ミニキャラ 足。 誰でも描ける!ミニキャラ・チビキャラのコツ

ソニックって、どんなキャラ? 実写化映画が示した「完全無欠のスーパーヒーローではない」という新しいイメージ(電ファミニコゲーマー)

ミニキャラ 足

ここではミニキャラと言ってますが、ミニキャラは主に、2頭身キャラと3頭身キャラがあります。 アタリ線を描くとき、2つの丸の大きさが大体同じように描くといいです。 頭、身体、足のバランスに気をつけて描くといいです。 ちょっと似てるけどね。 このような場合、ここが特徴になってるので、ミニキャラも同じように目の中の、黒目部分を描くと似てきます。 また、髪型は輪郭の形を変えないように省略(描線を減らす)してます。 かわいいコスプレイラストを描いてみたいな〜っと思ったことはないですか?…ということでミニキャラでコスプレキャラを描きたいと思います。 今回は服や小物などミニキャラクターをかわいく見せるパーツの描き方を説明していきますよ。 SDキャラ、ちびキャラを、かわいく描いてみよう〜! ミニキャラは2頭身、3等身のスーパーデフォルメキャラが中心で、線の数が少なくパーツが単純なので、普通の等身のキャラよりも簡単に描けるような気がしますよね。 ミニキャラといっても色々な書き方があるんです。 ここでは2パターンにしぼって描き方を説明します。 普通の等身のキャラクターを、小さくデフォルメしたものがミニキャラですよね。 (小さくデフォルメするコツについてはをご覧ください) それではデフォルメの種類を説明するので、下の絵(2つのキャラ)を比較して見てください。 ミニキャラのデフォルメは大きくわけて、アニメ風とマンガ風の2パターンがあります。 アニメ風は固めの線で、全体の印象がキリリッとした感じ。 マンガ風は柔らかいタッチで、全体の印象はもふもふって感じでしょうか…。 (マンガ風のミニキャラってハムスターっぽいよね) ちょっとした線の描き方(タッチ)の違いで、同じキャラでもぜんぜん雰囲気が違って見えますよね〜。 例なのでアニメ風、マンガ風のタッチがわかりやすいように線を誇張して描いています。 だからもう少し中間的なタッチもあります。 こちらも比較してみてください。 チビな幼児体系なので、男女差っていっても少ないですね。 大切なのは雰囲気でしょうか。 男の子らしさ、女の子らしさを感じられれば(絵心を持てば)描き分けられると思います。 鳥の仮装をしたキャラを描くので、隣に鳥の資料としてニワトリの絵を簡単に描いてみました。 2つをかけ合わせると、どんなキャラが産まれるでしょうか…。 ここから、キャラクターに着せる服を考えていきます。 最初に思いついたのが、ニワトリのデザインの帽子ですね。 次に思いついたのがニワトリのしっぽをイメージさせるような、ズボンのウエストについている長いリボンです。 下のえんぴつラクガキは、ニワトリのイラストを見て考えたデザインを、適当に描いたものです。 こんな感じで思いつくまま、ごちゃごちゃと描き出します。 では、ここでちょっと確認で〜す! 鳥の仮装をしたミニキャラを考えるといっても、左のような仮装になってはいませんか? アレ?…なんか左の絵ってちょっと違いますよね? 確かに仮装はしてますが(ギャグっぽい仮装にもみえますが)問題は「かわいい」かどうか。 わかりやすく言うと「このイラストが欲しい」かどうか…でしょうか。 今回、とりのコスプレなので動きのあるポーズ、飛び跳ねているポーズで描きたいと思います。 そこで普通の立ちポーズと、飛び跳ねているポーズの違いを説明します。 飛び跳ねているキャラは、この場合、足が前に出ているので、頭に対して胴体が小さくなります。 真正面から見た絵ではなくて、少しアオリ(下から見た絵)で描きます。 ミニキャラはすごく小さいため、体や手足のちょっとした長さの違いで、バランスが変になって、かわいくなくなってしまうので気をつけよう。 ここから色を塗るのですが、少し影の形を決めてから塗りはじめると、迷わずにスイスイ塗れると思います。 デジタルで塗る場合は、必要ないかと思いますが、コピックなどのアナログで塗る場合は、塗りミスを防ぐためには必要になるかな…と思います。 でも、 2頭身のミニキャラとは帽子のデザインが違っていますよね。 (今度はオカメインコ風?)卵の形のバッグもさげています。 ここでは簡単にイメージラフから、完成までの流れを見ていきましょう。 上の絵は3頭身ミニキャラのマンガ風タッチで描いたものです。 2頭身のデフォルメよりも髪の毛の線の数などが少し多めです。 同じキャラで2頭身と3頭身のイラストを描いたのでそれぞれのイラストの雰囲気の違いがわかるかと思います。 「イラストをどんなイメージにしたいか」考えて、頭身を決めるといいと思います。 上の絵は影はつけずに、簡単にモノクロで塗ったものです。 隣の3頭身の男の子キャラと比べてみると、髪の毛の塗り方の違いなどがわかると思います。 今回はピンポイントでキャラクターの描き方(女の子バージョン)などが載ってます。 キャラクターのつくり方(男の子バージョン)男の子らしいしぐさのコツなどが載ってます。 この本はディズニーイラストのHow to Drawブックです。 独特の動きやしぐさ、デフォルメなどのディズニーアニメの表現をていねいにわかりやすく解説しています。

