コンタクト用目薬。 目薬おすすめ21選~プロが選ぶドライアイや疲れ目に効く目薬ランキング

知らないと危険?コンタクト用と普通の裸眼用の目薬はなにが違うのか調べてみた。

コンタクト用目薬

コンタクト カラコン 用の目薬って何が違うの? 一般的な目薬の注意事項には 「 ソフトコンタクトレンズ着用中には使用しないでください」 といった注意書きがされていたりします。 ソフトタイプのコンタクトレンズやカラコンを使用している人の場合は、コンタクト用の目薬を使用しなければなりませんが「値段が高いし・・・」と思う人も多いでしょう、 普通の目薬はなぜ使用してはいけないのでしょうか? コンタクトレンズに普通の目薬が使えない理由 ソフトコンタクトレンズやカラコンには 酸素を通すための目に見えない穴がたくさん空いてます、目薬の成分 ビタミンなど によってはその穴に付着してしまいコンタクトレンズの寿命を縮めたり、変形させてしまったり、成分が染み込んでしまうことで 長時間にわたって目が薬用成分に晒されるため副作用も長く出てしまう事があるため、そのような効果の起きにくい成分で作られた目薬を使用することが重要となるのです。 コンタクト カラコン 用の目薬ってどんな人におすすめなの? コンタクトレンズやカラコンを使用していて目の乾きや疲労感、また異物感などを感じる人におすすめなのはもちろんですが、市販されている目薬の場合は「 目の違和感が軽度な人」と言えるでしょう。 重度のドライアイなどの場合は市販の目薬よりも処方されるものを使用した方が良いので、普段からコンタクトレンズやカラコンを使用していて目に症状が現れた場合は、まず 眼科で診てもらうのがおすすめです、そこで症状が軽度だと言われたら市販のコンタクト用目薬を使用して対処するのがおすすめです。 カラコン愛用者からの支持率高し!【1stマイティアCL-P】 パッケージの「とろっと処方 続くうるおい感」の名の通り、ドライアイや目の疲れに効果が高く、もちろんコンタクトレンズやカラコンを着用したまま使えるタイプの目薬です。 人工涙液と呼ばれる涙の成分に近い目薬であり、血管収縮成分も含まれておらず安心感も高いのが支持されている理由でしょう!成分も少なくシンプルなので副作用の面でも不安要素が少なく、 清涼感もないため目にシミることがなく使い勝手の良いおすすめの目薬です。 カラコン愛用者から人気の高い目薬です。 コンタクトに使える防腐剤フリー目薬【ソフトサンティア】 目薬にこだわる人たちから支持されているソフトサンティアも、どのタイプのコンタクトレンズにも使用できる目薬であり、 眼科でも処方されることが多い目薬としてコンタクト愛用者の多くからおすすめされています。 防腐剤フリーなため開封後10日以内と使用期限は短めですが、1本が5mlと少なめですから普通に使用していれば使い切れますし、人工涙液タイプで防腐剤フリーという安心感、普段カラコンなどを使用して目を酷使しているので 目薬くらいはしっかりとしたものを使いたい!という人におすすめの目薬です。 使い切りタイプのコンタクト用目薬【アイリスCL-Iネオ】 一般的な防腐剤フリーというのはベンザルコニウム塩化物などを使用していない目薬のこと、しかしそういった目薬にもホウ酸などの防腐効果のある成分は添加されています。 そういった 防腐成分を出来る限り排除した目薬を使用したい!というコンタクトレンズユーザーなら、1回使い切りタイプの目薬を使用するのがおすすめです。 この目薬には添加物として炭酸水素NaとpH調節剤しか含まれていないため、防腐剤を気にするコンタクトレンズやカラコン愛用者から支持されており、使い勝手は悪いですが 目をいたわる場合は最もおすすめな目薬と言えるでしょう。 コンタクトの異物感におすすめな目薬【サンテうるおいコンタクトa】 コンタクトレンズやカラコンというのは目の水分を蒸発させやすいため目の乾きに直結します、そこでレンズの周囲を目薬の成分で包み込み、 水分の蒸発を防ごう!というコンセプトで作られている目薬です。 特にソフトレンズを使用している人におすすめされており、着用中のマイナスに荷電しているレンズに対してプラスに荷電した ポビドンという有効成分を当てることで、一般的な目薬よりもコンタクトレンズにとどまる時間が長くなり、非常によく馴染むのが特長です。 異物感を強く感じる場合に効果的です。

