ポケモン カビゴン 育成 論。 【ピカブイ】カビゴンの入手方法と育成論

ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

ポケモン カビゴン 育成 論

【ポケモン剣盾】カビゴンの育成論と対策【最強のデブ!15タイプを使う万能デブは強い】 こんにちは 44 です。 やってますか? 今回はさまざまなキャラグッズも作られ、初代からずーっと人気のポケモンの一匹であるカビゴンについて育成論と対策を考えていきたいと思います。 なんかこの体積がお父さん的な安心感ありますよね。 カビゴンは好きなポケモンで高めの順位でも使っているのでこちらもどうぞ。 「」 「」 カビゴンの基本ステータス という神サイトを見てみると、下記のようなステータスになっています。 【カビゴンの特徴1】怪物級の超耐久 カビゴンの第1の特徴はなんといってもHP種族値160、特防種族値110というまさに異常値の超耐久です。 その耐久力はたとえ無振りでもC252トゲキッスのダイフェアリーを確定3発にまで抑え込むほどです。 また、HPが160もあると防御に努力値をふることで物理方面に対しても強さを発揮します。 その防御性能はいのちのたまミミッキュが剣の舞を限界まで積んで攻撃6段階上昇させ、さらにダイマックスしてダイフェアリーをうった場合でも確定1発にできず高乱数1発が限界というレベルです。 【カビゴンの特徴2】物理攻撃も得意 カビゴンは耐久だけではなく、攻撃種族値も110もあります。 これはウインディと同じくらいの火力が出せるということを表しています。 H252バンギラス程度であればいじっぱりカビゴンはアームハンマーで確定1発圏内です。 【カビゴンの特徴3】非常に低い素早さ カビゴンは素早さ30族と全ポケモンの中でも屈指の遅さを誇ります。 一見デメリットにしか思えませんが、実はアーマーガアのはねやすめ後に地面について飛行タイプがなくなったあとにばかぢからを打ち込んで倒したり、ギルガルドが攻撃をしてブレードフォルムになったあとに下からじしんを打ち込んだりと、使い方によってはメリットにすらなります。 【カビゴンの特徴4】優秀な特性 カビゴンの特性は3つあります。 めんえき:毒にならない• あついしぼう:炎・氷半減• くいしんぼう(夢特性):HPが半分を切ると木の実を使う 環境に多いのはあついしぼうとくいしんぼうが半々くらいです。 あついしぼうはパルシェンのつららばりやヒヒダルマのつららおとしなどの氷、サブウェポンでほぼすべてのパーティで採用される炎タイプを半減で受けられるので相手のダメージ計算を狂わせ切り返すのに役立つことでしょう。 【カビゴンの特徴5】癖がなく使いやすいノーマルタイプ ノーマルタイプは弱点が格闘だけ、ゴーストは無効という非常にシンプルで使いやすいタイプです。 耐久力の高いカビゴンですから、等倍で受けられるということは一般的なポケモンでいうところの半減で受けられることとほとんど同じです。 いろいろなポケモンに後出しできるので、• クッション• ダイマックスの受け• 切り返し と、対策が十分でないポケモンに対する誤魔化しや、不利対面になったときの逆転の一手を狙うときにも役立ちます。 【カビゴンの特徴6】キョダイサイセイで木の実復活 キョダイマックスカビゴンはノーマルのダイマックス技がダイアタックではなくキョダイサイセイになります。 ダイアタックはすでに素早さが低いカビゴンにとっては後続をケアするくらいの意味しかないため、木の実採用型カビゴンの場合はキョダイサイセイがおすすめです。 参考: 【カビゴンの特徴7】非常に広い技範囲 意外と注目されることは少ないですが、カビゴンはフェアリー、飛行、虫の3タイプ以外の15タイプすべてのタイプの技を習得します。 ノーマル• ゴースト• エスパー• ドラゴン 一部の技は特殊だけだったり威力が低かったりと実用性が低いものの、ここまでのタイプの技を使えるポケモンは多くありません。 カビゴンの育成論と戦い方 カビゴンは初代からいるポケモンなので、ねむカゴ型、チョッキ型、のろいリサイクル型、はらだいこ型、あくび起点型などたくさんの型が考案されてきました。 ここでは初心者でも使いやすく多くのパーティに入れやすい型を紹介します。 【カビゴンの育成論1】チョッキ型カビゴン• 特性:あついしぼう• ダイマックス:通常• 個体値:C抜け5V• もちもの:とつげきチョッキ• わざ:のしかかり・ヘビーボンバー・ほのおのパンチ・かみなりパンチ ただでさえ高い特防耐久をとつげきチョッキでさらにあげることで、トゲキッスやニンフィアなどの特殊ポケモンに対して後投げからも強く出られるようになります。 ダイマックス・特性: 木の実採用型ではないためキョダイマックスである必要はありませんし、くいしんぼうも意味がないのであついしぼうです。 性格・努力値・個体値: カビゴンは防御種族値が非常に低いので、物理相手にも打ち合えるように防御に252ぶっぱします。 これによって、下図ダメージ計算のように襷型ようきルカリオのインファイトくらいなら耐えられるようになります。 攻撃種族値も高い方ではあるものの110族は無振りでは決定力にかけるのでいじっぱりA252ぶっぱが安定です。 Sに4ふることで性格補正なし30族を抜ける可能性が出てきますが、HやDに振ってもいいでしょう。 わざ: どれも選択技になります。 パーティに合わせてカスタマイズするのがいいでしょう。 ・のしかかり:タイプ一致。 麻痺狙いの勝ち筋を追うことも。 ・からげんき:鬼火を打たれやすい環境で逆手に取るときに。 ・すてみタックル(タマゴ遺伝):高威力タイプ一致技。 ・ヘビーボンバー:ミミッキュ・トゲキッス・ニンフィアといったトップメタフェアリーに。 ダイスチルで防御耐久をさらに上げることも。 ・アイアンヘッド:ヘビーボンバーがダイマックス相手には打てないのを嫌う場合に。 ・ほのおのパンチ:アーマーガア・ナットレイ・アイアントなどに。 ・ヒートスタンプ:ほのおのパンチでは威力が低いときに。 ・かみなりパンチ:ドヒドイデ・ラプラス・ギャラドスなどやあくび対策に。 ・ワイルドボルト:かみなりパンチでは威力が低いときに。 ・れいとうパンチ:サザンドラ・ドラパルトなどに。 ・じしん:ウインディ・ギルガルド・エースバーン・ドヒドイデなどに。 ダイアースで特防UPも。 ・ばかぢから:はねやすめアーマーガアやダイナックルで受けループ崩しを狙うときに。 ・アームハンマー:ばかぢからの攻撃・防御ダウンを嫌う場合に。 ・かわらわり:壁貼り対策に。 ・かみくだく:ゴースト打点+ワンチャン防御ダウンの崩し狙いに。 ・DDラリアット:ダイスチルやてっぺきで防御を積んだ相手に。 ・タネばくだん:ヌオー・トリトドン・ドサイドンなどに。 ・しねんのづつき:後続のためにダイサイコを打ちたいときに ・ダストシュート:毒は刺さりにくいですが一応覚えます。 ・げきりん:通りのいいドラゴン技。 ダイドラグーンで攻撃ダウン狙いも。 ・がんせきふうじ・いわなだれ:リザードンに ・じばく:最後の一撃や起点化されそうなときの自主退場として。 チョッキカビゴンの紹介をしているトレーナーがいたのではっておきますね。 【カビゴンの育成論2】ねむカゴ型カビゴン• 特性:あついしぼう• ダイマックス:キョダイマックス• 個体値:C抜け5V• もちもの:カゴのみ• わざ:ねむる・のろい・のしかかり・アイアンヘッド のろいを積んでねむって回復したあとに無双する型です。 キョダイサイセイによってカゴのみを回収できれば、ダイマックスが切れた後も再びねむるによって全回復してから戦うことができます。 ちなみにのろいはタマゴわざで、キョダイマックス個体にタマゴ技を教える場合はややめんどくさい手順を踏む必要があるため下記記事を参考にどうぞ。 (カチコールからのろいをタマゴ遺伝させた別の性別のカビゴンとキョダイマックスカビゴンを預けます。 ) 参考: 性格・努力値・個体値: のろいの試行回数を稼ぎ、ねむるによって回復できるチャンスを増やすためHB特化です。 特殊対面での性能を上げたい場合はHD特化もありです。 のろいを積むためわんぱくでもいいんですが、そうするとやや火力が足りないと感じる場面が多かったのでいじっぱりが個人的なおすすめです。 ただ、記事執筆時点の環境はトゲキッスやギャラドスにいのちのたまを持たせるなど超火力環境なので耐久よりの性格にするのもありですね。 わざ: ねむる、のろいは確定です。 その他の技は選択ですが、タイプ一致のノーマル技ともう1つはダイスチルで防御を上げられるヘビーボンバーなどの鋼タイプのわざか、ダイアースで特防を上げられるじしんなど地面タイプがおすすめです。 ねむカゴカビゴンを紹介している2桁順位の超上位トレーナーがいたのではっておきますね。 【カビゴンの育成論3】トリルはらだいこカビゴン• キョダイマックス• 特性:あついしぼう• 個体値:C不問S逆V他V• もちもの:オボンのみ• わざ:はらだいこ・アイアンヘッド・からげんき・ほのおのパンチ トリル要員と組んではらだいこからの相手パーティ半壊を目指す型で、いろんなポケモンを試してるうちに順位が下がりすぎたときはとりあえずこの構成で順位を上げたりしています。 一般的にトリックルームとはらだいこはなんだかんだ弱いと思われているので、ハマるときは意表をついて非常に強く、一気に順位が上がりますが反面でハマらないパーティにはとことんハマらないので一気に順位が下るギャンブルな型です。 詳しくは下記記事にまとめましたので良かったらどうぞ。 参考:「」 その他の育成論 カビゴンの育成論の動画を上げているトレーナーがいたのではっておきますね。 カビゴンの対策 唯一の弱点となる高火力物理格闘がカビゴン対策として優秀です。 ネギガナイト• ばかぢから• インファイト• とびひざげり カビゴンは99%物理アタッカーなので、物理受けポケモンでも受けられることが多いです。 サニーゴ• ただしどのポケモンに対する弱点技もカビゴンは覚えるので、環境に合わせて入れ替えるのがおすすめです。 カビゴンは非常に型が多く、初心者にとってはどれから対策したらいいのかわからないので、10戦くらいしてみて強いカビゴンがいたらそのカビゴンに対する対策をしてからランクマッチに再び挑むのがいいでしょう。 まとめ:【ポケモン剣盾】カビゴンの育成論と対策【最強のデブ!15タイプを使う万能デブは強い】 いかがでしたでしょうか。 僕もカビゴンは好きなポケモンの一体で、このブログでもすでに何回か記事にしたり何個も型を育成して遊んでみたりしています。 パーティに一体いると安心なポケモンなのでぜひ育てて使ってみてはいかがでしょうか。 では、今日もポケモン剣盾楽しみましょう! 見てたんですが、クッションとかソファとかいろいろあって見てるだけでも面白いですね! 他の構築については下記記事もおすすめです。 「」 長時間座ってポケモンやってると腰やお尻が痛くなる方は、ゲーミングチェアがコスパ最強でおすすめです。 このブログでは毎日更新で「過去の自分が知りたかったこと」をジャンル問わず書いているので、もしあなたの役にも立ちそうなことを書いていたらまた読みに来てください。

