ベビー 手作り。 【楽天市場】手芸キット > ベビー・キッズ手作りキット:手芸の山久

ベビーサークルを手作り!100均商品で作るDIYアイディア集!

ベビー 手作り

ベビーサークルとは、お部屋の中に、赤ちゃんの専用スペースを作るためのアイテムです。 一般的には柵を使用している商品が多くなっています。 赤ちゃんが、ハイハイをはじめると、自由にどこでもお部屋の中を移動してしまうため、大変危険です。 いろんなものに興味津々な赤ちゃんは、なんでも口に入れてしまい、触ったり、引っ張ったりします。 ママは、ずっと赤ちゃんを抱っこしている訳にもいかないため、赤ちゃんが安全に過ごせるためのスペースを確保することは、とても重要なことです。 ベビーサークルは、赤ちゃんを危険から守るために絶対に必要なベビーアイテムのひとつなのです。 しかし、ベビーサークルを使用する期間は、とても短く、購入するのをためらっているママも多いのではないでしょうか?ベビーサークルの役割や必要性に付いて、まずはしっかりと理解しておきましょう! ベビーサークルと似たベビー用品に、ベビーゲートがあります。 ベビーゲートは、赤ちゃんが入って欲しくない場所に入れないようにするためのアイテムです。 つまり、赤ちゃんにとおせんぼするようなものになります。 テレビや電子機器が置いてあるお部屋の入り口や、危険なものがたくさんあるキッチン、落下すると大事故を招く階段の入り口などに設置するのが、ベビーゲートです。 家の中にいる赤ちゃんを危険から守るという役割は、ベビーサークルもベビーゲートも同じですが、ベビーサークルは、赤ちゃん専用のスペースを作り、ベビーゲートは、赤ちゃんが入れないようにするという、大きな違いがあります。 ベビーサークルも、ベビーゲートも、赤ちゃんがいる家庭では、絶対に必要です。 家の中には、赤ちゃんにとって危険なものがたくさんありますが、赤ちゃんにとって、もっとも危険な場所は、お風呂とベランダです。 水が入っている浴槽の中に、赤ちゃんがよじ登って入ってしまうと、溺れてしまい、大事故につながります。 また、蛇口をひねって、熱湯を浴びてしまう可能性もあります。 シャンプーや石けんを、口に入れてしまうこともあるでしょう。 お風呂場は、赤ちゃんにとって、とっても危険な場所なのです。 同じように、ベランダも、赤ちゃんや小さな子どもには、とても危険な場所です。 ベランダには、いろんなものが置いてあり、最悪の場合、赤ちゃんがよじ登って、柵から転落してしまう可能性もあります。 赤ちゃんにとっては本当に危険の多い、お風呂やベランダへ行けないようにするためにも、ベビーサークルを使用する必要があるのです。 ベビーサークルが必要になるのは、だいたい生後9ヶ月〜10ヶ月くらいからです。 赤ちゃんがズリバイやハイハイをするようになったら、ベビーサークルが必要になります。 赤ちゃんによっては、すでにたっちや、少し歩くことができるようになっている子もいます。 ママは、家の中にいるとき、ずっと赤ちゃんを抱っこしたり、見ているわけにはいきません。 ママは、日中、料理をしたり、掃除・洗濯などの家事をしなければいけないですね。 トイレに行くときも、赤ちゃんが安全に過ごせるスペースを確保してあげる必要があります。 育児中のママは、さまざまなストレスを抱えています。 ベビーサークルを設置することにより、赤ちゃんを危険から守るだけではなく、ママが少しの間でも、赤ちゃんから離れることができ、ゆっくり過ごせるようになるのです。 ベビーサークルは、必要なくなったら、ベビーゲートとしても使用できます。 案外ベビーサークルは、長く使用できるものでもあります。 先ほど紹介した通り、市販のベビーサークルの価格の相場は、10,000円前後です。 もっと高いベビーサークルもあります。 そのため、赤ちゃんに必要なものだとはわかっていても、ベビーサークルを購入するのに悩んでしまう人も多いでしょう。 ベビーサークルを手作りする場合、使用する材料は、100均やホームセンターで手に入るため、かなりコストを抑えることが可能になります。 セリアやダイソーなどの100均には、さまざまなベビーサークルに役立つアイテムが販売されています。 また、ダンボールや牛乳パックなど、家にあるものを使えば、ほとんど費用をかけずに、ベビーサークルを作ることができます。 市販のベビーサークルだと、サイズはいいけれど、デザインや、カラーがいまいち気に入らないなんていうこともあるでしょう。 ベビーサークルを手作りすれば、サイズや形はもちろん、デザインも自分の好きなように作ることができるのです。 お部屋の色や雰囲気にマッチするように手作りできます。 おしゃれな布を使用して、インテリアになじむように手作りすることもできますし、赤ちゃんが好きな色を使って、ベビーサークルを作ってあげることもできます。 市販では、なかなか無いようなポップでかわいいカラーのベビーサークルを作ることもできるのです。 赤ちゃんのために、世界にひとつだけの素敵なベビーサークルを手作りしてあげましょう! ベビーサークルは、赤ちゃんが自由に動いてもいいスペースを囲ってあげるためのものです。 そのため、囲いができるようなアイテムを使用すれば、簡単に手作りすることができます。 セリアやダイソーなどの100均には、ベビーサークルの柵代わりになるワイヤーネットや、組み立てラックから、素材をつなぐための結束バンドや、自立させるためのグッズなどもたくさんあります。 