アコファイド 効果。 アコファイド(アコチアミド)の作用機序:機能性ディスペプシア治療薬

胃運動機能改善薬の種類と特徴

アコファイド 効果

アコチアミド:アコファイド スポンサード リンク 成分(一般名) : アコチアミド塩酸塩水和物 製品例 : アコファイド錠100mg ・・ 区分 : 他の消化器官用薬/アセチルコリンエステラーゼ阻害薬/機能性ディスペプシア(FD)治療剤 PR 概説 胃の働きをよくするお薬です。 胃もたれをともなう機能性ディスペプシアに用います。 作用 【働き】 機能性ディスペプシアは、従来の慢性胃炎にふくまれる病気です。 胃粘膜に荒れやキズがないのに、胃もたれや胃痛、胸やけといったつらい症状があらわれます。 機能性ディスペプシアはさらに2つのタイプに分かれます。 第1のタイプは、食後のもたれを主とする食後愁訴症候群。 もう1つは心窩部痛(みぞおち付近の痛み)や心窩部灼熱感(胸やけ)を主とする心窩部痛症候群です。 このお薬は機能性ディスペプシア治療薬です。 弱った胃の運動を活発にする作用があり、食べ物を胃から腸へ送り出すのを助けます。 そうすることで、胃もたれや膨満感を改善するのです。 機能性ディスペプシアのうちの第1のタイプ、つまり食後膨満感(胃もたれ)や早期満腹感(少量の食事ですぐに満腹)などに適応します。 【薬理】 胃腸の運動は、副交感神経を亢進させるアセチルコリンという神経伝達物質の働きで活発になります。 この薬は、アセチルコリン分解酵素のアセチルコリンエステラーゼを阻害し、アセチルコリンの量を増やします。 その結果として、副交感神経の刺激が強まり、胃の運動が活発になるのです。 このような薬理作用から、アセチルコリンエステラーゼ阻害薬と呼ばれています。 【臨床試験】 機能性ディスペプシアに対する効果をプラセボ(にせ薬)と比較する臨床試験がおこなわれています。 参加したのは、食後膨満感、上腹部膨満感、早期満腹感を主症状とする患者さん892人。 うち450人はこの薬を、別の442人はプラセボを飲むようにクジ引きで分けます。 どちらになるか患者さんには秘密です。 有効性を確認するための第1の評価項目は「患者さんの印象の改善率」。 第2の評価項目は、より客観的な「3症状(食後膨満感、上腹部膨満感、早期満腹感)の消失率」とします。 服用期間は1ヵ月間です。 さらに、症状改善によりこの薬を休止したあと、半数以上の人は症状の改善が継続し、この薬を中止することができました。 なお、心窩部痛(みぞおち付近の痛み)や心窩部灼熱感(胸やけ)に対する有効性は確認できていません。 消化管運動促進薬の部類です。 機能性ディスペプシアを適応症とする初めての胃薬で、作用的にはアセチルコリンエステラーゼ阻害薬に分類されます。 国際的診断基準で診断された機能性ディスペプシアに対する有効性を、プラセボ(にせ薬)との比較試験で証明した世界初の機能性ディスペプシア治療薬です。• 有効性が確認されているのは、機能性ディスペプシアのうち胃もたれや膨満感を主症状とする食後愁訴症候群に対してです。 胃痛や胸やけを主とする心窩部痛症候群に対する有効性は確認されていません。 注意 【診察で】• 持病やアレルギーのある人は医師に伝えておきましょう。• 服用中の薬を医師に教えてください。 【飲み合わせ・食べ合わせ】• 抗コリン作用をもつ薬といっしょに飲むと、この薬の作用が相殺され効果が弱まる可能性があります。 たとえば、胃腸の痛み止めのブチルスコポラミン(ブスコパン)やコランチルなどとの併用時です。• 逆にコリン作動薬などアセチルコリンの働きを強める薬と併用すると、下痢などの副作用が出やすくなるかもしれません。 たとえば、胃薬のモサプリド(ガスモチン)やイトプリド(ガナトン)、アクラトニウム(アボビス)、ベタネコール(ベサコリン)、口腔乾燥症状改善薬のセビメリン(サリグレン)、認知症治療薬のドネペジル(アリセプト)やガランタミン(レミニール)、排尿困難治療薬のジスチグミン(ウブレチド)などに注意が必要です。 【使用にあたり】• 指示どおりに服用してください。 ふつう、1日3回食前に1錠飲みます。• 症状がよくなったなら、医師の判断でいったん休薬し様子をみることがあります。 よい状態が続けば、そのまま中止可能です。 長期にわり漫然と続けるのはよくありません。 【検査】 薬を飲みはじめても症状が持続する場合は、器質的な病変がないか内視鏡検査などで確認するようにします。 効能 機能性ディスペプシアにおける食後膨満感、上腹部膨満感、早期満腹感• 注意1:機能性ディスペプシアにおける心窩部の疼痛や灼熱感に対する有効性は確認されていない。• 注意2:上部消化管内視鏡検査等により、胃癌等の悪性疾患を含む器質的疾患を除外すること。 用法 通常、成人はアコチアミド塩酸塩水和物として1回100mgを1日3回、食前に経口服用する。 注意1:本剤を1ヵ月間服用しても症状の改善が認められない場合は本剤の服用中止を考慮すること。• 注意2:症状が持続する場合は器質的疾患の可能性も考慮し、上部消化管内視鏡検査に加え、必要に応じて他の検査の実施を検討すること。• 医師の指示を必ずお守りください。 副作用 副作用は少ないほうです。人によっては、下痢を起こしたり吐き気をもよおすことがあります。 症状がよくならないときや、かえって胃腸の調子が悪くなるときは、早めに受診してください。 下痢、便秘、吐き気、嘔吐• いつもと違う「おかしいな」と感じたら早めに受診してください。 まずは安心して、決められたとおりにご使用ください。

