インライン に て 失礼 いたし ます。 インラインの意味とは?失礼のないインラインの使い方

メールで「インラインにて回答いたします」とは?

インライン に て 失礼 いたし ます

インラインでメールを返信することが失礼かどうかは、意見が分かれるところです。 引用した方が的確に相手の質問に回答できるので、漏れがなく、わかりやすくていいので失礼にはあたらないのでは、というのが大勢のようです。 インラインでの返信は、 質問と回答が対になっているので、やり取りが長く続く場合も、 必要な事柄の回答が漏れているなどのトラブルが起きるリスクを減らせます。 後日やり取りを確認したいときにも、内容を振り返りやすく便利です。 上司など第三者に事の経緯を説明するときにも、メールを転送すればおおまかな状況を共有することが可能です。 (もちろん、転送だけですますのはNGです!一言添えて転送しましょう。 ) 一方で、 お客様のメールを部分的に引用して扱うこと自体が失礼だと感じる人もいます。 そのため、「インラインで失礼いたします」と、インライン形式のメール返信文で、冒頭に断りを入れることが多く見られます。 本来、「インライン」はIT用語で、「直列の、一列に並んだ、」などを意味する英語です。 ITの分野では、その場に埋め込む(埋め込まれた)という意味で使われています。 メールにおける「インライン」は、返信する際に相手の文章を全文引用して、応答文を数行おきに挟んでいくような書式を指しています。 ビジネスメールでよく使われる「インラインで失礼します」とは、メール冒頭であらかじめこうした形式をとることを断っておくための文言です。 要は、 「イチから本文を書き起こさずに、いただいたメール本文を引用しながらご返答いたしますことをご了承下さい」と言っているのです。 インラインで返信するメールの例をご紹介します。 ご連絡をいただき、ありがとうございました。 以下、インラインで失礼いたします。 >次回の打ち合わせについて、以下の日程候補ではご都合いかがでしょうか。 データの件、承知いたしました。 では、引き続きよろしくお願いいたします。 ビジネスメールで気を配りたいのは、相手にとって読みやすいメールであるかどうかという点です。 その点において、インライン形式は相手に配慮したメールといえますが、 不必要な箇所まで引用してしまっては本末転倒です。 必要な箇所が拾いにくくなってしまうと読みづらく、相手は不快にすら感じるかもしれません。 また、必要な箇所に固執するあまり、挨拶など相手への配慮を欠いた内容になってしまうのも問題です。 (『 』も参考に。 ) 大切なのは、 こちらの伝えたいことを、いかにわかりやすく・失礼なく伝えられるか、ということです。 送る相手の立場や人柄も考慮して、書き方を工夫することが結果的に効率的なビジネスメールにつながります。 その一つの手段として、インラインの手法も取り入れてみてはいかがでしょうか。

次の

インラインとは

インライン に て 失礼 いたし ます

本ページでは、HTMLで使われるインライン要素とブロック要素という2つの用語と意味・注意点について解説していきます。 語弊を恐れずにインライン要素とブロック要素を簡単に説明すると・・・• ブロック要素 ・・・ 行全体のまとまり• インライン要素 ・・・ 行の中の一部のまとまり となります。 HTMLやCSSを実務レベルで理解するためには、両者の区別は必須知識となります。 ブロック要素とインライン要素の違いを理解し、コーディング時の注意点など整理していきましょう。 このページで学べる内容• ブロック要素とインライン要素の違いは?• ブロック要素とインライン要素を使ったサンプルコード• ブロック要素(ブロックレベル要素) ブロック要素(Block-Level Elements)とは、冒頭でも説明した通り「行全体のまとまり」です。 開始タグと終了タグで囲った箇所は行全体が1つのブロックとして扱われるため、範囲が横いっぱいに広がります。 早速、ブロック要素であるhタグ(見出し)や、pタグ(段落)・divタグを用いて作成した画面を見てみましょう。 ご覧のように、ブロック要素は行全体に広がり、次のブロック要素は必ず改行されて表示されていることはお分かりいただけるかと思います。 参考までに、上記画面を作成したHTMLとCSSのコードを載せておきます。 HTML ブロック要素 pタグはブロック要素です。 そのため、pタグで囲まれた範囲は行全体に広がります。 背景色が行全体に広がります。 新しく定義したブロック要素は必ず改行されて表示されます。 インライン要素 ブロック要素と比較して、 インライン要素はその名の通り「ラインの中」、つまり行の中の一部のまとまりを定義します。 インライン要素は指定した範囲のみがグループ化されます。 ブロック要素が何なのかを理解できている今であれば、インライン要素との違いがよくわかるかと思います。 こちらについても、上記の画面を構成するHTML・CSSのサンプルコードを載せておきます。 ブロック要素とインライン要素の違いに注目してご確認ください。 HTML ブロック要素 pタグはブロック要素です。 そのため、pタグで囲まれた範囲は行全体に広がります。 背景色が行全体に広がります。 新しく定義したブロック要素は必ず改行されて表示されます。 インライン要素は行の中の一部のまとまりを定義します。 インライン要素とブロック要素の違い インライン要素・ブロック要素、それぞれの特徴をおさらいした上で、インライン要素とブロック要素の違いを整理していきましょう。 グループ化される単位 ブロック要素はグループ化した単位が行単位となるのに対して、インライン要素はブロック要素の中の一部がグループ化されます。

