ドコモ 料金 プラン。 ドコモ最安料金プランの組み方解説!最安維持費で運用する方法

ケータイプラン

ドコモ 料金 プラン

・店頭(ドコモショップ) ・オンラインショップ ・電話 この項目では、手段ごとに得られるメリットとフローを解説していますので、どの方法がご自身に合っているかを確認してみてください。 店頭(ドコモショップ)でプラン変更する方法 ドコモショップで料金プランを変更する際のメリットは、何といってもスタッフと直接対面できる点でしょう。 「プラン変更をしたことがない」「わからないことが少しでもあると不安」という方はスタッフに質問をしながら手続きを進められるので安心です。 ドコモショップで料金プランを変更するフローは以下のとおりです。 事前に「」を取る 土日や祝日、平日夕方以降などは来店者が多くなるため、予約を入れておくとスムーズに案内をしてもらえますよ。 予約当日、必要書類を持って来店する ドコモショップで手続きをする場合は、免許証やパスポートなどの本人確認書類が必要です。 場合によってはスマホの提示も必要ですので、スマホも忘れず持って行きましょう。 料金プランを変更したい旨を伝え、手続きを行う 担当スタッフに用件を伝え、一緒に手続きを進めてください。 オンラインショップでプラン変更する方法 ドコモオンラインショップで料金プランを変更するメリットは、 365日24時間いつでも手続きができる点と、余計なオプションを勧められる心配がない点です。 ご自身のペースでゆっくりプランを吟味したい方や、日中に時間が取れない方などにピッタリの方法といえるでしょう。 オンラインショップで料金プランを変更するフローは以下のとおりです。 「」にログインする 「My docomo」にログインする際は、dアカウントのIDとパスワード、ならびにドコモから送られて来るセキュリティコードの入力が必要です。 「契約内容・手続き」をタップする 契約内容・手続きをタップ 3. 「料金プラン・パケットパック」欄にある「料金プランを変更する」をタップ 契約プラン変更をタップ 4. 希望の料金プランを選択し、注意事項を確認しながら手続きを進める 希望の料金プランに変更 電話でプラン変更する方法 「ドコモインフォメーションセンター」に電話をすると、オペレーターが料金プランの変更を手続きが完了するまで誘導してくれます。 電話での問い合わせは午後8時まで対応してくれるので、「一人で手続きを進めるのは心配だけど、忙しくて店頭には行けない」という方にオススメの方法です。 電話で料金プランを変更するフローは以下のとおりです。 契約者の携帯番号・ネットワーク暗証番号を確認しておく 電話先では本人確認のため、 携帯番号と契約時にご自身で設定したネットワーク暗証番号(数字4桁)を伝える必要があります。 ネットワーク暗証番号が不明な場合はドコモショップで再登録をしなくてはならないので、事前に確認をしておきましょう。 「ドコモインフォメーションセンター」に電話をする ドコモインフォメーションセンターの連絡先は以下になります。 <ドコモインフォメーションセンター> ・更新月 ・サポート割引が終了 ・機種変更 更新月になったタイミング ドコモの料金プランは「2年定期契約」または「定期契約なし」から選択できます。 このとき、 2年定期契約を継続しながら料金プランを変更する場合は、解約金を支払う必要がありません。 しかし、2年定期契約プランから定期契約なしプランへ変更する場合は更新月でないと違約金が発生するので注意しましょう。 ちなみに、ドコモの更新月は、2019年3月から 更新月前月・当月・翌月の3ヶ月間に手続きを行えば解約金が発生しないようになりました。 更新月のお知らせは2年定期契約満了月の前月に届きますが、「My docomo」ログイン後、「ご契約内容の確認・変更」をタップした後に表示される「料金プラン」欄の「ご契約プラン」からも確認できます。 サポート割引が終了したタイミング 端末代が割引される「月々サポート」や「端末購入サポート」を適用させている方は、サポート期間内に料金プランを変更すると割引が強制終了となるので、割引期間が終了するまで待ちましょう。 現在、ドコモの料金プランには端末代が実質無料や大幅な金額の割引を付けることはできません。 料金プランを変更すると自動的に割引も廃止されます。 割引が廃止されると翌月から端末代の残債が支払いに上乗せされるため、月額料金が高くなってしまう 「月々サポート」は最大24ヶ月、「端末購入サポート」は12ヶ月が割引期間となっています。 