春日井 市 西部 中学校。 ½ÕÆü°æ»Ô À¾ÉôÃæ³Ø¹» ³Ø¶è¡Ê½ÕÆü°æ¾®³Ø¹»¡¢µí»³¾®³Ø¹»¡¢¾¾»³¾®³Ø¹»¡Ë

½ÕÆü°æ»Ô¤Î¿Íµ¤³Ø¶è¥é¥ó¥­¥ó¥°5¡Ê¾®³Ø¹»¡¦Ãæ³Ø¹»¡Ë

春日井 市 西部 中学校

と春日井市街地遠景 市域はとに広がっている。 初期まで市の西部にはが広がっていた。 市の南部にはが流れ、およびが市を横断している。 また、市の西部にはの一部があるほか、市庁舎や商工会議所および古くからの商店街が広がる。 一方、東部はをはじめとする大規模団地が開発され、名古屋市のとなっている。 に活躍したの出身地と言われており、また全国シェアの8割を占める実生のがである。 そのため、市は宣伝を兼ねて小野道風やサボテンをモチーフにしたのやグッズを制作。 小野道風の着ぐるみは、2008年(平成20年)から彦根市で開かれているゆるキャラ祭りに2009年(平成21年)に参加している他、サボテンの着ぐるみは三種類制作され 、2009年(平成21年)のから登場している。 サボテンを使ったや、やなど多くのがあり、2010年(平成22年)6月からはも売りだされた。 また、開催地としても知られる。 2017年(平成29年)には日本国内の内陸部として初めてが確認された。 2019年 平成31年 3月、ふるさと納税を巡り、高級自転車の返礼品を取りやめたことで在庫を抱え損害を受けたとして、名古屋市の自転車販売会社が市に対し、7500万円の賠償を求める訴訟を名古屋地裁に起こしている。 ふるさと納税に関する訴訟は、これが全国で初めてとされる。 また、春日井市は日本初のやが開業した街である。 また、中核市の移行条件を満たしているが現段階で移行予定は無い。 地理 [ ] 地蔵川 主な川• 繁田川 - 春日井市東部で、庄内川と合流する。 新繁田川 - 春日井市東部で、庄内川と合流する。 - 一部支流が春日井市東部で、本流が春日井市中部で、庄内川と合流する。 大谷川 - 春日井市東部で、内津川と合流する。 東大谷川• 生地川(または「生路川」) - 春日井市東部で、八田川と合流する。 - 春日井市中部で、八田川と合流する。 地蔵川(または「新地蔵川」) - と、との境で、と合流する。 位置 [ ]• 東端:東経137度05分51秒(木附町)• 西端:東経136度55分30秒(中野町)• 南端:北緯35度12分58秒(勝川町)• 北端:北緯35度20分23秒(西尾町) 市内の町名 [ ] を参照。 (、)• 市外局番 [ ] 市内全域で 0568(春日井。 小牧市・犬山市・・豊山町・瀬戸市鹿乗町も同じ)が用いられている。 歴史 [ ] 沿革 [ ] 原始の姿 今から500万年から200万年前、春日井は東海湖と呼ばれる湖の底にあり、現在の地形になったのは6000年前から1万年前になる。 春日井のあけぼの• 4500年前土器が作られる。 現存する春日井市の縄文遺跡の中で、土器を出土するものは篠木遺跡が知られている。 2000年前庄内川沿いで米づくりが始まる。 1800年前銅鐸が使われる。 銅鐸はその当時の集落で祭りに使う宝物のようなものだといわれている。 1400年前の6世紀初め頃に二子山古墳が誕生したと言われている。 古墳時代から奈良時代• 5世紀頃になり、勢力を持った族長が現れ、味美一帯に多くの古墳が造られた。 中でも6世紀初めごろに造られた二子山古墳は全長94mの前方後円墳であり、県内でも5本の指に入る規模である。 1400年前下原で焼きものが作られる。 春日部郡となる。 条里制の村ができる。 奈良時代から平安時代• 722年(養老5年)円福寺が創建される。 泰岳寺本堂• 1489年(延徳元年)林昌寺の鐘が造られる。 1494年(明応3年)「十五の森」の伝説にある悲劇が起こる。 1584年(天正12年)小牧長久手の戦いが起こる。 江戸時代初めの頃の春日井市の西半分ほどは、春日井原と呼ばれ人の住めない荒野になってた。 春日井原に最も早く人が住み着いたのは、朝宮というところで、ここには昔から和爾清水と呼ばれる泉があり。 人々はこの湧き水を利用して水田を開いた。 これが現在の春日井市の起源である、春日井原開墾の始まりであるといわれている。 1603年(慶長8年)検地が行われた。 1623年(元和9年)名古屋・小牧・犬山を結ぶ稲城街道(上街道)が、春日井原の西に開通し交通の便が良くなった。 1633年(寛永10年)入鹿用水ができる。 1637年(寛永14年)坂下新町ができる。 1644年(寛永21年)退休寺が創建される。 1664年(寛文4年)新木津用水ができる。 1669年(寛文9年)高貝用水ができる。 1672年(寛文12年)春日井原新田、小川彦右衛門神明社が出来る。 1716年(享保元年)下街道が旅人で賑わう。 1729年(享保14年)玉野用水ができる 近代から現代• 1871年(明治4年)春日井一揆が起こる。 1900年(明治33年)春日井で初めて鉄道が開通され、名古屋から多治見までの中央線の一部が庄内川にそって敷かれ、勝川駅と高蔵寺駅が造られた。 1927年(昭和2年)鳥居松駅(現在の春日井駅)が造られる。 1938年(昭和13年)名古屋第一工学校(現中部大学第一高等学校)の設置認可。 三浦学園が創立される。 創立者三浦幸平。 (18年)06月01日 - 、、、が合併し市制施行。 これは、の鳥居松製造所、鷹来製造所、鷹来製造所西山分廠を効率的に運用するために実施された。 1944年(昭和19年)市庁舎が現鳥居松町5に移転された。 (20年)3月11日 - 春日井市立工業学校 現在の愛知県立 設立• 1945年(昭和20年)3月25日 鳥居松・鷹来両工しょうは、空襲により被害を受け、8月15日の終戦により、軍需都市としての目標を失う。 1946年(昭和21年)農業の振興のため、農業試験場を設置する。 1953年(昭和28年)人口が5万人を超える。 1954年(昭和29年)小野道風誕生地が県の文化遺産に指定される。 1955年(昭和30年)市立老人ホームを開設する。 1956年(昭和31年)国鉄・名鉄バスの市内線が開通される。 (昭和33年)01月01日 - 東春日井郡およびを編入。 1960年(昭和35年)市庁舎が鳥居松工廠跡より現鳥居松町5に移転された。 1962年(昭和37年)春日井市が「交通安全都市」を宣言する。 1963年(昭和38年)春日井市が「明るく正しい選挙都市」を宣言する。 1963年(昭和38年)人口が10万人を超える。 1964年(昭和39年)衛星プラントが完成する。 1964年(昭和39年)中部工業大学(現中部大学)が開学。 初代学長三浦幸平。 1966年(昭和41年)市立市民会館が完成する。 潮見坂平和公園に墓地の移転を開始する。 「明るく育つ青少年都市」を宣言する。 高蔵寺ニュータウンの住宅建設を開始する。 1967年(昭和42年)緑化都市を宣言する。 1968年(昭和43年)高蔵寺ニュータウンに1510戸が完成し、6月から第1次入居が開始される。 