セリアやダイソーなどの100均アイテムなら、DIY初心者でも挑戦しやすいのではないでしょうか?また、DIYアイテムが充実しているホームセンターでも、ベビーサークルに使用できる材料がたくさんあります。 柵代わりに、安いすのこを使用するのもおすすめです。 ダンボールや、使用済みの牛乳パックなども、ベビーサークルの材料として使用できますよ。 アイディア次第で、ダンボールなど、さまざまな素材や材料を使って、オリジナルのベビーサークルが作れるのです。 ベビーサークルを手作りするのであれば、やはり出来るだけ費用は抑えたいものです。 そんなときに役立つのが、セリアやダイソーなどの100均です。 100均には、ベビーサークル手作りに大活躍するアイテムがたくさん揃っています。 セリアでもダイソーでも販売されているワイヤーネットは、結束バンドでつなぐだけで、簡単にベビーサークルが完成します。 最近、ベビーサークル手作りで、とくに人気でおすすめなのが、セリアのクラフトラックシリーズです。 セリアのクラフトラックシリーズは、DIY初心者の女性でも簡単に組み立てすることができます。 セリアのクラフトラックシリーズの材料や、ワイヤーネット、結束バンドなどを使用すれば、かなりコストを抑えて、ベビーサークルを手作りすることができます。 ベビーサークルを手作りしたいと思ったら、まずは100均をチェックしてみましょう!ベビーサークル手作りに役立つ便利なアイテムが、必ず見つかるはずです。 ベビーサークル手作りアイディア<100均ワイヤーネット>を紹介します。 セリアやダイソーなどの100均で販売されているワイヤーネットは、手作りやDIY好きな人に大変人気の高いアイテムです。 100均のワイヤーネットを使用した手作りベビーサークルは、赤ちゃんが立ち上がるようになると、簡単に倒してしまうため、まだ赤ちゃんが小さい時期用として、手作りするのがおすすめです。 ベビーサークルとして使用するのはもちろん、ストーブなど、赤ちゃんにとって危険なものを柵で囲うのにもぴったりです。 セリアやダイソーの100均ワイヤーネットで手作りしたワイヤーネットは、使用しなくなったら、分解して、他のDIYなどにも使えるため、とても便利で、ムダになりません。 セリアやダイソーなどの100均ワイヤーネットでベビーフェンスを作るときに必要な材料は、ワイヤーネット・ワイヤーネットスタンド・ジョイントです。 これだけあれば、ベビーフェンスのベースが完成します。 ワイヤーネットをジョイントで接続させて、ワイヤーネットスタンドを設置するだけです。 サイズや形も、ワイヤーネットの数によって、好きなように手作りできるのが魅力です。 ワイヤーネットを使ったベビーサークルの作り方は、ペット用のサークルや、ベビーゲートにも代用することができます。 ベビーサークルの中にマットを敷けば、とてもかわいいベビーサークルになりますね!ベビーサークルの柵の部分にも、マットを取り付ければ、見た目も可愛く、赤ちゃんにとっても安全です。 アイディア次第で、さまざまなデザインのベビーサークルを手作りすることができます! ベビーサークル手作りアイディア<100均組み立てラック>を紹介します。 この100均アイテム「組み立てラック」は、セリアでは販売されておらず、ダイソーで販売されています。 さまざまなアイディアで、自由にラックを手作りできる人気アイテムです。 5センチの正方形のパネルだから、これらを組み合わせることにより、簡単にベビーサークルを手作りすることができるのです。 組み立てパネル専用のジョイントパーツと組み合わせて、ベビーサークルを手作りします。 100均ダイソーの組み立てラックも、ベビーサークルとしての使用が済んだあとは、分解して、形を変えてラックなどに作り変えることができるため、ずっと使用できて便利です。 ダンボールの箱の上から、お気に入りのファブリックをかぶせれば、おしゃれなベビーサークルに大変身します!ダンボールを箱にせずに、立ててベビーサークルを手作りしている方もたくさんいるようです。 ダンボールにカラフルなテープを使ったり、布やステッカーなどを貼ったり、ペイントしたりと、さまざまなアイディアで、自由に作ることができますね!ダンボールを隠すファブリックに、ふわふわとした布を使うと、肌ざわりもよく、赤ちゃんがぶつかってしまっても安全です。 安全性を重視して、ダンボールでベビーサークルを手作りしたい場合は、プチプチなどの緩衝材をダンボールに貼ってから、その上からファブリックでカバーするようにすると、安心です。 牛乳パックを使った、手作りベビーサークルの作り方は、とても簡単です。 きれいに洗って乾かした牛乳パックの中に、新聞紙などの不要になった紙などを詰めて、形を整えます。 牛乳パックが潰れないように、形をしっかりと整えてくださいね。 新聞紙などを詰めた牛乳パックを、ベビーサークル状になるように並べて、ガムテープでくっつけます。 牛乳パックを積み重ねて、ベビーサークルの高さも自由に調整することができます。 牛乳パックの表面に布を貼ったり、カラフルなテープを貼ったりすれば、おしゃれなベビーサークルが完成します。 牛乳パック一本一本を、違う色の布や色紙などでラッピングしてから作るのもおすすめです。 カラフルな色にすると、見た目もおしゃれです。 みなさん、さまざまなアイディアで、牛乳パックベビーサークルをおしゃれに仕上げています。