端末代の残債がある方は、 サポート割引の終了したタイミング(=端末代の残債が0円)で料金プランの変更を行いましょう。 機種変更するタイミング 機種変更を割引サポートが終了したタイミングや更新月に行えば、解約金や端末代の残債などを気にせず料金プランを変更できます。 また、機種変更の際、一緒に料金プランを変更すれば手続きも1回で済みますので、 手間が省けるというメリットもあります。 ・違約金などの費用が発生する場合がある ・新プランから旧プランには戻せない ・料金は日割りされず、翌々月の明細から反映される ・代表回線がプラン変更すると家族が損する可能性がある 違約金などの費用が発生する場合がある ドコモは料金プランの変更内容によって、以下の費用が発生します。 ただし、新プラン内での変更だと違約金を1,000円に抑えられます。 旧プランで2年定期契約を結んでいる人は、一度新プランの2年定期プランへ変更を行い、その後、定期契約なしの新プランへ変更するというフローがオススメです。 新プランから旧プランには戻せない ドコモの基本料金プランは、2019年5月16日から「ギガホ」と「ギガライト」の2種類のみとなりました。 旧プランで契約している方は、機種変更や料金プラン変更をしない限り継続利用できますが、 一度新プランを契約してしまうと旧プランに戻すことはできません。 「月々サポート」などの旧プラン限定の割引が適用されている方は、焦って料金プランを変更すると逆に高くなってしまいますので、タイミングには十分注意をしましょう。 料金は日割りされず、翌々月の明細から反映される ドコモで料金プランを変更した際、 適用されるのは翌月頭からとなります。 適用された料金プランは変更を申し出た翌々月分の明細から反映されるため、料金の確認をする際は少し注意が必要です。 シェアパック契約中は全員データパックが非課金となっていますが、代表回線が料金プランを変更すると シェアパック子回線の方は自動的にデータパックが課金開始となるのでご注意ください。 ご契約中のデータパックは「My docomo」から確認できます。 シェアパック契約中の方が料金プランを変更する場合は、事前にデータパックの契約内容を確認し、「」を利用しながら 家族全員の料金プランを確認しましょう。 料金プラン変更のキャンセルは8日以内に! 料金プランの変更を行った場合、 8日以内であればもとのプランに戻すことが可能です。 8日以内キャンセルを行いたい方は、以下の方法で手続きを進めてください。 ドコモの新料金プランを確認しておこう! ドコモの新料金プラン ドコモの新料金プランは、ギガホ・ギガライト2種類のデータプランに、必要に応じて通話オプションを選択します。 最後にドコモの新料金プランを改めて確認しておきましょう。 データプランは「ギガホ」「ギガライト」の2種類 現在ドコモで契約できるデータプランは以下で紹介する「ギガホ」と「ギガライト」の2種類です。 【ギガホ】 月30GBまでの大容量定額制プラン。 オンラインゲームや動画などを頻繁に利用する方にオススメ。 【ギガライト】 最大7GBまでの従量課金制プラン。 外出先ではあまりデータ通信を利用しないライトユーザーにオススメ。 ギガライトは5GB以上7GB未満で4,980円ですが、ギガホは30GBで4,980円なので、 毎月5GB以上消費するのであればギガホを契約した方がお得です。 (みんなドコモ割3回線以上、ギガホ割適応の場合) また、速度制限後の速度を比較するとギガホは1Mbps、ギガライトは128kbpsとなっています。 1Mbpsは動画視聴も可能な速度ですが、128kbpsはネット接続がなかなか遅いので、速度制限が心配な方もギガホを契約した方がよいでしょう。 通話プランは2種類から選択 ギガホ・ギガライトには、最初から以下料金で通話ができる音声プランが組み込まれています。 まとめ ドコモの料金プランは、店頭(ドコモショップ)・ドコモオンラインショップ・電話のいずれかより変更できます。 ただし、現在旧プランを契約している方は、 一度新プランに変更すると旧プランに戻せなくなります。 また、シェアパック代表回線の方が新プランに変更すると、子回線の方は自動的にデータパックが適用され、翌月から料金が上がってしまう可能性がありますので、注意が必要です。 どの料金プランがご自身に合っているのかは、事前に「」から確認できるので、ぜひ利用してみてください。 今ならギガホ・ギガライト契約で Amazonプライム1年分ついてくる!.