次の

メールにおける「インライン」回答・返信の意味と使い方

インライン に て 失礼 いたし ます

インラインの意味、きちんと理解していますか? ビジネスシーンでのメールで時々見かける「インラインで失礼します」という言葉。 一度は見たことがあるという人も多いのではないでしょうか。 しかし、その言葉の意味することや目的を正確に把握できている人は決して多くはありません。 そこで今回は、インラインの意味と正しい使い方について解説していきます。 インラインとは? インラインとは、元々IT用語のひとつであり、「直列の、一列に並んだ」などを意味する英語が語源です。 IT分野では、ここから「その場に埋め込む」という意味で使うようになりました。 メールにおけるインラインは、返信する際に、相手の文章を引用し、それに対する回答文を引用文のあいだに挟む形で書くことを指します。 インラインでの回答のメリット インラインで返信する場合、相手の質問を引用し、その都度答えを書いていくので、どの質問に対する回答かが見やすく、わかりやすいというメリットがあります。 ビジネスシーンでは、できる限りメールをやりとりする回数は減らしていきたいので、1通のメールで、多くの質問を投げかけられてしまうこともあるでしょう。 しかし、インラインの返信であれば、読む側は、ひと目でどの質問に対する回答かわかるので、理解度が高まります。 返信する側も、一つひとつの質問を項目立てして、回答することができます。 メールの中に回答すべき質問が多ければ多いほど、効果を発揮する方法といえます。 質問が2つ以上あれば、積極的に使っていきましょう。 逆にインラインを使わずに返信すると、先方からの質問の一部を見落としてしまい、回答漏れが起きる確率が高くなり、再度質問した側から連絡をもらわなければならない事態も起こりえます。 また、読む側がどの質問に対する回答なのか、理解するのに時間もかかってしまいます。 インラインでの回答のデメリット インライン返信も万能というわけではありません。 メールの書き方を手紙と同じようにとらえ、相手の文章をそのまま引用することが不快と感じる人は少なからず存在します。 特に、経営者層など、長くビジネスシーンで活躍してきた人ほどその傾向は強いといえます。 そうした不快感を多少なりとも緩和する意味でも、冒頭で紹介した「インラインで失礼します」という言葉が使われているのです。 また、引用するということは、どうしてもメールの文章そのものが長くなってしまいます。 また、引用部分をさらに引用して... ということになると、インラインを使ったほうがわかりにくくなってしまう場合もあります。 そうした際には、あえてインラインをやめ、通常の方法で返信するなどの使い分けをしましょう。 インラインを使ってメールを返信する 実際にインラインを使った返信メールの文例をご紹介します。 どの質問への回答なのかが、理解しやすくなっているのがわかるでしょう。 インラインによる回答で失礼します。 こちらの日程で問題ございません。 こちらの内容で問題ございません。 今後とも何卒よろしくお願いいたします。 」という風に前置きを書く必要がありますし、その際に、時間や曜日を誤って書き写してしまう場合もあります。 そうなると、相手はもう一度正しく伝わっているかを確認しなければならないため、大きな手間をかけさせてしまいます。 質問に対する回答をわかりやすく、もれなく伝えるために、インライン返信を活用してはいかがでしょうか。 インラインでの回答は読みやすさのために活用! ビジネスメールにおいて、文章の丁寧さや正しい言葉遣いと同様に重要視されるのが、読みやすいかどうかという点です。 丁寧さを重視して、あまりにも回りくどい表現を使うよりも、逆に読みやすさを重視したシンプルな文章が評価されることも往々にしてあります。 読みやすさにおいて、インライン返信は非常に効果的で、回答漏れや伝達ミスといったメールでの失敗を減らすことができます。 だからこそ、引用する際には必要な部分だけを引用し、不必要な情報が含まれていない短文にすることが重要ですし、それに対する回答もシンプルにまとめなければなりません。 また、相手によってはインラインを不快と感じる人もいるので、適切な返信をしっかりと見極めるようにしましょう。

次の