化もかなり図れそうです。 パワプロくん(実況パワフルプロ野球) ゴエモンと同じく色々な条件さえクリアすればいつ参戦してもおかしくないキャラ。 Switchでパワプロが発売予定なのもデカい。 スマッシュ技はバット、スライディング、必殺技はボール投げ、体当たり、復帰は矢部を踏み台、、、などなど無限に考えられます。 モーションもかなり作りやすいはず。 ダルシム(ストリートファイター) B、横Bはヨガフレイム、ヨガファイヤーでいけるし、上Bはヨガテレポートでパルテナミュウツーのノリでいける。 下Bはタメのロングパンチ、空下はドリルキック、空前はドリル頭突きでいけるでしょう。 インパクトも十分。 モッチー(モンスターファーム) 世が世ならいつ国民的キャラクターになってもおかしくないピンクの悪魔。 遠距離タメ攻撃でモッチ砲、ローリンモッチ、カウンター技で八重ざくら、打撃はもんた、ガッチョ、もちき、最後の切り札はもっさまといつファイター化してもおかしくないです。 覇王丸(サムライスピリッツ) リュウ、ケン、クラウド他の「任天堂全然関係ねぇキャラ」が出るならサムスピの覇王丸が出てもなんらおかしくはないでしょう。 Eve(パラサイト・イヴ) ベヨネッタだとかジョーカーだとかがいるなら全然いていいと思うんですよ。 和田どん(太鼓の達人) 「バシバシバシバシバシバシバシバシバシバシ!10コンボだドン!!!」 こんなんやられたらコントローラー叩き割りたくなりますね。 ばんぞー博士(たまごっち) 世界的にも人気のあるたまごっちならスマブラに参戦してもおかしくないでしょう。 〜っちを単体で出してもアクションに乏しいので、ここはハゲ博士に参戦していただいて、ピクオリのノリでたまごっち引き連れてブンブンぶん投げてほしいですね。 くにお Switchで「くにおくん ザ・ワールド クラシックスコレクション」発売したことから十分に可能性はあるのではないでしょうか。 マッハ技があることからリトルマックに近いイメージで地上戦特化型のキャラとして映えそうです。 木村拓哉 一回ゲーム化して味占めた木村拓哉、いつスマブラ参戦してもおかしくありません。 ぶっ飛ばされた時の断末魔は「ちょ、待てよォォォォ〜〜〜〜〜〜〜〜!!!!!」アピールは「プルゥゥゥゥゥハァァアァァァァ!!」でお願いします。 牧場物語のガキ Bでオノ振り回し(溜め技)、横Bで牛召喚、上Bはウサギ踏み台ジャンプとかなりトリッキーな動きが期待できそうです。

次の

【スマブラSP】DLC予想、2020年発売の第2弾ファイターパスで6体目以降のぷよぷよアルル・ナジャの参戦の可能性はあるのか?

スマブラ参戦予想

ミェンミェンの参戦が決定! 暫定評価 ミェンミェンがARMSの新キャラとして、スマブラSPへ参戦しました。 リーチを生かした立ち回りが特徴であり、中距離で攻め続ける尖った性能が魅力的です。 追加であと5体の参戦が決定 そしてさらに6体の追加ファイターがスマブラSPに参戦決定!2021年内までに順次配信する予定です。 新追加ファイター6体をまとめてお得に購入できる「ファイターパス Vol. 2」も1月29日 水 に発売します! — 大乱闘スマッシュブラザーズ【スマブラ公式】 SmashBrosJP ファイターパス第2弾では、合計で6体のキャラが追加参戦することが発表されました。 ARMS以外の残り5体はまだ判明していません。 2021年までに全て追加されるとのことです。 ファイターパス第2弾は、1月29日 水 以降購入可能です。 参戦キャラ予想 ダンテ デビルメイクライ デビルメイクライシリーズより「ダンテ」の参戦も予想されている方が多いようです。 今作ではカプコンからモンハンシリーズの「リオレウス」がボスモンスターとして登場しているので、十分に参戦の可能性があります。 スタイリッシュなアクションを真骨頂としているデビルメイクライのキャラなので、参戦時には前作のベヨネッタのように戦場をかき乱してくれるのではないでしょうか。 アルル ぷよぷよ ぷよぷよシリーズより「アルル」が参戦するのではという声も多数見受けられました。 ディレクターである桜井氏が、アルル参戦を彷彿させるような画像ツイートをしたことから期待が集まったようです。 「ぷよぷよ」自体はパズルゲームなのでアクション要素はありませんが、連鎖が増える毎に「ファイアー」「アイスストーム」と次々に呪文を唱えるアルル。 参戦時は勇者のようなキャラクターになるかもしれません。 レックス ゼノブレイド2 レックスは「ゼノブレイド2」という戦略性、戦闘と壮大な冒険が楽しめるRPGの主人公です。 現在、ゼノブレイドからの参戦はシュルクのみで、ゼノブレイド2はスマブラSPと同じSwitchで発売されているゲームなため、ゼノブレイドシリーズから参戦する可能性は高いです。 アマテラス 大神 大神からアマテラスの参戦を希望している方もいるようです。 大神は様々な機種での発売が行われているだけでなく、スイッチへのプラットフォーム移植も行われていることから参戦の可能性が高いです。 いざ参戦ともなれば、4足歩行キャラはダックハントに続く2体目となるので、新鮮味があるだけでなく、専用の対策も必要となるでしょう。 FFシリーズ 今作のスマブラのスピリットには、使用キャラとのシリーズを合わせるとボーナス効果が発生します。 しかし、FFシリーズのスピリットは存在しなく、今後スピリットが追加されると共にFFキャラが追加ということも十分に可能性があるでしょう。 Yooka-Laylee ユーカレイリー 過去のスマブラでは「バンジョーとカズーイの大冒険」からバンジョーの参戦を望む声が多くありました。 ユーカレイリーはバンジョーとカズーイの大冒険の開発スタッフが再集結し作り上げたゲームです。 海外で人気の新キャラ予想 ワルイージ ジーノ ポーキー クラッシュ バンディクー バンダナ ワドルディ ソラ セフィロス - 上記のキャラは、海外でも特に人気かつ参戦を待ち望まれているキャラです。 レア社やスクエニなど、海外で展開を広げていたキャラが多い印象です。 他にもポケモン最新作の御三家であるジュナイパーや、ARMSのスプリングマン。 過去の作品からはペーパーマリオやボンバーマンなどが参戦を望まれています。 テリーボガード【11月6日配信】 2019年11月6日にテリーボガードが実装されました。 バンジョーとカズーイ【9月5日配信】 2019年9月5日にバンジョーとカズーイが実装されました。 64時代のアクションが再現され、カズーイと協力して戦います。 , LTD. , INC. , LTD. All rights reserved. 登場キャラ• 新規参戦キャラ• キャラ一覧関連• , LTD. , INC. , LTD.

次の