日本の底力 韓国経済。 韓国の企業が実力で勝った!日本は耐え切れなかった!韓国の底力だ!日本化学メーカー半年で液体フッ化水素を韓国に輸出 韓国の反応

韓国経済、米国債保有額、世界1位は日本…2位の中国との格差も拡大

日本の底力 韓国経済

韓国経済、米国債保有額、世界1位は日本…2位の中国との格差も拡大 記事要約:今回の記事は直接、韓国経済には関係ないのだが、中央日報がソースだったりする。 それで、米国債保有額の世界1位は日本で1兆1600億ドル、2位は中国で1兆900億ドルという。 これは昨年11月基準の報告書から。 > 17日付けのブルームバーグ通信によると 、米財務省は前日に公開した昨年11月基準の報告書で日本の米国債保有額は1兆1600億ドル(約127兆8000億円)で、前回の資料公開時期の昨年6月に比べ72億ドル減少したが、依然世界1位だったと発表した。 とまあ、このように1位と2位が日本と中国でしたという記事で、全く、韓国は出てこない。 中央日報がどうしてこれを記事にしたのか。 単に日本人に向けに書いたのかは謎ではあるが、日本は米国債を持ちすぎではないのか。 確かに利回りは良いかも知れないが、どうせ売れないものだしな。 ただ、韓国の米国債保有額はいくらか気になるところだな。 日本に比較しないところをみればほとんどないんだろうが。 元のソースはブルームバーグ通信なので、韓国の米国債保有額も探せばあるかもしれないな。 英語得意な人はチャレンジしてほしい。 管理人はどこに掲載されてるかは見当も付かない。 の応援(1日1回クリック)をお願いする。 (メールアドレスの入力不要にしました) 韓国経済、米国債保有額、世界1位は日本…2位の中国との格差も拡大 日本が米国債保有額で世界1位を維持し、2位の中国との格差を拡大したことが分かった。 17日付けのブルームバーグ通信によると、米財務省は前日に公開した昨年11月基準の報告書で日本の米国債保有額は1兆1600億ドル(約127兆8000億円)で、前回の資料公開時期の昨年6月に比べ72億ドル減少したが、依然世界1位だったと発表した。 中国は同期間の米国債保有額が1兆900億ドルで124億ドル減少し、昨年6月に日本に1位の座を明け渡して以来、今回も2位に留まった。 米国債は11兆ドルに及ぶ世界債券市場での利回りが良好で、依然として魅力的な投資先に挙げられる。 基準となる米国債10年債の利回りは前日基準で年間1.8%だ。 米国債はまだ必要と思う。 日本が借金で首が回らなくなっても、円を擦りまくって意図的にハイパーインフレを起こせば良い。 円の価値が下がれば借金 円建てで発行された日本国債 の価値も暴落する。 すぐ返せる。 貿易で使えるハードカレンシーはドル,円,ユーローの3つだけ。 円が暴落しても多少の変動はあれどドル建ての米国債の価値は変わらない。 ハイパーインフレ下で強い米国債を売って国を立て直す事が出来る。 困るのは円建ての金融資産を多く持つ金持ちだけ。 ナチスがやったように通貨の切り替えを行えば庶民に入る日銭の購買力は変わらない。 変換レートは旧100兆円は1新円と同等とかね。 全国民が一からやり直す事と引き換えに借金は無くなる。 ワイマール共和国のマルクと第三帝国のライヒスマルクが大体こんな関係。 アドルフおじさんはこれでインフレを止めた。 ワイマールの政治家は金持ちを破滅させる政治力が無かった。 自国通貨がハードカレンシーという強みは圧倒的と思う。 韓国国債は通貨に信用が無く、ドル建てでなければ誰も買わない。 ウォンが暴落してもドル建ての借金は逆に爆上がりする。 だから最後の手段、ハイパーインフレも出来ない。 日本のお役人は基本的に優秀。 現在の日本国債はマイナス金利。 10年後に元金が減って帰って来る。 でもその間の外国通貨に対する円の上昇は金利を上回る。 日本国債買って儲かるのは外国人のみ。 じつに、じつに納得いかない。