産業会館が開館する。 1969年(昭和44年)人口が15万人をこえる。 じんかい焼却場に90トンの焼却炉が完成する。 児童・交通遺児手当の支給を開始する。 1970年(昭和45年)交通児童遊園、老人福祉センターがオープン。 国道19号内津トンネルが開通される。 消防署西出張所が開所される。 1971年(昭和46年)公共下水道事業に着手する。 市立図書館が移転し、新築される。 1972年(昭和47年)遺児手当、養老年金の支給を開始する。 梅村義一氏に春日井市名誉市民の称号が贈られる。 1973年(昭和48年)市政施行が30周年を迎え、各種記念行事を行った。 市土地開発公社が発足する。 乳児・心身障害者の医療費を無料化する。 1974年(昭和49年)総合検診車すこやか号がお目見えになる。 消防庁舎が梅々坪町へ移転する。 人口が20万人を超える。 1975年(昭和50年)高蔵寺コミュニティ・センター、知多公民館、勤労福祉社会館を開館する。 市基本構想を策定する。 就床者特別給付金制度を新設する。 1976年(昭和51年)勝西浄化センター、清掃事務所が開所される。 市民プールがオープンする。 不要品活用銀行を開設する。 1977年(昭和52年)第1回春日井まつり、第1回市民納涼まつりが開催される。 1978年(昭和53年)市制施行35周年を迎える。 「春日井市民の誓い」を制定する。 生け垣設置奨励補助制度が新設される。 市内循環バスが開始される。 消防署東出張所が開所される。 1979年(昭和54年)国際児童年「子供のつどい」を開催する。 第1回クイーン春日井コンテストを開催する。 サイクリングロード(八田川・内津川)が開設される。 1980年(昭和55年)鷹来公民館が開館される。 緑のマスタープランを策定する。 救急医療情報システムがスタートする。 総合福祉センター(老人・障害者センター)がオープンする。 1981年(昭和56年)カナダ・ケローナ市と姉妹都市提携がされる。 春日井市民球場がオープンされる。 消防署北出張所が開所される。 春日井市道風記念館が開館される。 1982年(昭和57年)市民文化センターに美術棟がオープンされる。 春日井市少年自然の家が開所される。 坂下公民館が開館される。 人口が25万人を超える。 1983年(昭和58年)市制施行が40周年を迎える。 第1回新春マラソン大会が開催される。 東部市民センターがオープンされる。 高校総体ホッケー大会を開催する。 1984年(昭和59年)国道19号バイパス坂下町から内津口まで開通される。 新東谷橋が開通される。 デイ・サービスセンターが開設される。 春日井市総合計画が改定される。 1985年(昭和60年)高蔵寺地下道が開通される。 消防署南出張所が開所される。 平日夜間緊急医制が開始させる。 1986年(昭和61年)市道柏原線が全線開通する。 総合体育館がオープンされる。 1987年(昭和62年)味美ふれあいセンターがオープンされる。 住民情報システムが稼働される。 1988年(昭和63年)愛知環状鉄道が開業される。 高蔵寺ふれあいセンターがオープンされる。 市制施行が45周年を迎える。 1989年(平成元年)公立春日井小牧看護専門学校が開校される。 落合公園が「日本の都市公園100選」に選定される。 1990年(平成2年)「健康都市」を宣言する。 新市庁舎をオープンする。 丹羽兵助氏に名誉市民の称号が贈られる。 1991年(平成3年)姉妹都市提携が10周年を迎える。 クリーンセンターが稼働かれる。 台風18号により内津川が決壊する。 南部ふれあいセンターがオープンする。 人口が27万人を超える。 1992年(平成4年)第一希望の家を新築移転する。 緑化運動功労で春日井市が内閣総理大臣表彰を受賞する。 広報かすがいをA4判に刷新する。 1993年(平成5年)全国初立体換地ビルが勝川駅にオープンする。 市制施行が50周年を迎える。 フォリー(水の塔)・温水プール(サンフロッグ春日井)・緑と花の休憩所をオープンする。 (12年)02月25日 - の認証取得。 (平成13年)04月01日 - に移行。 2015年(平成27年)01月-春日井熊野桜佐土地区画整理事業に伴う試掘調査により新たな遺跡として、桜佐下五反田遺跡を発掘した。 行政 [ ] 市章 市長 [ ]• 市長:(いとう ふとし、2006年5月28日就任、4期目) 代 氏名 就任年月日 退任年月日 備考 初代 安達英一 1943年6月 1945年9月 2代 足立聰 1945年10月 1947年4月 1947年4月 1951年3月 公選最初の市長 3代 林重治 1951年5月1日 1955年4月30日 4代 梅村義一 1955年5月1日 1967年4月30日 5代 大野正男 1967年5月1日 1970年12月18日 環境衛生協会にからむ汚職事件により逮捕後、辞職 6代 小島克己 1971年2月7日 1975年2月6日 7代 鈴木義男 1975年2月7日 1991年2月6日 8代 1991年2月7日 2006年5月1日 健康上の理由により辞職 9代 2006年5月28日 現職 財政 [ ] 2019年度(平成31年度)当初予算案 会計名 予算額 前年度対比 一般会計 1,020億7,000万円 2. 8%増 特別会計 579億8,469万4千円 6. 9%増 企業会計 434億2,165万6千円 0. 3%減 全会計 2,034億7,635万円 0 0 0 3. 2%増 議会 [ ] 春日井市議会 [ ] 詳細は「」を参照• 定数:32人• 2008年9月議会において、定数を32人に削減することが議決された。 人口が30万人を突破したことにより、2011年4月に実施された市議選ではで定められた定数の上限は46人となり、これより14人も少なく、30万都市としては最小の議員数となった。 任期:2019年5月1日 - 2023年4月30日• 議長:友松孝雄(自由クラブ)• 選挙区:春日井市選挙区• 定数:4人• 投票日:2019年4月7日• 当日有権者数:251,338人• 投票率:34. 14% 候補者名 当落 年齢 所属党派 新旧別 得票数 神戸洋美 当 63 現 19,727票 日比雄将 当 45 無所属 現 18,553票 市川英男 当 52 現 17,816票 伊藤勝人 当 73 自由民主党 現 15,478票 内田謙 落 68 新 12,983票 2015年愛知県議会議員選挙• 選挙区:春日井市選挙区• 定数:4人• 投票日:2015年4月12日• 当日有権者数:242,898人• 投票率:37. 29% 候補者名 当落 年齢 所属党派 新旧別 得票数 日比雄将 当 41 現 17,124票 市川英男 当 48 現 16,953票 伊藤勝人 当 69 現 15,881票 神戸洋美 当 59 自由民主党 現 15,806票 柳沢けさ美 落 65 新 15,343票 水野義彦 落 56 新 8,338票 衆議院 [ ]• 選挙区: (春日井市、、、の一部)• 任期:2017年10月22日 - 2021年10月21日• 投票日:2017年10月22日• 当日有権者数:436,625人• 投票率:53. 