黒子 の バスケ 人気 投票。 大波乱の黒子のバスケ第3回人気投票の感想

黒子のバスケちびキャラ大人気バスケ漫画がiPhoneスマホケースになった!

黒子 の バスケ 人気 投票

過去の『黒子のバスケ』キャラクター人気投票の結果を元に比較 今回は、『黒子のバスケ』キャラクター人気投票第3回の 結果を元にキャラクター一人一人の能力や身長などを 見やすく並べて比較してみようと思う。 その結果の変動もかなり変わっているのでそこも見所かと思います。 4 誕生日:12月20日 星座:射手座 血液型:AB型 背番号:4(主将) ポジション:ポイントガード(PG) 座右の銘:迅速果断 好きな食べ物:湯豆腐 嫌いな食べ物:わかめ(海藻が苦手)、紅生姜(ドラマCD第二弾より) 趣味:将棋、囲碁、チェス 特技:乗馬 得意教科:全部 嫌いな動物:言うことを聞かない犬 好きなタイプ:品のある女性 家族構成:父のみ 声優・キャスト(CV):神谷浩史 赤司征十郎について キセキの世代の一人。 かつて帝光中学にて彼等を率いた主将(中学二年初めまでは虹村が主将、赤司は副主将)。 現在は京都の洛山高校一年生であり、洛山高校男子バスケ部主将でもある。 目の色についてであるが、中学の時は、両目ともに同じ色であったが、 高校に入り、右目が赤色、左目が黄色と変化した。 この目の色の変化は、人格変異によるものだとされている。 天帝の眼(エンペラーアイ)について 呼吸・心拍・汗・筋肉の収縮など些細な動きを全て見切り、相手の次の動きを正確に先読みする能力。 このためどんな動きも見逃さない。 現実のバスケでは滅多に起こらないアンクルブレイクを自在に引き起こすことが出来る。 そのため相手のディフェンスは立っていることすらままならない。 また、予測能力も長けており、現在n動きを緻密に分析することにより次に行動する動きを予想できるというもの。 2 誕生日:1月31日 星座:水瓶座 血液型:A型 背番号:11番 ポジション:不明 座右の銘:一期一会 好きな食べ物:バニラシェイク 嫌いな食べ物:コーラ(炭酸系) 趣味:読書(主に文学作品)、人間観察 特技:簡単な手品 得意教科:現代文、古文(大まかに言えば国語) 委員会:図書委員 好きなタイプ:やさしい人 家族構成:父・母・祖母 声優・キャスト(CV):小野賢章(アニメ)、小清水亜美(VOMIC) 黒子テツヤについて 強豪・帝光中学校男子バスケットボール部出身。 『幻の6人目(シックスマン)』と呼ばれ、 『キセキの世代』と呼ばれる5人の天才からも一目置かれている存在。 バスケを始めたのは、幼い頃にテレビでバスケの試合を見て興味を持ったのがきっかけである。 また、国語以外の強化は大の苦手という偏った性格。 クレーンゲームが以外にも得意である。 黒子といったら影が薄いで有名である。 コート上でも自身の影の薄さを利用したプレイスタイルを確率しており、 帝光中学校時代はこのようなプレイスタイルと補助的なプレイスタイルで 一軍で活躍していた赤司征十郎に才能を認められていた。 また、マネージャである桃井からは中学時代から好かれている。 一番大事なバスケプレイヤーとしては、 全くダメでシュートもドリブルも基本素人同様と言われている。 1on1では絶対に負けるレベル。 そして身体能力も全く高くないことから連携プレイや補助的な役割をすることにより 才能を開花したといえる。 黒子の能力について 視線誘導(ミスディレクション)を主に最初は使用していた。 視線誘導(ミスディレクション)は、影が薄いという特徴を利用した 視覚マジックといえる。 観察眼によって他者の視線や意識を誘導することで、自分の存在感を極限まで薄めることが出来る。 この手法は1回目の試合では有効であるが2回目以降ではあまり効果がない。 また、試合をフルで出場した場合にも最後まで有効ではなく、 使用時間に制限がある。 この他、各試合、対戦相手向けに技が増えて行く事になる。 ・回転長距離パス(サイクロンパス) ・加速するパス(イグナイトパス) ・加速するパス・廻(イグナイトパス・かい) ・消えるドライブ(バニシングドライブ) ・ミスディレクション・オーバーフロー ・幻影のシュート(ファントムシュート) このような技を使用して対戦相手に挑んでいくことになる。 詳しい技の説明はしないがアニメ・漫画では既にこの技は 使用されているのでよければアニメ・漫画を参照ください。 98 誕生日:11月21日 星座:蠍座 血液型:O型 背番号:10 ポジション:ポイントガード(PG) 座右の銘:人生楽しんだもん勝ち 好きな食べ物:キムチ 趣味:トレーディングカード 特技:バク転 声優・キャスト(CV):鈴木達央 高尾和成について 秀徳高校1年生にして一軍の司令塔(ポイントガード)をしている。 キセキの世代である緑間のチームメイトであり、 よき理解者でもある。 また、緑間のことを「真ちゃん」と呼ぶ。 緑間を多々、いじって茶化したりする。 チームのムードメーカーでもあり、チームの状態を瞬時に察知し、 コート全体をみて判断することができる。 鷹の目(ホークアイ)について 誠凛高校2年生の伊月俊の持っているものより、 より広くコートを見渡せる力を持つ。 そのため、黒子のミスディレクションが通用しなかった。 どんな動きも見渡せるので黒子のパスにも敏感に反応する。 56 誕生日:6月18日 星座:双子座 血液型:A型 背番号:7番 ポジション:オールラウンダー(スモールフォワード(SF)) 座右の銘:自分に正直に 好きな食べ物:オニオングラタンスープ 嫌いな食べ物:うなぎ(昔、骨が刺さった) 趣味:カラオケ 特技:利きミネラルウォーター 得意教科:英語(強いて言えば) 嫌いなもの:ミミズ(理由:きもいから) 好きなタイプ:ソクバクしない子 家族構成:父・母・姉2人 声優・キャスト(CV):木村良平 黄瀬涼太について キセキの世代の一人。 かつて全中3連覇を果たした強豪帝光中学バスケ部の一軍であった。 語尾に『〜っす』をつけるくせがある。 また人の事をあだなで『〜っち』と呼ぶ。 バスケの技術に関しては、中学2年からバスケを始め、経験も浅かったがすぐに才能を開花させ、 強豪帝光中学バスケ部の一軍入りを果たした。 容姿に関してだが、自他ともに認めるほどのイケメン(美形)である、 中学の頃からモデルもしている。 髪の色は金色(黄色)でありピアスをしているのが特徴。 黄瀬と黒子の出会いは、黄瀬がバスケ部に入った当初の教育係が黒子だったのが出会いの初め。 その頃、黄瀬はバスケが下手な黒子に対し見下した態度を取っていたが、 ある時点から黒子の事を尊敬するようになり、 中学の頃は黒子と大の仲良しだったと豪語するくらい。 完全無欠の模倣(パーフェクトコピー) 黄瀬涼太の能力は、相手の技やテクニックを一目見ただけでコピーしてしまうというもの。 コピーした技やテクニックはその試合中だけでなく、試合後まで記憶しており、別の試合で用いることも可能。 なんでもコピーできるというわけではなく黄瀬涼太自身の 身体能力で可能な範囲でのコピーとなる。 そのため、キセキの世代の能力やNBA選手などの技を完全に真似することは出来ない。 また、黒子のミスディレクションに関しては、そもそも見る事が出来ないため、 コピー以前の問題であるといえる。 一見、完全無欠な能力にも見えるが欠点としては 能力発動の時間制限があるということだ。 おおよそ試合中では5分程度しか使用することができないとされている。 7 誕生日:8月2日 星座:獅子座 血液型:A型 背番号:10 ポジション:パワーフォワード(PF) 座右の銘:よく食べ よく遊ぶ 好きな食べ物:チーズバーガー 趣味:サーフィン 特技:料理 得意科目:英語(強いて言えば) 嫌いな動物:犬(理由:尻を噛まれたから) 好きなタイプ:おっおしとやかな女っ……の人かな…… 家族構成:父のみ 声優・キャスト(CV):小野友樹(アニメ)、鷄冠井美智子(幼少期)、小西克幸(VOMIC) 火神大我について 小学三年から中学二年まで、親の転勤によりアメリカ・ロサンゼルスに在住。 