親指 付け根 名前。 指

親指の付け根が痛いとき疑うべき病気と対処法5つ

親指 付け根 名前

腱鞘炎になると、親指の付け根が痛くなることがあります。 親指を動かしたり、手に力を入れたりすると痛みが出る。 また、その他ちょっとした動作などで親指の付け根が痛くなることもあります。 こういう痛みの原因には、いくつか考えられる要因があります。 そして、それぞれに対しての対策もちゃんとあります。 では、親指の付け根が痛くなる原因は何か?そして、どういうことが必要なのか?などについて解説しています。 腱鞘炎に伴い親指の付け根が痛む方は続きをどうぞ。 1 腱鞘炎で親指の付け根が痛む理由 腱鞘炎で親指の付け根が痛むのは、腕や手のひらにある親指を動かす筋肉が固まっているからです。 腱鞘炎で親指の付け根が痛む場合、原因はいくつか考えられます。 そのうちの1つが、親指を動かす筋肉が固まっていること。 そして、筋肉とつながっている腱も痛みの原因になっていることも多いです。 親指を動かすとか、力を入れた時に痛む。 そんな場合は、腱や筋肉に原因があることが多いです。 2 親指の付け根が痛む時のもう1つの原因 腱鞘炎で親指の付け根が痛む。 その場合に、考えられるもう1つの原因があります。 それは、炎症が親指の付け根周囲で起きているということ。 炎症が起きると痛みの原因になります。 腱鞘炎という名前のとおり、何らかの理由で炎症が起きていると痛みが出るようになります。 腱や筋肉が原因の場合と違って、安静にしていても痛む。 または、ズキズキとうずくように痛む。 そんな場合は、炎症による痛みと考えられます。 3 親指の付け根が痛む場合にサポーターは有効か? 腱鞘炎で親指の付け根が痛む。 その場合に、サポーターを使うのはどうかと思う方はいるのではないでしょうか。 サポーターについては、一度着けてから判断するのが良いです。 着けることで、楽に感じるならサポーターをするのが良いです。 しかし、サポーターを着けても変わらない。 そんな場合は、むしろ使わないのが良いです。 締め付けているだけですから。 一度着けてみて、親指を動かすのが楽になる、痛みが少し軽く感じる。 それならサポーターをしているのが良いということですね。 4 親指の付け根周囲に湿布を貼るのはどうか? 腱鞘炎で親指の付け根が痛む。 そんな場合に、親指の付け根周囲に湿布を貼るのは効果があるでしょうか?これは、痛みの原因が何かによって変わります。 腱鞘炎の痛みは、固まった腱や筋肉の場合と炎症という2つの原因が考えられます。 そして、湿布は貼る消炎鎮痛剤。 ですから、炎症による痛みが親指の付け根に出ていれば湿布は有効となります。 かぶれやすい方には不向きですが、そうでなければ一度貼ってみるのが良いですね。 それで痛みが楽になるなら、しばらく貼っておくのが良いということになります。 5 痛み止めを飲んでも変わらないのはなぜ? 腱鞘炎で親指の付け根が痛む場合に、いわゆる痛み止めを飲んだけれど変わらないという方もいると思います。 なぜ効かないかというと、痛み止めの作用に理由があります。 病院で処方される痛み止めは、多くの場合消炎鎮痛剤です。 ですから、炎症による痛みが出ているなら効果があるでしょう。 ですが、痛みの原因が炎症以外なら、効果はほとんどありません。 例えば、ロキソニンは消炎鎮痛剤ですが、服用しても親指を動かすと痛む。 