えきねっと pc。 えきねっとのスマホブラウザでは、2列車の乗り継ぎ割引申込画面が見当たり...

JR北海道>>えきねっと「トクだ値」

えきねっと pc

新幹線や特急を使った長距離の旅行や出張、慣れている人もいればあまり慣れていないという人もいるでしょう。 長距離の旅行や出張の際は、予め前日までに準備を済ませておくというのが一般ですが、 もし何か足りないものが見つかった場合、あなたならどうしますか? ・ ・ ・ 普通の人なら、急いで買いに行く、もしくはAmazonなどで注文をするという方法を取るでしょう。 ですが、知っているとお得なのが「旅行用品レンタルサービス」です。 旅行用品って、いつ使うか分からない上に、普段は中々使わないものが多いので邪魔になるんですよね。 そこで最近、スーツケースやカメラ、更には衣服などもレンタルできるサービスが広まってきています。 レンタルサービスのメリットは、上で挙げたような「保管いらず」という点だけでなく、 「買うより全然安い」「それなりに新しいものを使える」などの利点もあります。 例えばカメラなんかを例に出すと、数年経てばスペックもかなり変わりますよね。 スポンサーリンク ログインIDやパスワードをわすれた場合 ログインIDやパスワード、結構忘れがちですよね。 ブラウザに記憶させておくことができるので、普段はそれに頼る人も多いと思いますが、そういう人ほど 仮にPCが壊れたりした時や、外出先などでいつもと違うPCでログインしようとした時など、 IDやパスワードを控えていないと「あれ、なんだっけ?」となるのはあるあるな話です。 基本的に、ログイン機能を持つ会員制のサービスは、そのような「ID・パスワードを忘れた時」に対して 何らかの解決手段を提示してくれています。 実際、IDやパスワードを入れるログイン画面を見てみると、多くのサービスが「ログインできない」 「ID・パスワードを忘れた」などのリンクが入力欄の近くにあることが分かるはずです。 (これはYahooの会員ログイン画面の場合の例です) 従って、IDやパスワードをわすれた場合でも、登録時のメールアドレスさえ分かれば大体が何とかなります。 とはいえ、面倒なことには変わらないので、できるだけ何かにメモしておくなどの予防策を取っておいたほうが良いかと思います。 サイト内オススメ記事2•

次の

‎「えきねっとアプリ」をApp Storeで

えきねっと pc

JR東日本は在来線特急のチケットレスサービスに特化した「えきねっとアプリ」を11月30日にリリースする JR東日本(東日本旅客鉄道)は11月28日、在来線チケットレスサービスに特化した「えきねっとアプリ」をリリースすることを発表した。 11月30日にAndroid版の提供を開始し、iOS版は準備でき次第配信するとしている。 アプリは無料で利用可能。 えきねっとアプリは、在来線特急の指定席予約をし、駅で特急券を受け取ることなく乗車できる「えきねっとチケットレスサービス」に特化したもので、大人1名分の、在来線特急列車指定席を予約できる。 えきねっとチケットレスサービスの対象となっている特急列車は、「あずさ」「かいじ」「富士回遊」「はちおうじ」「おうめ」「ひたち」「ときわ」「あかぎ」「スワローあかぎ」「成田エクスプレス」。 えきねっとアプリでは、Touch ID(指紋認証)や、Face ID(顔認証)といった生体認証が可能なほか、ホーム画面で次の乗車予定を確認できる。 また、アプリ限定で「マイシート」機能を提供。 利用には「えきねっと」会員登録が必要。 また、えきねっとWebサイトで提供している最大2か月分の事前受付サービスは対象外となり、えきねっとアプリからは乗車日の1か月前から予約が可能となる。 将来的に、複数名の予約への対応や、新幹線の予約にも対応するとしている。

次の

えきねっと(JR東日本)|会員登録のご案内

えきねっと pc

JR東日本、新生「えきねっと」来夏リリース「JRE POINT」と連携も JR東日本は9日、サービス内容を一新した新生「えきねっと」をリリースすると発表した。 「JRE POINT」との連携で新たなサービスを提供し、「大人の休日倶楽部」など割引きっぷの予約・購入にも対応。 支払い方法も拡充し、利便性を高める。 JR東日本、新青森駅にロボット洗浄機など導入 - 清掃業務を近代化 インターネットJR券申込サービス「えきねっと」は、インターネットを利用してJR券 乗車券・特急券等 の予約・購入を行うための年会費無料の個人向け会員サービスをはじめ、法人向けサービス「ビジネスえきねっと」、訪日外国人旅行者向けサービス「JR-EAST Train Reservation」がある。 新型コロナウイルス感染症の感染予防対策として、ソーシャルディスタンスの確保が求められる中、「えきねっと」での予約時にシートマップ 指定席の座席位置選択 機能を活用することにより、予約済の座席を確認し、希望の座席の予約が可能 一部列車を除く。 「新幹線eチケットサービス」「えきねっとチケットレスサービス」では、きっぷを受け取ることなくチケットレスで列車を利用できる。 今回の発表によれば、「えきねっと」できっぷを購入すると「JRE POINT」がたまり、たまった「JRE POINT」をJR東日本の新幹線・特急列車に乗車できる「特典チケット」に交換できるようになるほか、JR東日本の新幹線の座席のアップグレードにも利用できるようになるとのこと。 「新幹線eチケットサービス」の対象商品も増え、大人の休日倶楽部割引、株主優待割引、往復割引を適用した予約・購入が可能となる。 「新幹線eチケットサービス」以外の申込みでも、大人の休日倶楽部割引、株主優待割引を適用した予約が可能となり、受け取り時の手続きが不要となる。 支払い方法においては、これまでのクレジットカードによる支払い方法に加え、コンビニエンスストアや金融機関 ATM・ネットバンキング での支払いも可能となる。 一方、決済のタイミングは、きっぷの受け取り時から予約時に変更される。 きっぷの受け取りに関して、スマートフォン等の画面に表示されるQRコードにより、指定席券売機できっぷの発券・受取りができるようになる。 法人向けのJR券申込サービス「ビジネスえきねっと」でも「新幹線eチケットサービス」「えきねっとチケットレスサービス」を提供するほか、えきねっと限定割引きっぷ 「えきねっとトクだ値」 の取扱いや、QRコードによるきっぷの受け取りを開始する。 新生「えきねっと」のリリース時期は2021年夏頃を予定し、サービス開始日は決まり次第、告知される。 訪日外国人向け「JR-EAST Train Reservation」サービスも同時期のリニューアルを予定している。

次の