幹部交番• 高蔵寺幹部交番(中央台2丁目) 交番• 坂下交番(坂下町3丁目)• 高蔵寺駅前交番(高蔵寺町3丁目)• 神領駅前交番(神領町2丁目)• 春日井駅前交番()• 松河戸交番(1丁目)• 勝川交番(勝川町7丁目)• 味美交番(西本町1丁目)• 春日井交番(宮町3丁目)• 鷹来交番(町屋町)• 東野交番(東野町4丁目)• 篠木交番(篠木町5丁目)• 柏原交番(柏原町5丁目) 駐在所• 内津駐在所(内津町)• 出川駐在所(出川町5丁目) 警察学校• 愛知県警察学校 消防 [ ]• ・春日井市消防署 出張所• 東出張所(藤山台10-3)• 西出張所(美濃町1-123)• 南出張所(3-6-2)• 北出張所(田楽町1290)• 高蔵寺出張所(高蔵寺町3-2-1)• - 1873年に開校。 - 1873年に開校。 - 1873年に開校。 - 1873年に開校。 - 1875年に開校。 - 1892年に開校。 - 1908年に開校。 - 1908年に開校。 - 1909年に開校。 - 1909年に開校。 - 1910年に開校。 - 1949年に開校。 - 1949年に開校。 - 1952年に開校。 - 1968年に開校。 - 1968年に開校。。 - 1969年に開校。 - 1970年に開校。 - 1971年に開校。 - 1972年に開校。 - 1972年に開校。 高蔵寺ニュータウン。 - 1973年に開校。 高蔵寺ニュータウン。 - 1974年に開校。 - 1976年に開校。 - 1976年に開校。 - 1977年に開校。 高蔵寺ニュータウン。 - 1978年に開校。 - 1979年に開校。 - 1979年に開校。 - 1979年に開校。 - 1980年に開校。 高蔵寺ニュータウン。 - 1980年に開校。 高蔵寺ニュータウン。 - 1980年に開校。 - 1982年に開校。 - 1983年に開校。 高蔵寺ニュータウン。 - 2002年に開校。 - 2007年に開校。 - 1971年に開校。 高蔵寺ニュータウン。 2013年3月に廃校となりに統合。 - 1973年に開校。 高蔵寺ニュータウン。 2016年3月に廃校となり春日井市立藤山台小学校に統合。 インターナショナルスクール [ ] 朝鮮学校• その他 [ ] 特別支援学校• 自動車学校• 昭和自動車学校• 名古屋自動車学校 春日井校• 県営名古屋空港(小牧空港) 通称「小牧空港」とも呼ばれるが、搭乗口を含めた空港敷地の大部分はにある。 行政区分上では西春日井郡豊山町、、 春日井市、()の3市1町にまたがっている。 のにあると姉妹空港提携をおこなっている。 都市名 国名・地域名 提携年月日 2016年(平成28年)10月18日 と姉妹提携調印 鉄道 [ ] 市の中心駅となる駅:・・。 高蔵寺ニュータウンなど、東部の住民は高蔵寺駅(JR駅に愛知環状鉄道が乗入)を利用する人が多い。 神領駅に快速は停車しないが、利用者は増えている。 名鉄小牧線の春日井駅はJRの春日井駅から大きく離れた場所にある全く別の駅であり、また味美駅も名鉄と城北線とは別の駅であり、接続していない。 勝川駅もJR駅と城北線の駅との距離が離れている。 名鉄小牧線は豊山町や小牧市との境に近い市西部を概ね南北に通っている。 市内の名鉄の駅は全て無人駅である。 密蔵院多宝塔 国指定文化財• 重要文化財(建造物): 密蔵院多宝塔(所有者:)• 重要文化財(彫刻): 木造薬師如来立像(所有者:密蔵院)• 重要文化財(絵画): 絹本著色聖宝像(所有者:)• 史跡: (管理者:春日井市) 県指定文化財• 建造物 内々神社社殿(3棟)附棟札11枚(所有者:)• 絵画: 紙本墨画縄衣文殊画像(所有者:瑞雲寺)• 絵画: 絹本著色呂洞賓の図(所有者:瑞雲寺)• 絵画: 絹本著色兜率天曼荼羅(所有者:)• 絵画: 絹本著色天台大師像(所有者:密蔵院)• 絵画: 絹本著色千手観音菩薩像(所有者:密蔵院)• 彫刻: 木造大日如来座像(所有者:)• 彫刻: 銅製仁王像(2躯)(所有者:密蔵院)• 彫刻: 木造十一面観音立像(所有者:密蔵院)• 工芸: 梵鐘(所有者:)• 工芸: 礼盤(2基)(所有者:密蔵院)• 書跡: 麗花集断簡(八幡切)つとめてまへの(所有者:春日井市)• 史跡: 小野道風誕生伝説地(管理者:春日井市)• 史跡: ・(管理者:白山神社)• 名勝: 内々神社庭園(所有者:)• 無形民俗文化財 (伝承者:小木田町源氏天流関田棒の手保存会) 市指定文化財 2019年2月現在73件。 (更新日2019年2月27日)を参照。 名所・旧跡 [ ] 城郭・砦・屋敷• (柏井城)• (の、の一人)• (初代長、反対運動の指導者、隊長)• (、の一人) 文化人 [ ]• (、組織委員会専務理事)• () 政治家 [ ]• (元) スポーツ選手 [ ]• (大相撲)• (選手)• (選手)• (所属)• (・選手)• (選手)• (・・旭豊)• (元)• (プロ野球選手)• (選手)• (選手 代表)• (プロ野球選手) 芸能人 [ ]• (モデル)• (アナウンサー)• (、)• (、)• (ライター、コラムニスト、編集者)• (、)• (監督)• (女優、元・元)• (アナウンサー)• (、、)• (お笑いタレント、のメンバー)• マイ(歌手、)• (アイドル、SKE48)• 松崎悦子(())グループで委嘱• (プロデューサー)• (、)• (、)• 脚注 [ ] []• 春日井市. 2018年8月26日閲覧。 春日井市 2018年5月3日• 『春日井の歴史物語』P13• 春日井市役所. 1993年6月1日 1993• 春日井教育委員会. 1989年3月 1989. 春日井市役所. 1986年6月1日 1986• トレンド'90春日井. 春日井市役所. 1990年6月1日• 春日井市制施行50周年記念事業記録誌. 春日井市役所. 1994年3月 1994• 春日井市. 2019年12月10日閲覧。 『中日新聞』1970年12月19日付朝刊、尾張版、8面。 『中日新聞』1971年2月8日付朝刊、尾張版、5面。 『中日新聞』2006年4月21日付朝刊、県内版、18面、「春日井市長選 伊藤市議が出馬を表明」。 春日井市役所 2019年2月21日. 2019年2月28日閲覧。 2019年1月12日閲覧。 NHKから国民を守る党. 2019年11月7日閲覧。 愛知県選挙管理委員会 2019年4月7日. 2019年4月7日閲覧。 愛知県選挙管理委員会 2015年4月12日. 2019年4月7日閲覧。 (あいちフレンドシップ交流アルバム)• [ ]• 更新日2018年8月3日• 更新日2018年8月3日 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 (日本語).

