ゲーセン 営業 中。 【秋葉原のゲーセン】レトロやメダルスロットで稼働中まとめました。

【秋葉原のゲーセン】営業時間を知って全店制覇がオタク流なのです。

ゲーセン 営業 中

格闘ゲームを中心に、1990年代前後のアーケードゲームが多く取り揃えているゲーセンミカド。 多彩なラインナップと、独自色の強いゲーム大会の開催や配信などで数多くのゲーマーから支持されてきた。 なお公式Twitterのアイコン画像にも使われているイメージキャラクターの ミカドちゃんは、常連であり『』の作者でもある さんが手がけている。 【お知らせ】 ゲーセンミカドのイメージキャラクター 「ミカドちゃん」 です。 キャラクターデザインは ミカドの常連の 押切蓮介さん! ありがとうございます! これからもミカドちゃんをよろしくお願いします。 — ゲーセンミカド総合アカウント babamikado 高田馬場ゲーセンミカドの店長・ 池田稔さんは、4月2日にニコニコチャンネルのブロマガで「 緊急事態宣言等が行われた場合は速やかに店舗を休業いたします」と明かしていたが()、4月7日に緊急事態宣言がなされたため、4月8日(水)から5月6日(水)まで店舗の休業を行うと公式Twitterで伝えている。 なお同時に、店舗休業中も何かしらの配信を毎日行うと発表している。 収入の大部分を負うであろう店舗営業を休止することもあり、このクラウドファンディングの結果は今後のアーケードゲームの文化を大きく左右する大きなものだといえる。 【お前ら全員、明日から約一ヶ月間、出禁!!】 高田馬場、池袋のゲーセンミカドは新型ウイルスに伴う政府からの要請により4月8日〜5月6日まで休業致します。 追記した4月13日16時には、2500万円に迫るほどの勢いを見せている。 支援金は「 ゲーセンミカド別館in白鳥プラザ」のオープン、中部・北陸地方での ゲーセンミカドコラボコーナー計画の進行などに使用される。

次の

ゲーセンと条例について質問です。ゲーセンには小、中学生だけで行くと、18...

ゲーセン 営業 中

こんにちは。 gunosyでこんな記事が流れてきました 音楽業界も厳しいんですねー。 では、わがゲームセンター業界はどうか?というと から、こんなグラフも拝借。 googleで「ゲーセン 閉店」って検索すると、たくさんの検索結果!悲しくなるね。 なぜゲーセンがダメになったのか?を中の人が考える 1. 少子化によってゲーム人口が減った 間違いだと思います。 少子化は間違いないかと思いますが、一時の脳トレブームや、ファミコン世代が家庭を持つ世代になった事で、子供以外にもゲームをプレイする裾野は広がっているので、あまり正確な指摘ではない、と思います。 スマホや家庭用ゲーム機の進化が著しく、ゲーセンにいかなくても同じクオリティのゲームが遊べる これは、あります。 というよりも、スマホそのものに対してお金を使うことで、お客さんの使用できるお金の金額が減ったというイメージです。 ゲーセンにとってスマホが悪いものだとは、必ずしも思わないです。 消費税 これは、間違いないですね。 まぁ、上がることがわかっていて何もしなかったのも問題ありますけど。 やっぱり現金商売の強みの反面、売上から消費税抜かれるのは辛いです。 ゲーセンの中の人が考えた独自の理由! と、よくある意見を書いてみました。 で先ほど、書いたように、googleで調べると閉店する理由は、気が滅入るほど検索結果が出てくるので、個人的に思っているけど、中の人じゃないと気づかない理由を書きたいと思います。 結論から言うと、 世代交代があんまり進んでなくて、旧来の経営者が多い! ゲーセンが一気に広がったのはご存知、「インベーダーゲーム」から。 この頃に、ITバブルのように、みんなこぞってインベーターゲームを持って独立を果たした会社や、他業種からクラ替えした会社は結構多いです。 インベーダーゲームの発売が、1978年なので、この頃20〜30代だった方は、ちょうどこれから引退していく世代です。 大きな会社は別ですが、中小企業でこのぐらいの年代の方が、ゲーセンを経営しているというケースは結構多いです。 旧来の経営者の思考 1. 昔ほど儲からないとすぐに言う よくあるのが、ネットワーク課金とか、電子マネーの説明しても、よくわからない・・・ で、メーカーに言われるがまま導入して、「昔のように儲からん!」といってお怒りになる。 というケース。 確かに、昔のインベーダーゲームや格闘ゲーム全盛期のスト2とか20〜30万で購入して、一日に2万とか稼いで、それが1年続いたんです。 いまは、それは難しいよ・・・ 2. ゲーセンの売上がないのはメーカーのせいだ、と本気で思っている 確かに、どうやってもダメなゲームもありますよ。 これが2000年代からブームがなくなって、一気に市場が冷え込んでいるという認識は、間違っていないと思います。 こうしたブームに乗ってきたので、「メーカーの機械が良くないから、ダメなんだ!」と思う方は多いです。 もちろん、全員が同じではないですし、悪いイメージばかりではないですよ!念のため。 大手の店舗は別ですが、中小のゲームセンターは、こんな経営者が未だに多いのが実情です。 払わない!って豪語する経営者もどうかと思いますが・・・そりゃ潰れるよね・・・ じゃぁ、この先はどうなるの? ですから、いま消費増税とともに、旧来の経営者が引退していっているのが、現状のゲームセンターの状況です。 「(今までどおりやっても)儲からんから、俺の世代でやーめた!」という判断の経営者が多いので、閉店が相次いでいるという状況。 でも、ポイントは「今までどおりやっても」という点だと思います。 音楽業界全体で、曲が売れないから全部ダメかというと、そうでもなくて、よく引き合いに出ますがEXILEとかAKB48とか、ライブやってすごくお客さんを呼び込んだり、賛否両論ありますが抜群にCDを売ってたりとか、実績ありますから。 ゲーセンだって、何かはわからないけど、新しい方法でお客さんを呼び込んだり、売上をあげる方法があるんじゃないか?と思います。 それは旧来の経営者ではとても思いつかないとか、想像もしたことのない方法のはず。 そしたら、新世代の経営者じゃないと難しいですよね。 「俺なら、こうやってお客を呼ぶ!」とか「こんなお店を作ったらいいのに」という新しいアイデアを持ってる方!新規参入のチャンスですよ〜。 じゃないけど、オワコンって言われてたけど、2014年から底打ちしたって言われたい!.