次の

韓国経済、【輸出管理強化】フィッチ「日本企業の損失大きく輸出規制は長期化しない」│韓国経済危機&崩壊特集

日本の底力 韓国経済

韓国軍事、日本と韓国の潜水艦を比べたら、あらゆる面で韓国に勝ち目がなかった=中国メディア 記事要約:中国メディアが日本と韓国の潜水艦を比べたら、あらゆる面で韓国に勝ち目がなかったという論じている。 しかし、それは大きな間違いだ。 なぜなら、韓国の軍事兵器で日本が負けている兵器が存在しないからだ。 何か軍事的な面で日本より、韓国が有利な立場であったことなんて一度もないし、これからもない。 韓国なんて在韓米軍がいなければ北朝鮮にすら滅ぼされる弱小国家だもんな。 最初から土台が違うのだ。 造船で勝ったというのはただの通貨安とダンピング商法だからな。 潜水艦のような軍事技術の塊でドイツの劣化コピーしたところで、ドイツが技術を提供するはずもないので見よう見まねのものしかできない。 潜水艦のソナー1つですら日本に遠く及ばない韓国がどうやって日本の潜水艦に勝てるというのだ?比べようとする時点で論外だ。 >そして、戦前にアジアで右に出る者はいないほどの海軍の強さを誇った日本は、第2次世界大戦の敗戦によって一定期間「休み」を強いられたが、国際情勢の変化を利用して先進的な潜水艦の研究開発を積み重ね、今や世界で有数の大規模な潜水艦開発経験を持つ国になったと説明している。 日本は戦闘機など相手国を攻撃する技術より、防衛重視で国防を続けてきた。 潜水艦の研究開発もその一環である。 元は造船大国の日本なのだから、当然、そういう技術は持っているんだよな。 でも、技術力が高い日本でも韓国みたいな沈まない潜水艦は造れないからな。 韓国軍事、日本と韓国の潜水艦を比べたら、あらゆる面で韓国に勝ち目がなかった=中国メディア 中国メディア・東方頭条は18日、「日本と韓国の潜水艦のパワーを比較したら、日本が全面的にリードしていた」とする記事を掲載した。 記事は、「日本と韓国は同じ米国の盟友だが、両国間の関係は微妙だ。 島の領有権をめぐる問題もあり、軍事力の発展という点で両国は一定の競争をしている。 近ごろ、韓国は『国産』の通常動力型潜水艦を進水させたが、将来の装備や技術レベルいずれにおいても、日本の潜水艦と比較すれば基本的に勝ち目はない」とした。 そして、戦前にアジアで右に出る者はいないほどの海軍の強さを誇った日本は、第2次世界大戦の敗戦によって一定期間「休み」を強いられたが、国際情勢の変化を利用して先進的な潜水艦の研究開発を積み重ね、今や世界で有数の大規模な潜水艦開発経験を持つ国になったと説明している。 一方で韓国については「日本に比べて、潜水艦の研究開発において明らかに基盤がない」と指摘。 商船の建造では確かに数の面でも質の面でも大きな成果を収めてきたが、潜水艦の建造は商船よりも複雑であるうえ、ドイツなどの国から潜水艦に関する重要な先進技術を得ることは難しいとし、「このような状況では、日本の潜水艦に比べて技術レベルでの強みがないのは自然なことだ」と評した。 記事はさらに、潜水艦の建造技術だけではなく、長期的な潜水艦の使用経験や、配属隊員への訓練レベル、作戦配備レベルでも韓国は日本になおのこと及ばないと説明。 「それゆえ、日韓の潜水艦のパワーを比較すると、韓国に何のアドバンテージもないことが一目瞭然になるのだ」とした。 韓国海軍はドイツから完成品潜水艦を輸入しその後 技術導入して1200トン・1800トン クラスの潜水艦を製造 してみたが、不具合が多発し2隻の潜水艦は造船ドッグで野ざらし状態 それにも拘わらず3000トン クラスの 潜水艦が今年進水 韓国海軍に引き渡されるのがなんと4年後 はあーーいかに手探り状態で製造したことがわか る事象 とにかく日本の自衛隊が持っているものが欲しい ただ それだけ・・・海上自衛隊の潜水艦は1950年代 後半 米から貸与されてから戦前の技術集積を利用して切磋琢磨 日本の潜水艦は水中排水量4200トン推定安全 潜水深度600~700m 最大潜水深度は800~900mと言われています。 その裏付けは日本しか持っていない耐圧魚雷 深度が900mと言われているからです。 韓国には大型潜水艦を製造する技術力は皆無に近いと思われます。 なぜか日本が持つ特殊張力鋼の製造が 出来ない そしてそれを成型する技術・特殊溶接技術がありません。 海上自衛隊は米ソ冷戦より蓄積した 各国の戦闘艦の音紋 太平洋海域の塩分濃度・水温・海底地図の蓄積があり日本の足元にも及びません。 ましてや1800トン クラスの製造技術しかないのに3000トン クラスの潜水艦を製造するというのは1㎠ にかかる水圧が数倍になるというのを理解しているのか はなはだ疑問です。 また日本のソナー技術は世 界最高峰ではないかと 数百キロ先の戦闘艦の音紋の選別が可能とも言われております。 以前 伊豆沖で 対潜訓練をしていた対潜哨戒機P3Cのソナーが高知沖の中国潜水艦の音紋を捉えた事実があります。 とにかく韓国潜水艦の試験航海で浮いてきますよう願っております。 そんな当然の事を今更わざわざ改まってどうした?というか、 「このような状況では、日本の潜水艦に比べて技術レベルでの強みがないのは自然なことだ」 「長期的な潜水艦の使用経験や、配属隊員への訓練レベル、作戦配備レベルでも韓国は日本になおのこと及ばない」 という点は中国も日本と比べれば及ばない。 流石に中国が日本に及ばないと書くわけにはいかないから一種の換骨奪胎で南朝鮮が日本に及ばないという記事にしたのかな?でもそれは胡錦濤の頃からわかってた事だろう? 今現実は、鄧小平の頃打ち出した躍進前期 〜2010年 に第一列島線確保も不可能、躍進後期 〜2020年 の第二列島線確保も夢物語、一帯一路も米国のインド太平洋ファンドで挫かれそうな状況だからな 日本も豪国同様のレベル位は出資?。 まあ、中国は南朝鮮とは桁違いの強国ではあるが。

