生き て いく の が しんどい。 生きていくのがつらくても、それでも生きる理由を教えてください

生きているだけでしんどいのは何故?楽な生活には戻れない?

生き て いく の が しんどい

スポンサーリンク 3年前に「好きなことだけで生きていくぞ〜!」と意気込んで、しました。 最初は苦戦したものの、なんとか生きていけるようになって、ある時期までは 「好きなことで生きていくの最高じゃん!もうやりたくないことは一切やらずに生きてこ!」と思っていました。 きっとこれは多くの人がそう思ってて、そういう生き方こそが最高の幸せだと信じているかもしれません。 ただ、最近そうとも言い切れない部分があるなと気づいたのです。 なぜなら、 「自分の人としての器を広げてくれたのは、大体人からの無茶振りか、しんどい仕事だったから」です。 好きなことだけやると、ある程度未来を予想できてしまう たしかに好きなことばかりに囲まれて生きるのは楽しいし、幸せです。 そこは否定しません 笑 世の中の、好きなことだけを極める人の姿はとてもかっこよく見えるし、それもひとつの潔さです。 ただ、 「自分が好きかどうか」をすべての行動基準におくと、ある程度予想される未来しかやってこないのです。 もちろん好きなことを極める過程で予想外のことはたくさん起きると思いますが、大体の道筋とか、「こうやったらこうなるだろう」というイメージはなんとなくついている。 だから、もしかしたら「自分が好きかどうか」だけを基準にして動いていたら、 想像もしなかったような場所に行き着く可能性を失っているかもしれないってこともあり得るのです。 スポンサーリンク 好きなことができない人生は不幸なのか? そしてもし、物理的な状況で好きなことをやれなくなった場合、その人は何もかも失うということにもなりかねません。 たとえば料理が大好きで、とにかく料理だけを極めている人が、もし怪我とかをして両手が使えなくなったとしたら、その人は「好きなことができない人生」を送ることになります。 「好きなことだけで生きていくのが幸せ」だとしたら、好きなことができなくなった人生は不幸なのでしょうか? 料理だけじゃなくブログだって同じです。 もしわたしが「大好きなブログだけで生きていく!それこそが幸せ!」と思っていたら、両手が使えなくなってブログが書けなくなったとしたら、その先ずっと不幸な生き方しかできないのでしょうか? (今だったら音声入力という手段があるかもしれませんがw) わたしは、ブログが書けなくなって好きなことができなくなったとしても幸せだと、今は思います。 たしかに好きなことができる人生は幸せかもしれません。 が、そこだけに価値を置くと、それができなくなったときに「自分の人生には価値がない」と思ってしまう。 人は、頼まれごとで成長する 実業家の中村文昭さんが 「頼まれごとは、試されごと」という言葉を使っていて、その通りだなぁと思ったんですが、 わたし自身も、人に無茶振りされたこととか、しんどい頼まれごとによって人間の器が広がったなという経験がいくつもあります。 「こんなんできるわけないじゃん…!」 っていう仕事は、めっちゃ苦しいし、しんどいし、骨が折れます。 でもそういう苦しさの中に、自分の課題が隠れていたり、思いもしなかった気づきがあったり、好きなことだけやっていたら絶対得られなかったであろう喜びが隠れていたりする。 何より全く知らない自分に出会えたりするのです。 好きなことを追求するのももちろん大事なことですが、 そこにしか目がいかなくなって「やりたくないことは一切切り捨てる」のは、ちょっと違うかもなと思うんです。 好きかどうか、という感情だけで判断せず、一見しんどそうだな〜と思うことも、「この人のためならやってみようかな」という頼まれごとを一旦引き受けてみることでまた違う世界が見えて、今までにない幸福感を感じるかもしれません。 今もしやりたくない仕事を引き受けているとか、しんどいことばかりやってるな…って人は捉え方を少し変えてみて、• 「これは試されごとで、自分の器を広げるチャンスなんだ」•