ジュニアスクール時代、日本人であることで周囲から浮いてしまっていた時に氷室辰也と知り合い、 彼に誘われてバスケットボールを始め、次第に夢中になっていく。 氷室とは次第にライバルのような関係になっていき そのうち『兄弟の証』として二人でペアリングを持つ事に。 しかし、ある試合で火神が氷室に気を遣い手を抜いた事に氷室は 激怒しケンカ分かれのような形で分かれてしまった。 その後、日本に帰って来た火神は、誠凛高校に進学し、 そこでバスケットボールをすることになる。 黒子と出会い『キセキの世代』の事を知らされさらに燃え、日本一を目指すことに。 火神本人は非常に熱血タイプ且つ短期な性格であり、 度々先輩にも無礼な言葉使いをすることがある。 また勉強が非常に苦手であり、帰国子女とは思えないほど日本の英語には適用できない。 また、大の大食いである。 そして、あるトラウマから大の犬嫌いでありテツヤ2号でさえも苦手意識を持っている。 能力・技について 火神は突出した能力を持っているわけではないが 恵まれた身体能力の高さをいかしてプレイするスタイルである。 跳躍力がものすごく高く高一男子の能力値をはるかに超えているという。 その能力値は、キセキの世代のエース、青峰大輝と互角の1on1を繰り広げるほどまでに到達している。 また、キセキの世代でも青峰大輝しか得る事の出来なかったゾーンと呼ばれる物を 試合中に火神は得る事に成功。 ゾーンとは偶発的にしか経験できない稀有な現象であり、余計な思考や感情が全て無くなり、ひたすらプレイに没頭する、 通常の集中を超えた極限の集中状態。 選手の持つ力を最大限引き出すことが可能である。 このゾーンの発動により青峰大輝と互角に戦うことが出来た。 78 誕生日:7月7日 星座:蟹座 血液型:B型 背番号:6番 ポジション:シューティングガード(SG) 座右の銘:人事を尽くして天命を待つ 好きな食べ物:おしるこ(缶入りでもOK) 嫌いな食べ物:納豆(においがダメ) 趣味:将棋、クラシック音楽 特技:ピアノ 得意教科:生物、化学 嫌いなもの:猫(理由:ひっかかれたから) 苦手なこと:料理 好きなタイプ:年上 家族構成:父・母・妹 声優・キャスト(CV):小野大輔(アニメ)、遊佐浩二(VOMIC) 緑間真太郎について 帝光中学校バスケ部時代はバスケ部の副主将を務めていた。 髪の色は緑色でメガネをかけてるのが特徴。 左利きであり、語尾に『〜なのだよ』をつけるのがクセ。 非常にプライドが高く且つ自信家でもある。 先輩や監督以外には上から目線な態度を取る事もしばしば。 我が儘な性格をもいえるだろう。 しかし、日々の真面目な練習や実力は周りもしっかり認められている。 また、緑間は根っからの占い好きというか占いを信じる傾向にあり、 朝の情報番組「おは朝」の星座占いを欠かさずチェックし、その日の蟹座のラッキーアイテムを 必ず持ち歩き、公式戦でも試合会場までそれを持ち込んでいる。 たまにその日の朝のラッキーアイテムがものすごい大きい物だったりもすることも・・・・ また、黒子とはあまり性格が合わないらしい。 しかし、仲が悪いわけではなくお互いの実力を認め合っている仲でもある。 また、火神とは何かとぶつかるようでたびたび口論なども見受けられる。 自チームのゴール下でさえもフォームさえ崩さなければ100%シュートが決まる。 中学時代の射程範囲はハーフコートまでだったが、高校入学後、 オールレンジ(コート全て)の超長距離シュートが可能になった。 一見、弱点がないかのように思えるが、ゴールから離れれば離れるほどシュートまでの タメが長くなるという決定的な弱点も存在する。 火神対策としてひたすら体力向上を図る前までは、 試合中の弾数制限が事実上存在した。 