おすすめ ヘアオイル。 市販のプチプラヘアオイルこだわり別ランキング!

おすすめのヘアオイル10選!細い髪の人も安心なやさしさにこだわった上質ケアを

おすすめ ヘアオイル

髪をコーティングすることで保護し、うるおいやツヤを与える 「ヘアオイル」。 スタイリングの仕上げに向いているものや、トリートメント効果が高いヘアオイルなど、さまざまな製品が販売されています。 商品数が多いだけに、「くせ毛に適した商品は?細い髪にはどれ?」「市販のプチプラ品でも優秀なのは?」など、選ぶのも一苦労ではないでしょうか。 そこで今回は、おすすめのヘアオイル15選を人気ランキング形式でご紹介します。 定番のモロッカンオイルやナプラのポリッシュオイルはもちろん、サロンでも使われているミルボンやイオ、香りが人気なアルミックやshiro、ロクシタンなど、幅広いメーカー・商品を徹底比較しました。 出典: ヘアオイルは洗い流さないトリートメントの一種で、スタイリング剤としても使われます。 また髪を油分でコーティングするため、ヘアミルクやヘアクリームに比べて、 アイロン・ドライヤーの熱から髪を保護する効果が高いという特長があります。 洗い流さないトリートメントとして使用する場合は、 ドライヤーで髪を乾かす前に使うのが基本です。 余計な水分が髪に付着しているとオイルの密着度が低くなるので、しっかりタオルドライしておきましょう。 濡れた髪はキューティクルが開いているため、ヘアオイルの補修成分が浸透しやすくなりますよ。 また、 スタイリングの仕上げとして乾いた髪に使用することも可能です。 毛先を中心になじませて、ツヤやサラサラ感をプラスしましょう。 この記事では、【スタイリングにおすすめ】の商品と、【洗い流さないトリートメントとしての使用におすすめ】の商品で、それぞれランキングを分けて紹介していきます。 どちらかの用途でしか使えないというわけではありませんので、ぜひどちらのランキングもご覧ください。 なお男性向けのヘアオイルに関しては、以下の記事で個別にまとめています。 植物性の成分は、椿オイルやホホバオイル、アルガンオイルなどの天然由来成分。 鉱物性よりも髪の内部まで成分が浸透しやすいため、 ダメージ補修・ヘアケア効果を重視したい人におすすめです。 いっぽうの鉱物油はミネラルオイルとも呼ばれ、ワセリンやシリコンなどの石油由来成分。 植物性のような浸透力はなく、髪の表面を保護する効果が高いため、 ヘアアイロンでスタイリングする前に使いたい人や、ツヤ感を演出したい人におすすめです。 ちなみに、「石油由来」と聞くと髪に悪いイメージがあるかもしれませんが、精製技術が向上している現在では、そのようなことはありません。 植物性と鉱物性の違いは、肌への良し悪しよりも、 「髪への浸透性が高いか」「髪の保護効果が高いか」であることに注意しましょう。 ただ、鉱物油は落としづらい商品もあるので、つけすぎには注意が必要です。 重たいつけ心地のヘアオイルを選んでしまうと、ペタンとした動きのない髪になってしまうので注意しましょう。 反対に 太くて硬い髪やくせ毛には、広がりやゴワつきを落ち着かせてくれるしっとり系のヘアオイルがおすすめです。 扱いやすく柔らかな髪に導いてくれるような商品もあるので、要チェックです! 柔らかくも硬くもないノーマルな髪質であれば、ダメージケア効果を重視して選ぶとよいでしょう。 それでは、まずはスタイリングにおすすめなヘアオイルの人気ランキングTOP10を発表します。 記事の後半では、洗い流さないトリートメントとして使用するのがおすすめなヘアオイル5選をご紹介していますよ。 