捨てられた皇妃ネタバレ 103。 『転生悪役令嬢』の参考文献と感想|八朔|note

皇妃が捨てられたその後に

捨てられた皇妃ネタバレ 103

捨てられた皇妃|103話ネタバレ!英語版から日本語訳! 「お久しぶりでございます。 モニーク侯爵令嬢」 店に入ると、ティアに挨拶するロサ夫人。 ティアはケイルアンを最近人気だという紳士服専門のショップに連れて来たのだ。 「父の礼服と普段斬る物をいくつか注文したいのですが…」 そういうと、戸惑うケイルアン。 ティアのために来たと思っていたからだ。 「パパはいつも制服ばかり着てるじゃない。 たまには違う洋服を着たパパが見たいわ。 」 そういうと、一度は遠慮しようとするが、言い負かされたような表情で 「はぁ。 わかった、わかった」 と言うケイルアン。 その周りでは、女性たちがケイルアンを見て、頬を赤らめていた。 それを見たティアは、自分の父親が若くてハンサムだということを改めて実感する。 (まだ再婚するつもりはないのかな?) そう思うのだった。 すると、 「ロサ夫人」 と声を掛けるケイルアン。 ティアにも礼服を注文したいと言い出します。 そして… 「襟には必ず家の紋章を刺繍してください。 」 と言う。 それを聞いて、 口を大きく開けて驚くティア。 「それって…!」 (それは公式の継承者であることを象徴する) 突然のことに信じられないティア。 「今日の訓練での姿を見て任せられると判断した。 」「ティア、必要であれば、これからは私の代わりに一族の主の権限を行使しなさい。 」 ケイルアンの言葉を聞いて、 「まさかここまで認めてもらえるとは思わなかった!」 と驚くティアだった。 お店を出ると…外は相当の熱さだった。 失礼します。 ごゆっくりお休みください。 」 皇帝の部屋から出るルブ。 するとすぐに臣下たちがやってくる。 皇帝が倒れたと聞いてやってきたのだ。 皇帝の状況を話すルブ。 皇宮医によると、日差しが原因だという。 しばらくの間健康的な食事を食べれば大丈夫と言う。 「心配する必要はありません。 」 そういうと、安心する臣下。 「最近本当に暑いですね」 臣下を帰らせるルブ。 そして、ベリータ公爵に話しかける。 しかし、内密に。 」 「…承知しました。 」 そういうと、ベリータ公爵は下がる。 ハレンは何か言おうとするが… 「何も言うな」 そう言ってルブは自分の手を強く握るのでした。 戻りましょう。 」 ティアとケイルアンは、 荒涼とした路地にいた。 ティアが戻る様に行っても、 それを無視し歩くケイルアン。 「・・・?」 ケイルアンはただまっすぐ前を見つめ続けていた…ケイルアンの魂がここにまったくいないように感じるティア。 ぎゅっ パパ…? 心配そうな目で見ると 「何でもない。 戻ろう。 」 優しく微笑み そう言うだけだった。 そろそろ誰かを迎えてもいいのでは?と言う。 命日のことを思い出すティア。 (…母の命日に見たパパがどれほど孤独に見えたかって言ったらどう思うだろう) すると、 「私は彼女と生涯を共にする代償としてこの身に流れる血をかけ、皇家に忠誠を誓った。 それが何を意味するか分かるか?」 そして、初めて母親のことを話すケイルアン。 「先ほどの路地。 お前のお母さんと私が最初に会った場所だった。 暗く、人里離れた路地。 人の往来が少ないであろうあの場所で。 その女性は男たちに囲まれていた。 そして、私をまっすぐに見て叫んだ。 「黙って見てないでお助けください!」 髪の毛は赤く 瞳はティアと同じ色の女性… 彼女がジェレミアだった。

次の

捨てられた皇妃【第6話】のネタバレ・感想!アリスティアの父親が黒幕?