そのことからこの超長距離(スーパーロングレンジ)3Pシュートを することはもの凄い体力を消耗するシュートだといえる。 06 誕生日:8月31日 星座:乙女座 血液型:B型 背番号:5番 ポジション:パワーフォワード(PF) 座右の銘:オレはオレ 好きな食べ物:テリヤキバーガー 嫌いな食べ物:ゴーヤ(苦いから) 趣味:グラビア雑誌の観賞 特技:生物を捕まえる事(蝉捕り、ザリガニ釣りなど) 得意教科:日本史(本当に強いて言うなら) 嫌いなもの:蜂(理由:さされた) 苦手なこと:ベンキョー 好きなタイプ:巨乳 家族構成:父・母 声優・キャスト(CV):諏訪部順一 青峰大輝について 「キセキの世代」のエース。 帝光中学バスケ部では、黒子と息がもっとも合っていたという。 そのため今でも黒子のことを『テツ』という愛称で呼んでいる。 また、現在の高校である桐皇学園バスケ部のマネージャーである桃井とは幼馴染みで、 帝光中学時代もバスケ部のマネージャーをしていて『さつき』と呼んでいる。 バスケに関しては、恵まれた体格と才能で常人をはるかに超えている。 「オレに勝てるのはオレだけだ」と豪語するほどの自信家でもあり、 部活の練習も度々サボっては屋上にいくなど、傍若無人ぶりがうかがえる。 帝光中学バスケ部に入ると熱心に練習に精を出し 当時、誰も青峰と対等に戦うことのできる人物がいなくなるほどまで成長する。 一方で、そのことに青峰はバスケに楽しみを見いだせなくなり、 部活の練習もサボるようになった。 結果、一人でバスケをするようになっていき 次第に、黒子とも仲がよくなくっていくことに・・・ 桐皇高校へ進学してもそれはかわらず、いつものようなプレイをしていたが、 誠凛が青峰達率いる桐皇をWC初戦で倒したことにより、少し変化が訪れる。 青峰の能力について プレイスタイルは、『フリー』。 キセキの世代の中でもずば抜けたスピードを持っている。 どんな位置、体勢、ディフェンス状況であってもシュートを決めることができる。 ストリートバスケのような普通じゃあり得ないような動きで相手を翻弄する。 キセキの世代ですら青峰のスピードにはついていくことが出来ず、 それは常人をはるかに超えたものである。 11 背番号:8 ポジション:スモールフォワード(SF) 声優・キャスト(CV):庄司将之 宮地清志について 秀徳高校3年生であり、大坪、木村と同級生。 緑間と高尾の先輩にあたる人物。 普段から物言いが物騒であり『刺す』などの言葉を好んで使う傾向がある。 また、見た目とのギャップもあり結構怖い印象を与える。 レギュラー獲得も3年時になってからなので人一倍努力をして バスケに対する思入れもあると思える。 また190cmという高身長でありドリブルが得意。 ダンクシュートもすんなりできるレベルである。 黒子のバスケの人気投票では、第1回、第2回ともに、 そこまで良い順位ではなかったものの第3回人気投票にて、 8位という高順位を獲得した。 この順位はキセキの世代や黒子や火神に続く順位である。 83 誕生日:7月29日 星座:獅子座 血液型:O型 背番号:4 ポジション:ポイントガード(PG) 座右の銘:日進月歩 好きな食べ物:肉じゃが 趣味:音楽 特技:ギター 声優・キャスト(CV):保志総一朗 笠松幸男について 海常バスケ部主将。 バスケ誌に載るほどの名PG ポイントガード である。 性格は熱血のようで度々、体育会系のようなそぶりをみせることがある。 また、プライドも高く負けず嫌いでもある。 また、チームの状況判断やコート上での状況判断も早く、 瞬時に察知することができる。 そのことから海常バスケ部の絶対的リーダーでもあり精神的重鎮でもある。 また、バスケでは、熱血であり信頼を寄せられている人物であるが 日常生活上の女性との関わりでは一変する。 女性との会話もままならず女子を直視できないほど女性が苦手である。 一方で、意外にも巨乳好きでもあるみたいだ。 