第10位|アルミック arumik ヘアオイル メーカー アルミック 内容量 100ml 成分 鉱物性 適した髪質 細い・柔らかい 香り フルーツのような甘い香り 細くやわらかい髪もサラサラに 水分保持能力の弱い細い髪を、 やわらかくしなやかな状態へ整えるヘアオイルです。 ドライヤーで乾かしたあとも髪がパサつかず、根元から毛先までうるおって、自由に動かしやすい状態が続きます。 スタイリングしにくい猫っ毛におすすめです! 指通りはなめらかでベタつかないので、軽やかで美しい髪を叶えます。 クチコミでは、「これを使うと髪がサラサラ!指通りもよくなる」「甘い香りが好き!」と評価されています。 しっとりというよりサラサラと軽いつけ心地なので、ペタンと寝てしまう髪質の人でも使いやすいのが嬉しいですね。 メーカー ロレアルパリ 内容量 100ml 成分 鉱物性 適した髪質 くせ毛 香り フレンチローズ これ1本で、光輝あふれる美髪へ 輝くようなツヤを与えたい人におすすめ! ロレアルパリ独自のシャインミラーテクノロジーが、髪1本1本の表面を整え、まるで鏡のように光を反射させます。 どの角度からでも 、輝くようなツヤが1日中続きますよ。 仕上がりは軽く、くせのある広がりやすい髪に適しています。 また、保湿成分のカニナバラ花エキスを配合しており、パサついたダメージヘアをきっちりトリートメント。 髪をダメージからガードし、 朝のスタイリングも簡単にしてくれます。 いろいろなシーンで活躍する、多機能なヘアオイルです。 なんと90年以上のロングセラーを誇り、いままでに数々の賞を受賞してきました。 髪にうるおい・ツヤ・まとまりを与え、キューティクルの損傷を防ぎ、 強くしなやかなハリをプラスします。 肌のカサつき防止や、頭皮のフケ・かゆみ・乾燥防止にも使用できますよ。 大島椿のメーカーサイトではいろいろな使用例が詳しく解説されているので、ぜひチェックしてみてください。 クチコミでは、「髪のパサつきが落ち着く」「ツヤツヤになる」と好評! 乾燥する髪やまとまりにくい髪を落ち着かせ、ツヤを与えたい人におすすめです。 メーカー ミルボン 内容量 120ml 成分 鉱物性 適した髪質 太い・硬い 香り ブルーミングフローラル 大人の毛先ケアで美しく、理想のヘアデザインへ ミルボンの「プラーミア ヘアセラム」は、 エイジングによるゴワつきでまとまりづらくなった毛先へ、うるおいとまとまりを与えるシリーズ。 髪の内側からまとまる力を満たし、なりたい理想のデザインへと近づけます。 こちらの「ヘアセラムオイルM」は、しっとりうるおうやわらかな質感に導き、 毛先をやわらかくするのが特長。 「年齢とともに髪のゴワつきが気になるようになった」「髪をやわらかくしたい!」なんて人におすすめです。 クチコミでも、「パサついた髪にうるおいが出る」「オイル特有のベトベト感がなく、マットに仕上がる」と好評! なめらかな弾力が欲しい人には、同じシリーズの「」もおすすめです。 メーカー ルベル 内容量 100ml 成分 鉱物性 適した髪質 ノーマル 香り ハーブローズ 内面から輝きで満たされる髪へ 「ルベル イオ エッセンス」のヘアオイルは、 なめらかでやわらかな触感の髪に整えてくれるのが特長。 心地よい指通りになり、毛先までまとまりが出ます。 サロンでも販売されている人気の商品で、クチコミでも「美容師におすすめしてもらった」との意見が多いですよ。 硬すぎずやわらかすぎない、まとまり感のあるヘアスタイルにしたい人へおすすめ! サロンで売られているアイテムとしては 値段が安いので、チャレンジしやすい製品です。 ハーブローズの香りで、少し甘めのニオイがします。 スタイリングの仕上げに毛先になじませることで、 ツヤ感と軽やかな動きを与える、ナプラのポリッシュオイルです。 アウトバストリートメントや、肌の保湿オイルとしても使用できます。 