次の

「好きなことだけで生きていく」の裏にある弊害

生き て いく の が しんどい

しんどいオカマがしんどいお悩みにお答えする、しんどくても頑張るあなたのための人生相談。 今回は無為に時を過ごすことが不安になってしまった女性からのお悩みよ。 オカマ業界も格差社会だから、日々何の不安もなく有意義に過ごしているオカマもいれば、アタシみたいに泥水をすすって生きてるオカマもいるのよね。 どうすりゃはい上がれるんだろうねえ、終わりのない、このオカマ階段。 【お悩み】 30歳の女性で、派遣社員として働いています。 私は、人生で一度も、勉強や就活、資格取得など、努力らしい努力をしたことがありません。 中学生のときに不登校になって以来、ただなんとなく生き続けているのです。 何の趣味も特技も持ち合わせていない、空っぽな人間です。 そんな私でも、長かった片思いが実り、金銭的な余裕はないけれども、今はとても幸せに過ごしています。 ただ、ときどき「このままではいけない」と、煙のように掴みようのない焦燥感に襲われてしんどくなるのです。 このまま無為に時間を重ねていくことが、とても怖いです。 それなのに、新しいことにチャレンジするでもなく、ただなんとなく日々を生きています。 どうすればもっと有意義に生きられるのでしょうか? 異形と呼ばれて 「バケモノ」と呼ばれたことがあるの。 まるまると太って、坊主頭にヒゲをたくわえて、オカマ言葉で迫ってくるブスなオッサンがいれば、確かに異形といわれても仕方がないわね。 これでも昔は、いつも堂々と胸を張って、夢と希望に溢れた爽やかな青年だったのよ。 それがなぜか、こんな異形のオカマに成り果ててしまった。 アタシはいったい、何者になってしまったんだろうね。 アタシの需要って、いったい何なんだろう。 自分が何者であるかを知っている人は、幸福だと思うわ。 誰に必要とされているのかが分かっていれば、ただそのためだけに生きていけばいいのだからね。 逆に、何者にもなれず自分を見失ってしまった人は、耐え難い苦痛を味わいながらこの世を生き続けなければならないのよね。 「誰からも必要とされていない」という実感は、寂しさや虚しさという感情を、まるでヘドロのように心にまとわり付かせるのよ。 一寸先は真っ暗闇で、いったいどちらに向かって歩けばいいのか、不安で押しつぶされそうになるのよね。 相談者のあなたもきっと、社会の中で誰に必要とされているのかがわからなくなって、自身の存在意義がわからなくなってしまったのでしょうね。 情熱を注げる何かを見つけ、それに向かって努力して、社会における自分の役割をまっとうして日々を過ごしている人がどうしようもなく羨ましく思える。 どうして自分も同じような人生を送れないのかと、悔しく思っているのでしょう。 アタシも、人生で努力らしい努力をせずにここまで生きてきたから、周囲の人がまぶしく見えることがあるわ。 そのコンプレックスから、努力の果てに自身の役割を、社会における価値を見いだそうとしてしまうのよね。 でも、努力をすること自体が目的になってしまって、その先に何を見据えているわけでもないの。 だから結局、何に情熱を注げばいいのかが未だにわからない……何者にもなれないでいるのよね。 好きなものさえあればいいのよ ただね、アタシもそうなのだけど、あなたは、万人にとって代えがたい誰かになろうとしているのではないかしら。 まるで映画や小説の主人公のように、たくさんの人から必要とされなければ、人としての存在意義がないと思い込んでいるんじゃない? 他人をじっくりと観察してみるとわかるのだけど、実はそんな人ってごくごく一部なのよね。 熱意があって常に輝いているから、どうしても目立ってしまうのね。 多くの人々は、ほんの些細な需要を糧として生きる人生を、受けいれて、納得しながら過ごしているの。 人生ってきっと、本来はその程度のものなのよね。 だから、自身が誰かにとって代えがたい存在となるのは、本当はもっともっと狭い範囲の中だけであってもいいのよ。 たとえば、それは職場であってもいいわ。 「あなたがいてくれたらとても助かる」と誰かひとりに思われるような仕事をするだけでも、あなたには存在する価値がある。 あとは、友人同士の間柄であってもいいわね。 あなたのことを誘ってくれる友達は、すでにあなたを唯一無二の存在として必要としてくれているのよね。 そして、究極的に言えば、あなた自身が、あなたにとって何者にも代えがたい存在になってもいいの。 あなたには、好きなものがあるかしら? 何でもいいのよ。 たとえば映画やドラマを観ることだったり、SNSで誰かと交流することでもいいわ。 心躍るものが何かひとつでもあれば、あなたは、あなた自身にとって需要があると言えるのではないかしら。 たった独りであったとしても、自分で自分を喜ばせることができるのであれば、それは価値のあることなの。 ましてや、相談者のあなたには、大好きな恋人がいるわよね。 あなたは彼のことを大切に思っていて、彼もあなたのことを大切に思っている。 お互いに、唯一無二の存在になっているのね。 だったらあなたはすでに、「何者かになっている」ということよ。 大それた趣味や特技がなくても、好きなものがひとつでもあればいいのよ。 好きなものを自覚することが、自分の存在意義になるのだから。 そんな狭い範囲でも、自分自身に価値を見いだせるということ。 人生はそれだけで、「空っぽではない」といえるわ。 好きなものを見つけられないなら 「人は、十代のころにやり残したことにとらわれて生きていく」と聞いたことがあるわ。 もしかするとあなたは、無意識に、自分が不登校になったときに周りの人たちが経験していたことを取り戻そうと、必要以上にもがいている状態なのかもしれないわね。 アタシもそうよ。 ロクに勉強なんてしなかったから、今はもっとたくさんのことを知りたいと思っているわ。 シャワーから流れる水がどうしてさらさらと手のひらから落ちていくのか、お気に入りのマグカップはどうやって作られているものなのか、どうして今、こうしてあなたとアタシが繋がっているのか……全部知りたい。 もし、あなたに恋人以外に好きだといえるものが何もなくて、それが虚しいというのであれば、これから十代のころに置いてきた何かを求めてみるのもいいんじゃないかしらね。 今からでも遅くないわ。 人生、あと何十年と、その苦しみを味わいながら暮らしていくよりかはずっとマシよ。 あなたがどうか生きる糧を見つけられて、彼と一緒に、心身ともに健やかな生活が送れることを願っているわ。 さて、このコーナーでは、読者の方からのお悩み相談を随時募集しているわ。 恋愛でも学業でも仕事でも、あなたがどんなことで悩み、どんな風に解決したいのか、できるだけ詳しく簡潔に教えてくれると助かるわ。 onayami gmail. com)まで。 【お悩み相談内容】と【年齢、性別、職業など簡単な自己紹介】を忘れずにね。 いただいた相談内容、個人情報はこのコーナー以外では利用しないし、長期的に保管することもしないから安心して。 また、このコーナーに関するご意見やご感想もお待ちしているわ。 とっても励みになるから、気軽に送ってもらえると嬉しいわ。 よろしく。