次の

中の人が語る!ゲーセンの閉店が相次ぐ理由

ゲーセン 営業 中

先日、こんなニュースが流れていました。 個々の事例は置いておいて、「一般的に、パチンコ店が行う三店方式の営業って違法じゃないの?」という話にたいして、「風営法の規定どおりの営業を行う限り賭博にはあたらない」という正式な回答がきたという話。 最も異なるのは、風営で唯一18歳未満の入場が認められているのは、「第5号営業=ゲームセンター」のみであり、その他風俗営業者の場合は、基本的に18歳未満の入場が認めれていません。 このあたりは決定的に異なる部分と言えます。 ただ、今回最初に引用した記事から、割りと多く見かける意見が、 「ゲーセンでも同じように景品を買い取る(フィギュアなど)店舗を近くに開いて買い取ってもらうことできるんじゃね?」 という意見が散見されます。 これが実は、パチンコ店とゲーセンで、法律で決定的に異なる部分なのです。 第二十三条 第二条第一項第四号の営業(ぱちんこ屋その他政令で定めるものに限る。 )を営む者は、前条第一項の規定によるほか、その営業に関し、次に掲げる行為をしてはならない。 一 現金又は有価証券を賞品として提供すること。 二 客に提供した賞品を買い取ること。 三 遊技の用に供する玉、メダルその他これらに類する物(次号において「遊技球等」という。 )を客に営業所外に持ち出させること。 四 遊技球等を客のために保管したことを表示する書面を客に発行すること。 2 第二条第一項第四号のまあじやん屋又は同項第五号の営業を営む者は、前条第一項の規定によるほか、その営業に関し、遊技の結果に応じて賞品を提供してはならない。 引用は、からですが、一番下の文章に記載がありますが、明確に「遊技の結果に応じて賞品提供してはならない」とあります。 そのために、パチンコ店では賞品を渡すことはできるが、ゲーセンではできないという事になります。 ということは、パチンコ店と同じような「3店方式」での、交換をゲーセンで行う事は不可能ということになります。 プライズゲームはどうなるの? ゲーセンによくいく方なら、 「じゃぁプライズゲームはどうなんだ?」 という事を考える方は非常に多いと思います。 考えてみれば、プライズゲーム自体が「賞品を提供している」のは間違いなく、「プライズゲーム=法律違反」であれば、全国のゲーセンはとっくに世の中から消えてなくなっています。 ここで出てくるのが、 になります。 法律は難しいし全ての事象を網羅しているわけじゃないから、こんな風に解釈してね!という書面があるわけです。 についても、この解釈基準の中で触れられている場合が多いです。 この中で、 遊技の結果が物品により表示される遊技の用に供するクレーン式遊技機等の遊技設備により客に遊技をさせる営業を営む者は、その営業に関し、クレーンで釣り上げるなどした物品で小売価格がおおむね800円以下のものを提供する場合については法第23条第2項に規定する「遊技の結果に応じて賞品を提供」することには当たらないものとして取り扱うこととする。 という旨が記載されており、プライズゲームにおいては、「遊技の結果に応じて賞品を提供」にならないと規定されます。 じゃぁ、「プライズを買い取るお店を開いて、3店方式で・・・」というのは、法律的に不可能ではないと思いますが、一つの単価が800円以内と定められているので、効率が良いとは言えないと思いますので、微妙だと思います。

次の