次の

アコファイドが食前服用の理由は?

アコファイド 効果

国内臨床試験において安全性の評価対象1,125例中183例 16. 主な副作用は下痢 2. 臨床検査値異常は血中プロラクチン増加 3. その他の副作用:次のような副作用が現れた場合には、投与を中止するなど症状に応じて適切な処置を行う。 過敏症: 0. 血液: 0. 使用上の注意 禁忌 本剤の成分に対し、過敏症の既往歴のある患者。 重要な基本的注意 本剤はアセチルコリンエステラーゼ阻害剤であり、アセチルコリンの作用を増強するので、この点に留意して使用する。 相互作用 併用注意:• 抗コリン作用を有する薬剤 アトロピン、ブチルスコポラミン臭化物等 [本剤の作用が減弱する可能性がある 本剤はアセチルコリンエステラーゼ阻害作用を有するため、抗コリン剤の併用により本剤の作用が抑制される ]。 コリン賦活剤やコリンエステラーゼ阻害剤 アセチルコリン塩化物等、ネオスチグミン臭化物等 [本剤及び併用薬共に作用が増強される可能性がある 本剤と共にアセチルコリン受容体刺激作用を有する ]。 高齢者への投与 一般に高齢者では生理機能 腎機能・肝機能等 が低下しているので注意する。 また、異常が認められた場合には、休薬するなど適切な処置を行う。 妊婦・産婦・授乳婦等への投与• 妊婦又は妊娠している可能性のある婦人には、治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与する[妊娠中の投与に関する安全性は確立していない]。 授乳中の婦人への投与は避けることが望ましいが、やむを得ず投与する場合は授乳を避けさせる[ラットで乳汁中へ移行することが報告されている]。 小児等への投与 低出生体重児、新生児、乳児、幼児又は小児に対する安全性は確立していない[使用経験がない]。 適用上の注意 薬剤交付時:PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導する PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することが報告されている。 一方、本剤では遺伝毒性やエストロゲン様作用は認められなかった。 保管上の注意 開封後防湿。

次の

『アコファイド』ってどんな薬?~機能性ディスペプシアの意味と治療

アコファイド 効果

食後の症状を改善する薬なので、食前に飲んでおかないと効果はあまり期待できないですよ。 忘れないよう注意してください。 と返答。 明確な回答をせず、 完全に逃げ・・。 わからないので調べてみましょう! アコファイドは食後でもいいのか? まずは、 アステラスのHPの製品Q&A【アコファイド】 Q 服用するのを忘れた際は、どのようにすればよいですか? A 飲み忘れに気がついた際は、その分を次の食事の前にまとめて服用しないでください。 服用は1回1錠を必ずお守りください。 と・・。 おいおい!! 知りたいのはこんなことじゃないですよ!! 食事の影響は? インタビューフォームを確認してみます。 ほうほう、 食後より食前の方がCmaxもAUCも高くて効きはいいのね。 それに、食後に飲んで 1時間半以上経ってTmaxになるようじゃ意味ないかぁ。 うーん、でも、血中濃度維持するのに食後でも飲んでおいた方がいいのかなぁ・・。 全く効かないってわけではなさそうだし! まぁ、自分の中で悩んでもしょうがないので、メーカーの方に聞いてみよう! メーカーの回答は?.

次の