トリートメントとして使用するときは、お風呂上がりのタオルドライ後、毛先中心に塗ってから髪全体によくなじませましょう。 「いろいろなヘアオイルを試したけど、これが一番よかった!」との意見も複数寄せられています。 トリートメントとしても、スタイリング剤としても優秀なヘアオイルが欲しい人におすすめです! メーカー ALLNA ORGANIC(オルナオーガニック) 内容量 80ml 成分 植物性 適した髪質 ノーマル 香り さわやかな森林の香り 心やすらぐ指通り!髪に塗る自然の美容液 25種類の天然植物オイルを配合! 余計な添加物は入れず、安心安全のオーガニック成分で作り上げた「オルナオーガニック」の髪用美容液です。 髪に水分や油分を与え、ヘアアイロンやドライヤーの熱から保護します。 また、 ブラッシングの摩擦による髪へのダメージをおさえる効果も! 森林のようにさわやかな香りは、天然植物オイルによるもの。 クチコミでは、「サラッとしたオイルでつけやすい」「すがすがしい香りが気持ちいい」といった点が評価されています。 自然な香りを楽しみたい人や、安心の成分にこだわりたい敏感肌の人へおすすめです。 メーカー ケラスターゼ 内容量 125ml 成分 鉱物性 適した髪質 ノーマル、太い・硬い、くせ毛 香り フローラルフルーティームスク 仕上がりサラサラでベタつかない ケラスターゼは、パリで生まれたヘアエステティックのプロフェッショナルブランド。 サラサラでまとまりやすい髪に整えるヘアオイルです。 タオルドライ後の髪に、毛先付近から手ぐしを通すように塗り、ドライヤーの最後にもう1プッシュをなじませます。 乾燥やクセによって広がったまとまりにくい髪を、 うるおいバランスが整った素直な状態に導いてくれますよ。 ピーチやローズウッドなどをブレンドした、フローラルフルーティームスクの香り。 クチコミでは、「パサつきが落ち着いてサラツヤな髪になる」「不快なベタつきが少ない」と評価されています。 髪に柔らかさ・なめらかさがない、広がってスタイリングしにくいと悩んでいる人へおすすめです。 メーカー ロレッタ 内容量 120ml 成分 鉱物性 適した髪質 細い・柔らかい 香り ローズ つけた瞬間、ローズの香りが広がる スタイリング部門の第2位は、かわいいパッケージデザインも印象的な「ロレッタ」のオイルトリートメント。 ロレッタはシャンプーやジェルワックスでも人気が高いヘアケアブランドで、サロンでも使用されています。 軽いサラサラとしたテクスチャのオイルが、思わず触れてみたくなるような、 サラサラの髪に仕上げます。 つけた後も手にベタつきを残さないので、手を洗う時間がないときや、ほかのことをしながらの使用も便利です。 クチコミでも、「サラサラ感が出る」「ヘアオイルなのに髪が重くならない」と好評! どちらかというと硬い髪より、細くて柔らかい髪に適しています。 サラサラの髪になりたい人へおすすめです。 メーカー ミルボン 内容量 120ml 成分 鉱物性 適した髪質 太い・硬い 香り トランスパレントフローラル デザインが自然に決まる、クオリティの高い質感作り 第1位に輝いたのは、スタイリングのしやすさを高めてくれるミルボンのヘアオイル。 硬さがある髪を やわらかく動かしやすい状態に整えます。 柔軟成分のバオバブオイルが髪表面のキューティクルへ集中的に作用し、 スタイルの維持力をアップ。 さらに毛髪補修成分のオリーブスクラワンが、毛髪内部を柔軟にします。 やわらかく動かしやすい髪質になりたい人へおすすめです。 クチコミでは、「ふわふわでまとまりのいい髪になる」と好評! こちらは硬い髪質用ですが、やわらかくてコシが弱い髪には同じシリーズの「」が適しています。 