そんな場合は、炎症ではなく固まった腱や筋肉が原因だから効かないということですね。 6 痛み止めの注射は痛いだけだった方に知って欲しいこと 腱鞘炎で、親指の付け根の痛みがなかなか取れない。 そこで、痛み止めの注射をしてもらったけれど、注射が痛かっただけで肝心の痛みは変わらない。 こういう方もいると思います。 そんな方に知って欲しいのは、注射の作用についてです。 痛み止めの注射は、消炎鎮痛を目的としています。 つまり、炎症が原因なら効果は期待できるということ。 しかし、飲み薬と同じで、そもそも炎症が起きていなければ腱鞘炎の痛みは変わりません。 そして、注射が痛いだけだったということになってしまうのです。 7 痛みの原因になりやすい腱・筋肉はこの辺り 腱鞘炎で親指の付け根が痛む場合、原因は腱や筋肉が固まったことによる場合があります。 その場合は、どの辺りが原因になりやすいのかを解説します。 写真をご覧ください。 腕・手のひらの筋肉や腱が痛みの原因になりやすい 親指の付け根辺りにバツ印を、そして、腕と手のひらに赤い印を付けています。 赤い印の部分にある腱や筋肉が固まってしまうと、バツ印の部分に痛みが出やすくなります。 つまり、こういった辺りの腱や筋肉への対策が必要ということですね。 8 固まった腱・筋肉が原因の痛みへの対策 腱鞘炎になり、親指の付け根が痛む。 その原因が、固まった腱や筋肉にある。 そんな場合には、腱や筋肉に鍼をするトリガーポイント鍼療法という施術があります。 固まってしまい、痛みの原因になっている部分に施術をする鍼の方法です。 親指の付け根が痛む場合でも、炎症ではなく腱や筋肉が原因なら施術ができます。 親指の関節を曲げる、手に力を入れる。 こういった動作で親指の付け根が痛むなら、腱・筋肉に原因があるということになります。 9 親指の付け根が痛む方へ 腱鞘炎で親指の付け根が痛むと、日常生活や仕事で困ることが増えますよね。 そこで、サポーターや、湿布をしても痛みが変わらない。 さらには、薬を飲んだり注射をしてもらってもやっぱり痛い。 こうなると、何が原因なのか?そして、どうすれば良いのか?手術しなければいけないのかななど、いろいろいと考えたり不安になったりしますよね。 ただ、こういう親指の付け根の痛みは、炎症だけが原因ではないのです。 今回解説してきたように、腱・筋肉が原因のことも非常に多いのです。 腱や筋肉が固まった状態に対して、消炎鎮痛剤は残念ながら効かないです。 これは、薬や注射がダメということでないのです。 そもそも、原因と作用が合っていないということ。 ですから、炎症が原因なら炎症への対策が良いですが、腱や筋肉に原因があるならそれらへの対策が必要ということですね。 こういうことが分かってしまえば、少し安心ではないでしょうか。 そして、腱・筋肉が原因の場合の対策もあるということも、合わせて知ってもらえればと思います。 まとめ• 腱鞘炎で親指の付け根が痛む。 そんな場合に考えられる理由は2つ。 それは、炎症と固まってしまった腱・筋肉ということ• 親指の付け根が痛む場合、腱鞘炎用のサポーターは一度使ってから判断する。 使って楽なら使い続ける。 そうではないなら、むしろ外しておくほうが良い• 炎症が原因なら、消炎鎮痛剤としての湿布や薬、注射が有効と考えられる。 しかし、固まった腱や筋肉が原因なら、消炎鎮痛剤はそもそも原因が違うので効かないということになる.

