抜歯 後 食べ物。 抜歯後の食事いつから?食べてはいけないものと食べ物おすすめ一覧

30代の親知らず抜歯。地獄の痛みを防ぐには『即帰宅』|PICNIC

抜歯 後 食べ物

歯茎に炎症が起こり抜歯することに ある日、歯茎の鈍痛に気がつきました。 口をあけるとき、物を噛むとき、ほっぺたを押すと痛い。 何度か同じ経験があったので「親知らずまわりの炎症だな」と気がつきました。 大体放置していれば治ったのですが一週間以上治らずかかりつけ医へ。 「結構ひどいですね。 これ繰り返すのだけなので、抜いちゃいましょう」とあっさり言われました。 レントゲンを撮って、生え方と神経との距離を確認し、次回抜歯することに。 この日、「左右いっとく?」みたいな話も出たのですが、最終的に炎症した側だけ抜歯することになりました。 一気に終わらせたい気持ちもあったのですが、結論から言うと本当に左右同時にやらなくてよかった…。 また、 日程次第では旅行と被りそうだったので、抜歯後に飛行機に乗るのは問題ないか尋ねると(虫歯は痛むって言いますよね)、「飛行機は問題ない。 当日はお酒やお風呂は控えた方がいい」とのことでした。 今思えば、 この状態で旅行なんて楽しめたもんではないので、これも時間を置いて正解でした。 抜歯当日の流れ 17時 受付してすぐ診察台へ。 心の準備が… 17時5分 「服が汚れないように布かけますね」と言われた時が恐怖のピークでした。 麻酔は2本。 頰側と舌側にそれぞれ打たれました。 ちくっと針を刺した後、グーーーーッと麻酔を入れていくときの圧がちょっと痛かったです。 体を一度起こしてうがいしながら、リアルにちょっと震えてました。 17時10分 感覚がなくなった頃、抜歯開始。 ドライバーのようなものでグリグリ。 圧は感じるけど、全く痛くない。 あっという間に「もう抜けてますよ」と言われました。 抜けた歯を穴から外に出すのに、また少しカリカリして終了。 多分3分もかからなかったと思います。 よく聞く「脳に音が響く」感覚もありませんでした。 ちなみに私の親知らずは、比較的まっすぐ生えているけれど、半分以上歯茎に埋もれているタイプ。 「なるべく切開なしで頑張りますね」と言ってもらい、実際切開せずに抜いてもらいました。 抜けた歯と、名称は忘れてしまったんだけど「ここが膿んで痛いんですよ」という謎のブヨブヨの部位を見せてもらって終わりました。 17時15分 麻酔で口が動かないので、フガフガ言いながらお会計をして、抗生剤と痛み止めをもらい帰路につきました。 費用は3000円ちょっと。 あっさりすぎて拍子抜け!やったー!終わったぞ! (この油断を、後で死ぬほど後悔することにまだ気がついていない) 抜歯当日の様子:麻酔切れで悶え苦しむ ここからがめちゃくちゃ失敗&反省した話です。 結論として、次親知らずを抜くときは、 冷えピタ&マスク持参で冷やしながら即帰宅。 メイクを落とし、水と薬を用意し、 麻酔切れに備えたいと思います。 抜歯があまりにもあっけなく痛みもなかったので、私はその日リリースされたばかりのゲーム「ドラクエウォーク」に勤しみながらのんびり帰宅。 術後1時間半くらいまでは痛くなかったのですが、「あれ、ズキズキするかも」と思い始めたのも束の間、ほんの15分くらいで我慢できない痛さに。 帰宅して痛み止めを飲み、その薬が効くまでは、 スマホを見る余裕もなく、顎を保冷剤で冷やしながらベッドの隅でうずくまっていました。 晩ご飯はおろか、口を開ける気にもなりませんでした。 あんなに巨大な奥歯を抜いているわけだから数日間はズキズキするわけですが、 痛みのピークは麻酔が切れてから〜翌朝くらい。 一刻も早く帰宅して、安静にできる準備を整えることが、麻酔切れによる地獄の痛みを防ぐための方法です。 遊んで帰る人はいないかもしれませんが、病院と家が遠い場合は気をつけたいですね。 そして可能なら、当日と翌日くらいは「家事や仕事できないかも宣言」ができたら安心です。 抜歯後の食事:ウィダーインゼリーはスプーンで 当日は柔らかくしたリゾット、翌日はウィダーインゼリーと、柔らかくしたラーメンを食べました。 抜いてない側の顎で噛むのに神経を使います。 左右同時に抜歯した方は本当に食事が辛いと思います。 また、 吸う動作をすると、せっかくでき始めたかさぶた(血餅)が剥がれてしまうことがあると聞いたので、ウィダーインゼリーを食べるときは吸わないように食べ方を工夫しました。 抜歯当日の睡眠:血まみれの枕事件 当日、痛み止めが効き始めた頃にすごく眠くなり、1時間ほど仮眠しました。 枕を高くして、親知らず側を上に。 ちなみに、横たわったり寝返りをうったり、幹部に重力?がかかる動作は全般痛いです。 目がさめると、枕カバーが赤く染まっていてビックリ! この日は唾液もやたら出るなと感じていたので出血自体はそれ程ではなかったのでしょうが、今後は要らないタオルなどを敷いておいた方がよさそうです。 抜歯後の生活:食べ物詰まりに注意! 丸1日しか経っていないのですが、歯が浮いたような違和感と歯茎の疼きが辛く、何より食事が痛くて苦痛です。 そしてある意味抜歯そのものより辛いと言われているのが、「抜歯後の食べ物詰まり」。 歯肉が塞がるまでの数ヶ月、穴に食べ物という食べ物が詰まりまくるそう。 先生には「放っておいたらそのうち出てきますよ」と言われちゃうらしいのですが、何か対策を見つけたら追記しようと思います。 タフトブラシっていうんですかね?先が小さい歯ブラシが便利そう。 また美味しくご飯を食べられる日を願って、親知らず抜歯レポートを締めたいと思います。 眠れないほどの痛みが何日も続き、抜歯当日よりも断然辛かったです… 処置や対策についてまとめましたので、ご参考まで。