次の

日本の底力!(韓国経済危機特集)

日本の底力 韓国経済

タイトルは意味不明だが、どうやらトルコのほうが韓国より戦車を作る技術力が上になったことで、サウジアラビアに戦車を輸出するそうだ。 韓国がトルコに技術提供したらしいが、その技術はドイツのパクリだった。 しかし、トルコはパクリ技術をちゃんと自国で昇華して輸出できるようにした。 つまり、韓国の技術研究がトルコより進まなかったということを証明した。 だめじゃん。 技術提供した相手に負けるなよ・・・。 「兄よりできた弟?」トルコがサウジアラビアにアルタイ戦車輸出、韓国に動揺-K2戦車はテスト中断 「兄よりできた弟?」 韓国の次世代戦車「黒豹」(K2)の技術提供を受けて開発されたトルコの戦車「アルタイ」が最近、サウジアラビアと輸出契約を結び、国内の軍需産業界が動揺している。 アルタイが黒豹よりも先に開発を完了できたのは、戦車に必要な技術は韓国から輸入し、核心部品であるパワーパック(エンジン+変速機)は早期にドイツMTU社の新型モデルを採用したためだ。 一方、黒豹は、「パワーパックの国産化」という名分のため、戦力化が遅れてもパワーパックの国産化に力を入れてきた。 黒豹のシステム開発はすでに2009年に完了していたが、パワーパックの開発が4年以上遅れ、戦力化が実現していない。 黒豹に対する試験評価で、冷却ファンの速度制御、冷却試験の最大出力、加速性能などで性能欠格とされたが、防衛事業庁は3度にわたって開発期間を延長し、国産化への意志を貫いた。 戦力化が遅れると、黒豹の初期生産分100台に設置するパワーパックはドイツから輸入し、残りの100台は国産のパワーパックを使用するという妥協策が講じられた。 輸入のパワーパックを装着した黒豹の戦力化は2014年3月頃可能だが、国産パワーパックの開発が成功するかどうかは依然として五里霧中だ。 韓国軍は4月初め、国産のパワーパックを装着した黒豹の耐久性走行試験を行なったが、エンジンのシリンダーの破損で止まり、国産パワーパックの試験評価が中断された状態だ。 防衛事業庁関係者は、「現在、原因を分析している」とし、 「5月中に対策会議を開き、試験評価期間の延長などを協議する予定だ」と明らかにした。 donga. php3? 目標の2000部は超えた。 次は3000部目指すので、感謝すると共に引き続き読者登録をお願いする。 また新しく「Twitter」での読者登録(フォロー) もよろしくお願いする。 最近、フォロワー数も14600超えた。 だいぶ、Twitterからも情報拡散ができるようになってきた。

次の