次の

春日井市立東部中学校

春日井 市 西部 中学校

と春日井市街地遠景 市域はとに広がっている。 初期まで市の西部にはが広がっていた。 市の南部にはが流れ、およびが市を横断している。 また、市の西部にはの一部があるほか、市庁舎や商工会議所および古くからの商店街が広がる。 一方、東部はをはじめとする大規模団地が開発され、名古屋市のとなっている。 に活躍したの出身地と言われており、また全国シェアの8割を占める実生のがである。 そのため、市は宣伝を兼ねて小野道風やサボテンをモチーフにしたのやグッズを制作。 小野道風の着ぐるみは、2008年(平成20年)から彦根市で開かれているゆるキャラ祭りに2009年(平成21年)に参加している他、サボテンの着ぐるみは三種類制作され 、2009年(平成21年)のから登場している。 サボテンを使ったや、やなど多くのがあり、2010年(平成22年)6月からはも売りだされた。 また、開催地としても知られる。 2017年(平成29年)には日本国内の内陸部として初めてが確認された。 2019年 平成31年 3月、ふるさと納税を巡り、高級自転車の返礼品を取りやめたことで在庫を抱え損害を受けたとして、名古屋市の自転車販売会社が市に対し、7500万円の賠償を求める訴訟を名古屋地裁に起こしている。 ふるさと納税に関する訴訟は、これが全国で初めてとされる。 また、春日井市は日本初のやが開業した街である。 また、中核市の移行条件を満たしているが現段階で移行予定は無い。 地理 [ ] 地蔵川 主な川• 繁田川 - 春日井市東部で、庄内川と合流する。 新繁田川 - 春日井市東部で、庄内川と合流する。 - 一部支流が春日井市東部で、本流が春日井市中部で、庄内川と合流する。 大谷川 - 春日井市東部で、内津川と合流する。 東大谷川• 生地川(または「生路川」) - 春日井市東部で、八田川と合流する。 - 春日井市中部で、八田川と合流する。 地蔵川(または「新地蔵川」) - と、との境で、と合流する。 位置 [ ]• 東端:東経137度05分51秒(木附町)• 西端:東経136度55分30秒(中野町)• 南端:北緯35度12分58秒(勝川町)• 北端:北緯35度20分23秒(西尾町) 市内の町名 [ ] を参照。 (、)• 市外局番 [ ] 市内全域で 0568(春日井。 小牧市・犬山市・・豊山町・瀬戸市鹿乗町も同じ)が用いられている。 歴史 [ ] 沿革 [ ] 原始の姿 今から500万年から200万年前、春日井は東海湖と呼ばれる湖の底にあり、現在の地形になったのは6000年前から1万年前になる。 春日井のあけぼの• 4500年前土器が作られる。 現存する春日井市の縄文遺跡の中で、土器を出土するものは篠木遺跡が知られている。 2000年前庄内川沿いで米づくりが始まる。 1800年前銅鐸が使われる。 銅鐸はその当時の集落で祭りに使う宝物のようなものだといわれている。 1400年前の6世紀初め頃に二子山古墳が誕生したと言われている。 古墳時代から奈良時代• 5世紀頃になり、勢力を持った族長が現れ、味美一帯に多くの古墳が造られた。 中でも6世紀初めごろに造られた二子山古墳は全長94mの前方後円墳であり、県内でも5本の指に入る規模である。 1400年前下原で焼きものが作られる。 春日部郡となる。 条里制の村ができる。 奈良時代から平安時代• 722年(養老5年)円福寺が創建される。 泰岳寺本堂• 1489年(延徳元年)林昌寺の鐘が造られる。 1494年(明応3年)「十五の森」の伝説にある悲劇が起こる。 1584年(天正12年)小牧長久手の戦いが起こる。 江戸時代初めの頃の春日井市の西半分ほどは、春日井原と呼ばれ人の住めない荒野になってた。 春日井原に最も早く人が住み着いたのは、朝宮というところで、ここには昔から和爾清水と呼ばれる泉があり。 人々はこの湧き水を利用して水田を開いた。 これが現在の春日井市の起源である、春日井原開墾の始まりであるといわれている。 1603年(慶長8年)検地が行われた。 1623年(元和9年)名古屋・小牧・犬山を結ぶ稲城街道(上街道)が、春日井原の西に開通し交通の便が良くなった。 1633年(寛永10年)入鹿用水ができる。 1637年(寛永14年)坂下新町ができる。 1644年(寛永21年)退休寺が創建される。 1664年(寛文4年)新木津用水ができる。 1669年(寛文9年)高貝用水ができる。 1672年(寛文12年)春日井原新田、小川彦右衛門神明社が出来る。 1716年(享保元年)下街道が旅人で賑わう。 1729年(享保14年)玉野用水ができる 近代から現代• 1871年(明治4年)春日井一揆が起こる。 1900年(明治33年)春日井で初めて鉄道が開通され、名古屋から多治見までの中央線の一部が庄内川にそって敷かれ、勝川駅と高蔵寺駅が造られた。 1927年(昭和2年)鳥居松駅(現在の春日井駅)が造られる。 1938年(昭和13年)名古屋第一工学校(現中部大学第一高等学校)の設置認可。 三浦学園が創立される。 創立者三浦幸平。 (18年)06月01日 - 、、、が合併し市制施行。 これは、の鳥居松製造所、鷹来製造所、鷹来製造所西山分廠を効率的に運用するために実施された。 1944年(昭和19年)市庁舎が現鳥居松町5に移転された。 (20年)3月11日 - 春日井市立工業学校 現在の愛知県立 設立• 1945年(昭和20年)3月25日 鳥居松・鷹来両工しょうは、空襲により被害を受け、8月15日の終戦により、軍需都市としての目標を失う。 1946年(昭和21年)農業の振興のため、農業試験場を設置する。 1953年(昭和28年)人口が5万人を超える。 1954年(昭和29年)小野道風誕生地が県の文化遺産に指定される。 1955年(昭和30年)市立老人ホームを開設する。 1956年(昭和31年)国鉄・名鉄バスの市内線が開通される。 (昭和33年)01月01日 - 東春日井郡およびを編入。 1960年(昭和35年)市庁舎が鳥居松工廠跡より現鳥居松町5に移転された。 1962年(昭和37年)春日井市が「交通安全都市」を宣言する。 1963年(昭和38年)春日井市が「明るく正しい選挙都市」を宣言する。 1963年(昭和38年)人口が10万人を超える。 1964年(昭和39年)衛星プラントが完成する。 1964年(昭和39年)中部工業大学(現中部大学)が開学。 初代学長三浦幸平。 1966年(昭和41年)市立市民会館が完成する。 潮見坂平和公園に墓地の移転を開始する。 「明るく育つ青少年都市」を宣言する。 高蔵寺ニュータウンの住宅建設を開始する。 1967年(昭和42年)緑化都市を宣言する。 1968年(昭和43年)高蔵寺ニュータウンに1510戸が完成し、6月から第1次入居が開始される。 産業会館が開館する。 1969年(昭和44年)人口が15万人をこえる。 じんかい焼却場に90トンの焼却炉が完成する。 児童・交通遺児手当の支給を開始する。 1970年(昭和45年)交通児童遊園、老人福祉センターがオープン。 国道19号内津トンネルが開通される。 消防署西出張所が開所される。 1971年(昭和46年)公共下水道事業に着手する。 市立図書館が移転し、新築される。 1972年(昭和47年)遺児手当、養老年金の支給を開始する。 梅村義一氏に春日井市名誉市民の称号が贈られる。 1973年(昭和48年)市政施行が30周年を迎え、各種記念行事を行った。 市土地開発公社が発足する。 乳児・心身障害者の医療費を無料化する。 1974年(昭和49年)総合検診車すこやか号がお目見えになる。 消防庁舎が梅々坪町へ移転する。 人口が20万人を超える。 1975年(昭和50年)高蔵寺コミュニティ・センター、知多公民館、勤労福祉社会館を開館する。 市基本構想を策定する。 就床者特別給付金制度を新設する。 1976年(昭和51年)勝西浄化センター、清掃事務所が開所される。 市民プールがオープンする。 不要品活用銀行を開設する。 1977年(昭和52年)第1回春日井まつり、第1回市民納涼まつりが開催される。 1978年(昭和53年)市制施行35周年を迎える。 「春日井市民の誓い」を制定する。 生け垣設置奨励補助制度が新設される。 市内循環バスが開始される。 消防署東出張所が開所される。 