退職のあいさつ。 退職の挨拶状/定年退職挨拶状》書き方例文/メール/返事/文例/上司/年賀状

【例文コピペOK】退職挨拶メール(社長・上司・社内・社外)の書き方

退職のあいさつ

退職・退社の挨拶スピーチでは、 1. 退職の報告 2. これまでの感謝の気持ち 3. 職場の今後への応援の気持ち を、伝える内容を盛り込みます。 これは定年・転職・結婚といった退職・退社理由に左右されません。 また、送別会を開いてもらい、そこでの退社・退職の挨拶スピーチであれば、最初に送別会を開いてもらったことへのお礼を伝えましょう。 また、退社後にどうしていくのかということにも軽く触れて報告するのがベストな退職の挨拶内容です。 退社・退職の挨拶スピーチは30~60秒が目安 退社・退職時の挨拶スピーチは30~60秒を目安としましょう。 あまりに短いと、これまでの感謝の気持ちを伝えられません。 また、退社・退職の挨拶スピーチは朝礼や、会社の定時に社員を集めて行われることもあるため、長すぎてもいけません。 ではこの基本をもとに、定年・転職・結婚という理由別の退職・退社挨拶と、送別会で話す退社・退職時の挨拶スピーチの例文をそれぞれご紹介しますので、参考にしてみてください。 経験者の声「お世話になった人には個別に挨拶しました」 実際に退職するにあたり、格別の恩義がある方に対しては、より大きな感謝を伝えるべきです。 たとえば、個別に挨拶をして回るというのも効果的でしょう。 朝礼や送別会のタイミングで、そこにいる方々に向けて退職・退社の挨拶をすることは勿論のこと、私は特にお世話になった方(現在・過去の上司、可愛がってもらった先輩など)には個別にご挨拶しました。 直接ご挨拶にも伺いましたし、過去の思い出、お世話になった出来事も踏まえながらメールでも連絡しました。 退職の挨拶を考える前にまずは転職先を決めよう 退職の挨拶は大事ですが、その前にまずは転職先を決めることが重要です。 退職した後に転職活動を始めると、収入がない期間が長くなってしまいますので、注意が必要です。 転職求人を探す場合は、業界No. 1の求人数を誇る「リクルートエージェント」がおすすめです。 豊富な求人数のおかげで、様々な条件を提示しても、それにマッチした求人が見つかります。 ぜひ、自分が求める条件に合った求人を「リクルートエージェント」で見つけてください! 一身上の都合により、本日付で退職することになりました。 5年前に入社し、それからは、笑いあり、涙ありの会社生活でしたが、大きな失敗もなくこれたのは、一重に、これまでご指導頂いた、上司・先輩方、助けて頂いた同僚の皆様のお陰だと思っています。 どうぞよろしくお願いいたします。 以上で退職の挨拶とさせていただきます。 ありがとうございました。 皆様にはこれまでに何度もご迷惑をかけしてしまい、申し訳ない気持ちでいっぱいです。 時には厳しく、時には優しくご指導いただき、感謝の気持ちでいっぱいです。 みなさんと4年間、一緒に働かせていただいたことは忘れません。 これからもお元気でご活躍ください。 ありがとうございました。 仕事を辞めるのと同じくらい転職が成功するかが不安….. 仕事を辞めるのには、不安がつきものです。 しかし、それと同じくらい転職が成功するか不安になる人がほとんどです。 もし落ちてしまったらどうしようなどで、転職活動に前向きになれないこともあります。 そこでオススメなのが、「doda合格診断」です。 あなたの経歴やキャリアを入力するだけで、合格可能性のある企業を診断してくれて、自分の実力を知ることができます。 利用は無料ですので、腕試しがてら気軽に診断してみてください! 本日は私のためにこんな素敵な送別会を開いていただき誠にありがとうございます。 しかも、このように大勢のみなさんにお集まりいただきまして、本当に胸が熱くなる思いです。 朝礼でもお話しましたように、実家の家業を継がなければならず、この日が来ることは以前から分かっていました。 しかし、いざ退職を迎えると、後ろ髪を引かれる思いです。 職場のみなさんも良い方ばかりで、お蔭さまで充実した会社生活を送らせていただき、みなさんには深く感謝しています。 今月末には実家のある北海道に転居します。 お近くにお越しの折は、ぜひお立ち寄りください。 長い間大変お世話になりました。 どうぞ皆様お元気でご活躍ください。 退社・退職の挨拶スピーチは心を込めて感謝を伝える 会社を退職するときには定年・転職・結婚など理由に関わらず、退職の挨拶やスピーチをするのが一般的です。 その際にしっかりと職場の仲間たちに送り出してもらえるように、また好印象を持ってもらえるよう、退社時の挨拶の準備をしっかりしておきましょう。 上司を納得させて円満退職したい方は必見.