次の

知らないと危険?コンタクト用と普通の裸眼用の目薬はなにが違うのか調べてみた。

コンタクト用目薬

もくじ• 目薬の選び方 眼精疲労と言っても、症状はさまざまです。 最もつらい症状にあわせて目薬を選ぶことが失敗しない目薬の選び方になります。 下記の中から、一番当てはまる症状を選んでみましょう。 目が痛むとき 目が痛む場合は 炎症している可能性が考えられます。 <炎症を抑える成分>• グリチルリチン酸二カリウム• アラントイン• イプシロンーアミノカプロン酸 これらが配合されている目薬を選びましょう。 視界がかすんで見えるとき 視界がかすみ、しょぼしょぼしてピントが合いにくい場合は、 疲れ目の可能性があります。 また、眼瞼下垂といって、 加齢によりまぶたが下がってくると視界が狭まり、物がみずらい、かすんで見えることもあります。 <視界のかすみを取り除きピントを調節する成分>• ネオスチグメンメチル硫酸塩 上記が配合されている目薬を選びましょう。 乾燥が気になるとき デスクワークなどでパソコンやスマホに集中していると、 瞬きの回数が減り、目が乾燥した状態になります。 また、 ブルーライトは強い光によって目の筋肉を酷使し、眼精疲労を悪化させドライアイを招いてしまう可能性があります。 <目の潤いを保つ成分>• 塩化ナトリウム• 塩化カリウム これらが配合されている目薬を選びましょう。 充血しているとき 充血は、 角膜が炎症を起こし血液が集まった状態をいいます。 <炎症部分の血管を収縮し炎症を抑える成分>• 塩酸ナファゾリン• 塩酸テトラヒドロゾリン これらが配合されている目薬を選びましょう。 花粉症などアレルギー症状がつらいとき ヒスタミンやロイコトリエンなどが炎症反応を起こした状態をいいます。 <ヒスタミンの働きを抑える成分>• エピナスチン塩酸塩• オロパタジン塩酸塩 これらが配合されている目薬を選びましょう。 ものもらいや結膜炎の症状があるとき 細菌やウイルスに感染し、炎症を起こした状態をいいます。 <抗菌力のある成分>• スルファメトキサゾール これが配合されている目薬を選びましょう。 目やにの量が多いとき ウイルスや細菌によって炎症が起きている場合は、 抗菌作用のあるスルファメトキサゾールの入った目薬を点眼しましょう。 汚れによって目やにが多いこともありますが、その際は 清潔なティッシュペーパーやガーゼ、綿棒などで目の周りをきれいにしてください。 目薬が染みるとき メンソール入り(クールなど書いてあるもの)はスーっとし、染みやすいので避けましょう。 コンタクト装着時でも使用できるものを選ぶことが大切です。 目薬の成分がコンタクトを傷つけてしまうことがあるので気をつけましょう。 また、目薬を使用したときに 不快感があったり症状が悪化した場合、最悪のケースでは失明や病気が進行してしまうことがあるため、 使用を中止して、眼科で診察してもらうようにしましょう。 その際は、 お薬手帳もしっかり持って行ってくださいね。 ソフトコンタクトレンズに使えない目薬は多い! 防腐剤などの成分が目薬に入っていることも多く、 コンタクトレンズ使用時では使えない目薬が多くあります。 ハードコンタクトレンズより、 ソフトコンタクトレンズの場合は使えないものが多いので、 添付文書を確認しましょう。 カラーコンタクトレンズは? ソフトのカラーコンタクトレンズであれば使えることもありますが、 目薬の添付文書やカラーコンタクトレンズの使用説明書を確認しましょう。 薬剤師、登録販売者にも確認すると安心です。 目薬の使用目安 一度開封して使用した目薬は、雑菌が繁殖していきます。 使用目安は、 1ヶ月以内に使い切るようにしましょう。 もし、 使い切れない場合は、新しいものに買い替えて使用するよう注意しましょう。 失敗しないコツ どの目薬を選んだら良いかわからない時は?• 目がかすむ• 視界がかすんで見える• 目の乾燥が気になる• 充血している といった症状の すべてに当てはまる場合はドライアイ対策の目薬を選びましょう。 パソコンやスマホ画面を集中して見ているときは、 まばたきの回数が特に減り、目が乾きやすくなっています。 塩化ナトリウムや塩化カリウムなどの成分が目の乾いた状態を改善させることにより、 炎症や充血なども解消に向かいます。 それでも 解消されない場合は、特に気になる症状に合う目薬を選びましょう。 まとめ デスクワーク中心で仕事をしていると、 パソコンやスマホを見る機会も多く、知らず知らずのうちに目を酷使してしまいがちです。 そのため、 私たちの目は思った以上に疲れを感じています。 眼精疲労は放っておくと、ドライアイや充血などの症状が進んでしまいます。 できれば、 目を酷使しないことが眼精疲労を予防するためには一番良いのですが、そういうわけにもいかないのが現状です。