次の

格安スマホよりお得にするドコモの料金プランの選び方

ドコモ 料金 プラン

ドコモガラケーの料金プラン 最近の携帯電話の料金プランは複雑になってきており、よく分からないという方も増えてきています。 まずはドコモのガラケーの料金プランはどういったものがあるかをご案内していきます。 ドコモのガラケーの種類 ドコモのガラケーには実は2種類のタイプがあります。 それは「FOMAと呼ばれるガラケー」と「Xiと呼ばれるガラケー」です。 FOMAのガラケーはいわゆる昔からのガラケーのことを指します。 Xiのガラケーは一般的にガラホと呼ばれる見た目はガラケーで中身はスマホみたいなものです。 この記事を見ていただいている方だとガラホなんて必要ない!という方も多いと思いますが、実はFOMAのガラケーは現在ドコモでは販売されていません。 ですので、今のガラケーが故障して機種変更をしてしまうとガラホになってしまいます。 ガラホは必要ないという方もガラホに変更しないといけないということになってしまうかもしれませんので、そういう方は今のガラケーを大事に使いましょう。 ドコモのガラケーの料金プラン 先ほどFOMAのガラケーとXiのガラケーについてご案内をさせていただきました。 なぜ料金のことを案内していくのにガラケーの種類についての前置きがあったのだろうという方もいらっしゃると思いますが、実はどちらのガラケー ガラホ を持っているかで選べるプランが異なってきます。 ですので、先にガラケーの種類についてご案内をさせていただきました。 さて本題のガラケーの料金プランについてご案内をしていきます。 ドコモのガラケーの料金プランは大きく分けて下記の2種類となります。 FOMA総合プラン• カケホーダイプラン ドコモのFOMA総合プランについてはFOMAのガラケーを使っている方のみ選べるプランとなっています。 Xiのガラケーを持っている方はFOMA総合プランに変えたくても変えれないという訳です。 ドコモのカケホーダイプランはFOMAのガラケーでもXiのガラケーでも選べるようになっていますが、細かいところは少し違っています。 それぞれのプランを表にまとめてみます。 ドコモのFOMA総合プラン ドコモ通話プラン プラン名 月額基本料金 無料通信分 30秒ごとの通話料 タイプSSバリュー 934円 1000円分 20円 タイプSバリュー 1500円 2000円分 18円 タイプMバリュー 2500円 4000円分 14円 タイプLバリュー 4000円 6000円分 10円 タイプLLバリュー 6500円 11000円分 7. 毎月の請求は、 ・基本料金+通信プラン+iモード+通話料=毎月の請求 で成り立っています。 例 タイプSSバリュー 934円 +パケホーダイダブル 372円 +iモード 300円 +通話料 500円 =2106円 上記の例はオプションの料金など入れていないので本当の最低限だけですので実際はケータイ補償や留守電などのオプションなど付いて加算されている方は多いです。 カケホーダイプランを設定している方だと、上記プランの中から選んでいます。 毎月の請求は先ほどと同じく、 ・基本料金+通信プラン+SPモード+通話料=毎月の請求 で成り立っています。 例 カケホーダイライト 1200円 +ケータイパック 300円 +SPモード 300円 +5分無料通話を超えた通話料 500円 =2300円 上記の例はオプションの料金など入れていないので本当の最低限だけですので実際はケータイ補償や留守電などのオプションなど付いて加算されている方は多いです。 FOMAのガラケーでカケホーダイプランを選ぶことはもちろんできますが、FOMAのガラケーだと通信プランのケータイパックを選ぶことはできないことは注意するポイントとなります。 また、通話をほとんどしない方だと通話プランはシンプルプランがおすすめですが、プラン選択の条件としてシェアパックに入っていることもしくはウルトラデータパックの加入が必須条件となりますので、シンプルプランにする為だけに通信プランを不要なのにシェアパックを形成したり、ウルトラデータパックに加入してしまうと逆に毎月の料金が高くなってしまいますので注意したほうが良いです。 ドコモの料金を抑えるコツ 料金を抑えるコツとしては、自分に合ったプランにすること・無駄なオプションを省くという2点に尽きます。 ドコモのオプションについて必要なもの、不要なものについてご案内をしていきます。 ドコモの必要なオプション ・ケータイ補償サービス 月々300円前後 ケータイ補償サービスとは、ケータイが壊れた時に補償で5000円~8000円で同機種と交換できるサービスです。 故障して修理を依頼したら、古い機種だと修理受付期間が終了していて修理不可であったり、3年補償が切れていた場合は全て実費となるので20000円など高額な修理代金になる可能性が高いです。 特にガラケーを使っている方は1つの機種を大事に利用する方が多いのでもしもの為に付けておいたほうが賢明です。 またFOMAのガラケーの方は特に付けていたほうが良いです。 