なばなの里 イルミネーション 点灯時間。 なばなの里イルミネーションの所要時間は?混雑状況や行き方も解説!

なばなの里イルミネーション2018~2019の期間や混雑、割引情報をご紹介

なばなの里 イルミネーション 点灯時間

SPONSORED LINK なばなの里とは?場所とアクセス方法。 入場料金は? 三重県にあるなばなの里。 昼間は四季折々のお花がたくさん咲いており、来場者の目も心も惹きつけます。 ダリアやコスモス、あじさい、ベゴニアなど園内にはレストランやショッピングを楽しむところもあり、1日満喫できます。 国内最大級のスケールを誇るイルミネーションは圧巻です。 2018年で15回目を迎えるイルミネーションは、冬の風物詩として知られています。 なばなの里は 三重県桑名市長島町駒江にあり、名古屋から急行で「近鉄長島駅」まで約17分。 名古屋から直通バスもありますので、東京や大阪からもアクセスは抜群です。 お車の場合は、 名古屋からは名古屋高速・伊勢湾岸自動車道で「湾岸長島IC」で下車15分。 名古屋高速・東名阪経由で「長島IC」下車10分。 ただし東名阪からは渋滞が予測されるので避けたほうがいいでしょう。 関西方面からは「吹田IC」から名神高速・新名神高速で「湾岸長島IC」までで110分。 「松原JCT」から西名阪経由「湾岸長島IC」までで2時間。 「天理IC」から西名阪経由「湾岸長島IC」まで70分。 関東方面(東京)からは東名高速・「豊田JCT」経由「湾岸長島IC」3時間半ほど。 気になる 入場料金ですが、 イルミネーションなばなクーポンというものがあり 2,300円 税込 ですが、園内のレストランやショッピングに使える 1,000円分の金券がついています。 期間は、 光のトンネル「華回廊」 どこまでも続く光のトンネルに思わず声が出てしまうほどのすばらしさです。 あたたかな 光のトンネル200メートルと毎年テーマが変わるわる LEDトンネル100メートルの2種類から成り立っています。 あたたかな光のトンネルに入ったら、電球のひとつひとつをご覧ください。 よくみると かわいい花びらの形をしています。 園内を回る所要時間はお食事やショッピングなどに立ち寄らなければ、 だいたい1時間ほどで回れます。 イルミネーションは一方通行しかいけないので、 一度出口を出たら戻れないので要注意です。 なばなの里のイルミネーション。 混雑状況とピークの予想は? なばなの里のイルミネーションですが、 平日は比較的スムーズに回れます。 どうしても土日でないと行けないならば、 12月を避ければストレスなく回ることができます。 【関連記事】 一番混雑するのは、12月の土日。 時間は17時~19時ごろがピーク。 この期間にどうしても行きたいのなら、時間をずらして行くのをオススメします。 穴場は20時以降。 ちょっと遅めの時間のイルミネーションもステキだと思います。 ぜひ、楽しんできて下さい! 埼玉県・長瀞の観光と言えば、荒川を下る「長瀞ライン下り」が有名ですね。 国の特別天 七五三のお祝いといえば、一般的にはご祝儀を渡すイメージが強いですが、ここ最近では、お祝いの気持ちを形 クリスマスと言えば、赤い服を着て白いヒゲをたくわえたサンタクロースですよね。 とこ 気温もだんだんと暖かくなってきて早春を感じるようになると、どこかへふらっとお散歩に出かけたくなります 子供が生まれると、それまで知らなかった、お祝いの行事がたくさんあることに驚きますね。 今回は、女の子の お正月が近づくと、スーパーやデパートにしめ飾りがたくさん並び始めますよね。 それを見ると、お正月の準備 奇祭って聞いた事ありますか?私の友人の住む町には、奇祭と呼ばれる少し変わったお祭りがあるんだけれど、 今年はどこの初詣にお参りに行こうか? 悩まれる方も多いのではないでしょうか。 せっか 夏休みも終わり、祭りも一区切りと思いきや、まだまだお祭りムードは続きます。 そこで 毎年12月になると、「年の瀬」という言葉をよく耳にしますね。 何となく年末に使う言葉ということは分かり.

