レジギガス。 レジ系の都市伝説(ポケモン)

レジギガス

レジギガス

図鑑説明 なわで しばった たいりくを ひっぱって うごかしたという でんせつが のこされている。 とく ひょうざんや がんせき から じぶんの すがたに にた を つくったと いわれる。 ねんど こおり を つかって の 3ひきを つくったと いわれている。 ズッ・・・ズッ・・・• キッの最深部に存在し、、が手持ちにいることで覚める。 封印されている場所、覚える技、点字が関わっているというころからとの関連説が耐えない。 論はっきりとした根拠はなく、あくまで達による仮説。 後の固定系で、野生の状態だと0。 ところがではまさかの1!ちなみで釣れると並び、史上初の1の野生である。 はレジギガスをどうしたいのだろうか? 捕まえやすくなったという意見もあるが、を調べるのが面倒になったの方がに痛手である。 一応0戦に参加させることが可になったというもある。 だけなら禁止達と肩を並べる脅威のを誇る。 しかしそれは表面上の話で、場に出てから5の間攻撃と素さが半減する「」のせいでそのもど飾りになってしまっている。 高いは半減しないので5耐えれば良いと思うかもしれないが、大半のが覚える「る」や「る」を覚えず、回復技はショボい威しか出せないドのみ。 素さが半減するお陰で先制で身代わりを出す事も難しく、にも弱い。 要するに5耐える事がまず至難の業であり、仮に耐え切っても既にという事が多い。 こうした残念性との王という設定のギャップから、からは度々呼ばわりされてしまっているのである・・・• 「にぎりつぶす」は相手の残り体が多いほど威が高まるという、搾り取るの版。 ただし相手の割合によって威が大きく変動するため、恩返しの方が安定する場合が多い。 の『』に出演し、の大群を引き連れて崩れる氷河を食い止める活躍を見せた。 こので配布されたレジギガスは本来覚えない「凍える」と「」を覚えている・・・が、で教え技化したので大したではなくなった。 もなのででしかを振ることができない。 しのレジギガスがいないと各地の遺跡のと戦えないので、に放すことなどせず大事に持っていよう。 というか多くの配布が持ちでにできないのに、このレジギガスはを持っていないのでにできるとか。 しかし配布が終了してしまった今、で手に入るというのは嬉しいこと。 版ではTRUという名前で、こちらでも3体を入手することが可。 第5世代では変更によりテンイむらのレジギガスにもを振れるようになったが、そんなことしたらでを手に入れることができなくなってしまうのであまり・・・というか絶対オススメできない。 素直にでした様をお使いください。 ンのが使ってくる。 版では持ち物がの粉なので注意。 の王というらしいが・・・下手すればはおろか最弱である・・・• 第5世代になっても結局、回復系技はまったく覚えなかった。 一応は覚えたが、防御できる技が限定的なのが痛い。 トリプルで使ってみる?• 余談だがは含めて格闘に弱い。 これは次に悪のが出るというか?• 第4世代後半~第5世代前半でを始めた人にはおそらく一番入手がであった。 というのもで配布されたは配信だったため、もう入手できず(に放流されているものも図鑑に登録されていなければ入手)、そのがいないため、3体はからの入手となり、非常にめんどくさいからである。 しかも以降はがないため、初代あるいはが必要。 という手間の掛かるのくせに、図鑑には必須。 やは図鑑のにいらないのに・・・• ではようやく3体ともども野生で登場。 しかし相変わらずと戦うには3体をえる必要があり、は、はにしか出てこないため3体をえるためにはの通信が必要と、面倒くさいには変わりない。 でも3体と共に野生で登場。 通信不要で全て捕獲できるため入手が容易になった。 第代ではの登場でのももはやたいしたテージではなくなり、ますます立場が危うくなってしまった。 勝ってるのはを使わない・具を持てるところくらいだが、しなともに起動できないため結局なのにはかわりない。 の『輪の 』で2度の出演を果たす。 ・と同様に役回りはほぼの役であり、僅か1分半程度で出番は終わってしまったものの、あまりにも特徴的すぎる鳴きでにを与えた(関連の一番下参照)。 では他の禁止級のと肩を並べて紹介されている。 関連動画 関連商品 関連項目• つまり(時間)や(間)が生まれたのも達を倒した後って事になる。 今いるのはが達を倒して後的に得たを付与したものだからそれ以前にって物を有しててさらに時間や間が生まれる前に存在してたとしたらこいつって下手すりゃと同じぐらいヤバい存在だよね… 712 ななしのよっしん.

次の

レジワロスとは (レジワロスとは) [単語記事]

レジギガス

1 0. 85 9. 09 10. 9 15 1. 5 1. 1 10. 00 10 15 1. 5 1. 1 10. 00 10 15 1. 5 1. 1 10. 00 10 15 1. 5 1. 1 10. 00 10 15 1. 5 1. 1 10. 00 10 15 1. 5 1. 1 10. 00 10 15 1. 5 1. 1 10. 00 10 15 1. 5 1. 1 10. 00 10 15 1. 5 1. 1 10. 00 10 15 1. 5 1. 1 10. 00 10 15 1. 5 1. 1 10. 00 10 15 1. 5 1. 1 10. 00 10 15 1. 5 1. 1 10. 00 10 15 1. 5 1. 1 10. 00 10 15 1. 5 1. 1 10. 00 10 15 1. 5 1. 1 10. 00 10 ゲージ技 名前 威力 時間 DPS 発動 発生 100 2. 4 1. 2 41. 7 140 3. 5 3 40 240 4. 7 1 51. 67 2. 00 9 3 3. 00 2. 67 9 3 3. 00 2. 67 9 3 3. 00 2. 67 9 3 3. 00 2. 67 9 3 3. 00 2. 67 9 3 3. 00 2. 67 9 3 3. 00 2. 67 9 3 3. 00 2. 67 9 3 3. 00 2. 67 9 3 3. 00 2. 67 9 3 3. 00 2. 67 9 3 3. 00 2. 67 9 3 3. 00 2. 67 9 3 3. 00 2. 67 9 3 3. 00 2. 67 9 3 3. 00 2. 67 ゲージ技 名前 威力 ゲージ量 DPE 100 60 1. 67 150 75 2. 00 180 80 2.

次の

レジギガス (テンイむら)

レジギガス

DPS 1秒間に与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 DPT 1ターンに与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 EPtank 1度技を使用した際に溜まるゲージ増加量。 ゲージの増加効率。 ターン毎のゲージの増加効率。 発生 時間 技を使用してから相手にダメージを与えるまでの時間。 硬直 時間 技を使用してから避ける動作及び、次の技が使用可能になるまでの時間。 エネルギー ゲージ技を使うために必要なゲージ量。 フィールドリサーチでの入手方法 過去に登場をしていたタスクも含みます。 なし レジギガスの進化系統.

次の