アイコス3マルチ 何本。 加熱式たばこ業界に激震!?アイコス3マルチの「10本連続吸い」に最強説!オススメポイント5選

【初心者向け】アイコス3マルチの正しい使い方と充電方法まとめ

アイコス3マルチ 何本

4 Plusが最安値だけど、進化したIQOS3の方が確実に使いやすい。 これからIQOSを買うなら IQOS3か MULTI マルチ の2択になるのは間違いなさそうで、旧モデルを購入するメリットは若干安い価格くらいです。 わざわざ古いタイプを選ぶ必要性は薄いので、今回は IQOS3vsMULTIをテーマに考えてみましょう。 例えば手元に2. 4Plusがあったとして、しかも未だ元気な状態なら新タイプのMULTI マルチ を購入すれば自宅と外出用に分ける使用法も考えられる。 新型IQOSを買うケースは様々。 ・これを機にIQOSに参入したい ・新型発売なので買い替えたい ・ちょうど壊れたため ・他社からの切り替え などなど。 どちらも欲しいならセット価格の13,980円で購入すれば1,980円のお得。 実質マルチが約5,000円で買えることになるのでおすすめです。 しかし一方を選ぶなら? ということで、両者を比較していきましょう。 IQOS 3 MULTI IQOS初となる連続使用のIQOS3 MULTI 本体1つで充電と加熱を行う一体型。 gloが先行してこのタイプなので珍しくないですが、とにかくIQOS初とあり、待ちに待ったデバイスです。 ヒートスティックを挿入して加熱開始から20秒で喫煙可能。 本体に十分なバッテリーがあるため10本連続で吸える大きな特徴を持ちます。 大事なポイントだけ抜粋 価格 6,980円 充電 約75分 最大喫煙本数 10本 サイズ 約11. 9cm、横幅2. 5cm、厚さ1. 5cm 詳細はレビュー記事にて: オールインワン仕様でありながらコンパクトな50g。 握りやすい形状と、この手のタイプは使い方がとても簡単です。 一見剥き出しの本体も加熱チャンバーにはカバーが装備、臭いを抑え埃やゴミの侵入も防ぎます。 出先のお供にはIQOS 3が優勢だが、、 初期投資は嵩むも約1日持つバッテリー容量が魅力のIQOS 3はヘビー向けで、発売から価格面で優遇されるIQOS 3 MULTIはライトユーザー向けのデバイスです。 単純に考えると、出先で使用するならIQOS 3がおすすめ。 新型IQOS20本の持ち味に加え、1本吸うごとの充電が必要でも休憩中に2本吸えるほど短縮されてます。 5本より10本、10本より20本対応が優れているのは言うまでもありません。 頻繁な充電が必要なく、素のままで安心して連れ回せるのはこちらです。 なんの準備もないまま長時間の外出にMULTIは不安。 しかし、充電する環境さえあればこちらにも部がある。 常にPCの傍で働く職業や、定期的に車を利用、モバイルバッテリーを常備する人であればMULTIは活躍し、充電中に喫煙できる仕様がロスを防ぎます。 連続使用ならMULTIの一択 IQOS 3のホルダー充電時間をどうにかすることはできません。 されど2本連続吸う人が意外と多いのも事実。 連続喫煙 チェーンスモーク を求む人はこの時点でMULTIの一択です。 飲み会、パチンコなどタバコが進むシチュエーションではモバイルバッテリーも所持して難を凌ぐのが最適です。 MULTIで20本吸えると最強では? MULTIのようなオールインワン仕様で最大本数を増やせば最強じゃない? とはいえ、軽量化を計った結果でもあります。 IQOS3の125gに半分にも満たないMULTIは50g。 持ってみると差は歴然で、大容量にすれば本体の大きさも比例して大きくなります。 連続性と軽量化を売りにするタイプがMULTI。 絶妙なバランスであり、だからこそ2モデルなのではないでしょうか。 喫煙時はIQOS 3の方が軽いですし 軽量のMULTI 50g でも喫煙時のIQOS 3ホルダーは僅か22g。 喫煙時だけでみるとIQOS 3に叶うものはいません。 これまでのアイコス利用者からは当たり前に感じようとも、実はものすごく小さいのです。 デメリットと言われることの多い分離型でも、このようにメリットがしっかり存在しています。 まとめ それぞれメリットとデメリットが存在。 こんな人には完全にこちらです!とは言い難いのが2つのモデルでして、自身のシチュエーションを良く考えて購入するのがふさわしいです。 ただ、特徴から判断すると IQOS 3向けユーザー.