1979年(昭和54年)国際児童年「子供のつどい」を開催する。 第1回クイーン春日井コンテストを開催する。 サイクリングロード(八田川・内津川)が開設される。 1980年(昭和55年)鷹来公民館が開館される。 緑のマスタープランを策定する。 救急医療情報システムがスタートする。 総合福祉センター(老人・障害者センター)がオープンする。 1981年(昭和56年)カナダ・ケローナ市と姉妹都市提携がされる。 春日井市民球場がオープンされる。 消防署北出張所が開所される。 春日井市道風記念館が開館される。 1982年(昭和57年)市民文化センターに美術棟がオープンされる。 春日井市少年自然の家が開所される。 坂下公民館が開館される。 人口が25万人を超える。 1983年(昭和58年)市制施行が40周年を迎える。 第1回新春マラソン大会が開催される。 東部市民センターがオープンされる。 高校総体ホッケー大会を開催する。 1984年(昭和59年)国道19号バイパス坂下町から内津口まで開通される。 新東谷橋が開通される。 デイ・サービスセンターが開設される。 春日井市総合計画が改定される。 1985年(昭和60年)高蔵寺地下道が開通される。 消防署南出張所が開所される。 平日夜間緊急医制が開始させる。 1986年(昭和61年)市道柏原線が全線開通する。 総合体育館がオープンされる。 1987年(昭和62年)味美ふれあいセンターがオープンされる。 住民情報システムが稼働される。 1988年(昭和63年)愛知環状鉄道が開業される。 高蔵寺ふれあいセンターがオープンされる。 市制施行が45周年を迎える。 1989年(平成元年)公立春日井小牧看護専門学校が開校される。 落合公園が「日本の都市公園100選」に選定される。 1990年(平成2年)「健康都市」を宣言する。 新市庁舎をオープンする。 丹羽兵助氏に名誉市民の称号が贈られる。 1991年(平成3年)姉妹都市提携が10周年を迎える。 クリーンセンターが稼働かれる。 台風18号により内津川が決壊する。 南部ふれあいセンターがオープンする。 人口が27万人を超える。 1992年(平成4年)第一希望の家を新築移転する。 緑化運動功労で春日井市が内閣総理大臣表彰を受賞する。 広報かすがいをA4判に刷新する。 1993年(平成5年)全国初立体換地ビルが勝川駅にオープンする。 市制施行が50周年を迎える。 フォリー(水の塔)・温水プール(サンフロッグ春日井)・緑と花の休憩所をオープンする。 (12年)02月25日 - の認証取得。 (平成13年)04月01日 - に移行。 2015年(平成27年)01月-春日井熊野桜佐土地区画整理事業に伴う試掘調査により新たな遺跡として、桜佐下五反田遺跡を発掘した。 行政 [ ] 市章 市長 [ ]• 市長:(いとう ふとし、2006年5月28日就任、4期目) 代 氏名 就任年月日 退任年月日 備考 初代 安達英一 1943年6月 1945年9月 2代 足立聰 1945年10月 1947年4月 1947年4月 1951年3月 公選最初の市長 3代 林重治 1951年5月1日 1955年4月30日 4代 梅村義一 1955年5月1日 1967年4月30日 5代 大野正男 1967年5月1日 1970年12月18日 環境衛生協会にからむ汚職事件により逮捕後、辞職 6代 小島克己 1971年2月7日 1975年2月6日 7代 鈴木義男 1975年2月7日 1991年2月6日 8代 1991年2月7日 2006年5月1日 健康上の理由により辞職 9代 2006年5月28日 現職 財政 [ ] 2019年度(平成31年度)当初予算案 会計名 予算額 前年度対比 一般会計 1,020億7,000万円 2. 8%増 特別会計 579億8,469万4千円 6. 9%増 企業会計 434億2,165万6千円 0. 3%減 全会計 2,034億7,635万円 0 0 0 3. 2%増 議会 [ ] 春日井市議会 [ ] 詳細は「」を参照• 定数:32人• 2008年9月議会において、定数を32人に削減することが議決された。 人口が30万人を突破したことにより、2011年4月に実施された市議選ではで定められた定数の上限は46人となり、これより14人も少なく、30万都市としては最小の議員数となった。 任期:2019年5月1日 - 2023年4月30日• 議長:友松孝雄(自由クラブ)• 選挙区:春日井市選挙区• 定数:4人• 投票日:2019年4月7日• 当日有権者数:251,338人• 投票率:34. 14% 候補者名 当落 年齢 所属党派 新旧別 得票数 神戸洋美 当 63 現 19,727票 日比雄将 当 45 無所属 現 18,553票 市川英男 当 52 現 17,816票 伊藤勝人 当 73 自由民主党 現 15,478票 内田謙 落 68 新 12,983票 2015年愛知県議会議員選挙• 選挙区:春日井市選挙区• 定数:4人• 投票日:2015年4月12日• 当日有権者数:242,898人• 投票率:37. 29% 候補者名 当落 年齢 所属党派 新旧別 得票数 日比雄将 当 41 現 17,124票 市川英男 当 48 現 16,953票 伊藤勝人 当 69 現 15,881票 神戸洋美 当 59 自由民主党 現 15,806票 柳沢けさ美 落 65 新 15,343票 水野義彦 落 56 新 8,338票 衆議院 [ ]• 選挙区: (春日井市、、、の一部)• 任期:2017年10月22日 - 2021年10月21日• 投票日:2017年10月22日• 当日有権者数:436,625人• 投票率:53. 幹部交番• 高蔵寺幹部交番(中央台2丁目) 交番• 坂下交番(坂下町3丁目)• 高蔵寺駅前交番(高蔵寺町3丁目)• 神領駅前交番(神領町2丁目)• 春日井駅前交番()• 松河戸交番(1丁目)• 勝川交番(勝川町7丁目)• 味美交番(西本町1丁目)• 春日井交番(宮町3丁目)• 鷹来交番(町屋町)• 東野交番(東野町4丁目)• 篠木交番(篠木町5丁目)• 柏原交番(柏原町5丁目) 駐在所• 内津駐在所(内津町)• 出川駐在所(出川町5丁目) 警察学校• 愛知県警察学校 消防 [ ]• ・春日井市消防署 出張所• 東出張所(藤山台10-3)• 西出張所(美濃町1-123)• 南出張所(3-6-2)• 北出張所(田楽町1290)• 高蔵寺出張所(高蔵寺町3-2-1)• - 1873年に開校。 - 1873年に開校。 - 1873年に開校。 - 1873年に開校。 - 1875年に開校。 - 1892年に開校。 - 1908年に開校。 - 1908年に開校。 - 1909年に開校。 - 1909年に開校。 - 1910年に開校。 - 1949年に開校。 - 1949年に開校。 - 1952年に開校。 - 1968年に開校。 - 1968年に開校。。 - 1969年に開校。 - 1970年に開校。 - 1971年に開校。 - 1972年に開校。 - 1972年に開校。 高蔵寺ニュータウン。 - 1973年に開校。 高蔵寺ニュータウン。 - 1974年に開校。 - 1976年に開校。 - 1976年に開校。 - 1977年に開校。 高蔵寺ニュータウン。 - 1978年に開校。 - 1979年に開校。 - 1979年に開校。 - 1979年に開校。 - 1980年に開校。 高蔵寺ニュータウン。 - 1980年に開校。 高蔵寺ニュータウン。 - 1980年に開校。 - 1982年に開校。 - 1983年に開校。 高蔵寺ニュータウン。 - 2002年に開校。 - 2007年に開校。 - 1971年に開校。 高蔵寺ニュータウン。 2013年3月に廃校となりに統合。 - 1973年に開校。 高蔵寺ニュータウン。 2016年3月に廃校となり春日井市立藤山台小学校に統合。 インターナショナルスクール [ ] 朝鮮学校• その他 [ ] 特別支援学校• 自動車学校• 昭和自動車学校• 名古屋自動車学校 春日井校• 県営名古屋空港(小牧空港) 通称「小牧空港」とも呼ばれるが、搭乗口を含めた空港敷地の大部分はにある。 行政区分上では西春日井郡豊山町、、 春日井市、()の3市1町にまたがっている。 のにあると姉妹空港提携をおこなっている。 