次の

親知らず 抜歯後の「食事」

抜歯 後 食べ物

抜歯の予約をしたいけれど、食事に出かける予定がある。 親知らずを抜く予約を入れたけれど、歯を抜いた後の食事について聞くのを忘れてしまった。 抜歯した後はなんでも食べていいの? 何か食べてはいけないものがある? そんなアナタの親知らず抜歯後の食事の疑問についてお答えいたします! 親知らず抜歯後は食事制限!?絶対に食べてはいけない抜歯後の食事。 その間、感覚がマヒしていてうまく噛めなかったり、熱いものが熱いとわからず火傷をしてしまったり、危険がいっぱい。 抜歯後2時間ほどしてから食べ物を食べるようにしましょう。 抜歯前は約2時間前まで普段通り食事をしてもかまいません。 食べすぎないように気を付けてください。 例えば、お粥や雑炊、ゼリー、プリン、豆腐、野菜の煮物などがおすすめです。 抜歯後の体調の変化、痛みの感じ方は人それぞれで、固形物を食べられないことがあります。 しかし、痛み止めはとても胃に負担がかかるお薬で、空腹のときに飲むと胃潰瘍の原因にもなります。 薬を飲む前には何かお腹に固形物をいれておくと胃への負担を減らすことができるので、食べられるものを選んで少しでも食べるようにしてください。 どうしても固形物を食べることができない場合は牛乳を飲むのがいいでしょう。 血が出ている間はアルコール類、刺激物は控えましょう。 硬い食べ物 おせんべいなど硬いものは歯を抜いたところを傷つける可能性や、噛む強さや噛む場所がわからず唇やほほ、歯肉に傷をつくる恐れがあります。 抜歯後一週間程度は控えましょう。 また、ゴマなど小さくて硬いものは隣の歯の痛みを引き起こすことや歯を抜いた穴に入って気持ち悪いことがあります。 麺類 強くすすって食べるものは、歯を抜いたところにあるかさぶたをはがしてしまう恐れがあります。 一週間程度は食べないようにしましょう。 食べにくくても、しっかり栄養があるものを食べてください。 火傷に注意 麻酔が効いている間は、温度に対する感覚が麻痺します。 熱いものが熱いとわからず火傷をしてしまうことがあるので、麻酔が効いている間に飲み物を飲む際ときは冷めているのかきちんと確認してから飲んでください。 また、2時間程度経過し麻酔が覚めたと思っていても温度への感覚が戻っていないことがあります。 抜歯当日は熱い食べ物を控えましょう。 特に豆腐などは表面が冷めていても中が熱いことがあります。 気をつけて食べてください。 急いで食べない 麻酔が覚めても、動きの感覚や触覚が鈍っており、また腫れもあるため、頬の内側や唇を噛みやすくなっています。 食事はゆっくり少しずつ食べるようにしてください。 舌で触らない 歯を治療したところはどうしても気になってしまうもの。 しかし、歯を抜いたところを舌で触ると傷口が開いたり、ばい菌が入って感染してしまったりします。 唾液には殺菌するような成分も入っていますが、ばい菌もたくさんいます。 無理矢理唾液を流し混むようなことは避けましょう。 食べものが触れないように 気にしすぎる必要はありませんが、食べ物が触れると傷口が開いたりばい菌が入ったりすることがあります。 なるべく食べ物が触れないようにしてください。 硬いものは避ける 噛んだとき抜いた隣の歯に負担がかかったり、傷口が開いてしまったりする恐れ、噛む強さや噛む場所がわからず唇やほほ、歯肉に傷をつくる可能性があるので、避けましょう。 飲み物の飲みすぎに注意 飲み物を飲みすぎると傷口が洗い流されて、歯を抜いたところにできたかさぶたが取れてしまいドライソケットになる恐れがあります。 がぶがぶと飲み物を飲まないようにしましょう。 うがいのし過ぎは禁物です。 強く吸う ストローで飲み物を飲んだり、うどんやラーメンを強くすすったりすると、歯を抜いたところのかさぶたが吸った力によってとれてドライソケットになってしまうことがあります。 上の親知らずを抜いたときは、強くすすったり、鼻を強くかんだりすると上顎洞という空洞と口の中がつながってしまうことがあります。 つながってしまっても、ばい菌がはいらなければ問題がありませんが、感染がおき膿がたまった状態が上顎洞炎(蓄膿症)です。 これが骨を覆ったのち、半年くらいかけて骨が作られて歯を抜いたところの穴がなくなっていきます。 このかさぶた、血の塊が形成されず、骨がむき出しになってしまった状態をドライソケットと言います。 ドライソケットになった場合は食べ物がしみるような痛みがあり、10日たっても痛みが引いていきません。 このような場合は早めに歯医者さんを受診しましょう。 穴に入ってしまったご飯はそのままにしておいて構いません。 無理にとろうとすると、傷口が開いてしまったりばい菌が入ってしまったりします。 特に吸う力やうがいで詰まってしまった食べ物を出そうしないでください。 ドライソケットの原因になります。 食べ物が入って痛い時は、歯医者さんに相談しましょう。 こうした場合、いつから食事を噛むことができるのでしょうか。 どれくらい腫れは続くの? 個人差はありますが、腫れは通常1週間くらいでおさまってきます。 腫れがひいてくると、口を開けることがつらくなくなってきます。 が、親知らずと顎の関節の距離が近いため、腫れがおさまっても急に口を大きく開けることができないこともよくあります。 このような場合は急に口を大きく開けないようにし、徐々に口を開ける幅を大きくしていきましょう。 噛んだ時の違和感はいつまで続く? 抜歯をした隣の歯が浮いたような感じやぐらぐらするような感じがあり、噛んだとき鈍痛がでることがあります。 この痛みは2週間程度で徐々になくなっていきますが、柔らかいものから徐々に普段食べている物に変えていくようにしましょう。 このような違和感がある場合は、ゴマなど小さくて硬いものを食べると痛みを引き起こすことがあります。 強い痛みが続いて食べられない。 2、3日過ぎてもずきずきした痛みがある• 食べ物がしみて痛い• 抜歯後10日たっても痛み止めが必要 上のような症状がある場合はドライソケットや隣の歯がむし歯になっている可能性があります。 歯医者さんに相談しましょう。 関連記事: 親知らず抜歯後の食事 総まとめ• 抜歯した後は2、3時間してから食事をしましょう。 アルコール類、刺激物、硬いものの飲食は控えましょう。 痛み止めを飲むときは何か食べ物を食べてからにしましょう。 うがいや強くすすることはドライソケットの原因になります。 食べ物が抜歯した穴に入っても自分で取らないようにしましょう。 痛みが10日以上続くときは歯医者さんに相談しましょう。 以上が、抜歯した後の食事に関する注意事項です。 わからないことがある際は歯科医に判断をあおいでください。 自分の判断で傷口に触れるのは危険です! 合わせて読みたいオススメ記事: 弊社でインターンシップを行なっている倉持が親知らずを抜歯してきたので、その様子をドキュメンタリーでまとめてあります。 関連カテゴリ• この記事に関連した診療•