次の

ベビー用品の手作りが簡単にできる!手作り型紙まとめ [ママリ]

ベビー 手作り

ベビーゲートのDIYのポイントの2つ目は、赤ちゃんが寄りかかっても崩れない強度に保つことです。 ハイハイやヨチヨチ歩きで自由に動き回れるようになった赤ちゃんは、意外と力持ちです。 全体重をかけて寄りかかりますので、強度はとても重要です。 倒れないように安全策をしっかりと考えた設計にしましょう。 赤ちゃんが生まれると自宅の安全・安心も心配ですが、何よりも今より荷物が倍以上増えます。 赤ちゃん用品は思いのほか多いものです。 下記でご紹介する関連記事には、そんな赤ちゃん用品の収納方法やアイディアを、100均商品やDIY方法などをご紹介しています。 ぜひ一緒にチェックして赤ちゃんとの生活に備えましょう。 ベビーゲート手作りのアイデア10選|その1 ベビーゲート手作りのアイデア1つ目は、一番一般的なDIYベビーゲート「突っ張り棒とワイヤーネットのベビーゲート」です。 突っ張り棒とワイヤーネット、結束バンドは100均で購入でき、手作りするのもとても簡単です。 キッチンや階段、部屋の間仕切り、玄関など、どんな場所のサイズに適応できるベビーゲートです。 突っ張り棒…2本• ワイヤーネット• 結束バンド 【作り方】• 1上の部分の突っ張り棒を突っ張る• 3下の部分の突っ張り棒を突っ張る• 牛乳パックは中身に新聞紙などをいっぱいいっぱい詰め込むと、とても強度が高まります。 自立式にもできますし、赤ちゃんのおもちゃにもなる通せんぼです。 布や包装紙などでデコレーションすると可愛いインテリアになります。 牛乳パック• 新聞紙または不要な紙など• ガムテープ• カバーなどの布 【作り方】• 1乾燥させた牛乳パックに新聞紙または不要な紙をパンパンに詰め込んで、つぶれないように形を整えてフタを閉じる• すのこは等の材料は大半は100均などで購入できるので、とても安く、必要なサイズのベビーゲートを簡単に手作りできます。 赤ちゃんが寄りかかっても倒れないように土台はしっかりと固定して、安全性を確認しておきましょうね。 すのこ(100均のもの、または庭用フェンス)• 木工ボンド• 補強するための木の棒(1cm角)• 紙やすり• L字型木製ラティス• 結束バンド 【作り方】• 1すのこ(または庭用フェンス)を横に並べ、木工ボンドで接着する• 突っ張り棒とすのこで作れて、材料は100均で購入できます。 結束バンドで固定する際、切り口は鋭利なので赤ちゃんが触らない位置に隠し、念のためにやすりなどで角を取っておくと安全です。 見た目もおしゃれでインテリアにも馴染むベビーゲートです。 すのこ• 突っ張り棒• 木工用ボンド• 結束バンド• 紙やすりなど 【作り方】• 1すのこ同士を木工用ボンドで接着し、完全に乾いたら結束バンドでさらにしっかりと固定しておく• 自立式タイプのベビーゲートの長所は、フェンスを作るだけなので手作りしやすい簡単なところです。 ただ短所としては、移動の度にフェンスをまたぐ必要があるので、場所によってはママやパパが引っかからないよう気をつけて下さい。 100均のジョイント用パイプ• 100均のジョイントパーツ• ワイヤーネット• 結束バンド 【作り方】• 1パイプをジョイントに差し込んで、ベビーサークルの形を作る• ポイントは「レースのカーテン生地」という点です。 