次の

なばなの里イルミネーションの時期と点灯時間 所要時間と混雑状況

なばなの里 イルミネーション 点灯時間

なばなの里イルミネーションのアクセス方法について 住所:〒511-1144 三重県桑名市長島町駒江漆畑270 電車、バスで行く場合 イルミネーション期間中は「近鉄長島駅」を利用してください。 イルミネーション期間中、近鉄長島駅より「なばなの里」行きの直行バスが毎日運行しています。 なお、桑名駅から「なばなの里」便のバスはないので注意してください。 近鉄長島駅経由でバス・電車移動が一番便利です。 JRで名古屋駅にお越しの場合、JR名古屋駅にて近鉄線へのお乗換えが便利です。 JR線にてJR長島駅にお越しの場合は、「近鉄長島駅」への徒歩移動が必要になります。 なばなの里イルミネーションの駐車場は? なばなの里に隣接している、5700台収容可能な無料の駐車場があります。 収容台数が多いので比較的とめやすいでしょう。 なばなの里イルミネーションの前売り券や割引券の入手方法 一般のなばなの里の入場料は2300円ですが、前もって入場券を買っておきたい方やお得に入場したい方必見の入手方法を紹介します。 なばなの里イルミネーションの前売り券の2つの入手法 1 コンビニストア前売り券 イルミネーション期間中販売 窓口で引き換えなしで入れるので スムーズに入場ができます。 お出かけ当日購入&当日利用ができます。 2300円(1000円分の施設内でご利用可能な金券付き)で、セブンイレブン、サークルKサンクス、ファミリーマートにて販売中です。 2 近鉄電車・バスの往復乗車券セット 当日購入&当日利用できます。 電車・バスの往復乗車券と入場券と金券をセットにしたお得なチケットを、近鉄の主要駅で販売しています。 なばなの里イルミネーションの4つの割引券の入手法 1 金券ショップで購入する方法 なばなの里のチケットは金券ショップなどで安く購入することができます。 2 メルカリなどのフリマアプリで購入 運が良ければ格安で購入できます。 3 長島ナガシマスパーランド&なばなの里割引 ナガシマリゾートメンバーズクラブ(二年間2万円)に入会することで、ナガシマスパーランドとなばなの里が無料で利用できます。 4 ホテル宿泊で割引 ホテル宿泊してなばなの里に行くなら、ナガシマリゾート公式HPからホテル予約することで、なばなの里に2日連続 当日と翌日 で無料入園することができます。 なばなの里のイルミネーションの混雑予想 国内最大級のイルミネーションということもあり 点灯時間の17時ごろに集中して混雑が予想されます。 混雑を避けたい方は平日を狙って行くのもオススメですが、意外にも 雨の日もオススメです。 なぜかというと、雨の日はイルミネーションの光が反射してとても綺麗で、さらに人も少ないのでゆっくり楽しめるという点でオススメなわけです。 あとは、 時間帯で22時までの日は20時くらいに行くと、みんなが帰り出す時間なので混雑は避けて観れるでしょう。 次の動画は2012年のなばなの里イルミネーションの動画ですが、イルミネーションの様子や混雑の様子がわかるので参考にしてみて下さい。 — 2018年10月月22日午後11時56分PDT このスポットは、その場に居ながら、映像のようにライトが映り変わる事で、様々なシーンが演出されているスポットです。 今年は日本の情景という事で、日本を代表する富士山や浮世絵、風神雷神、竹林(竹取物語)、大鳥居、竜宮城、桃太郎などなど、日本の歴史や文化や伝統の情景が、イルミネーションで映し出されます。 イルミネーションに映し出される情景は、過去最多で14シーンとなっています。 プロジェクションマッピングではなく、全て最先端のLED電球を使ってイルミネーションで演出されています。 巨大に映し出されるイルミネーションは圧巻で、カップル揃って見とれてしまう事間違いないでしょう。 なばなの里のイルミネーションの見所2 光のトンネル 全国の水上イルミネーションの中では 日本最大級の規模です。 こちらのイルミネーションは水面に電球が接地されているイルミネーションで、川の中に光の道ができる、なんとも幻想的な情景が見所です。 また水上のイルミネーションは全国でも少ないので見る価値あり!ちなみに、水面のイルミネーションは長島にある木曽三川の流れを再現してます。 そこにあるチャペルでは結婚式も挙げられています。 運がいいとチャペルの中も観れるかもしれませんよ! そんなことから、女性に人気のスポットです。

次の

なばなの里イルミネーション♡点灯時間の混雑状況!おすすめは30分前待機

なばなの里 イルミネーション 点灯時間

スポンサーリンク なばなの里イルミネーションの見どころをご紹介! テーマエリア「さくら」 桜が魅せる四季折々の里山の絶景、絢爛と咲き誇る藤棚など、高さ約30m・横幅約155mの大パノラマに最高峰のプログラミング技術を使って演出しています。 色鮮やかでダイナミックなイルミネーションに圧倒されます! 200mの「光のトンネル」(華回廊) 長く続く光のトンネルは、「なばなの里イルミネーション」の人気スポット。 花のテーマパークならではの可愛らしい花びらを模したLED電球の優しい光に包み込まれる空間です。 この他に、つぼみの緑と鮮やかな黄色の花のコントラストが素敵な、100mある光のトンネル「菜の花」もあります。 水上イルミネーション「光の大河」 国内最大級の水上イルミネーション。 長さ120mにもなる光の川が、四季や自然現象などを美しく描き出します。 なばなの里のシンボル「ツインツリー」 チャペルの前に立つ、2本のシンボルツリー。 豪華でクリスタルホワイトに輝くツリーと、美しくシックなパステルブルーに輝くツリーの前で、素敵な写真をどうぞ!• バスでの移動、観光スポットのチケットなどがセットになっている。 ツアーによっては、他の観光スポットにも行けたり、食べ放題が含まれていたり、おみやげがもらえたりなど、内容が充実している。 現地までバスで直行できるので、途中で乗り換える必要がない。 必ず座れるので、楽しんだ後は、寝ながら帰ってくることができる。 バスツアーの場合は時間が決められているので、車や電車などで行く場合と比べて多少バタバタしてしまうかもしれません。 そこで、僕がおすすめするのは 「HISバスツアー」です。

次の