次の

ソニックって、どんなキャラ? 実写化映画が示した「完全無欠のスーパーヒーローではない」という新しいイメージ(電ファミニコゲーマー)

ミニキャラ 足

チビキャラ(2~3頭身)の描き方を、3人のイラストレーターそれぞれのデフォルメ方法で紹介する。 漫画の教科書シリーズ第8弾。 漫画の教科書シリーズで「萌えキャラの上手な描き方」がロングセラーになっている。 萌えキャラを頭身低めの女のコとして、2~4頭身の描き方を解説しています。 その続編のような本書「萌え ミニキャラの上手な描き方」は2~3頭身のSD(スーパーデフォルメ)キャラの描き方に特化した解説で、著者が1章「神吉」・2章「くろば」担当なのも同じです。 第1章は前書「萌えキャラの~」続きを書いている感じで、ミニキャラを可愛く描くコツとか注意点などを解説。 総ページの半分を占める2章は前書と繰り返しになる項目もあって、作例を描き直した解説バージョンアップ版な感じになります。 3章は徹底した省略化のSDキャラを上手に描く「架空の姉」氏のデフォルメキャラの描き方。 4章は3氏それぞれのポイントを絞ったカラーメイキングになっています。 5頭身まではデッサンを元にしたデフォルメといえるけど、2~3頭身のSDキャラになると不自然ささえ排除できればOKなところがあり、3人のミニキャラのアタリ、特に体型を比べればかなり違っていていいんだと気づきます。 2 Gallery 神吉 4作品 p. 4-7 くろば 4作品 p. 8-11 架空の姉 3作品 p. 12-14 Chapter01 ミニキャラをもっと可愛く描くコツ(絵・文:神吉 ) p. 15 キャラクターの動物化 p. 16 動物耳の描き方 p. 17 猫耳と犬耳の基本 p. 18 その他の動物耳の種類 p. 20 デフォルメキャラを描く際の注意 p. 21 背景を描く際の注意 p. 22 上手くいかない時のポイント p. 24 ラフから完成まで p. 26-36 Chapter02 デッサンの基本とデフォルメのポイント(絵・文:くろば ) p. 37 頭部の基本 p. 38 頭部周辺の構造 p. 40 顔の描き方の基本 p. 41 顔のパーツのバランス p. 43 デフォルメのバリエーション p. 46 さまざまな角度の描き方 p. 48 髪型の描き方 p. 51 髪型のデフォルメと回転 p. 62 目の描き方 p. 65 顔のパーツで変わるキャラクターのイメージ p. 69 口と表情の描き方 p. 72 メガネの描き方 p. 82 身体の基本構造 p. 84 立ちポーズを描く p. 88 座ったポーズを描く p. 91 ひざを立てた状態の描き方 p. 94 寝たポーズの描き方 p. 95 歩行や走行を描く p. 97 胸の描き方 p. 99 手の描き方 p. 101 足を描く p. 106 服の基本とシワ p. 110 キャラクターデザインとデフォルメ p. 117 いろいろなキャラクター p. 118 Chapter03 強調と簡略化でミニキャラを描く(絵・文:架空の姉 ) p. 121 デフォルメの身体と特徴 p. 122 全身のバランス p. 124 アタリの取り方 p. 130 全身の可動範囲 p. 134 手や腕の省略方法 p. 137 足の省略方法 p. 148 服のデフォルメ例 p. 150 線で見せ方を変える p. 156 イラストができるまで p. 160 Chapter04 キャラクターの着色テクニック p. 163 瞳の塗り方のコツ:神吉 p. 164 カラーイラストのワークフロー:くろば p. 168 ラインの色を意識した着色方法:架空の姉 p. 172 奥付 p.