次の

眼精疲労や角膜の修復におすすめの目薬 -コンタクト用の目薬も紹介|視力回復.jp

コンタクト用目薬

目の乾きや不快感を解消してくれるアイテムといえば、目薬ですよね。 店頭には、 コンタクトレンズ用と裸眼用がありますが、それぞれの特徴の違いや使い分け方はご存知ですか? 商品によってさまざまな成分の違いがある目薬は、 コンタクトレンズの装用感や性質に悪い影響を与えることもあるので、状況に応じた適切な使い分けが大切です。 大切な目の健康を守るためにも、今回は、裸眼用の目薬がコンタクトに与えてしまう影響やコンタクト用目薬の特徴をおさらいします。 1.裸眼用・ハードコンタクトレンズ用目薬には含有成分がたっぷり 目の状態や効果に合わせてちゃんと選ぼう コンタクトレンズ用目薬と言っても、 ソフトレンズ用とハードレンズ用でも特徴は異なります。 ハードレンズは、ソフトレンズに比べると薬品の影響を受けにくい素材でできています。 そのため、ハードレンズ用の目薬には、目の不快を解消したり、違和感に直接作用する成分が含まれていることがほとんどです。 また、 裸眼用の目薬は、さらに有効成分の効果が重視されるので、目の不調や症状に合わせて適切な効果が得られる目薬を選びましょう。 とはいえ、症状を改善してくれる成分の中にも、点しすぎには注意を要するものがありますので、 不安がある場合は眼科医の指示に従いましょう。 人の涙とほぼ同じ成分でできているから、薬品による副作用やレンズの質に悪影響が出る心配はありません。 「乾きをうるおすため」が第一ですので、ソフトレンズに限らず、裸眼の時やハードレンズの方でも安心して使うことができます。 最も目にやさしい目薬といえるでしょう。 3.コンタクト装用時はアレルギー用の目薬に注意 アレルギー用の目薬をコンタクトレンズ装用時に使用すると、有効成分がレンズにとどまって効きすぎてしまったり、レンズの質に影響が出ることがあります。 花粉症の時季など、 やむを得ずアレルギー用の目薬を使用する場合は、次のような方法での使用または種類を選びましょう。 一時的に外す 我慢できないかゆみや目の違和感など、どうしてもすぐに目薬を点したい場合は、 一時的にコンタクトレンズを外しましょう。 防腐剤が含まれていないものを選ぶ 目薬の成分表に 「ベンザルコニウム塩化物」の名前を見つけたら注意が必要です。 「ベンザルコニウム塩化物」は防腐剤として用いられる成分で、レンズの表面に長くとどまることになると、大切な角膜を傷つけてしまう恐れがあります。 4.ソフトコンタクト装用時はもっと注意! ソフトコンタクトを使用している方は、「ベンザルコニウム塩化物」以外の成分にも注意が必要です。 清涼剤も角膜にダメージを スーッと清涼感を与えてくれる「清涼剤」にも同様に注意が必要です。 強い刺激が与え続けられると、その刺激によって角膜が傷つくこともあります。 血管収縮剤が病気を隠蔽 血管収縮剤は、血管を一時的に細くすることで、目の充血を解消してくれます。 ですが、場合によっては、根本原因である目の傷や病気を隠蔽してしまう可能性もある成分です。 充血がしばらく続くようであれば、眼科で診察を受けましょう。 【まとめ】目薬は複数種類を持ち歩くのがおすすめ コンタクトレンズ装用時と裸眼時では、使える目薬の種類も異なります。 使い間違いの可能性が出てきたり、何個も持ち歩くのは面倒と感じる方もいると思いますが、 目的別に複数種類の目薬を常備するのもひとつの手です。 もしくは、レンズ装用時でも裸眼時でも使用できる、 乾き対策の「人工涙液型」を常に持ち歩くのもよいでしょう。 間違った目薬の長期にわたる使用は、目の健康への大きなリスクとなります。 ぜひ今一度、お使いのコンタクトの種類と目薬の成分を照らし合わせ、問題がないかチェックしてみてください!.

次の