次の

退職挨拶は感謝とマナーが重要。ポイントと例文をまとめました

退職のあいさつ

退職挨拶のスピーチやメールに盛り込みたい内容/NGの内容 まずは、退職するときの挨拶に盛り込みたい内容と、盛り込んではいけない内容をチェックしておきましょう。 退職挨拶で盛り込みたい内容 退職の挨拶で伝えたいのは、次の内容です。 退職を報告する言葉と退職理由• 感謝の気持ちを伝える言葉• 会社の発展や社員の活躍を祈る言葉 まずは、退職の報告と、簡単な退職理由を告げましょう。 次に、世話になったことに対する感謝の気持ちを述べ、最後の締めには会社の発展や社員の活躍を祈る言葉を添えるのがベストです。 別の人に仕事を引き継ぐ場合は、感謝の後でその人を紹介しておくとより親切です。 これだけ押さえておけば、退職の挨拶としては十分。 長めに話す必要がある場合は、今後の決意を添えてもいいでしょう。 具体的な理由を話す必要はありませんよ。 「一身上の都合により」とか「新たな方向に進むことになった」など簡単でかまいません。 退職挨拶にはNGの内容 退職の挨拶では、次のようなことは言わないのがベターです。 退職理由の詳細• 会社に対する批判• マイナスに受け取れるエピソード 退職理由については、詳細を話す必要はありません。 一身上の都合とするのが一般的ですので、長々と事情を語らないようにしましょう。 結婚や出産などの場合は簡単に触れても問題ありません。 ですが、社内にはいろいろな事情・状況の人がいますので、事実だけを簡単に伝えるのがおすすめです。 たとえ「辞めるのがうれしくて仕方ない」という気持ちでも、残念に思う気持ちも示すようにしてくださいね。 それは止めた方がいいですね。 退職の挨拶をするときには、「自分 対 会社全体」という図式になります。 そこで会社の批判をしてしまうと、聞いている相手をみんな敵に回してしまいかねませんよ。 自分はそこを離れるからよいですが、他の人たちはこれからもそこで働き続けます。 最後に問題提起だけして出て行くことは、相手に不快な思いをさせるだけ。 残念ですが、その発言がきっかけとなって状況が改善される、ということは考えにくいです。 退職の挨拶は、前向きに感謝と応援の気持ちを伝えるだけにとどめておきましょう。 退職の挨拶をする際は長さや伝え方、相手にも気をつけよう 挨拶をするときには、話し方など次のことに気をつけてください。 ゆっくり・はっきりと話す• 簡潔にまとめて話す• 社外の人への挨拶も忘れない それぞれ説明していきます。 ゆっくり、はっきり話すことも大切 退職の挨拶を口頭で行う場合は、話し方にも気をつけなければいけません。 みんなの前に立って挨拶をするとどうしても緊張して早口になりがちなので、ゆっくり話すことを意識しましょう。 また、せっかくの挨拶が聞こえなければ意味がありません。 フロアの遠くにいる人にも声が届くように意識してはっきり話すことも大切です。 長すぎる挨拶は口頭でもメールでも避けるべき 話が長いことは、挨拶でなくても嫌がられがちです。 感謝の言葉をたくさん伝えたかったとしても、挨拶は簡潔にしましょう。 自分にとっては退職という大きな出来事の日ですが、他の社員にとっては仕事が待っている貴重な時間。 話が長いのは迷惑になります。 メールでも同じです。 他の人は仕事の合間に読むことを考えると、長文は避けるのがおすすめです。 お忙しい中お時間をいただき、ありがとうございます。 私事(わたくしごと)ではございますが、一身上の都合により、本日をもって退職させていただくこととなりました。 入社して8年間、至らぬ点も多かったと思いますが、あたたかくご指導いただき、また随所で助けていただき、ありがとうございました。 ここまで仕事を続けて来られたのも、皆様のおかげだと感謝しています。 