都市名 国名・地域名 提携年月日 2016年(平成28年)10月18日 と姉妹提携調印 鉄道 [ ] 市の中心駅となる駅:・・。 高蔵寺ニュータウンなど、東部の住民は高蔵寺駅(JR駅に愛知環状鉄道が乗入)を利用する人が多い。 神領駅に快速は停車しないが、利用者は増えている。 名鉄小牧線の春日井駅はJRの春日井駅から大きく離れた場所にある全く別の駅であり、また味美駅も名鉄と城北線とは別の駅であり、接続していない。 勝川駅もJR駅と城北線の駅との距離が離れている。 名鉄小牧線は豊山町や小牧市との境に近い市西部を概ね南北に通っている。 市内の名鉄の駅は全て無人駅である。 密蔵院多宝塔 国指定文化財• 重要文化財(建造物): 密蔵院多宝塔(所有者:)• 重要文化財(彫刻): 木造薬師如来立像(所有者:密蔵院)• 重要文化財(絵画): 絹本著色聖宝像(所有者:)• 史跡: (管理者:春日井市) 県指定文化財• 建造物 内々神社社殿(3棟)附棟札11枚(所有者:)• 絵画: 紙本墨画縄衣文殊画像(所有者:瑞雲寺)• 絵画: 絹本著色呂洞賓の図(所有者:瑞雲寺)• 絵画: 絹本著色兜率天曼荼羅(所有者:)• 絵画: 絹本著色天台大師像(所有者:密蔵院)• 絵画: 絹本著色千手観音菩薩像(所有者:密蔵院)• 彫刻: 木造大日如来座像(所有者:)• 彫刻: 銅製仁王像(2躯)(所有者:密蔵院)• 彫刻: 木造十一面観音立像(所有者:密蔵院)• 工芸: 梵鐘(所有者:)• 工芸: 礼盤(2基)(所有者:密蔵院)• 書跡: 麗花集断簡(八幡切)つとめてまへの(所有者:春日井市)• 史跡: 小野道風誕生伝説地(管理者:春日井市)• 史跡: ・(管理者:白山神社)• 名勝: 内々神社庭園(所有者:)• 無形民俗文化財 (伝承者:小木田町源氏天流関田棒の手保存会) 市指定文化財 2019年2月現在73件。 (更新日2019年2月27日)を参照。 名所・旧跡 [ ] 城郭・砦・屋敷• (柏井城)• (の、の一人)• (初代長、反対運動の指導者、隊長)• (、の一人) 文化人 [ ]• (、組織委員会専務理事)• () 政治家 [ ]• (元) スポーツ選手 [ ]• (大相撲)• (選手)• (選手)• (所属)• (・選手)• (選手)• (・・旭豊)• (元)• (プロ野球選手)• (選手)• (選手 代表)• (プロ野球選手) 芸能人 [ ]• (モデル)• (アナウンサー)• (、)• (、)• (ライター、コラムニスト、編集者)• (、)• (監督)• (女優、元・元)• (アナウンサー)• (、、)• (お笑いタレント、のメンバー)• マイ(歌手、)• (アイドル、SKE48)• 松崎悦子(())グループで委嘱• (プロデューサー)• (、)• (、)• 脚注 [ ] []• 春日井市. 2018年8月26日閲覧。 春日井市 2018年5月3日• 『春日井の歴史物語』P13• 春日井市役所. 1993年6月1日 1993• 春日井教育委員会. 1989年3月 1989. 春日井市役所. 1986年6月1日 1986• トレンド'90春日井. 春日井市役所. 1990年6月1日• 春日井市制施行50周年記念事業記録誌. 春日井市役所. 1994年3月 1994• 春日井市. 2019年12月10日閲覧。 『中日新聞』1970年12月19日付朝刊、尾張版、8面。 『中日新聞』1971年2月8日付朝刊、尾張版、5面。 『中日新聞』2006年4月21日付朝刊、県内版、18面、「春日井市長選 伊藤市議が出馬を表明」。 春日井市役所 2019年2月21日. 2019年2月28日閲覧。 2019年1月12日閲覧。 NHKから国民を守る党. 2019年11月7日閲覧。 愛知県選挙管理委員会 2019年4月7日. 2019年4月7日閲覧。 愛知県選挙管理委員会 2015年4月12日. 2019年4月7日閲覧。 (あいちフレンドシップ交流アルバム)• [ ]• 更新日2018年8月3日• 更新日2018年8月3日 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 (日本語).

次の

施設案内 中学校|春日井市公式ホームページ

春日井 市 西部 中学校

と春日井市街地遠景 市域はとに広がっている。 初期まで市の西部にはが広がっていた。 市の南部にはが流れ、およびが市を横断している。 また、市の西部にはの一部があるほか、市庁舎や商工会議所および古くからの商店街が広がる。 一方、東部はをはじめとする大規模団地が開発され、名古屋市のとなっている。 に活躍したの出身地と言われており、また全国シェアの8割を占める実生のがである。 そのため、市は宣伝を兼ねて小野道風やサボテンをモチーフにしたのやグッズを制作。 小野道風の着ぐるみは、2008年(平成20年)から彦根市で開かれているゆるキャラ祭りに2009年(平成21年)に参加している他、サボテンの着ぐるみは三種類制作され 、2009年(平成21年)のから登場している。 サボテンを使ったや、やなど多くのがあり、2010年(平成22年)6月からはも売りだされた。 また、開催地としても知られる。 2017年(平成29年)には日本国内の内陸部として初めてが確認された。 2019年 平成31年 3月、ふるさと納税を巡り、高級自転車の返礼品を取りやめたことで在庫を抱え損害を受けたとして、名古屋市の自転車販売会社が市に対し、7500万円の賠償を求める訴訟を名古屋地裁に起こしている。 ふるさと納税に関する訴訟は、これが全国で初めてとされる。 また、春日井市は日本初のやが開業した街である。 また、中核市の移行条件を満たしているが現段階で移行予定は無い。 地理 [ ] 地蔵川 主な川• 繁田川 - 春日井市東部で、庄内川と合流する。 新繁田川 - 春日井市東部で、庄内川と合流する。 - 一部支流が春日井市東部で、本流が春日井市中部で、庄内川と合流する。 大谷川 - 春日井市東部で、内津川と合流する。 東大谷川• 生地川(または「生路川」) - 春日井市東部で、八田川と合流する。 - 春日井市中部で、八田川と合流する。 地蔵川(または「新地蔵川」) - と、との境で、と合流する。 位置 [ ]• 東端:東経137度05分51秒(木附町)• 西端:東経136度55分30秒(中野町)• 南端:北緯35度12分58秒(勝川町)• 北端:北緯35度20分23秒(西尾町) 市内の町名 [ ] を参照。 (、)• 市外局番 [ ] 市内全域で 0568(春日井。 小牧市・犬山市・・豊山町・瀬戸市鹿乗町も同じ)が用いられている。 歴史 [ ] 沿革 [ ] 原始の姿 今から500万年から200万年前、春日井は東海湖と呼ばれる湖の底にあり、現在の地形になったのは6000年前から1万年前になる。 春日井のあけぼの• 4500年前土器が作られる。 現存する春日井市の縄文遺跡の中で、土器を出土するものは篠木遺跡が知られている。 2000年前庄内川沿いで米づくりが始まる。 1800年前銅鐸が使われる。 銅鐸はその当時の集落で祭りに使う宝物のようなものだといわれている。 1400年前の6世紀初め頃に二子山古墳が誕生したと言われている。 古墳時代から奈良時代• 5世紀頃になり、勢力を持った族長が現れ、味美一帯に多くの古墳が造られた。 中でも6世紀初めごろに造られた二子山古墳は全長94mの前方後円墳であり、県内でも5本の指に入る規模である。 1400年前下原で焼きものが作られる。 春日部郡となる。 条里制の村ができる。 奈良時代から平安時代• 722年(養老5年)円福寺が創建される。 泰岳寺本堂• 1489年(延徳元年)林昌寺の鐘が造られる。 1494年(明応3年)「十五の森」の伝説にある悲劇が起こる。 1584年(天正12年)小牧長久手の戦いが起こる。 江戸時代初めの頃の春日井市の西半分ほどは、春日井原と呼ばれ人の住めない荒野になってた。 春日井原に最も早く人が住み着いたのは、朝宮というところで、ここには昔から和爾清水と呼ばれる泉があり。 人々はこの湧き水を利用して水田を開いた。 これが現在の春日井市の起源である、春日井原開墾の始まりであるといわれている。 1603年(慶長8年)検地が行われた。 1623年(元和9年)名古屋・小牧・犬山を結ぶ稲城街道(上街道)が、春日井原の西に開通し交通の便が良くなった。 