メーカー クラシエ 内容量 60ml 成分 鉱物性 適した髪質 細い・柔らかい、ノーマル 香り 山桜 プチプラ価格が嬉しい「いち髪」 リーズナブルな価格が嬉しい、シャンプーでも人気な「いち髪」のヘアオイルです。 傷みが深刻なところを狙って集中的に補修成分が浸透するので、効率よくダメージケアできます。 ベースは鉱物性油ですが、コメ胚芽油やアンズ核油などの和草オイルもプラスし、軽やかなつけ心地に仕上げてありますよ。 紫外線から髪を守るUVカット効果や、 湿気で広がりにくい髪に整える効果も! クチコミでは、「髪がサラサラになってまとまりも出る」と好評。 コスパのいいヘアオイルを探している人におすすめ! みずみずしく可憐な山桜満開の香りも、和なテイストのいち髪ならでは。 メーカー shiro(シロ) 内容量 30ml 成分 鉱物性 適した髪質 ノーマル 香り 石けん せっけんの香りで大人気! 清潔感のある香りを重視したい人におすすめ! shiro(シロ)のヘアオイルは、 清潔で透明感のある自然な石けんの香りです。 誰からも好かれる万人受けするフレグランスなので、性別・オンオフ問わず使いやすいですよ。 クチコミでも「香りに癒される」との意見が多く、SNSでも話題沸騰中! トップから毛先まで、 指先をするりとすべるツヤやかな髪に仕上げます。 タオルドライ後の濡れた髪でも、乾いた髪でも使用でき、日中の乾燥からガードしてくれる効果も。 お値段は高めですが、使い勝手のいい万能な1本です。 メーカー ロクシタン 内容量 100ml 成分 鉱物性 適した髪質 ノーマル 香り ファイブハーブス プレゼントにもおすすめ!いつでも使えるヘアオイル 5つのエッセンシャルオイルが、 髪にうるおいを与え、乾燥によるダメージを補修。 なめらかでサラサラな、ツヤのある髪をつくります。 お出かけ前やタオルドライ後など、いつでも使える便利な1本! ロクシタンはブランドのネームバリューがあるので、 自分用にはもちろん、ギフトにもおすすめです。 メーカー マンダム 内容量 60ml 成分 植物性 適した髪質 すべての髪質 香り フローラル 選べる5つのラインナップ ルシードエルのオイルトリートメントは、仕上がりと髪質で選べるわかりやすい5つのラインナップが魅力! こちらの「EXヘアオイル」は、どんな髪質の人にもおすすめなタイプ。 オイルとは思えないほど、 軽くしなやかな輝くツヤスタイルを作ります。 使われているオイルは、砂漠の厳しい環境で生き抜くアルガンツリーの実から採取した「アルガンオイル」。 豊富な美容成分と、高い保湿力が特長で、パサつきを密着補修してなめらかな髪に導きます。 入浴後のヘアケアに使っても、朝のスタイリングの仕上げに使ってもOKです。 傷みやパサつきなどのダメージを集中的にケアしたい人や、軽く仕上げたい人におすすめ! メーカー モロッカンオイル 内容量 100ml 成分 植物性 適した髪質 すべての髪質 香り バニラムスク 一瞬で美しい輝きとやわらかな質感をプラス トリートメント効果重視で厳選したヘアオイルの第1位は、Amazonや楽天など、各通販サイトで大人気の「モロッカンオイル」! モロッコの南西部だけに育つアルガンの実から採取できる高級植物油、アルガンオイルを使用しています。 アルガンオイルは 浸透性にとても優れており、何世紀にもわたって女性たちに重宝されてきました。 保湿成分の必須脂肪酸や、美容成分のビタミンEをたっぷり含んでおり、 傷んで元気のない髪に輝きを与え、紫外線等のダメージから髪を守ります。 Amazonのクチコミ件数はなんと5,400件を超えており、「髪がサラサラになる」と好評! (2020年4月時点) 髪に自然なツヤを与え、サラサラに仕上げたい人へおすすめです。