ここでの経験は、私にとっての貴重な財産です。 ) 今後は全く違う道に進むこととなりますが、ここで学んだことを生かして頑張っていく所存です。 最後になりましたが、〇〇(会社名)の今後ますますの発展と皆様のご活躍とご健康をお祈りして、退職の挨拶とさせていただきます。 本当に、ありがとうございました。 入れるべき「退職の報告」「感謝」「今後の活躍を祈る気持ち」があれば体裁としてはOKです。 また、前向きさを表すために、今後の決意を付け加えるのもおすすめです。 さらにこの例のように、「自分のために時間を取ってもらった」ことについての感謝も入れるとより礼儀正しい挨拶になります。 社内のいろんな人が関わる仕事であれば、( )で書いたように業務の引き継ぎについても話しておくとよいでしょう。 30秒程度の短めの退職挨拶例 次に、あまり時間がない場合の、30秒程度で言える短めな退職挨拶の文例です。 件名:退職のご挨拶(部署名/氏名) おつかれさまです。 〇〇部〇〇課 〇〇です。 私事ですが、一身上の都合により、本日をもって退職させていただくこととなりました。 直接お会いしてご挨拶すべきところ、メールでの失礼をお許しください。 今日までたくさんのご指導をいただき、また支えていただき、本当にありがとうございました。 いろいろとご迷惑もおかけしたかと思います。 申し訳ありませんでした。 今後は全く別の道に進みますが、陰ながら〇〇さんのますますのご活躍をお祈りしています。 お身体にはくれぐれもお気をつけください。 〇〇部〇〇課 〇〇(氏名) 一人ひとりに違ったメールを送る場合は、その人との個別エピソードなどを入れるとより温かみのある挨拶になります。 一斉メールの場合は、相手が誰でも失礼のない敬語の使い方を心がけてください。 これからもコンタクトを取りたい場合は、自分の個人的な連絡先を入れて、「いつでもご連絡ください」「またお会いしましょう」などの一言を加えましょう。 ご多忙のところ私事で恐縮ではございますが、先日もお伝えしましたとおり、本日をもちまして退職させていただくこととなりました。 力不足でご迷惑をかけたことも多々ございましたが、叱咤激励をいただいたり助けていただいたりと大変お世話になりましたこと、心より感謝しております。 何なりとお申し付けいただければと存じます。 末筆ながら、貴社のますますのご発展と、〇〇様のより一層のご活躍をお祈り申し上げます。 (署名) 社外へのメールに、退職理由を書く必要はありません。 転職先についての情報も書く必要はありません。 「退職する事実」と「いつ退職するのか」「これまでのお礼」が入っていればOKです。 急な退職などで後任の紹介ができていない場合は後任の名前も、後任が決まっていない場合は「決まり次第連絡させる旨」を伝えておきましょう。 個別にメールを送るのがベストですが、次のような点に気をつければ一斉メールを送ってもよいでしょう。 私事で恐縮ではございますが、このたび一身上の都合により、本日をもちまして退職することとなりました。 本来であれば直接ご挨拶に伺うべきところ、突然のお知らせ、しかもメールでのご挨拶になってしまったことをお詫び申し上げます。 今後のお仕事につきましては、同じく〇〇部の〇〇(後任者名)が担当を引き継がせていただきます。 後日、改めまして〇〇よりご挨拶をさせていただきますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。 (署名) まずは用件(退職)を伝えた上で、あらかじめ伝えておかなかった非礼を詫びるようにしましょう。 社内向け・社外向けいずれの場合にも、会社の批判や愚痴、転職先の企業名などを入れるのは避けるのが無難です。