1633年(寛永10年)入鹿用水ができる。 1637年(寛永14年)坂下新町ができる。 1644年(寛永21年)退休寺が創建される。 1664年(寛文4年)新木津用水ができる。 1669年(寛文9年)高貝用水ができる。 1672年(寛文12年)春日井原新田、小川彦右衛門神明社が出来る。 1716年(享保元年)下街道が旅人で賑わう。 1729年(享保14年)玉野用水ができる 近代から現代• 1871年(明治4年)春日井一揆が起こる。 1900年(明治33年)春日井で初めて鉄道が開通され、名古屋から多治見までの中央線の一部が庄内川にそって敷かれ、勝川駅と高蔵寺駅が造られた。 1927年(昭和2年)鳥居松駅(現在の春日井駅)が造られる。 1938年(昭和13年)名古屋第一工学校(現中部大学第一高等学校)の設置認可。 三浦学園が創立される。 創立者三浦幸平。 (18年)06月01日 - 、、、が合併し市制施行。 これは、の鳥居松製造所、鷹来製造所、鷹来製造所西山分廠を効率的に運用するために実施された。 1944年(昭和19年)市庁舎が現鳥居松町5に移転された。 (20年)3月11日 - 春日井市立工業学校 現在の愛知県立 設立• 1945年(昭和20年)3月25日 鳥居松・鷹来両工しょうは、空襲により被害を受け、8月15日の終戦により、軍需都市としての目標を失う。 1946年(昭和21年)農業の振興のため、農業試験場を設置する。 1953年(昭和28年)人口が5万人を超える。 1954年(昭和29年)小野道風誕生地が県の文化遺産に指定される。 1955年(昭和30年)市立老人ホームを開設する。 1956年(昭和31年)国鉄・名鉄バスの市内線が開通される。 (昭和33年)01月01日 - 東春日井郡およびを編入。 1960年(昭和35年)市庁舎が鳥居松工廠跡より現鳥居松町5に移転された。 1962年(昭和37年)春日井市が「交通安全都市」を宣言する。 1963年(昭和38年)春日井市が「明るく正しい選挙都市」を宣言する。 1963年(昭和38年)人口が10万人を超える。 1964年(昭和39年)衛星プラントが完成する。 1964年(昭和39年)中部工業大学(現中部大学)が開学。 初代学長三浦幸平。 1966年(昭和41年)市立市民会館が完成する。 潮見坂平和公園に墓地の移転を開始する。 「明るく育つ青少年都市」を宣言する。 高蔵寺ニュータウンの住宅建設を開始する。 1967年(昭和42年)緑化都市を宣言する。 1968年(昭和43年)高蔵寺ニュータウンに1510戸が完成し、6月から第1次入居が開始される。 産業会館が開館する。 1969年(昭和44年)人口が15万人をこえる。 じんかい焼却場に90トンの焼却炉が完成する。 児童・交通遺児手当の支給を開始する。 1970年(昭和45年)交通児童遊園、老人福祉センターがオープン。 国道19号内津トンネルが開通される。 消防署西出張所が開所される。 1971年(昭和46年)公共下水道事業に着手する。 市立図書館が移転し、新築される。 1972年(昭和47年)遺児手当、養老年金の支給を開始する。 梅村義一氏に春日井市名誉市民の称号が贈られる。 1973年(昭和48年)市政施行が30周年を迎え、各種記念行事を行った。 市土地開発公社が発足する。 乳児・心身障害者の医療費を無料化する。 1974年(昭和49年)総合検診車すこやか号がお目見えになる。 消防庁舎が梅々坪町へ移転する。 人口が20万人を超える。 1975年(昭和50年)高蔵寺コミュニティ・センター、知多公民館、勤労福祉社会館を開館する。 市基本構想を策定する。 就床者特別給付金制度を新設する。 1976年(昭和51年)勝西浄化センター、清掃事務所が開所される。 市民プールがオープンする。 不要品活用銀行を開設する。 1977年(昭和52年)第1回春日井まつり、第1回市民納涼まつりが開催される。 1978年(昭和53年)市制施行35周年を迎える。 「春日井市民の誓い」を制定する。 生け垣設置奨励補助制度が新設される。 市内循環バスが開始される。 消防署東出張所が開所される。 1979年(昭和54年)国際児童年「子供のつどい」を開催する。 第1回クイーン春日井コンテストを開催する。 サイクリングロード(八田川・内津川)が開設される。 1980年(昭和55年)鷹来公民館が開館される。 緑のマスタープランを策定する。 救急医療情報システムがスタートする。 総合福祉センター(老人・障害者センター)がオープンする。 1981年(昭和56年)カナダ・ケローナ市と姉妹都市提携がされる。 春日井市民球場がオープンされる。 消防署北出張所が開所される。 春日井市道風記念館が開館される。 1982年(昭和57年)市民文化センターに美術棟がオープンされる。 春日井市少年自然の家が開所される。 坂下公民館が開館される。 人口が25万人を超える。 1983年(昭和58年)市制施行が40周年を迎える。 第1回新春マラソン大会が開催される。 東部市民センターがオープンされる。 高校総体ホッケー大会を開催する。 1984年(昭和59年)国道19号バイパス坂下町から内津口まで開通される。 新東谷橋が開通される。 デイ・サービスセンターが開設される。 春日井市総合計画が改定される。 1985年(昭和60年)高蔵寺地下道が開通される。 消防署南出張所が開所される。 平日夜間緊急医制が開始させる。 1986年(昭和61年)市道柏原線が全線開通する。 総合体育館がオープンされる。 1987年(昭和62年)味美ふれあいセンターがオープンされる。 住民情報システムが稼働される。 1988年(昭和63年)愛知環状鉄道が開業される。 高蔵寺ふれあいセンターがオープンされる。 市制施行が45周年を迎える。 1989年(平成元年)公立春日井小牧看護専門学校が開校される。 落合公園が「日本の都市公園100選」に選定される。 1990年(平成2年)「健康都市」を宣言する。 新市庁舎をオープンする。 丹羽兵助氏に名誉市民の称号が贈られる。 1991年(平成3年)姉妹都市提携が10周年を迎える。 クリーンセンターが稼働かれる。 台風18号により内津川が決壊する。 南部ふれあいセンターがオープンする。 人口が27万人を超える。 1992年(平成4年)第一希望の家を新築移転する。 緑化運動功労で春日井市が内閣総理大臣表彰を受賞する。 広報かすがいをA4判に刷新する。 1993年(平成5年)全国初立体換地ビルが勝川駅にオープンする。 市制施行が50周年を迎える。 フォリー(水の塔)・温水プール(サンフロッグ春日井)・緑と花の休憩所をオープンする。 (12年)02月25日 - の認証取得。 (平成13年)04月01日 - に移行。 2015年(平成27年)01月-春日井熊野桜佐土地区画整理事業に伴う試掘調査により新たな遺跡として、桜佐下五反田遺跡を発掘した。 行政 [ ] 市章 市長 [ ]• 市長:(いとう ふとし、2006年5月28日就任、4期目) 代 氏名 就任年月日 退任年月日 備考 初代 安達英一 1943年6月 1945年9月 2代 足立聰 1945年10月 1947年4月 1947年4月 1951年3月 公選最初の市長 3代 林重治 1951年5月1日 1955年4月30日 4代 梅村義一 1955年5月1日 1967年4月30日 5代 大野正男 1967年5月1日 1970年12月18日 環境衛生協会にからむ汚職事件により逮捕後、辞職 6代 小島克己 1971年2月7日 1975年2月6日 7代 鈴木義男 1975年2月7日 1991年2月6日 8代 1991年2月7日 2006年5月1日 健康上の理由により辞職 9代 2006年5月28日 現職 財政 [ ] 2019年度(平成31年度)当初予算案 会計名 予算額 前年度対比 一般会計 1,020億7,000万円 2. 8%増 特別会計 579億8,469万4千円 6. 9%増 企業会計 434億2,165万6千円 0. 3%減 全会計 2,034億7,635万円 0 0 0 3. 2%増 議会 [ ] 春日井市議会 [ ] 詳細は「」を参照• 定数:32人• 2008年9月議会において、定数を32人に削減することが議決された。 