木吉鉄平らと並び「無冠の五将」と称される選手の一人。 「悪童」という二つ名がある。 性格は難がありすぎるほど歪んでおり、 人の不幸を好むタイプの人間である。 試合中では、審判の目を盗んでは、ラフプレイを繰り返し、 相手の選手を負傷させるまで痛めつける事もある。 事実、IH予選トーナメント決勝戦では誠凛と当たった際に、わざと木吉の膝を負傷させた。 頭はもの凄く良いみたいで色々と悪知恵も働く。 中学時代には特段勉強をしなくても常に上位の成績をキープするほど。 しかし、「無冠の五将」と呼ばれていただけあり、 バスケのプレイも人並み以上のものを持っており、 3Pシュートを決めたりティアドロップ(フローターショット)を難なくこなしたりしている。 黒子のバスケ 人気投票 第3回 結果 1位:赤司征十郎 6276票 2位:黒子テツヤ 3505票 3位:高尾和成 2539票 4位:黄瀬涼太 2392票 5位:火神大我 2288票 6位:緑間真太郎 1983票 7位:青峰大輝 1670票 8位:宮地清志 1472票 9位:笠松幸男 1451票 10位:花宮真 1223票 11位:氷室辰也 12位:紫原敦 13位:伊月俊 851票 15位:降旗光樹 807票 16位:木吉鉄平 744票 17位:桃井さつき 732票 19位:作者 622票 22位:相田リコ 390票 24位:テツヤ2号 333票 25位:日向順平 329票 28位:水戸部凛之助 256票 41位:小金井慎二 68票 54票:福田寛 13票 55位:土田聡史 10票 59位:河原浩一 7票 黒子のバスケ あらすじ バスケットボールの強豪として知られている帝光中学校。 その帝光中学校バスケ部び、10年に1人と言われる天才が5人同時に存在していた期間は 無敗を誇り、その5人は「キセキの世代」と呼ばれた。 しかし、キセキの世代には変な噂があった。 それh、彼らの中にもう1人、「幻の6人目」がいたと……。 時が経ち、キセキの世代の5人はそれぞれ違う高校に進学する。 そして、創立2年目を迎える新設私立誠凛高校の男子バスケットボール部は、新入生勧誘の春を迎え、 そこに一人、背の小さい新入生が・・・・ 黒子のバスケのキャラ人気投票比較をしてみて 今回、比較ができるように黒子のバスケの人気投票第3回の 結果から今までの人気投票の推移やキャラクター各々の特徴などを 分かりやすくまとめてみました。 実際、こういうふうに比較してみた結果、過去の人気投票では、 あまり良い順位ではないキャラがいきなり10位内に入ったりしているのが 見受けられた。 この人気投票結果の背景には、おそらく漫画の進行具合もあるだろうとは思うが、 やはりトップ10の中でも『キセキの世代』『黒子テツヤ』『火神大我』などの 主要キャラクターはやはり根強い人気があるといえる。 一方、8位から15位ではおそらく脇役といわれるキャラクターが 目立った印象だ!! しかし、脇役といってもやはり人気がでるだけあり、 原作でも多々、そのキャラクターの話が描かれたり、 試合中や中学時代の様子なども描かれているキャラクターもいる。 編集部で少し、残念だったのが『木吉鉄平』の順位だ。 人気投票の結果では、16位という結果だが、 やはりもう少し上の順位にいると思っていたのですこし驚いた。 しかし、この人気投票が行われた日時を考えるとこの結果も 納得というものである。 また、意外にも『キセキの世代』である紫原だ。 まさかの12位ということでこちらも意外だった。 他の『キセキの世代』メンバーがトップ10入りしているなか、 なぜか10位の中には入っていなかった。 次回の黒子のバスケの人気投票が行われるとしたら一体、誰が1位〜10位の 中に入ると思いますか?? 黒子のバスケのアニメ第3期も決定してますし、 次回行われる人気投票の結果を予想するのも楽しいかもしれませんね!! 黒子のバスケのその他の関連記事一覧 ・ ・ ・.