次の

【新型アイコス3マルチ】一体型は危険!連続吸いは故障多発の原因に!?

アイコス3マルチ 何本

「アイコス3」 シェアが減っているのは事実 親会社である米Philip Morris International(PMI)のアンドレ・カランザポラスCEO(最高経営責任者)は、23日の会見で「日本市場でアイコスが減速しているのは事実。 競合が伸びてきた」と状況を認めた。 その一方で「競争が起きることはよいことだ。 健全な環境であれば、よい製品が勝ち残る」と話し、アイコスの巻き返しに自信を見せた。 ただ、競合のJTは年内〜2019年初頭にかけて、新型の加熱式たばこ2機種を発売する方針を示している。 うち1機種はアイコスやグローと同様、たばこを本体に差し込んで加熱する仕組みになるとみられる。 競争の激化が予想されるが、PMJの広報担当者は「パイが広がることで、『紙巻きたばこをなくす』という当社のビジョンは達成が近づく」と前向きな展望を示した。 関連記事• アイコスに2機種の新モデルが登場。 充電を40秒短縮した「アイコス3」、10回連続で使用できる「アイコス3 マルチ」。 価格は前者が1万980円、後者が8980円(ともに税込)。 新型が発売された「アイコス」。 そのヒートスティック工場と、研究・開発施設の内部を取材した。 PMIの責任者に、日本・米国市場での展望についても聞いた。 クロス・マーケティングの調査によると、10月のたばこ増税を機にたばこをやめる予定の喫煙者は12. 喫煙習慣を変えない人が多数を占めた。 増税に反対する人も多かった。 加熱式たばこ「glo」「IQOS」「Ploom TECH」のCMを見たことがある人も多いかと思うが、ちょっと気になることがある。 公式Webサイトに飛んで、情報を得ようとすると「個人情報」を求められるのだ。 どういうことかというと……。 フィリップモリスが、紙巻きたばこから「アイコス(IQOS)」に切り替えると疾病リスクが下がるとの試験結果を発表。 切り替えた人は、喫煙を続けても体内から発がん性物質などが減っていたという。 結果はFDAに提出済みで、米国での販売許可獲得につなげる狙い。