次の

「手の表」と「手の裏」どこが「手の甲」「手の平」?

親指 付け根 名前

Contents• 今回は、特集(笑)、足の付け根の痛みを様々な角度から解説&ストレッチやツボなどのセルフケアをご紹介したいと思います。 足の付け根の痛みといっても、足の付け根の骨格の痛み、足の付け根の前(鼠径部)の痛み、足の付け根の後ろの痛み、足の付け根の内側(会陰)で対処法も違います 足の付け根の骨格は股関節、足の付け根の前部は鼠径部(そけいぶ)といい、痛みや違和感、シコリなどの問題の多いところでもあります。 また、足の付け根の内側(会陰部)は泌尿器や生殖器の問題も含まれるので、これまた大変なところ。 足の付け根の後ろ側は坐骨神経痛が起こりやすいところ。 足の付け根の骨格、鼠径部、内側、後部と4つの部位別に解説していきますので、ご自身の足の付け根の痛みにあったところをご参考ください。 この筋肉は体幹を支える大事な筋肉なので、元気がないと後方に崩れて腰が丸くなった姿勢になります。 いかにも腰が悪そうな姿勢ですよね。 腸腰筋のストレッチや股関節のストレッチは腰を反るような形、足の付け根を後ろに伸ばすような形で気持ちよくできます。 でも解説していますが、股関節を柔らかくする方法にて、ストレッチの手順、ストレッチの効果を高める呼吸法、冷えとり、股関節のツボなどをまとめて解説しているので股関節が痛い、違和感がある、股関節を柔らかくしたい方はご参考ください。 股関節のツボとしてもご紹介していますが、股関節の横に股関節や後述する鼠径部のコリや違和感をとれるツボがあり、自分でも圧しやすいため、自分でのツボの圧し方を解説します。 足の付け根の痛み、特に股関節や鼠径部のスジの痛みや違和感に効くツボなので、そのような症状のある方はお試しください。 足の付け根、Vラインの際にとても効果的なツボがあります。 このツボはとても狭い範囲にあり、とれるツボとしては一点です。 スジとスジのつなぎ目ですので分かりやすいと思います。 ツボの探し方 写真のように仰向けに寝て、膝を曲げたときのVラインの際です。 膝を曲げてから探して圧すと分かりやすいツボです。 ツボの圧し方 横から圧すようにしますが、浅いツボなので少し圧すだけで、気持ちよかったり響きがあると思います。 下腿の方に響くことが多くあります。 股関節が痛いときはとても効くツボですので、ぜひ見つけて圧してみてください。 ツボが見つかったら5,6秒持続圧をします、5,6回繰り返して圧してみてください。 ツボは上手く圧せませたか? 自分の体に響くところ、痛みや症状のあるスジに響くようなツボを圧すのがコツです。 自分の感覚を頼りにそのようなところを見つけて圧してみてください。 股関節の問題は後述する鼠径部に痛みやシコリ、違和感として現れやすいのですが、症状のある部位とこのツボは離れているのに効果的なんですね。 施術科さんたちは、をご参考ください。 ご紹介したツボへの施術法を解説しています。 足の付け根の痛み・鼠径部 足の付け根の痛みといえば鼠径部の痛みであることが多いのですが、とは足の付け根の前面です。 場所が場所だけに写真では解説できない場所なので稚拙なイラストでごめんなさいね。 ここは鼠経靭帯で下腹部と大腿が区切られている場所であり、痛みや違和感などの症状が出やすいところです。 