次の

市販のプチプラヘアオイルこだわり別ランキング!

おすすめ ヘアオイル

「サロン専売品がいいのか、市販品がいいのか?」ヘアケアアイテムを購入する上でよくある悩みですよね。 ヘアオイルも同様にサロン専売品と市販品があります。 【市販品】:使い方が簡単、香りが良い、手触りがよくなるなど、使い勝手がいい商品が多いことが特徴です。 手頃な値段の商品も多いので、まず ヘアオイルを試してみたい初心者の方や、色々な香りを試したい人におすすめです。 【サロン専売品】:成分にこだわったものが多く、うねりやパサつき、ダメージなど、髪の悩みにしっかり応えてくれます。 ヘアケアをしっかりしたい人におすすめです。 こだわりのある分、種類も多く、お値段も高くなることも。 美容師さんと相談し、自分の髪の状態をよく理解してから購入しましょう。 オーガニックのアルガンオイルを使用し、サルフェート(ラウレス硫酸Na等)やパラベンを使用していないのも、ナチュラルにこだわる人には嬉しいポイントです。 2019年4月にはしっとり仕上がる「EXディープモイスト」、さらりと仕上がる「モイストシャイン」も発売。 好みのタイプをさらに選べるようになりました。 仕上がり ウェット 内容量 100mL オイルタイプ 植物性(アルガンオイル) 香り ダマスクローズハニー 肌への使用 ー 販売 市販 リニューアルしてさらに潤う!人気のBOTANIST 2018年9月にリニューアルし、さらに潤い感がアップしたBOTANISTのヘアオイルシリーズ。 "アルガン"や"カメリア"、"ホホバ"(公式HPより)などの種から抽出したオイルが保湿してくれます。 リッチモイストタイプは、さらに"アボカド"や"ココナッツ"(公式HPより)のオイルを配合。 広がりを抑え、しっとりとしながらもべたつかない、使い勝手のよいオイルです。 アプリコットとローズの華やかな香りも、人気の理由のひとつです。 広がりやすい髪もしっとりまとまるのにべたつきにくいのが魅力です。 アウトバスはもちろん、毛先のパサつきが気になる朝にさっと使いたい1本です。 重ためのテクスチャで、オイルスタイリングらしいツヤを作りながらも、ベタつかず、使い勝手がよいので、ヘアオイル初心者さんにもおすすめ。 "天然由来成分"(公式HPより)のみでできたオイルで、テクスチャはとろっとしています。 使い方は、オイルを出し手と手を合わせて全体になじませてから、手ぐしをするように髪につけます。 髪の内側・毛先・顔回り・表面の順番でつけるのがおすすめ。 こちらのオイルは、シンプルなパッケージと柑橘系の爽やかな香りが人気の秘密なんだとか。 うるうるツヤツヤの髪の毛を目指すために、是非相棒にしたいアイテムです。 これらのコンテンツは「現状有姿」で提供されており、随時変更または削除される場合があります。 トリートメントの効能・使用法は、各社製品によって異なる場合もございます。 各製品の表示・使用方法に従ってご利用ください。 ヘアスタイルの記事ランキング 昨日人気のあったヘアスタイルに関する記事• 2020最新【ブルベ夏のヘアカラー】サマータイプに似合う髪色特集 MK33• 色黒さんの魅力をグッと引き出す【厳選15選】おすすめ髪色カタログ kanako• ヘアカラーは"ネイビーブルー"暗髪色+透明感がこっくりかわいい ami•