次の

退職の挨拶における3つの基本マナーとスピーチ例文集【ケース別】

退職のあいさつ

退職のあいさつメールはNG? 円満退社するうえで、あいさつは極めて重要です。 退職理由はさまざまですが、どんな場合でも、最後は気持ちよく退職できるよう周囲への配慮を怠らないようにしてください。 では、退職のあいさつはメールでも良いのでしょうか? 最近、ビジネスパーソンの間では、退職のあいさつメールはかなり一般的となっています。 もちろん、お世話になった社内の人や顔を合わせる機会が多い人にはできるだけ口頭であいさつするのがベストですが、会えない人にはメールを使うのも一つの手段です。 ただし、目上の方など相手によっては退職のあいさつメールを失礼に感じる人もいるのでご注意を。 自身と相手との関係性を見ながら、メールを送るか、直接あいさつするか、手紙やはがきのほうが適切な場合もあるかもしれませんので、ご自身と相手の関係によって方法を使い分けることをおすすめします。 退職のあいさつメールはいつ送るもの? 退職のあいさつメールを送るタイミングはいつが良いのでしょうか? 退職が決まってから退職日まで、どのタイミングで送ればいいか、悩んでしまう方もいるようです。 また社外向けと社内向けとでは、その意味合いもタイミングも違ってきます。 [社外向けの退職のあいさつ] 取引先などは引き継ぎなどのやり取りがありますから、退職を公表してもいいタイミングになり、社内に周知された後、退職日の2〜3週間前には伝えていきましょう。 退職まであまり日がないと、取引先から「最後まで仕事を全うしていない」と「無責任」ととらえられてしまうことも。 きちんと引き継ぎの期間を設けることで、取引先に安心してもらえますし、問題などがあれば解決する時間も取ることができます。 [社内向けの退職のあいさつ] 社内向けは、退職を報告するというより「最後のあいさつ」に近いものになりますので、最終出社日に送ることが一般的です。 勤務時間が終了してから送るのがマナーという会社や、1週間前にメールすることになっているという会社も。 会社特有の慣例がある場合もあるかと思いますので、これまでの先輩方や今まで受け取った退職のあいさつメールを参考にするのが良いでしょう。 退職のあいさつメールを送る時期は、原則として会社に退職の報告および承諾を得てからになりますので注意が必要です。 ご自身の状況に応じて、退職のあいさつメールの準備をしておきましょう。 退職のあいさつはどの範囲まで送ればいい? 退職後、前職の社員はもちろん、今までお世話になっていた方と偶然再会する機会があるかもしれません。 特に同じ業界内での転職や、独立開業の場合も再会する機会は多くなります。 「退職するから」とあいさつもせずに、後で後悔することとならないよう、社内・社外を問わずお世話になった方には、必ず退職のあいさつをするように心掛けましょう。 メールで退職のあいさつをする場合どうやって送ればいい? 特に社内向けの場合、まったく同じ内容のものを複数の人へ送ることもあるかと思います。 一斉送信する場合は、必ず送り先をBCCで送付します。 TOやCCではほかのメールアドレスが見えてしまいますので注意してください。 TOには自分のメールアドレス、BCCに各送付先を設定しましょう• 相手との思い出を交え、これまでの感謝の気持ちと、今後の活躍を祈る旨を記載しましょう• 退職理由は書かなくても良いでしょう。 記載する場合は後ろ向きな内容にならないようにしましょう• 今後お付き合いが必要な相手には、最後に個人の連絡先を記載しましょう 社内・社外と送るメールの内容も変えることが必要です。 退職のあいさつをメールで送る場合、下記のような例文を参考にしながら作成してみましょう。 退職のあいさつメール 参考文例 時下ますますご清祥のこととお喜び申し上げます。 在職中は大変お世話になり、ありがとうございました。 (相手との思い出を交えながらお礼を述べる) 心より感謝申し上げます。 今後、別の機会にてお世話になることもあるかと思いますが、その際はよろしくお願い申し上げます。 本来であれば、直接ごあいさつを申し上げるべきところ、メールでのごあいさつとなりましたこと、お詫び申し上げます。 前職場には縁故者の紹介や口利きがあって入社した……。 そんなケースでは、入社時にお世話になった方にも報告をしましょう。 特に短期で退職した場合は、書面だけで済ませず、直接足を運んであいさつをすることも心がけてください。 身元保証人などを引き受けてくれた方に対しても同様。 これからの支援を得るためには、そんな基本マナーを忘れずに。 キャリアを生かした転職では、職種や業界によって、これまでの取引先が有望なビジネスターゲットになるもの。 挨拶状を送る相手も、それを了解しています。 今後のアプローチを予測させるような、あからさまな文面は自己本位な印象を与えるだけ。 人間性とマナーが試される……と考えて,あくまでお礼とさりげない報告の文面をおすすめします。 キャリアが長い分、送付範囲も広がり、大量の挨拶状が必要になりがちです。 けれど、印刷ハガキにパソコンの宛名シール……では、まるでDM。 報告はできても心からの謝意を伝えたり、今後のおつきあいを深めるものにはなりにくいのが実情でしょう。 ひと言でも自筆の添え書きを記すことを心がけ、事前から準備をはじめるようにしてください。 あした転機になあれ。 豊富な転職・求人情報と転職ノウハウであなたの転職活動を支援する【マイナビ転職】。 毎週火・金更新であなたの希望の職種や勤務地、業種などの条件から検索することができます。

次の