横向きになり床に横向きになり上方の足を床に落とすと表面のスジがゆるみツボを圧しやすくなります。 親指で床に向かって圧すようにすると響くようなツボが見つかると思います。 ツボ圧しは実は姿勢が大事です。 あらかじめスジの緊張がなくなるような姿勢をとっておかないとツボを効果的に圧すことができません。 自分で圧す場合は上記のような姿勢をとり楽な姿勢を作ってからツボを圧していきます。 お尻の横のへこんでいる部分にあるツボですから、自分でで探っていくとわかりやすいツボです。 ツボが見つかったら、5,6秒持続圧(圧しっぱなし)して同じツボを5,6回繰り返して圧します。 このツボは少し離れた鼠径部や太ももの内側に響きやすいツボであり、響きがでるほど正確に圧せれば鼠径部の痛みや違和感には即効性もあり効果的です。 コリが深い人には肘で施術することもあります。 鼠経リンパ節 鼠径部、足の付け根の内側に鼠経リンパ節があります。 解剖学の写真で見ると豆粒くらいの大きさのものが何個かあります。 一つに集結しているわけでなくリンパ節というものがいくつかある感じです。 リンパ液はこのリンパ節に集まり静脈につながり心臓に戻っていきます。 だから病原菌やウィルスなどをここでせき止めないと大変なことになってしまうんですね。 リンパ節とは関所のようなところなのです。 この鼠径部のリンパ節が頑張っているときにしこりとして感じられるます。 風邪の時にのどの横のリンパが腫れるようにリンパが一時的に腫れてしこりのように感じられるときは、体の免疫系が頑張ってくれている証拠なのですね。 鼠径部のしこりが一時的なものなら心配はいりません。 しかし、そのしこりが長期間続くならばリンパの腫瘍の可能性があります。 そのリンパ腫には良性のものとリンパ腫が癌化してしまう悪性の2つのタイプがあるのです。 良性と悪性の見分け方には、「しこりの弾力性」や「圧して痛みがあるかないか?」などがありますが、これは素人に判断できるものではありません。 鼠径部のしこりがなくならず徐々に大きくなってきたような場合には、まず適切な医療機関をご受診ください。 足の付け根の痛み・会陰 足の付け根の内側、お股の部分を会陰(えいん)と呼びます。 広義にはお股の部分全体、狭義にはお尻の穴と大事なところの間ですが、解剖学とは別にとは東洋医学のツボの名前でもあります(場所は同じ)。 会陰部は生殖器や泌尿器、前立腺などの問題の多い部分でありますし、痔のようなお尻の穴の問題も含みます。 このような症状は私の専門外ですので、会陰部に症状やお悩みのある方は各専門科をご受診ください。 骨格的にはがつながっている恥骨結合という部分です。 迫力のローアングル、骨格ってあまり下から見上げたことないですもんね。 下から見るとなんか迫力があり、昆虫のようでもありますね。 世間的には出産のときに骨盤が開く、と言われていますが、この恥骨結合が開くんですね。 そして、それがうまく戻らずにずれてしまうことがあります。 恥骨結合離開というものですが、出産時には恥骨結合だけでなく骨盤全体のバランスや股関節の変位も引き起こしてしまいますから、出産時の母体への負担は相当なものです。 恵比寿整体院でも、出産後の股関節や鼠径部などの足の付け根の痛みや違和感などのご相談をよく頂きます。 骨盤の変位、このような足の付け根の痛みは専門的な整体や鍼灸などの施術が望ましいと思います。 足の付け根の痛み・後部.