次の

黒子のバスケ【見逃し配信】アニメ無料動画1話から最終回まで全話無料視聴する方法

黒子 の バスケ 人気 投票

いやー、圧倒的赤司様1位でしたか…。 赤司 1 位の可能性は、まったく考えないではなかったけど、黒子に 2 倍近くの差をつけるとは思っていなかった。 私は赤司に 1 票入れたのだけど、正直 1 位は黒子であってほしかった。 黒バスは、主人公である黒子がちゃんと主人公として機能していて、読者からも好かれているところが魅力の一つと思っているので。 そういうマンガって意外と少ないし。 赤司に投票した人も、黒子好きな人は多いと思うんです。 でも、黒子は誰か投票するだろうとみんな思ってて、それで票が流れちゃったんじゃないかなー。 しかも赤司は第1回、 2 回の人気投票ではほとんどまだ活躍してなかったから、今度こそと思ってた人が多いんじゃないかと思います。 うーん、主人公 3 連覇ならず残念。 私は赤司ファンなのに、素直に喜べなかったのがちょっと悲しい。 そして 3 位が高尾君。 私は高尾はそこまで好みじゃないのですが、 pixiv とか見てると高尾は、というか、高尾&緑間コンビはものすごい人気ですよね。 高尾ファン頑張ったな〜。 おめでとうございます。 圧倒的天才のキセキだけじゃなく、努力家で仲間想いの相棒組も人気が高いところは、黒バスらしいかな、と思います。 ちょっとびっくりしたけど、納得の結果でした。 そして 4 位黄瀬君。 私的には、というか、単に私の好みだけでなくネットをみるかぎり、黄瀬君はそうとう人気だと思うんですよ。 3 位でも全然おかしくないと思う。 まあ、今回は高尾ファンの情熱が上回ったのかな。 黄瀬君は一度 2 位になってるしね。 扉絵で涙流しながら青峰に殴られているところがウケました。 顔でてない…。 4 位に落ちて悲しくて泣いてるのか? 5 位火神君、 6 位緑間君、 7 位青峰君、この 3 人は、何とかこの位置をキープできてよかった!特に火神君はもう一人の主人公の割に、トが薄いので心配だったんですが。 この 3 人は固定ファンががっちりついてて安定している気がします。 そして 8 〜 10 位は驚きの結果でした。 むっくん、氷室、木吉あたりのメインキャラが入ってもおかしくないというのに…。 9 位の先輩はわかる。 本当に尊敬できる主将ですから。 8 位宮地さんは…、うん、彼もいいキャラとは思うんですが。 アイドルオタの宮地さん風にいうと、昨年の AKB 総選挙速報で 8 位に SKE の柴田というあまり知名度ない子がランクインしちゃったような、そんな感じです。 いや、私は宮地さんちゃんと知ってますけどね!? 10 位花宮、 pixiv で人気があるのは知ってました。 花宮だけじゃなく、霧崎第一人気ですよね。 私自身は誠凜 VS 霧崎は、木吉が見てられなくてあまり読まないので、そもそも選択肢として思い浮かばないのですが。 霧崎第一、このまま放置していてよいのか心配になるくらい危険な人たちでしたが、今後どうなるんでしょうか?そこはちょっと気になります。 11 位以降は全部わかってるわけではないですが、誠凜ズは、安定の伊月さん人気、そして降旗君が急上昇。 一方、木吉、日向はかなりランクダウン。 木吉は花宮に負けるし、日向はテツヤ 2 号に負けるし、二人とも落ち込みモード。 誠凜の支柱の二人なのに、大丈夫か!?最近、本誌でもあまりいいとこないので心配です。 この二人はもっと評価されるべき。 うーん、でも読者は誠凜のみんな大好きなんだよな。 リコちゃんもすごい愛されてるし。 ただ、人気投票となると、どうしてもトップ 10 でキセキの誰が何位になるのかとかに興味がいって、そっちに票が流れちゃうんだよなぁ。 誠凜のみなさんに、落ち込まないで、大好きだからと言ってあげたい。 あと、 17 位の桃井ちゃんにも。 他サイトや掲示板で、順位低いキャラの人気が落ちた理由とか考察してる方がいたけど、別に嫌いになったとかじゃないと思うんですよね。 少なくとも私はどのキャラもわりと好きだし、そういう人多いと思います。 ただその中で、「このキャラは上位にいてほしい!」と思わせるキャラがあって。 特にキセキとかは個性が突出しているし外見も華やかなので、有利なのかなぁ、と。 とりあえず誠凜は、本編で赤司君を負かしてリベンジするといいと思います。 hirinzu.