なぜなら、修理が出来なくてケータイ補償にも入っていなければXiのガラケーに機種変更するしか方法がなくなるからです。 そうなると変えたくなくても料金プランも変更せざるを得ない状況へとなってしまいます。 ケータイ補償サービスは機種変更時から14日以内しか加入できないサービスとなっていますので、今のガラケーで14日以上利用している方は次機種変更するまでは加入できませんので注意してください。 加入中の方は間違って廃止をしてしまうと今のガラケーでは再加入できませんのでご注意ください。 ・留守番電話サービス 利用している方のみ 月々300円 留守番電話を利用している方のみ残しておいたほうが良いサービスです。 留守番電話を利用しなくても良いという方で、オプション加入中の方は廃止しておきましょう。 ドコモの不要なオプション ・オプションパック 月々400円 オプションパックとは、留守番電話サービス・キャッチホン・転送電話サービス・メロディコールがセットになったパックです。 留守番電話とキャッチホンを利用中の方であればオプションパックに入っておいたほうがお得ですが、留守番電話サービスしか使っていない方だと無駄に100円多く払っていることになりますので留守番電話サービスのみ残し、そのほかのサービスは廃止しておきましょう。 ・iチャネル 月々150円 ガラケーの待ち受け画面のテロップ表示でニュースや天気予報が出るサービスです。 ニュースや天気予報はテレビかパソコンで見れば確認できるのでiチャネルは廃止しておきましょう。 またiチャネルサイトに入れば詳しくニュースなど見れて便利ですが、その分通信量がかかり、月々のケータイ料金が高くなってしまいますのでサイトには入らないように注意してください。 ・iコンシェル 月々200円 iコンシェルとは地域設定など設定を細かくしていけば、あなたにあった情報を教えてくれる執事代わりのサービスです。 設定を確実に行って利用すれば便利なサービスですが、その分通信量も掛かりますのでiチャネルと同じく月々のケータイ料金が高くなってしまう可能性があります。 iコンシェルと同時にくっいているケータイデータお預かりサービスというサービスは月々100円掛かりますが、万が一データが消えてしまった際に電話帳を戻せるサービスなのでケータイデータお預かりサービスについては残しておいた方が良いです。 不要なオプションを廃止しても月々100円や200円程度しか変わらない方もいますが、それでも使っていないサービスにお金を払うのは勿体なので整理しておくことをおすすめします。 ドコモのおすすめプラン 最後に用途別に分けたおすすめプランのご案内をしていきます。 通話のみで利用したい方向け 通話のみでメールもしないという方は下記のプランがおすすめです。 ・カケホーダイ 2200円 +ケータイパック 300円 +ケータイ補償 380円 合計:2880円 ケータイパックを入れている理由としては機種変更をしたときに2年間の値引きの月々サポートを適用させる為に利用はしないけどケータイパックを加入しておく必要があります。 ケータイパック加入しなくても良いですが、そのときは月々サポートの値引きが利かないので損してしまう可能性が高いです。 またケータイパックは2段階プランなので使ったら使った分だけの請求ですが、SPモードも付けていなければ通信が発生することはないので最低限の300円のみの請求だけとなります。 通話がカケホーダイになることでほとんどの通話先が通話料を気にしなくても良くなります。 固定電話を持っている方でケータイから電話を掛けると高いから固定電話から電話を掛けているという方は固定電話からの通話をやめて今後はケータイ電話から通話をしていただければドコモの月々の料金は上記から変わらなくても固定電話代が安くなりさらにお得にもなります。 また固定電話はカケホーダイにすると要らないという方であれば固定電話の基本料金の約2000円くらいをさらに安くできます。 お子様向け お子さまの年齢にもよりますが、防犯用でということであればキッズケータイ専用プランがあります。 ・キッズケータイプラス 500円 +ケータイ補償 380円 合計:880円 このプランを適用させる為には条件が必要となります。 お子様の利用者登録が必要 保険証などの提示• 親がスマホプランにしていること• キッズケータイの購入 この条件に当てはまらないと上記のキッズケータイプラスプランでの適用はできません。 お父さんやお母さんがスマホを利用していたら非常にお得なプランです。 お子さま用だからケータイ補償なくても良いかなという方だと500円で利用できるのでかなりお得です。 お年寄り向け お年寄りの方だと待ち受けメインという方が多いです。 そういう方は下記のプランがおすすめです。 ・カケホーダイライト 1200円 +ケータイパック 300円 +ケータイ補償 380円 合計:1880円 通話は1回の通話につき、5分間無料の特典が付きますしカケホーダイよりも1000円も安いです。 この機に料金プランの見直しをしてみてはいかがでしょうか。 またドコモのカケホーダイにする方だと固定電話の見直しもしてはいかがでしょうか。