次の

足指の名前

親指 付け根 名前

親指の付け根の痛みの考えられる原因 生活環境による親指の疲労 全ての指には腱が存在し、腱をスムーズに動かす為の腱鞘があり、酷使する事で炎症が起こり腫れを引き起こす事もあります。 指関節の骨や軟骨の変形 酷使や老化などにより磨り減りや劣化が起こり骨が変形を起こしてしまい骨同士がぶつかったり神経が圧迫されて痛みを感じます。 ホルモンバランスの乱れ 自律神経が乱れる事でホルモンバランスが崩れ、血行が悪くなり関節に痛みを感じる症状で閉経後の女性に多いと言われています。 親指の付け根が痛いと感じる時には、このように何らかの形で負荷や圧力を掛けられて変形炎症や神経の異常を起こしていることが原因です。 職業病などの生活環境が原因となる場合がほとんどですので、痛みが酷いようなら一度生活環境の見直しをオススメします。 2 親指の付け根の痛みを伴う7つの病気 親指の付け根が痛いのは主に炎症や骨の変形が挙げられます。 一口に症状と言っても様々な症状病名があります。 次に挙げるものは親指の付け根の痛みを伴う原因となる症状の病名のご紹介になります。 親指の付け根の痛みを伴う病気 腱鞘炎 親指を始めとした全ての指に腱は存在し、腱をスムーズに動かす為の腱鞘が炎症を起こしている状態で症状により様々な呼び名があります。 ばね指 指の腱鞘に炎症が起こる事でスムーズに曲げ伸ばしを行うことが困難になり、腱鞘炎の一種で指の状態がばねのように突っ張ってしまう状態です。 ドケルバン病 狭窄性腱鞘炎とも呼び、親指側の腱鞘と腱鞘を通る腱に炎症が起こる症状で、腱鞘炎の一種で親指を動かすと手首の親指側に激痛が走ったり晴れを伴う場合もあります。 母指CM関節症 親指の付け根にあるCM関節が軟骨のすり減りなどの理由により変形してしまう変形性関節症です。 関節リウマチ 関節の炎症が続くと関節が破壊される恐れもある病気で、全身の関節に起こりうる症状です。 手根管症候群 手首内の腱と神経が繋がっている手根管の中にある正中神経が圧迫されて引き起こされる疾患です。 通風 尿酸値が高いと血液中に溜まり関節に痛みを伴う症状で、足指だけでなく手の指にも痛みを感じる事もあります。 このように様々な病気の傾向が見られる時ほど親指の付け根が痛いと感じています。 健康管理には十分気を配り、規則正しい生活を送ってくださいね。 3 腱鞘炎の原因と対策 親指の付け根が痛いのは主に酷使や病気が原因です。 その中でも腱鞘炎と呼ばれるものが最も多い原因と言われる病気です。 腱鞘炎はどのような行為で引き起こされるのでしょうか? ケース毎の腱鞘炎の原因と対策法を具体的にご説明していきます。 腱鞘炎の原因と対策法 職業病 パソコンワークやデスクワークなどの長時間の指の使用でいわゆる筋肉痛の状態になり引き起こされるものなので適度な休憩時間をいれましょう。 スポーツ 道具を持ち続ける運動に多くいわゆるテニスひじと言われるものもあり、運動の後には十分な休憩と患部を冷やすなどの対策が必要です。 加齢 長年の使用で磨り減ってしまった軟骨や腱鞘は修復が難しいので、日頃から意識してつかれをほぐし大事に扱い、適度に休ませてあげましょう。 日常的に指を使うデスクワークやペンを取る仕事の人ほど親指の付け根が痛いと感じやすいでしょう。 どうしても指を長時間使う必要がある人は休みを決めて休憩を取るなどして対策しましょう。 腱鞘炎予防と自律神経を整える拇指球ストレッチ 拇指球ストレッチの流れ 座った状態で右手の手のひらを上に向け、胸の前に持って行き右手は大きく広げて左手で右手の親指を握ります。 親指の付け根を伸ばす 握った左手で右手の親指を付け根辺りに伸びを感じるまで反ってしならせて15~20秒ほどそのままにします。 これを繰り返す事で拇指球の疲れをほぐし、自律神経を整える事で痛みを解消します。 痛みを感じる前や手への負担が多い作業の後には拇指球ストレッチで痛みの予防・解消を試してみてください! 5 親指の付け根が痛い時の便利グッズ 親指の付け根が痛い時はどうしても痛みが気になって作業がおろそかになりがちです。 しかしながら、どうしても作業を続けなければいけない状況はあります。 そんな時に痛みを和らげたり患部を保護してくれるグッズに頼ってしまいましょう。 それでは親指の付け根が痛い時の便利グッズをご紹介します。 痛みや患部を守る便利グッズ 指ぬき 裁縫などの手芸を行う時に指を保護する道具で指の関節にはめて負担を軽減してくれます。 指サポーター 指や手首を保護するもので、主にばね指やリハビリ用の健康グッズです。 指ぬき手袋 オープンフィンガーグローブと呼ばれるもので、手先の作業の際には指関節と拇指球を保護し、負担や衝撃を緩和してくれます。 今回ご紹介したものは指、指関節、手首、手のひらを保護しサポートしてくれるグッズです。 全ての指には腱鞘や神経が通っており、圧迫される事で痛みや炎症を起こします。 これらのグッズは外傷から守り、関節の動きをスムーズにしてくれるグッズです。 自分に合ったものを探し、活用してみてください! さて、 『親指の付け根が痛いとき疑うべき病気と対処法5つ』はいかがでしたか? 酷使による神経や腱鞘への負担や外傷から、実は体の内部の異常を教える警告のサインでもある親指の付け根の痛み。 親指の付け根が痛いなと感じた時は自分の状態を客観的に見つめ直してみてください。 放っておくと重症化して指だけに留まらず、体全体に重篤な病気を抱え込む恐れに繋がる心配もあります。 今回のご紹介した内容が皆さんのお役に立てたなら幸いですので、指のケアと健康管理には十分に気をつけてくださいね! 今回ご紹介した内容に関連する記事として• も併せてご覧ください。 記事カテゴリー• 135•

次の