次の

うまく生きられない・・・しんどいと感じたときにはどうすればいい?

生き て いく の が しんどい

しんどいオカマがしんどいお悩みにお答えする、しんどくても頑張るあなたのための人生相談。 今回は無為に時を過ごすことが不安になってしまった女性からのお悩みよ。 オカマ業界も格差社会だから、日々何の不安もなく有意義に過ごしているオカマもいれば、アタシみたいに泥水をすすって生きてるオカマもいるのよね。 どうすりゃはい上がれるんだろうねえ、終わりのない、このオカマ階段。 【お悩み】 30歳の女性で、派遣社員として働いています。 私は、人生で一度も、勉強や就活、資格取得など、努力らしい努力をしたことがありません。 中学生のときに不登校になって以来、ただなんとなく生き続けているのです。 何の趣味も特技も持ち合わせていない、空っぽな人間です。 そんな私でも、長かった片思いが実り、金銭的な余裕はないけれども、今はとても幸せに過ごしています。 ただ、ときどき「このままではいけない」と、煙のように掴みようのない焦燥感に襲われてしんどくなるのです。 このまま無為に時間を重ねていくことが、とても怖いです。 それなのに、新しいことにチャレンジするでもなく、ただなんとなく日々を生きています。 どうすればもっと有意義に生きられるのでしょうか? 異形と呼ばれて 「バケモノ」と呼ばれたことがあるの。 まるまると太って、坊主頭にヒゲをたくわえて、オカマ言葉で迫ってくるブスなオッサンがいれば、確かに異形といわれても仕方がないわね。 これでも昔は、いつも堂々と胸を張って、夢と希望に溢れた爽やかな青年だったのよ。 それがなぜか、こんな異形のオカマに成り果ててしまった。 アタシはいったい、何者になってしまったんだろうね。 アタシの需要って、いったい何なんだろう。 自分が何者であるかを知っている人は、幸福だと思うわ。 誰に必要とされているのかが分かっていれば、ただそのためだけに生きていけばいいのだからね。 逆に、何者にもなれず自分を見失ってしまった人は、耐え難い苦痛を味わいながらこの世を生き続けなければならないのよね。 「誰からも必要とされていない」という実感は、寂しさや虚しさという感情を、まるでヘドロのように心にまとわり付かせるのよ。 一寸先は真っ暗闇で、いったいどちらに向かって歩けばいいのか、不安で押しつぶされそうになるのよね。 相談者のあなたもきっと、社会の中で誰に必要とされているのかがわからなくなって、自身の存在意義がわからなくなってしまったのでしょうね。 情熱を注げる何かを見つけ、それに向かって努力して、社会における自分の役割をまっとうして日々を過ごしている人がどうしようもなく羨ましく思える。 どうして自分も同じような人生を送れないのかと、悔しく思っているのでしょう。 アタシも、人生で努力らしい努力をせずにここまで生きてきたから、周囲の人がまぶしく見えることがあるわ。 そのコンプレックスから、努力の果てに自身の役割を、社会における価値を見いだそうとしてしまうのよね。 でも、努力をすること自体が目的になってしまって、その先に何を見据えているわけでもないの。 だから結局、何に情熱を注げばいいのかが未だにわからない……何者にもなれないでいるのよね。 好きなものさえあればいいのよ ただね、アタシもそうなのだけど、あなたは、万人にとって代えがたい誰かになろうとしているのではないかしら。 まるで映画や小説の主人公のように、たくさんの人から必要とされなければ、人としての存在意義がないと思い込んでいるんじゃない? 