次の

nミニキャラボーンプラグインの使い方補足(不具合ではなかった):のののPの配布物更新のお知らせ

ミニキャラ 足

新日本プロレスの第65代IWGPヘビー級チャンピオン、オカダ・カズチカ選手の「趣味のためのクルマ」を探す連載がやってまいりました。 オカダ選手は、念願のフェラーリ488が納車されるも、普段の足として使えるセカンドカーも必要かな……と考え始めているとのこと。 そこで今回は、日常の足として便利に使えるコンパクトカーを試してもらうことに。 とはいえ、ただの小さいクルマじゃ面白くない! というわけで、レトロかつキュートな風貌を持ち、唯一無二の個性を誇る「ミニ・クーパーSD」を用意してみました! 果たして、オカダ選手は気に入るのか? そもそも身長191㎝のオカダ選手は乗り込むことができるのか? 早速見ていきましょう! PROFILE オカダ・カズチカ 愛知県安城市出身、1987年11月8日生まれ。 新日本プロレス所属。 身長191cm、体重107kg。 「レインメーカー」の異名を持つ第65代IWGPヘビー級チャンピオン。 華麗なるドロップキックを得意とし、フィニッシュホールドとしてレインメーカーを持つ。 趣味はルアーフィッシングで、クルマ好きとしても知られている。 でも、ちょっとした買い物で乗っていくときも、気を遣ってしまうのが難点です。 できれば気軽に使えるセカンドカーが欲しいところですね。 今回試乗してもらうのは、新世代のクリーンディーゼルエンジンを搭載したクーパーSDと呼ばれるモデルで、「S」が付いているのでパワフルな一台。 クラシックなミニには、乗れるか……いや、室内に入れるか自信がなかったもので(笑)。 でも、現行のミニは街中で見かけることが多くなりましたね。 でも、今回のクーパーSDは、2リッターの4気筒ディーゼルターボエンジンを搭載して170psの最高出力を発揮します。 また、クラシックミニから伝統的なデザインを受け継ぎなら、新しいエッセンスにあふれているのも現行ミニの魅力。 フロントのバンパースポイラーやリヤのマフラー周辺の処理はスポーティに仕上げています。 スタイルが個性的なのは重要ですよね。 このクルマも、遠くから走ってきても、一目で「ミニ」って分りますから。 イメージとしては「ミニ=小さい」と思っていましたが、これならファミリーカーとしても十分に使えそうな気がします。 5ナンバー車とは排気量が2000cc以下、全長4700mm以下、幅1700mm以下、高さ2000mm以下の車を指します。 サイズとしてはフォルクスワーゲン・ゴルフよりも短くて、車幅はフォルクスワーゲン・ポロよりも広いという感じです。 オカダ なるほど……。 キャラクターやデザインを優先しているように見えて、ファミリーカーとしても使える実用性があるわけですね。 フロントだけでなくルーフやサイドガラスのデザインも素晴らしいです。 奇をてらったデザインではないですが、すっきりと見せながらもミニらしさを出している点に、デザイナーの実力を感じます。 クルマの性能うんぬんよりも、まず乗れるか乗れないかが問題というのも悲しいですね(笑)。 おっ、余裕です、余裕。 意外と広いですよ! 足も問題なく伸ばせますし、頭も天井に付きません。 ドイツ人は大きな人が多いイメージなので、それに合わせて設計されているんですかね。 参考までにドイツ人男性の平均身長は180cmを越えているそうですから、やはり室内の大きさも考えられているのだと思います。 さて、シートはオプション装備ということですが、座り心地はいかがですか? オカダ いいですね。 シートの座面も厚みがあってしっかりとお尻を受け止めてくれるし、ホールド感もあって、191cmの僕が乗っても不安はありません。 サイド部分が少し張り出していて、背中が安定するのもいいですね。 身体が大きいとシートの良し悪しで疲れが違うのですが、このシートはバッチリです。 たとえば、メーター、センターメーター、シフトコントローラー、エアコン吹き出し口、ドアハンドル、スピーカー、ペダル類まで、徹底して円を使っているんです。 オカダ やっぱり個性的で、面白いですね。 角がない円をモチーフにしているから、ドライブをしていても気持ちが丸くなりそうです。 内装も、他のクルマでは見られない個性的なデザインですよね。 キャラクターが際立っているからこそファンに愛されるんですよね。 それはプロレスもクルマも同じで、どんなに優れていても、個性がなければすぐに飽きられてしまいますから。 その点、ミニはキャラクター性があって素晴らしいと思います。 一度乗ったら忘れられませんね。 オカダ おー、何だか感動しますね。 男子の心を刺激する演出が、昔のレーシングカーっぽいです(笑)。 走り出しは快適です。 アクセルを踏むとグイッと加速してくれるので、ストップ&ゴーの多い都内でもモタモタすることもないですね。 アイドリングの時に少しだけディーゼル音がしますが、走ってしまえば全く気にならないです。 カタログでの燃費は23. 8km/Lですから、かなり経済的だと思います。 オカダ 難しいですね……。 ちなみに、オプションの「MINIドライビングモード」と呼ばれる機能が装備されているので、セレクトレバーの根元にあるリングを回してみてください。 「GREEN」、「MID」、「SPORT」のモードに切り替えることができるんですよ。 オカダ おっ、ステアリングの重さが変わりましたね! 「SPORT」モードにすると、操作に対するエンジンの反応が速いから、アクセルを踏むのが楽しいです。 これは峠道を走ってみたくなりますね。 足回りもしっかりしていて、カタログに「ゴーカート・フィーリング」と書いてあるのも納得です。 普段は街乗りのコンパクトカーとして快適に乗って、ちょっと気分を変えたい時にはスポーツモードに切り替えれば、エキサイティングな走りが楽しめます。 まさに「一粒で二度おいしい」状態ですね(笑)。 ミニがこんなに面白いクルマだとは思わなかったです。 都内での移動から週末の峠道まで、どこでも楽しめるオールラウンダーなクルマですね。 身体の大きな人でも受け止めてくれる空間設計もさすがです。

次の