次の

IQOS 3 DUO(アイコスデュオ)の違いは?2本連続喫煙や充電速度を比較レビュー

アイコス3マルチ 何本

メンソール特化型の実力!• プルームテックプラスの本音に迫る!• メガヒット商品の理由を徹底検証• 全フレーバーを吸い比べ!• 新しい生活様式は喫煙ライフも変える? こんばんは、モクログ管理人のげんちゃんです。 最近 アイコス3 の クオリティの高さから、 アイコスの 使用比率がダントツに上がっています。 さて、 今回 レビューするのが、アイコスの唯一の 弱点とも言える「 連続吸い」を克服した 一体型デバイス「 アイコス3マルチ IQOS 3 MULTI 」です。 インターネット上での評判はうなぎのぼりですが、そのオススメポイントを余すことなくご紹介しようと思います。 アイコス3かマルチか?悩んでいる方は是非参考にしてください! この記事の目次• たばこを挿したらスグ吸える! 従来のアイコスだと、かならずチャージャーからホルダーを出して・・・と、いざタバコを吸おうにも一連の手順が必要でした。 ですが、マルチは ヒートスティック を挿したらボタンを押すだけ、このように簡単に喫煙を開始することが出来ます。 無駄を一切省いたシンプル操作は、アイコス発売当初の理念(紙巻たばこの所作をイメージ)を覆すものですが、逆に欠点にもなっていただけに、この進化は大きな意味があります。 時代にあわせて、ユーザー目線で開発されたことが良くわかりますね。 10分の休憩でも2本吸える連続吸い! アイコス離れを加速された理由の1つがコレ、セパレートタイプのアイコスは吸い終わったら必ずホルダーを再充電しないといけなかったので、 連続で吸うことが出来なかったんですね。 10分間の休憩があったとして、これまでのアイコスだと1本吸うのに5分使うと、その後のチャージに4分くらい掛かってしまう為、2本目を吸うことが出来ませんでした。 マルチはなんと10本連続で吸えます (汗) この機能はアイコス・ユーザー待望と言っても過言ではないくらいで、この欠点を克服できたことが最強の所以です。 連続で吸っても美味しく吸える! この連続で吸うという機能ですが、実は互換機では既に実用化されていました。 ですが特筆すべきなのはそのクオリティの高さ、いくつかの互換機は 連続で吸うとバッテリーが異様に熱くなったり、うまく加熱できなかったりと、実用レベルにはちょっと届かないかな・・・という感じ。 こういった点はさすが本家! 2本くらいなら全然変わらずに、いつものクオリティで吸うことが出来ます。 さすがに3本連続はクラクラしてきたので試してませんが、数々の互換機を試してきた私の感想は、凄い!の一言。 急速充電でラクラク充電! さすがにコンパクト&バッテリー一体型なだけに 15本弱吸うとバッテリーがなくなってしまいます。 4Plusだと約30本くらい吸えただけに、ここはマルチの欠点でもありますが、それを補うような充電性能を装備してます。 なんと75分で充電可能! ですので、ちょっとバッテリーの残量が減ってきたなー、と思ったらスグに充電しておけば、次の休憩で吸えないということはまずないでしょう。 互換機の多くは急速充電出来ないため、1時間30分前後掛かるモノが多いのですが、しっかりとリカバリー策を講じてますね。 コンパクト&スリムボディでかさばらない! アイコスって結構かさばるイメージありませんでした? 楽天やAmazonでケースを買った人ならわかると思うのですが、ヒートスティックとセットで収納するタイプなんかだとメチャクチャでかい。 以前、同僚に見せたら「CDケース」と間違えられるくらいでしたからね(汗) ですが、マルチは見ての通りの コンパクト&スリムボディ。 しかも50gと軽量なので、ポケットに入れても気にならないんです。 チャージャーではこうもいきませんからね、地味にオススメなポイントです。 おまけ:マルチのこだわり構造 これは構造に関しての工夫についてですが、実はこのマルチ・・・色々と工夫が凝らされているんです。 例えば、ヒートスティックを挿入する部分のフラップ、挿し込むときは手でスライドさせるんですが、 抜くとオートで閉じます! ハッキリ言ってどうでもいいコトなんですが、衛生面的にも閉め忘れがなく気に入ってます。 更に、キャップと本体部分にマグネットが仕込まれており、半分くらいキャップを持ち上げた状態で手を離すと、 カチッという軽快な音を立てて自動的にキャップが装着されるんです。 どうでもいいですよねー、でもこういう工夫がガジェット好きな心をくすぐるんですよ。 アイコス3マルチのまとめ これまでのアイコス(2. 4plus)と言えば、吸うまでに手間がかかる、連続で吸えない、デカイ、掃除が大変と、味こそ定評はありましたが、不満を持つユーザーも少なからずいました。 そんな人達がグローや互換機に乗り換えていったのだと思いますが、それらを克服したマルチの登場でまたシェアが大きく変わりそうな予感がしますね。 特に、 既存ユーザーからも「最強」との呼び声も高く、その注目度はかなりのもの。 掃除については相変わらずですが、グローに流れたユーザーを取り返すには十分な実力を持つデバイスだと思いますよ。 アイコス特有のカスタマイズ性も健在なので、 味以外に不満があった方は、是非このマルチを試して頂きたいです。 あとがき アイコス3をレビューしたときは、もうコレ1択だな!と思ったんですが、どうしてナカナカ、マルチもいいんですよね。 正直どっちがいいとは言い切れなくなってしまいましたが、やはりセパレート好きならアイコス3、色々不満を持っている人ならマルチが良いんですかね。 残念なのは、供給が間に合っていないこと・・・そして転売に出されてしまっていることでしょうか。 12月、遅くとも来年にはだいぶ手に入りやすくなると思いますので、くれぐれも転売品には手を出さないようにしてくださいね。 では、今日はこの辺で、長文お付き合い頂きありがとうございました。

次の