次の

【徹底比較】ヘアオイルのおすすめ人気ランキング82選【潤うのはどれ?】

おすすめ ヘアオイル

Contents• 1 ヘアオイルの5つの効果 出典:PIXTA 1-1 キューティクルを補修して髪のパサつきを抑える 乾燥したりダメージを受けた髪は、パサついたり広がったりして見た目も悪くなってしまいます。 そんなダメージを受けた髪にヘアオイルを使うことで、 キューティクルが補修され、 まとまりのある髪にすることができます。 ヘアオイルがキューティクルの代役をしてくれるのです。 1-2 栄養や水分を閉じ込める 髪がダメージを受けたりしてキューティクルが剥がれると、髪内部の水分や栄養が外に流出しやすくなってしまいます。 そんな症状にもヘアオイルが活躍! 髪表面のキューティクルをコーティングし、必要な 髪内部の栄養や水分を閉じ込めてくれます。 髪に浸透したトリートメントの効果を持続してくれ、 パサつきを防いで艶のある指通りなめらかな髪を保つことができます。 1-3 ドライヤーやヘアアイロンの熱から髪を守る 出典:123RF 高温のドライヤーやヘアアイロンの熱は髪を乾燥させ、ダメージを与える原因にもなります。 ドライヤーやヘアアイロンの前に、髪表面をヘアオイルでコーティングすることで、 高温の熱から髪を守ることができます。 1-4 紫外線や乾燥ダメージから髪を守る 髪は日中、紫外線や冷暖房による乾燥などから常にダメージを受けています。 朝のスタイリングの仕上げに、少量を髪に馴染ませるだけで、 紫外線をカットする効果や 乾燥による髪内部の水分蒸発を防いでくれる効果が期待できます。 1-5 ヘアカラーやパーマの持ちを良くしてくれる ヘアカラーやパーマが落ちていく原因のひとつに、髪のダメージが挙げられます。 そのため、 ヘアオイルでダメージを補修することで、ヘアカラーやパーマが落ちにくい状態を保ってくれるのです。 2 ヘアオイルを選ぶポイント 2-1 植物性ヘアオイルか鉱物性ヘアオイルか 出典:PIXTA 2-1-1 植物性ヘアオイル 植物性ヘアオイルの代表的なものには、ホホバオイルやアルガンオイル、椿オイルなどがあります。 植物性ヘアオイルは植物から採った天然由来のオイルで 保湿効果が高く、刺激も少ないため、 髪や頭皮にやさしいと言えます。 毛穴を塞がないので 頭皮マッサージなどにも使用することができます。 テクスチャーとしては重めのものが多く、しっとりした髪に仕上がります。 2-1-2 鉱物性ヘアオイル 鉱物性ヘアオイルは主にシリコンが使われており、ヘアオイルの主流になっています。 植物性ヘアオイルに比べて テクスチャーは軽めのものが多いです。 手触りも良く、艶のあるさらさらした髪に仕上げることができます。 ダメージ補修をメインとするなら植物性ヘアオイル、 髪に艶を与えることをメインにするなら鉱物性ヘアオイルを選ぶと良いでしょう。 2-2 自分の髪質や頭皮の状態に合うヘアオイルか 出典:PIXTA ヘアオイルにはさまざまな商品がありますが、配合成分が多かったり、価格が高いからといって良いものというわけではありません。 同じヘアオイルでも 髪質や頭皮の状態によっては、ベタついてしまったり、パサつきが治まらないこともあります。 また、 季節や湿度などで使用感が変わってくることもあります。 2-2-1 髪が細い人におすすめのヘアオイル 髪が細く柔らかい方は、 鉱物性で軽めのヘアオイルがおすすめです。 植物性のヘアオイルは保湿力が強いため、細い髪の人だとベタっとし過ぎることも少なくありません。 植物性のヘアオイルを使いたいのであれば、 少量(1滴でも十分)を毛先だけにつける程度にするのがボリュームダウンにならないコツです。 2-2-2 剛毛で髪が広がりやすい人におすすめのヘアオイル 比較的髪が太くて剛毛だったり、パサつきがひどい方は 重めのヘアオイルがおすすめです。 植物性ヘアオイルのしっかりした保湿効果で、まとまりやすい髪に導いてくれるでしょう。 ただし、髪が太くてパサつきがひどいからといって、ヘアオイルをたくさんつけても意味がありません。 つけすぎは逆に髪をベタッとさせて見た目にも悪い印象を与え兼ねません。 2~3滴をつけてみて、足りないようであれば1滴ずつ足すように使ってみてください。 2-2-3 季節によってヘアオイルを変える 夏は汗をかくから軽めのヘアオイルに 、冬は乾燥が気になるから重めのヘアオイル、というように季節や環境によって使い分けることもひとつです。 2-3 自分好みの香りのヘアオイルか 出典:PIXTA 髪から良い香りがすると気分が上がりますし、周囲の人に好印象を与えることもできます。 ヘアオイルにも柑橘系やローズ系、フローラル系などさまざまな香りがあるので、 ヘアフレグランスとして、気分やシーンに合わせて自分好みの香りを選んでつけるのもいいですね。

次の