次の

親知らず抜歯後におすすめの食べ物や注意点を実体験から語ります!|体調不良ドットコム

抜歯 後 食べ物

抜歯治療後数日間の食事 食欲がなくても食事はしたほうがいい 抜歯後、しばらくの間は食欲が出ないという方もいるかもしれませんが、できるだけ食事はとったほうがいいです。 抜歯後の傷を治すのには血液が必要になります。 充分な血液を作るには体内に栄養分がなければなりません。 抜歯後はしっかりと食事をとり、体に充分な栄養がいきわたるようにしてください。 抜歯後の食事におすすめのメニューや食材をご紹介しておきます。 【冷製野菜スープ】 抜歯後は熱っぽくなったり、口が大きく開かなったりすることがあります。 冷製野菜スープは冷たいので熱っぽいときでも比較的食べやすいですし、また口を大きく開ける必要もありません。 野菜で栄養をしっかり摂れるので、抜歯後の食事に最適です。 【キウイ】 ビタミン、ミネラル、食物繊維など、キウイ一個でたくさんの栄養素が得られます。 【レバー】 葉酸やビタミン、そして鉄分など、血液を作るために必要な栄養素がたくさん含まれています。 血液が必要な抜歯後におすすめです。 【うどんなどの麺類】 麺類は食べやすく、卵などの具材を多く使えば栄養もしっかり摂ることができるので、抜歯後の食欲がないときでもしっかりした食事をすることができます。 以上が抜歯治療後の食事に関するポイントと、おすすめの食事メニューや食材です。 抜歯後はたくさんの栄養を必要になるため、ここで紹介したポイントを押さえて、しっかりバランスのとれた食事を心がけるようにしてください。

次の