向こう側が透けて見えるので、赤ちゃんの様子が伺えてパパもママも安心です。 カラーレースなどおしゃれな布の他にも、網状の生地や透ける生地など可愛い布を使用してもいいですね。 突っ張り棒…2本(耐荷重量の大きいもの)• 布(レースなど透けるタイプ)…必要なサイズ 【作り方】• 1布の左右の端をそれぞれ三つ折りして、アイロンで折り目を付けてミシンで縫い付ける• 赤ちゃん柵として不要になったら目隠しとしても使用できます。 安全ピンは楽チンですが、安全面ではちょっと心配…という親御さんもいると思います。 そんな時は布用の接着剤で布を接着して、安心・安全対策を取ってくださいね。 突っ張り棒…2本(耐荷重量の大きいもの)• お好みの布…必要な分だけ• 安全ピン(または布用の接着剤) 【作り方】• 1設置したい場所の上下に突っ張り棒を突っ張る• 赤ちゃんの好きなおもちゃやかわいい布をワイヤーネットに取り付け、自由に触ったり遊んだりできる「遊び場」を作ってあげるのです。 家事などで忙しいママでも安心できる、赤ちゃん広場がご家庭にあるなんて素敵ですね。 突っ張り棒…2本(耐荷重量の大きいもの)• ワイヤーネット• 結束バンド 【作り方】• 1突っ張り棒の上下に、ワイヤーネットを結束バンドでしっかりと固定する• とっても簡単DIYの代表ともいえる赤ちゃん用の柵です。 通せんぼしたい廊下や、TV台の前、ベランダの窓のところなど、移動も楽々なので、家じゅうどこでも持ち運べます。 開閉式ではないので、パパとママは移動のたびにまたいで通ってくださいね。 すのこ(100均でも構いません)• L字型金具• 結束バンド• 木工用ボンド• 滑りどめクッション(100均で購入できます) 【作り方】• 1すのこ同士を木工用バンドで接着し、しっかり固まったら結束バンドでさらに固定して強度を増しておく• 大きさ種類も豊富で収納力もあり、おしゃれなデザインのものなどたくさん種類があります。 ママやパパの椅子変わりとしても使用できますね。 ただし、赤ちゃんは1歳くらいになると登ることを覚えるので、注意が必要です。 ベビーゲートをDIYするついてに、赤ちゃんグッズの手作りに挑戦してみるのもいいですね。 下記でご紹介する関連記事には、かわいい手作りの帽子やスタイなど、赤ちゃんグッズの簡単な作り方をご紹介しています。 可愛い我が子のために赤ちゃん用品を手作りして、出産の時を待つのも今しかできない貴重な時間ですね。 ベビーゲートで赤ちゃんと安心の生活を! いかがでしたでしょうか。 赤ちゃん用の柵「ベビーゲート」を簡単にDIYできる方法や、手作りの便利さをご紹介いたしました。 赤ちゃんはハイハイ時期やヨチヨチ時期になるとどこにでも行きたがるものです。 安全を守るためにも危険な場所は通せんぼして、前もって安全対策をするのは親として最善の策で大切なことですね。 手作りDIYのベビーゲートなら、すのこやワイヤーネットなどの材料は100均などで購入できますので、安く済ませることができますし、市販品なら開閉式や自立式、可愛いデザインのベビーゲートなども種類が選べます。 赤ちゃんの安全・安心のためにも、ご自宅の環境に合わったベビーゲートを選ぶといいですね。