捨てられた皇妃ネタバレ 103

捨てられた皇妃|105話ネタバレ! ティアはある人の家でお茶をしていた。 「帝国に定住してからほぼ2カ月が経ちましたね。 どうですか?王女様…いや、フェデン男爵夫人」 相手は、 リサ王国の元王女・ベラだった。 笑顔でティアに感謝を述べるベラ。 次期皇妃候補としてリサ王国から送られてきたベラ。 しかし実は、リオン卿の子を身ごもっていた。 このお陰で、リサ王国は帝国に従うしかなくなったという。 「フェデン郷が二等騎士団の昇進裁判に合格したと聞きました。 彼がそんなに腕のいい騎士だとは知らなかった。 」 和やかに会話をするティアとベラ。 リサ王国には帝国に次ぐ最強の軍隊があり、リオンは王室の番人だったためにとても強いのだ。 しかし、もし王女がリサ王国に帰ったら、 怒った王室は絶対にベラを生かさない。 そのため、皇帝は2人の結婚を認め、リオンに男爵の称号を授け2人を帝国に落ち着かせたのだ。 そのおかげで、カルセインはリサの剣術を学ぶことができている。 今日もカルセインはリアンの家に来ていた。 (しかし、まだ安心できない。 ) (リサ王国は絶対にこれを許さない。 気を付けないと。 ) そう思うティアだった。 「フェデン卿、見送る必要はなかったのに」 ティアがそういうと、カルセインやティアが訪ねる事をベラが喜んでいると言う。 友達がいるのはいいことだ。 すると、カルセインが話を替える。 「…まだ草頭とケンカ中なのか?」 そう聞くと、煩わしそうな顔をするティア。 「あなたに助けは求めないから心配しないで」 そう言われ、なぜ怒るのかを聞くカルセイン。 しかし… 「放っておいて」 と話そうとしないティア。 「勝手にしろ!俺はお前らが一生そんなふうでいようとも気にしないから!」 そう言われ、アレンを考えるティア。 (永遠にこうやって….. ?) すると突然馬車が止まり 悲鳴が聞こえる。 急いで外を見ると、馬車はフードが付いた黒いローブを着るアサシンたちに囲まれていた。 「フェデン!命を懸けて罪を償え」 そういうと、襲い掛かる男たち。 ティア、カルセイン、リオンも剣を抜き応戦。 「申し訳ない 私のせいで巻き込まれた…! 」 謝るリオン。 すぐにリサ王国のアサシンだと察する。 「どうしてこんなに多くのアサシンがリサから!?」 「どうでもいい!」 「リオン卿、気をつけて!」 ティアは人を刺し剣についた血を見てビクッとする。 しかし、そうこうしていられない。 なぜなら、さらに森の奥から多くの人がやってきたからだ…! その様子を見てカルセインもリオンも焦る。。 が、その者たちは… シーモア郷たちだったのだ! 一気に形勢逆転となり一安心する3人。 「来てくれてありがとう! 私たちがここにいるとどうして分かったの?」 シーモアたちが事情を話そうとした そのときだった。 「大神官は見つかりましたか?」 なんと、偶然に大神官を見つけたというルブ。 それを聞きつけ、ケイルアンとベリータが急いでやって来たのだ。 すると… 「あなたはルブリス王子ですか?」 と話しかける長髪の人。 「こうやって成長した姿を見て、 本当に不思議です。 」「帝国は神殿との確執がある中、あなたはこの時の神の力を求めた。 これは主の導きでもある。 」 「私はテルティルスです。 「後ろに下がれ!」 カルセインは、ティアを押し、襲い掛かってきた男の前に立ちはだかる。 「邪魔するな!」 敵はそういうなり カルセインに斬りかかる! ズバッ カルセインは斬られてしまう…! 顔を抑えるカルセイン。 血がボタボタと流れ… ティアはカルセインの元へ。 青ざめるティア… 「カルセイン!!」 105話終わり!.

次の

『転生悪役令嬢』の参考文献と感想|八朔|note

捨てられた皇妃ネタバレ 103

捨てられた皇妃103話あらすじ感想 アリスティアとケイルアンの父娘デート 皇宮から帰る道すがら、アリスティアはパパと町にショッピングにやってきました。 やってきたのは礼服専門店。 最近流行のお店で、アリスティアが御用達にしている仕立て屋でした。 普段、隊の制服ばかり着ているケイルアンに、アリスティアが礼服や普段着を見繕うようです。 パパ、カッコいいけど、服装は無頓着なのですね。 ケイルアンが店の中を歩くと、店内にいる女性客たちから熱い眼差しが。 若くてカッコいいパパは、娘がいても人気者。 アリスティアも女性客たちの眼差しや囁く声に気づき、なぜ再婚しないのだろうと考えます。 アリスティアは母ジェレミアのことを覚えていないし、ふたりがどんな様子だったのか知らないから「再婚してほしくない」とか「パパにはママだけ」とか、それに似た感情とかは一切ないのかな。 パパの礼服を選んでいると、ケイルアンはアリスティアにも礼服を作るよう店主に声を掛けます。 さらに、その礼服にモニーク侯爵家の紋章を入れるようにと。 礼服に家の紋章が入るということは、後継者として正式に認めるという証。 これからは、必要であればケイルアンの代わりに一族の主人としての権限を行使することも認められたのでした。 アリスティアの目指す道にまた一歩近づいた日。 でも、ルブリスの想いとは、また一歩遠ざかった日。 紋章を付けた礼服姿のアリスティアを見て、ルブリスはショックを受けるのか、悲しい目をするのか。 近づきつつあるルブリスの王位継承 皇宮では、皇帝陛下が体調を崩して寝込んだようで、バタバタしていました。 ルブリスはやってきた家臣たちに、暑さで少し体調を崩しただけと言います。 そして、宰相のルースを呼び、内密に大神官テルティウスを探すことを指示します。 ルースの驚いた様子やルブリスの神妙な様子からすると、陛下の容体はかなり悪いのではないのかな。 アリスティアの転生前も、アリスティアが16歳の時にはすでに皇帝陛下は崩御していて、ルブリスが皇帝の座に就いていました。 それまでの時間は、あと1,2年。 皇帝陛下もこのまま・・・ということはないにしても、何かを行わないといけないから大神官を連れてこないといけないということなのでしょう。 もうその日は、刻一刻と近づいているようですね。 ジェレミアとの出会い アリスティアとケイルアンは、買い物を終えて歩いていると道を間違えてしまったよう。 その間違えた道の景色を見て、ケイルアンの様子が変わります。 何かを見つけたような、少し思い詰めるような。 人気のない路地で、何か見つめるような表情をしているケイルアン。 アリスティアが不安そうに見上げると、なんでもないとまた歩き出したふたりですが、アリスティアはそこでケイルアンに再婚はしないのか?と尋ねます。 しかし、ケイルアンはそこできっぱりと言いました。 彼女の代わりはいない。 彼女と生涯を共にする代償として、その身に流れる血をかけ皇家に忠誠を誓ったのだと。 ジェレミアを選んだことで、なぜ忠誠を誓うことになったのか。 以前ゼナ公爵が「汚れた血」と言っていた答えが、そこにあるのかもしれません。 早くそれがなんなのか知りたいのだけど、パパの回想でそこまで語られるのかな。 さっき、ケイルアンが気にかけていた路地は、ジェレミアと初めて会った場所。 通りかかったケイルアンが、暴漢に襲われているジェレミアに助けを求められた場所でした。 ここで次回へ。 やっとジェレミアのことがパパの口から語られますね。 次回の第104話はこちら.

次の