他人をじっくりと観察してみるとわかるのだけど、実はそんな人ってごくごく一部なのよね。 熱意があって常に輝いているから、どうしても目立ってしまうのね。 多くの人々は、ほんの些細な需要を糧として生きる人生を、受けいれて、納得しながら過ごしているの。 人生ってきっと、本来はその程度のものなのよね。 だから、自身が誰かにとって代えがたい存在となるのは、本当はもっともっと狭い範囲の中だけであってもいいのよ。 たとえば、それは職場であってもいいわ。 「あなたがいてくれたらとても助かる」と誰かひとりに思われるような仕事をするだけでも、あなたには存在する価値がある。 あとは、友人同士の間柄であってもいいわね。 あなたのことを誘ってくれる友達は、すでにあなたを唯一無二の存在として必要としてくれているのよね。 そして、究極的に言えば、あなた自身が、あなたにとって何者にも代えがたい存在になってもいいの。 あなたには、好きなものがあるかしら? 何でもいいのよ。 たとえば映画やドラマを観ることだったり、SNSで誰かと交流することでもいいわ。 心躍るものが何かひとつでもあれば、あなたは、あなた自身にとって需要があると言えるのではないかしら。 たった独りであったとしても、自分で自分を喜ばせることができるのであれば、それは価値のあることなの。 ましてや、相談者のあなたには、大好きな恋人がいるわよね。 あなたは彼のことを大切に思っていて、彼もあなたのことを大切に思っている。 お互いに、唯一無二の存在になっているのね。 だったらあなたはすでに、「何者かになっている」ということよ。 大それた趣味や特技がなくても、好きなものがひとつでもあればいいのよ。 好きなものを自覚することが、自分の存在意義になるのだから。 そんな狭い範囲でも、自分自身に価値を見いだせるということ。 人生はそれだけで、「空っぽではない」といえるわ。 好きなものを見つけられないなら 「人は、十代のころにやり残したことにとらわれて生きていく」と聞いたことがあるわ。 もしかするとあなたは、無意識に、自分が不登校になったときに周りの人たちが経験していたことを取り戻そうと、必要以上にもがいている状態なのかもしれないわね。 アタシもそうよ。 ロクに勉強なんてしなかったから、今はもっとたくさんのことを知りたいと思っているわ。 シャワーから流れる水がどうしてさらさらと手のひらから落ちていくのか、お気に入りのマグカップはどうやって作られているものなのか、どうして今、こうしてあなたとアタシが繋がっているのか……全部知りたい。 もし、あなたに恋人以外に好きだといえるものが何もなくて、それが虚しいというのであれば、これから十代のころに置いてきた何かを求めてみるのもいいんじゃないかしらね。 今からでも遅くないわ。 人生、あと何十年と、その苦しみを味わいながら暮らしていくよりかはずっとマシよ。 あなたがどうか生きる糧を見つけられて、彼と一緒に、心身ともに健やかな生活が送れることを願っているわ。 さて、このコーナーでは、読者の方からのお悩み相談を随時募集しているわ。 恋愛でも学業でも仕事でも、あなたがどんなことで悩み、どんな風に解決したいのか、できるだけ詳しく簡潔に教えてくれると助かるわ。 onayami gmail. com)まで。 【お悩み相談内容】と【年齢、性別、職業など簡単な自己紹介】を忘れずにね。 いただいた相談内容、個人情報はこのコーナー以外では利用しないし、長期的に保管することもしないから安心して。 また、このコーナーに関するご意見やご感想もお待ちしているわ。 とっても励みになるから、気軽に送ってもらえると嬉しいわ。 よろしく。

次の