次の

手作りしたい赤ちゃんのベビー用品28選|スタイ・服・おもちゃの作り方

ベビー 手作り

所要時間はゆっくりやって半日かからないかんじでした。 手縫いだったのもありますが細かい縫い目は素人感満載ですが、、そこは目をつぶってもらって。 自分で作ったグッズやものには愛着がとっても湧きます。 生まれてくる我が子がいつか自分のつくったおもちゃと遊んでくれる姿を想像しただけで、かわいいですし幸せですね。 ベビー用品やベビーグッズは難しいものから手縫いで手作りできるもの、こんなにかわいいし簡単にできるんだ!っていうものまでたくさんあります。 100均でだったり、生地屋さんで材料を自分で買う楽しさもあります。 作り方も分かりやすく載ってるグッズが多いのでスムーズに手作りで始めることができます。 ストレスにならないくらいのレベルのベビーグッズを自分で選んで作ってみてはいかがでしょうか。 徐々に寒くなる秋口にはスウェットやフリース素材は保温性も高くおすすめです。 赤ちゃんには温かい素材でも、重量があるものは負担になります。 スウェットやフリースはその点軽くておすすめです。 寒い季節は保温性に富んだキルティングやボアなどのモコモコ素材が冬には大活躍。 ただし、ボアは着ていると擦れて薄くなったり、ぺしゃんこになってしまうこともあるので、防寒できているか時々チェックすることをおすすめします。 けどボアはモコモコして見た目もかわいいですね。 小さなうちは作るものと性別はそんなに気にし過ぎなくても大丈夫でしょう。 もし選ぶとしたら色で男の子、女の子、と変化をつけてあげるといいかもしれません。 小さな赤ちゃんのうちは男の子でもかわいいものを着ても許されます。 スタイ 生後3ヶ月頃になると、赤ちゃんのよだれの量が増えてくるので、ガーゼ同様スタイは何枚あっても重宝するベビーグッズです。 様々なかわいい色や柄の生地で作って、赤ちゃんの服に合わせてベビーコーディネートするのもいいですね。 最初はボタンをつけないで作っておき、使うときに赤ちゃんの首回りのサイズを確認してボタンをつけるのもおすすめです。 作り方は図書館などで本に載っていたり、今ですとネットにも作り方は分かりやすく載っています。 スタイの材料は、作りたいかわいい生地と、裏地になる生地(リバーシブルでもかわいいですね)あとはボタンです。 出来上がったスタイにイニシャルなどワッペンを付けるのもかわいいですね。 ミシンの方が楽かもしれませんが手縫いでもできます! 3. ガラガラ にぎにぎ 小さなぬいぐるみ まずはものを掴むところから始まる赤ちゃんに必要なガラガラや、にぎにぎ、いつも一緒にねんねしてくれる小さなぬいぐるみ。 そして、まだ歯ぐきから出てくるわけではありませんが、生後3か月ごろになると歯のはえる準備が始まります。 お口の中はムズムズして不快感でいっぱい。 こんなときには、歯固め代わりになるおもちゃが活躍します! お口に入るものなので、安全な素材をを選んで作ってあげたいですね。 ガラガラは100均の材料で簡単に作ることが出来ますし、ニギニギはキットで買うのが簡単でいいかもしれません。 小さなぬいぐるみもキットでかわいいいろんな種類をみかけます、あとは図書館などで本を借りると型紙が入ってたりするのでそれで作ることをおすすめします。 用意するものは小さなペットボトルです。 そこにキリで穴を4箇所開けます。 紐を通します、この時に紐の先をセロハンテープで細くすると穴に通しやすくなります。 そしたら、ペットボトルのキャップを8個用意します。 同じくキリで穴を真ん中に開けます。 先ほどペットボトルに通した紐をキャップにも通します。 キャップは写真のように2つに通して最後は固結びします。 キャップは安定させるためにも、ビニールテープなどで止めましょう。 紐もテープもいろんな色があると楽しいかもしれません。 そして、メインのペットボトルに100均などで売っているビーズを入れましょう。 ここもカラフルな色があると赤ちゃんの目に留まって喜ぶかもしれませんね。 そしたら仕上げのペットボトル自体にもビニールテープを巻くことです。 これは誤飲を阻止するためです。 もちろん買ったらすぐ出来ているものが手に入るし、手軽ですが、ベビーグッズを 一から作るというのもとても楽しいことです。 喜ぶ我が子を想像しながらだったり、自分の好きな柄を使って気に入るといいなって思いながら作ったり。 ママが作るってことが大事なので、綺麗に出来なくても気にせず、積極的にキットなどを買ってでもいいので作ってみてください。 自分が思ってる以上に簡単に作れてベビーグッズやベビー用品を手作りすることにハマってしまうかもしれませんよ。 妊娠中の穏やかな時間を愛溢れた時間で過ごせますように。

次の