藤村 クレスト。 拠点一覧

経営理念・方針

藤村 クレスト

時流に即し、変化に対応し続ける。 そして、新たなる100年へ。 当社は1914(大正3)年の創業以来、100年以上にわたり、人々の生活を守る社会インフラ整備に貢献してまいりました。 初代・藤村音吉が柏崎市大和町にてコンクリート製品の製造を開始して以来、下水道や道路・河川用製品、建物を支える杭など、社会インフラとして必要不可欠なコンクリート製品を開発・製造することで地域社会への貢献を果たしています。 変化の激しい現代社会においては、「現状に満足することこそ最も大きなリスクである」と考えます。 世の中が変化するのであれば、現状に甘んじることなく、企業もそれに合わせて変化していかねばなりません。 当社では「時流に即する」の経営原則のもと、時代のニーズの変化に的確に対応してまいりました。 コンクリート製品のニーズ変化に対応することはもちろん、既存事業から派生する新事業にも積極的に挑戦し続けています。 2019年にはグループの名称と商号を一新するとともに、グループのコーポレートカラーとコーポレートマークを創設。 グループの社員一同、一丸となって、新たな100年を歩み続け、豊かな社会の実現と維持により一層貢献してまいります。

次の

経営理念・方針

藤村 クレスト

時流に即し、変化に対応し続ける。 そして、新たなる100年へ。 当社は1914(大正3)年の創業以来、100年以上にわたり、人々の生活を守る社会インフラ整備に貢献してまいりました。 初代・藤村音吉が柏崎市大和町にてコンクリート製品の製造を開始して以来、下水道や道路・河川用製品、建物を支える杭など、社会インフラとして必要不可欠なコンクリート製品を開発・製造することで地域社会への貢献を果たしています。 変化の激しい現代社会においては、「現状に満足することこそ最も大きなリスクである」と考えます。 世の中が変化するのであれば、現状に甘んじることなく、企業もそれに合わせて変化していかねばなりません。 当社では「時流に即する」の経営原則のもと、時代のニーズの変化に的確に対応してまいりました。 コンクリート製品のニーズ変化に対応することはもちろん、既存事業から派生する新事業にも積極的に挑戦し続けています。 2019年にはグループの名称と商号を一新するとともに、グループのコーポレートカラーとコーポレートマークを創設。 グループの社員一同、一丸となって、新たな100年を歩み続け、豊かな社会の実現と維持により一層貢献してまいります。

次の

藤村クレスト株式会社|柏崎市|企業紹介

藤村 クレスト

時流に即し、変化に対応し続ける。 そして、新たなる100年へ。 当社は1914(大正3)年の創業以来、100年以上にわたり、人々の生活を守る社会インフラ整備に貢献してまいりました。 初代・藤村音吉が柏崎市大和町にてコンクリート製品の製造を開始して以来、下水道や道路・河川用製品、建物を支える杭など、社会インフラとして必要不可欠なコンクリート製品を開発・製造することで地域社会への貢献を果たしています。 変化の激しい現代社会においては、「現状に満足することこそ最も大きなリスクである」と考えます。 世の中が変化するのであれば、現状に甘んじることなく、企業もそれに合わせて変化していかねばなりません。 当社では「時流に即する」の経営原則のもと、時代のニーズの変化に的確に対応してまいりました。 コンクリート製品のニーズ変化に対応することはもちろん、既存事業から派生する新事業にも積極的に挑戦し続けています。 2019年にはグループの名称と商号を一新するとともに、グループのコーポレートカラーとコーポレートマークを創設。 グループの社員一同、一丸となって、新たな100年を歩み続け、豊かな社会の実現と維持により一層貢献してまいります。

次の