和田 アキ子 あの 頃 は。 和田アキ子 古い日記 歌詞&動画視聴

和田アキ子 古い日記 歌詞

和田 アキ子 あの 頃 は

Sponsored Link スカウトされて歌手に 中学2年生で 「不良番長」となった和田さんですが、その一方で、小学5年生の時からレイ・チャールズに憧れるなど、ジャズやブルースといった洋楽が好きで、大阪市内のジャズ喫茶に入り浸り、音楽を聴いている時だけが心が安らいだそうです。 そして、15歳の時から、ジャズ喫茶や 「ゴーゴークラブ」で歌い始めるようになると、174センチの長身から発するパワフルな歌声は評判を呼び、 16歳のある日のこと、和田さんがステージで歌を唄っていると、東京から来た芸能事務所の男性から、 直接、社長に会ってほしい と、懇願されたことから、適当に話だけ聞いて帰るつもりで、会うことに。 すると、後日、東京からやって来たのは、角刈りにいかついスーツの怪しい男性だったのですが、その人こそが、大手芸能事務所 「ホリプロ」の堀威夫社長。 若かりし頃の堀威夫社長と和田さん。 話を聞いた和田さんは、このまま大阪にいても 「極道」しか道はないと思い、その場で芸能界入りを承諾すると、大阪には二度と戻らないと決心して、芸能活動をスタートさせたのでした。 芸名の由来は? ところで、当時、和田さんの本名は 「金海福子」だったのですが、 「金海」は大阪の在日韓国人が多く名乗っていた姓だったため、在日韓国人だと分かることを恐れたお父さんが、叔父さんの和田忠浩さんと養子縁組させて、 「和田現子(わだ あきこ)」を名乗ることになったそうです。 (ちなみに、叔父さんは漫画 「難波金融伝ミナミの帝王」の主人公・萬田銀次郎のモデルになった人物だと言われています。 ) ただ、 「現子」では読めない人が多いだろうと、 「ホリプロ」の堀社長がカタカナで 「アキ子」と名付けられたのだそうです。 (本名の「現子」を「アキコ」と読ませるのは当て字だそうです) 「笑って許して」が大ヒット こうして、和田さんは、17歳の時に上京すると、当時、横浜にあった社長の自宅に下宿し、事務所の電話番をしながら、レッスンを受けることに。 (この頃の和田さんのお給料は3万円、下宿代が1万8000円で、食費がなくなると、 「ちらし寿司大盛り3杯食べたら無料」のお店に通われていたそうです) そして、1968年10月25日には(和田さん18歳)、 「星空の孤独」で歌手デビューされるも、パッとせず。 「星空の孤独」 ただ、翌年の1969年4月25日にリリースした2枚目のシングル 「どしゃぶりの雨の中で」が17万枚を売り上げるヒットを記録すると、 「どしゃぶりの雨の中で」 同年10月25日リリースの3枚目のシングル 「その時わたしに何が起ったの? 」は低迷したものの、1970年3月25日にリリースした4枚目のシングル 「笑って許して」が約20万枚を売上げるヒットとなり、オリコンチャートも当時の自己最高記録となる11位を記録。 「笑って許して」 同年12月31日には、 「第21回NHK紅白歌合戦」に初出場を果たすなど、和田さんは、たちまち、人気歌手の仲間入りを果たされたのでした。 Sponsored Link 「あの鐘を鳴らすのはあなた」で日本レコード大賞最優秀歌唱賞 その後も、和田さんは、 1970年7月5日 「さすらいのブルース」 11月5日 「貴方をひとりじめ」 1971年3月5日 「卒業させてよ」 6月5日 「天使になれない」 9月5日 「涙の誓い」 12月5日 「夜明けの夢」 と、立て続けにシングルをリリースすると、 1972年にリリースした11枚目のシングル 「あの鐘を鳴らすのはあなた」は、 「第14回日本レコード大賞最優秀歌唱賞」を受賞。 和田さんは、人気実力ともに、トップアーティストの座へと上り詰めたのでした。 「あの鐘を鳴らすのはあなた」より。 ちなみに、和田さんは 「第14回日本レコード大賞最優秀歌唱賞」を受賞された時、感極まって、たまたま近くにいたさんの腕を掴んで一緒にステージまで連れて行き、歌っている最中、涙でメイクが落ちたことで 「黒い涙」を流されているのですが、 後に、和田さんの号泣ぶりと、沢田さんのオロオロした姿が、レコード大賞史に残る名シーンとして語り継がれており、 和田さんは、この時のことを、 (司会の)高橋圭三さんが『あの鐘…』と言った瞬間、頭が真っ白になってしまった。 私はジュリーが大阪のナンバ一番で歌っていた時から仲良しだったのと、私の腕力が強すぎて逆らえなかったのでしょう。 と、おっしゃっていました(笑) に続く.