次の

「ドコモのスマホ料金プラン」どう選ぶ? ポイントは3つ【2020年最新版】

ドコモ 料金 プラン

ドコモオンラインショップでは、お手続きされたい電話番号にそれぞれ付与されたdアカウントにて、ログインが必要なため、2台同時の購入手続きはできません。 ドコモオンラインショップでは、お申込みいただける料金プラン(基本プラン、パケットパック、各種サービス)について一部限定させていただいております。 ドコモオンラインショップでお申込みできない料金プランについては、ドコモショップ・ドコモオンライン手続きにて追加申し込みいただくことができます。 商品購入と同時に料金プランの変更をする場合、「カケホーダイプラン」と「カケホーダイライトプラン」間、「カケホーダイプラン」と「シンプルプラン」間、および「データ通信専用プラン」と「音声通話可能なプラン」間の変更はできません。 機種変更の場合、お客様のご契約状況によっては、ドコモオンラインショップでのご購入ができない場合がございます。 ドコモのギガプランのプラン変更予約をされた場合、ドコモオンラインショップでのご購入手続きができませんのでご注意ください。 ご購入手続きをご希望する場合は、ドコモのギガプランへのプラン変更予約をキャンセルしてからご購入手続きを行っていただき、商品到着後に、改めてプラン変更を行っていただけますようお願いいたします。 また、旧料金プラン「カケホーダイライトプラン」「シンプルプラン」に予約申し込みをしている状態で、オンラインショップにて料金プランの変更を伴う機種変更を行なうと、予約申し込みが廃止されてしまいます。 予約申し込みをご希望されるお客様は、必ず機種変更(開通を伴う場合は開通)後にお手続きをお願いします。 ドコモオンラインショップでは、ドコモUIMカードの変更を伴う商品購入の場合、開通(利用開始手続き完了)までの間は料金プランの変更はできません。 ご購入された商品の開通(利用開始手続き完了)後以降に料金プランの変更をお願いいたします。 お客様のご契約状態によっては、ドコモオンラインショップにてお申込みいただけない場合がございます。 spモード(iモード契約可)をご契約中のお客様が、以下のお手続きを行う場合、spモードに切り替えていただく必要があります。 iモード契約もあわせてご契約中の場合は、iモード契約は廃止となります。 ・スマートフォンに機種変更する ・料金プランをドコモのギガプランに変更 <切り替え方法> ドコモオンライン手続きやドコモ インフォメーションセンターにてspモード契約の切替をお願いします。 ドコモインフォメーションセンター.

次の