次の

黒子のバスケ【見逃し配信】アニメ無料動画1話から最終回まで全話無料視聴する方法

黒子 の バスケ 人気 投票

スポンサーリンク 仲間を大切に思ってた赤司 帝光中学で、チームを大切に思ってたのは、黒子、桃井、そして赤司! 赤司の想いというのは、ちょっと歪んが方法ではあったけど、勝ち続けることで仲間を留めておくことは出来た。 「劇場版 黒子のバスケLAST GAME」でも「彼ら(キセキの世代)と一緒にバスケが出来たこと」を誇りに思ってることは言ってたし。 キセキの世代全員が別々の高校に進んで、再びウィンターハイで再会出来たときも、(歪んではいたけど)再会を一番喜んでいたのも、赤司だったんだと思う。 そんな、ちょっとツンデレな部分も人気の1つと思った。 そして、やっぱりイザというときは一番頼もしいやつ! 「劇場版 黒子のバスケLAST GAME」でも、赤司が味方というだけで、すごく頼もしいと思えた。 スポンサーリンク 赤司が「俺」と「僕」の違い 赤司が自分の事を「俺」というときは、優しい赤司! チームメンバーの事を名字で呼んで、心からバスケを楽しんでチームプレイを重視する。 ある意味、この状態の赤司を敵にすると一番恐い!! この時の赤司のオーラとか、包容力とかリーダーシップはとても高校生とは思えない・・・・ここも赤司の魅力なのかもしれないね~ 赤司が自分の事を「僕」というときは、要注意! 赤司が「僕」というときは、二重人格になってる!チームプレイよりも、どんなことをしても「勝つ」ことを重視する。 ある意味、同じチームでも恐い存在・・・仲間を名前で呼ぶので、キセキの世代達はそれで赤司を見分けてる? これは、連続アニメでは強さでもあったけど、赤司の弱さでもあったが、映画では、それを強みに変えて無敵になった! 「劇場版 黒子のバスケLAST GAME」で赤司人気に再び火がついたのも、これでしょ! 劇場版は、黒子&火神よりも、キセキの世代(特に赤司)が主役だと思った。 声優さんが、神谷浩史さん やっぱり、声の印象って大きいと思う。 神谷さんの声は、独特な雰囲気があって二重人格?の赤司の声には、はまり役だと思った。 「俺」の時の赤司と、「僕」の赤司とでは別人のように違うのも、力ある声優さんじゃなければ出来ないですよね。 「俺」になった時の赤司の声は、やっぱり優しくてそのギャップに、女子なら「ドキッ」となってしまうのかな? 結局、赤司の魅力とは? 何だかんだ言って、格好いい!結局、これに尽きる!身のこなし、喋り方、バスケが強い、リーダーシップ、セレブ、上品、頭がいい・・・そして、イケメン! 古い言い方をすれば、 王子様的存在だろうか?付き合いたいとかじゃなく、ちょっと遠い存在の憧れの人って感じ?恋人とか夫にするとなると、ちょっと恐い気がする・・・なんでも見抜かれそうで。

次の