次の

和田アキ子がイジメられてた?レコ大で菊の花束の嫌がらせ【金スマ8/30】

和田 アキ子 あの 頃 は

TVで大活躍の大物歌手 「芸能界のご意見番」「ゴッド姉ちゃん」などとして知られる和田アキ子。 こんな異名も付いているくらいですから、歌手というより、芸能界の大御所としてのイメージの方が強い方も多いのではないでしょうか? 彼女の歌を知っている身としては、そのことが非常に悔しく感じます。 「和田アキ子は誰にも代えられない唯一無二のシンガーである」ということを、是非多くの人に知ってもらいたいのです。 中でも一番に聴いて欲しいのは『古い日記』。 しかしインパクトが先行してしまい、曲の素晴らしさになかなかスポットライトが当たらないことが、これもまた非常にもったいない。 なんせこの曲は演奏・作詞作曲・歌手の三拍子が巧みにからみあう、芸術のような作品なのです。 演奏面においては、ギターとブラスが主張し合うイントロに続き、パーカッション、歌、ストリングス等が我こそはとばかりに登場します。 それぞれが個性を放っていて、すべて味わおうと思うと耳が追いつかないほど。 それだけ個性があるそれぞれが、Aメロ、Bメロの終わりにはすべて集結し、気持ちのいいまとまりを見せます。 その気持ちが高まった頂点で来るのが、あの「ハァッ!」なのです。 もう、計算しつくされた音楽であるということが、この一篇だけでも理解できてしまいます。 そして歌詞もまた、非常に示唆に富んでいます。 一曲通して、若い頃に書いた日記を読んで、「あの頃は…」と当時を鮮烈に思い出している様子の歌詞になっています。 世間から見てどうだとか、未来がどうとか考えることもなく、ただひたすらお互いがいればよかった…若い頃なら、そんな恋愛もありますよね。 そんな頃を思い返して少し羨ましくも、切なくもあり。 大人になればなるほど、あの頃の自分に想いを馳せ、憧れるものなのかもしれません。 しかしながら、これはただ愛に溺れた若い頃に憧れる曲ではありません。 私にとっては、衝撃的な歌詞でした。 情熱的な恋の曲だったはず。 恋人ならより愛して欲しいはず。 そんな想像を裏切られました。 彼女は、歌詞の中で「恋」「小さなアパート」「その日暮し」を受け入れているのに対し、「世間」「他人」「先のこと」などを拒んでいます。 なんだか不安定で、危なげなものばかりを好み、世間体、将来のこと、安定などは避けているように読み取れます。 歌詞を見る限り、それは世を拗ねたような社会に対する屈折した気持ちからそういう姿勢になってしまったのでしょう。 先がどうなるとか、他人や世間は関係なく、今と自分さえよければいいという姿勢です。 だからこそ、同じ匂いのする恋人との狭い世界で、お互いの傷を舐め合うことでそんな自分自身を認めるように、二人体を寄せ合っていたのではないでしょうか。 そんな時に、突然恋人から将来を見据えた愛などを求められたら、きっと今と同じような付き合い方をして行くことはできません。 だからこそ、の「愛してるとか言わないで」だったのではないかと思うのです。 唯一無二のシンガー和田アキ子 そのようにして彼女が経験したのが、野暮なことは考えずに「今、この瞬間」だけを見つめられる恋愛です。 この本能的ともいえる恋には、二人の安定や将来を考えるような穏やかな愛には決してたどり着くことのできない、圧倒的な「情熱」が存在します。 そして和田アキ子こそが、まさにその最大瞬間風速的な恋の情熱を表現することができる歌手なのです。 彼女の歌唱を目にすれば、この燃える熱情の迫力は、ただ上手いだけの歌手には到底表現できないと確信させられるはずです。 さらに彼女の歌が唯一無二といえるのは、「瞬間的で、本能的な情熱の恋」だけでなく、その歌唱の壮大さで「惜しみなく満ちて来る永劫不変の愛」も表現することができることです。 一見相反するそんな恋や愛の在り方をたったの3分間で伝えることができる歌手を、私は和田アキ子…彼女以外に知りません。 和田アキ子の曲を聞いてみよう そんな彼女も2018年で歌手生活50周年。 その記念すべき年に向けて開設されたTwitterには、誰かへの批判などはみじんも出てきません。 ただ一生懸命考えながら作ったように感じられる文章と、彼女の笑顔の写真があるだけ。 まるでそこには、「SNSを始めたばかりの母ちゃん」のように身近な彼女を感じられます。 歌手としての活動をあまり見たことがない方にとっては、もしかしたら偉そうに映る部分もあるかもしれませんが、そもそも彼女の高い身長やボーイッシュな見た目などからくるオーラ、またメディアで作られたキャラクター像によってそう思わされているところは多少なりともあるのではないでしょうか? 彼女の格好よさをそんな風に消費しては、実に勿体ない。 とりあえず、文句を言うのは、曲を聴いてからでも遅くないのではないでしょうか。 TEXT サニー.