次の

【ポケモン剣盾】カビゴン(キョダイマックス)育成論・種族値・倒し方

ポケモン カビゴン 育成 論

の基本データと解説 高い 耐久力に加え、そこそこの 攻撃力と 積み技、補助技で幅広いを相手取ることができる、 受けと攻めの両立した。 HBにを割けばHBヤドランにやや劣るくらいの耐久力になり、物理特殊どちらもある程度殴り合うことができる。 7世代に入り混乱身が強化され、「くいしんぼう」と「混乱身」による回復ソースを手に入れレート環境でも使われるようになった。 これにプラスして「のろい」や「あくび、ふきとばし」による詰め性能、起点回避性能も高いので、受け駒としては珍しく崩しの起点になりにくい特徴もある。 しかし、特性の性質上、任意のタイミングで回復できるわけではないので HP管理が難しいのと、 毒耐性の無さ、 タイプ耐性の少なさによる 役割範囲の不明瞭さ、 はたきおとすで機能停止に追い込まれるなど、弱点も多い。 HPが5~6割のときは危ないので注意が必要。 ようするに 誤魔化し性能の高いでプレイヤーの腕に比例して強さを発揮できるってところですね。 型としては、受けにプラスして自身が詰め筋にもなれるのろい型と、場荒らしをするためのあくび吹き飛ばし型、タイマン性能の高いノーマルZ、有限などがレート環境で多い。 8%で木の実発動 残り66 お好きなところへ振ってください 1. 5%で2耐え 調整は明記されていませんでした。 もう少し良い調整があるかもしれません。 行動保証は必要なので、ABベースが最も動かせる範囲が広そうです。 テテフへの後出しを考えるのであればDに148のが最低でも必要になります(H4D148で乱数2発 94.

次の

カビゴンの育成論・調整|ポケモン育成論ORAS・XY|ポケモン徹底攻略

ポケモン カビゴン 育成 論

現環境では物理アタッカーが多いため、努力値を防御に振ることで特殊と物理に対応した安定した立ち回りが可能になります。 また、現環境ではどくどくを使ってくるポケモンが少ないので、性格はめんえき以外であればどの特性でも問題ありませんが、使用率の高いリザードン、ウィンディ、火ロトム、ガラルヒヒダルマの対策を考えている場合はあついしぼうが安定でしょう。 アイアンヘッド 確定技 フェアリータイプの弱点を突くことができます。 ダイマックスすれば防御を1段階強化することもできます。 のろい 選択技 攻撃と防御を上げる積み技として採用するのもありです。 素早さが下がってしまう点は注意しましょう。 のしかかり 選択技 ノーマルのタイプ一致技として採用 ばかぢから 選択技 高火力のかくとう技で現環境に刺さりやすく、ミラーマッチの場合でもアドバンテージを取れます。 アームハンマー 選択技 ばかぢからで攻撃や防御を下げたくない場合はアームハンマーを採用しましょう。 だたし素早さが下がってしまう点と命中が90である点は注意が必要です。 ほのおのパンチ 選択技 現環境に刺さりやすいほのお技 与ダメージ計算 攻撃の性格補正あり、種族値が攻撃に252振ってあるカビゴンのじしんで対象のポケモンが何発で落ちるかを掲載しています。

次の