人口が30万人を突破したことにより、2011年4月に実施された市議選ではで定められた定数の上限は46人となり、これより14人も少なく、30万都市としては最小の議員数となった。 任期:2019年5月1日 - 2023年4月30日• 議長:友松孝雄(自由クラブ)• 選挙区:春日井市選挙区• 定数:4人• 投票日:2019年4月7日• 当日有権者数:251,338人• 投票率:34. 14% 候補者名 当落 年齢 所属党派 新旧別 得票数 神戸洋美 当 63 現 19,727票 日比雄将 当 45 無所属 現 18,553票 市川英男 当 52 現 17,816票 伊藤勝人 当 73 自由民主党 現 15,478票 内田謙 落 68 新 12,983票 2015年愛知県議会議員選挙• 選挙区:春日井市選挙区• 定数:4人• 投票日:2015年4月12日• 当日有権者数:242,898人• 投票率:37. 29% 候補者名 当落 年齢 所属党派 新旧別 得票数 日比雄将 当 41 現 17,124票 市川英男 当 48 現 16,953票 伊藤勝人 当 69 現 15,881票 神戸洋美 当 59 自由民主党 現 15,806票 柳沢けさ美 落 65 新 15,343票 水野義彦 落 56 新 8,338票 衆議院 [ ]• 選挙区: (春日井市、、、の一部)• 任期:2017年10月22日 - 2021年10月21日• 投票日:2017年10月22日• 当日有権者数:436,625人• 投票率:53. 幹部交番• 高蔵寺幹部交番(中央台2丁目) 交番• 坂下交番(坂下町3丁目)• 高蔵寺駅前交番(高蔵寺町3丁目)• 神領駅前交番(神領町2丁目)• 春日井駅前交番()• 松河戸交番(1丁目)• 勝川交番(勝川町7丁目)• 味美交番(西本町1丁目)• 春日井交番(宮町3丁目)• 鷹来交番(町屋町)• 東野交番(東野町4丁目)• 篠木交番(篠木町5丁目)• 柏原交番(柏原町5丁目) 駐在所• 内津駐在所(内津町)• 出川駐在所(出川町5丁目) 警察学校• 愛知県警察学校 消防 [ ]• ・春日井市消防署 出張所• 東出張所(藤山台10-3)• 西出張所(美濃町1-123)• 南出張所(3-6-2)• 北出張所(田楽町1290)• 高蔵寺出張所(高蔵寺町3-2-1)• - 1873年に開校。 - 1873年に開校。 - 1873年に開校。 - 1873年に開校。 - 1875年に開校。 - 1892年に開校。 - 1908年に開校。 - 1908年に開校。 - 1909年に開校。 - 1909年に開校。 - 1910年に開校。 - 1949年に開校。 - 1949年に開校。 - 1952年に開校。 - 1968年に開校。 - 1968年に開校。。 - 1969年に開校。 - 1970年に開校。 - 1971年に開校。 - 1972年に開校。 - 1972年に開校。 高蔵寺ニュータウン。 - 1973年に開校。 高蔵寺ニュータウン。 - 1974年に開校。 - 1976年に開校。 - 1976年に開校。 - 1977年に開校。 高蔵寺ニュータウン。 - 1978年に開校。 - 1979年に開校。 - 1979年に開校。 - 1979年に開校。 - 1980年に開校。 高蔵寺ニュータウン。 - 1980年に開校。 高蔵寺ニュータウン。 - 1980年に開校。 - 1982年に開校。 - 1983年に開校。 高蔵寺ニュータウン。 - 2002年に開校。 - 2007年に開校。 - 1971年に開校。 高蔵寺ニュータウン。 2013年3月に廃校となりに統合。 - 1973年に開校。 高蔵寺ニュータウン。 2016年3月に廃校となり春日井市立藤山台小学校に統合。 インターナショナルスクール [ ] 朝鮮学校• その他 [ ] 特別支援学校• 自動車学校• 昭和自動車学校• 名古屋自動車学校 春日井校• 県営名古屋空港(小牧空港) 通称「小牧空港」とも呼ばれるが、搭乗口を含めた空港敷地の大部分はにある。 行政区分上では西春日井郡豊山町、、 春日井市、()の3市1町にまたがっている。 のにあると姉妹空港提携をおこなっている。 都市名 国名・地域名 提携年月日 2016年(平成28年)10月18日 と姉妹提携調印 鉄道 [ ] 市の中心駅となる駅:・・。 高蔵寺ニュータウンなど、東部の住民は高蔵寺駅(JR駅に愛知環状鉄道が乗入)を利用する人が多い。 神領駅に快速は停車しないが、利用者は増えている。 名鉄小牧線の春日井駅はJRの春日井駅から大きく離れた場所にある全く別の駅であり、また味美駅も名鉄と城北線とは別の駅であり、接続していない。 勝川駅もJR駅と城北線の駅との距離が離れている。 名鉄小牧線は豊山町や小牧市との境に近い市西部を概ね南北に通っている。 市内の名鉄の駅は全て無人駅である。 密蔵院多宝塔 国指定文化財• 重要文化財(建造物): 密蔵院多宝塔(所有者:)• 重要文化財(彫刻): 木造薬師如来立像(所有者:密蔵院)• 重要文化財(絵画): 絹本著色聖宝像(所有者:)• 史跡: (管理者:春日井市) 県指定文化財• 建造物 内々神社社殿(3棟)附棟札11枚(所有者:)• 絵画: 紙本墨画縄衣文殊画像(所有者:瑞雲寺)• 絵画: 絹本著色呂洞賓の図(所有者:瑞雲寺)• 絵画: 絹本著色兜率天曼荼羅(所有者:)• 絵画: 絹本著色天台大師像(所有者:密蔵院)• 絵画: 絹本著色千手観音菩薩像(所有者:密蔵院)• 彫刻: 木造大日如来座像(所有者:)• 彫刻: 銅製仁王像(2躯)(所有者:密蔵院)• 彫刻: 木造十一面観音立像(所有者:密蔵院)• 工芸: 梵鐘(所有者:)• 工芸: 礼盤(2基)(所有者:密蔵院)• 書跡: 麗花集断簡(八幡切)つとめてまへの(所有者:春日井市)• 史跡: 小野道風誕生伝説地(管理者:春日井市)• 史跡: ・(管理者:白山神社)• 名勝: 内々神社庭園(所有者:)• 無形民俗文化財 (伝承者:小木田町源氏天流関田棒の手保存会) 市指定文化財 2019年2月現在73件。 (更新日2019年2月27日)を参照。 名所・旧跡 [ ] 城郭・砦・屋敷• (柏井城)• (の、の一人)• (初代長、反対運動の指導者、隊長)• (、の一人) 文化人 [ ]• (、組織委員会専務理事)• () 政治家 [ ]• (元) スポーツ選手 [ ]• (大相撲)• (選手)• (選手)• (所属)• (・選手)• (選手)• (・・旭豊)• (元)• (プロ野球選手)• (選手)• (選手 代表)• (プロ野球選手) 芸能人 [ ]• (モデル)• (アナウンサー)• (、)• (、)• (ライター、コラムニスト、編集者)• (、)• (監督)• (女優、元・元)• (アナウンサー)• (、、)• (お笑いタレント、のメンバー)• マイ(歌手、)• (アイドル、SKE48)• 松崎悦子(())グループで委嘱• (プロデューサー)• (、)• (、)• 脚注 [ ] []• 春日井市. 2018年8月26日閲覧。 春日井市 2018年5月3日• 『春日井の歴史物語』P13• 春日井市役所. 1993年6月1日 1993• 春日井教育委員会. 1989年3月 1989. 春日井市役所. 1986年6月1日 1986• トレンド'90春日井. 春日井市役所. 1990年6月1日• 春日井市制施行50周年記念事業記録誌. 春日井市役所. 1994年3月 1994• 春日井市. 2019年12月10日閲覧。 『中日新聞』1970年12月19日付朝刊、尾張版、8面。 『中日新聞』1971年2月8日付朝刊、尾張版、5面。 『中日新聞』2006年4月21日付朝刊、県内版、18面、「春日井市長選 伊藤市議が出馬を表明」。 春日井市役所 2019年2月21日. 2019年2月28日閲覧。 2019年1月12日閲覧。 NHKから国民を守る党. 2019年11月7日閲覧。 愛知県選挙管理委員会 2019年4月7日. 2019年4月7日閲覧。 愛知県選挙管理委員会 2015年4月12日. 2019年4月7日閲覧。 (あいちフレンドシップ交流アルバム)• [ ]• 更新日2018年8月3日• 更新日2018年8月3日 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 (日本語).

次の