次の

和田アキ子

和田 アキ子 あの 頃 は

和田アキ子[わだあきこ] 本名:現子[いいづかあきこ] とは、・である。 プロフィール として出生し、その後へ。 前の本名は 福子(Kim Boa)。 前のは 福子(かねうみ ふくこ)。 (以上「実録 和田アキ子 『血と』の」記事より) 生まれ・出身・ ・靴 27 : 会社:テンタテメント 逸話• 最高位:位(「芸人辞典」より)• 最高位:位(「芸人辞典」より)• 「」は、()に放送開始、で満周年を迎える• 「ビューー・ム」(放送)で、代の出演者が「さえすれば、私はなんでも前向きになれる。 だから方お願いします!! 」という"ただ単に若くしてくれよ! という の理由"にアッコがし、 前代未聞の「開け! ビューー・ム! 」が行われず、その日の撮影は中断。 2ヶの後、反省し心めたがに再登場、"代の年相応である格好・"にしていた• の第回で歌った「今あなたにうたいたい」では、途中を口元から部まで下ろして歌い、その量の大きさにの観客・が圧倒させられた• が非常に厳格だったため礼儀やには厳しいが身内 とされる芸人 には温情を見せることが多い。 だが行為やへの関与が発覚した人物は身内であっても一切の縁を切ることも• 番組への出演は緊しないが、歌番組・ではいまだに緊するらしい。 特にでは袖で深呼吸したり分補給する頻度が高い• 番組のへ出演するときはに対策を立ててしてくるが本番でその成果を活かせないことが多く、自分の不なさから収録中に泣いてしまうこともあった• の名物「」は回を含めて常連だが、三流以下の成績がほとんど。 の版で念願の一流を獲得、その余勢をかって回でも全問正解まであと一歩まで届いたが、肝心の最後に とを間違えるという大ポカをやらかし、特別により一流から一気にに転落した• 「ぷっ」 すまに出演した際、巻いて通常より1時間く収録を終わらせた• である。 かつて某番組においてを両手でっ二つにねじ割ったことがあり、の収録では解答者席の檻を壊したこともある• 「」の出演ァーが来たときはたいそう喜んだそうだが、演じることになったのがをでひねり殺すの役だったことには少なからずを受けたらしい• 「」劇中で、が演じる若はを担ぎ上げてに放り投げたり、にの頭を押し込んだ後肘でごと粉砕したりと、獅子奮の活躍を見せている。 「」では、若がで寝込んでいるが、これは本当にがを引いていたため• の開け方が分からなかったためにを割って中のを取り出していた• のでも和田アキ子だから、と特別に出来た。 が吸えないと機嫌を損ねるため。 でしていた際に、婦と間違えられ「ハッチ?」と聞かれた。 (では婦がしている事が特に多い。 でも関係者に多いが。 前述の通り芸界でも折りのだったが、から「このままを続けると生命に関わる」との宣告を受け、や身内の説得により遂にを決意。 副流煙でする、前代未聞の方法でに成功した。 他のにはおす出来ない、としている。 歳を過ぎるまでにはあまり親しみがなかったが、やから「これを知らないなんてを損してる」などと強く薦められてを始めたところ大ハマり。 にてを取り上げた際にもとともに論客の1人として参加、読破済にも関わらず収録前にもう一度全巻を返した程。 の死を経てがへするは感必至と説していた。 この回では当時稼働中だったのに番組のためにが用意した専用の和田アキ子を込ませ、和田アキ子というを実現させた。 その後、そっくりのが出てくるとおまかせでになったのを機ににも触れ、向けのではで役を務めていた。 テレビ• [] 11:~12:• ビューー・ム芸人S 1~20:• までで通算38回出演• アッコ・ャミの体験~和田アキ子周年SP~• 和田アキ子事件• 若 役 ~ CM• 煮込み• 「」の• 広東かに玉• 『』 役 映画• THE の出演 マージ・プソン 役 関連動画 関連静画 関連商品 関連項目•

次の